December 31, 2005

ラストサムライ5

LENAさんから○×バトンを頂いた。
今年の最後を飾るに相応しく、52問とてんこ盛りである。
ウソでもなく、途中キーボードを打つ指が痙攣した。
よって、何箇所かお見苦しい、下ネタが過ぎるアンサーがございますことを予め謝罪しておく。
ごめりんこ。
  続きを読む

Posted by foe1975818 at 16:21Comments(14)ごあいさつ 

December 30, 2005

放送禁止5

今更ながらではあるが、ビデオで予約録画していた「明石家サンタ」を見ましてね。
知人曰く、
「君が笑う場面は一箇所だけでしょう。」
と、いかにも我輩のことをわかりきってます的にヌカす。
アホなことを。
ボクは君が思うほど単純な男ではないのだよ!!アホか!!
失礼しちゃうわ。プンプン。

…。

スマン、知人。
君はボクの良き理解者だ。
これからも、よろチクビ。

キチガイって…。
普段の生活ではバンバン「キチガイ」を連発しているボクだが、TVで発したらダメってことくらいは存じ上げてますよ。
番キシャの塩爺以来かな、メディアで耳にしたのは。
やっぱり生放送は怖いし、面白い。「ピー」が入れらんないからな。
まったく、あのオッサンは何だったんだ?
おもろすぎやないか。
さんまと八木元アナの顔ったらなかったな。

ボクはビデオで明石家サンタを見たわけだが、みなさんはリアルタイムで御覧になったんですかね?
御覧になった方は、その後ナニをされてましたか?
よ〜く思い出してちょうだいな。

/欧討
⇔人又は行きずりの人とSEXに励んでいた
L誓于肇汽鵐燭慮紊糧崛箸鮓た…  続きを読む
Posted by foe1975818 at 04:42Comments(6)TV 

December 28, 2005

出入国管理及び難民認定法違反3

またまた裁判の傍聴に行ってきましてね。
12/20のやりとりを傍聴したら判決が気なってしまって、昨日裁判所に来ちゃった。

韓国で生まれた女性Sさん。
中国人男性と結婚し、中国国籍を取得、中国で暮す。
しかし、旦那には借金があり、保証人的なものになったりして、毎日が恐怖。
さらには旦那がSさんに暴力を振るうようになった。
身の危険を感じたSさんは日本へ来たが、パスポートが偽造だったかなんかにより、入管でつき返された。
でも、そのすぐ数日後に、また同じようにして今度はつき返されることなく日本へ入国。
日本では、Tさんという方が面倒を見、決して労働条件のよろしくないプラスティック工場などで働いて、月収13万のうち、10万程を家族のいる中国にせっせと送っていた。
借金は妹が肩代わりをしていて、もう返さなくていいよと言ってくれてるが、返している。
現在の借金(妹への)は200万円である。
ある日、匿名の電話があり、不法在留が発覚。
Sさんは年格好からすると、現在50歳程度。

てな感じである。

検察側の主張
一度退去させられてるのに、すぐに不法入国をしており、これはこの犯罪を甘く見ていると言える。
本来なら、平成12年8月までの滞在期間なのに、5年以上も滞在している。
不法在留が多く蔓延っている現状を見ても、許されない犯罪であり、厳罰に処すべきである。
懲役2年6ヶ月が相当である。

弁護人の主張
前回、退去させられたときは、このような裁判を受けておらず、罪の重大さを理解できなかった。
彼女は不法在留以外は何1つ罪を犯していない。
狙われいるかもしれないという恐怖から、日本での生活は極めて質素で、家族のために収入の7割以上を仕送りしている。
もう、中国に帰ろうとしていたところだった。
反省文を書いており、充分に反省している。
執行猶予付きでの送還が相当である。

ロビンソンの主張
傍聴席がボク1人で寂しい。

この罪では懲役3年が最高だそうである。
みなさんなら、どのような判決が妥当であると思いますか?

その結果が昨日出た。  続きを読む
Posted by foe1975818 at 14:02Comments(6)最近 

December 27, 2005

戦争に正義もクソもありゃしねえ5

さわっしゅ君とこからアルバムバトンをふんだくって参りました。
さわっしゅ君は毎回、たいへんナイスなバトンを引き継いでくる。
性格などについては、もう書き尽くした感があるだけに、今回のは実によい。
ありがとう、さわっしゅ君。
といっても、所詮はふんだくってきたやつだけど。

■自分の生涯におけるベストナンバー15曲を集めて、自分だけのベストアルバムを作ってください。

‐ー蠅砲靴笋れ
▲織ぅー&ドラゴン
バカサバイバー
YOU&I

Ε好痢璽好泪ぅ
Г垢个蕕靴て々
SO YOUNG
3月9日
哀・戦士
イノセントワールド
OH MY LITTLE GIRL
歌唄いのバラッド
夏の日の1993
secret track
静かなるアフガン

■アルバムのコンセプトや曲についての説明をお願します。
_里覆匹任△鵑泙蟯尭阿覆匹靴覆、マグロロビンソンであるが、この15曲のうちの何曲かはちょいと唸ってしまった。
⇒離皀里亙からないので省略した。
6塀腓篭砲瓩禿当である。
い發舛蹐鸛感淵ラオケで熱唱しまくりである(目頭を押さえることあり)。
「勝手にしやがれ」はB'z versionである。

■次に回す5人は?
これを見た方、全員にやって頂きたい。
痛く興味がある。
引き継いだら教えてね。  
Posted by foe1975818 at 08:11Comments(14)ごあいさつ 

December 26, 2005

ただ…逢いたくて1

品川庄司の漫才がチュートリアルの漫才を上回ってましたか?
チュートリアルの方が絶対おもろかった。

番組内で3位までを当てる3連単で100万が当たるということで、家族総出で投票。
ボクの予想は優勝ブラックマヨネーズ、2位笑い飯、3位チュートリアル。
ブログとは全然違うことをしているが、アジアンのネタを見て路線変更をした。
3位が外れましたがな。
実に惜しい。

有馬記念はもっと大外れ。
はっきり言って、1周目のスタンド前でボクはほくそえんでいた。
もらったと。
ジョッキーも、そう感じたのではなかろうか。
しかし、それが仇となった。
色気出たかな?佐藤のてっちゃんよ。
向こう正面でガッツリ引き離してほしかったねえ。
とにかくお疲れさん、タップダンスシチー。
君の子供で取り戻す。  続きを読む
Posted by foe1975818 at 13:53Comments(10)TV | 最近

December 24, 2005

グランプリ5

この季節がやってきました。
今年はクリスマス決戦。
いやあ、テンション上がり倒しております。
ここ数年、ボクの予想は実に惜しいところまでいってるのだ。
しかも人気がそれほどないダークホースに注目しているのだが、2着、3着になってしまう。
でも、ボクはへこたれない。逞しいのだ。
今年も一ひねり加えた予想をしようじゃないか!

でもなあ、教えちゃうとなあ。
本番でアッと言わせたいから教えたくないんだけどなあ。
じゃあ、ヒント。
唯一の♀…。

いやん、これ以上は言えないわ。

えっ?聞きたい?
しょーがねーなー。

ズバリ今年の優勝は…  続きを読む
Posted by foe1975818 at 14:18Comments(10)競馬 | TV

December 23, 2005

ケツの穴2

寒い。
寒いのは、百歩譲ってよいとしても、鼻水が滝のように流れる。
これが辛い。
昨日なんか、鼻をかみすぎて血が出た。
ホンマ、穴というから血が出まくってるな、ボクは。
これでケツの穴からも流ケツしたら、流血の三冠。
ディープインパクトも真っ青だろう。
いやいや、そんなケツ末は勘ベンしてちょうだい。

そんな血だらけのボクに友人Hから電話がかかった。
12月に入社した研修生が、会社の飲み会のお代¥10,000を払わなかったことにより、会社をクビになったそうだ。  続きを読む
Posted by foe1975818 at 14:18Comments(6)最近 

December 22, 2005

競走馬は骨折すると、安楽死の処置がとられる。
たかが「骨折」で、である。
なぜ?
競馬1年目で「根性娘」サンエイサンキューに出会えたのは意義深かった。
「なぜ?」が脳内に発生すると勉強したくなるボク。

重度の骨折の場合、骨折した脚をかばい、それによって他の脚に負担がかかる。
すると、そのかばった脚の蹄の血液の循環が悪くなり、蹄葉炎に冒される。
蹄葉炎とは馬の蹄が壊死する病気で、蹄から蹄の骨が剥がれて、最悪の場合、蹄の骨が蹄の底を突き抜けようとする。
そう、不治の病。
その痛みはとても耐えられるものではなく、人間で言うなら爪に釘を打ち付け、その痛みがずっと続くようなものだと。
要は、骨折すると、不治の病である「蹄葉炎」がセットでくっついてくるのだ。

寝かせりゃいいんじゃないの?
無理。寝たら寝たで床ずれを起こし、体の機能が壊死する。
そもそも寝る姿勢自体が不自然なのである。
義足は?
アメリカで研究されたが、上手くいかなかったらしい。
現在では徐々にではあるが治療法は究明されつつある。
でも、蹄葉炎の進行が早ければ、その治療法も意味を成さない。

サンエイサンキューは、普通なら安楽死の処置がとられるほどの重度の骨折だった。
馬主らにより、走りに走らされた彼女。
「サラブレッドは経済動物」
その馬主の意見である。
ところがどっこい
「せめて命だけは…。」
経済動物と割り切るなら、安楽死の処置をなぜとらない?
ろくな休みも与えなかったくせに。
「都合がよすぎる」とは、まさにこのことだ。
彼女は1人の人間の我がままで、競争生活よりはるかに過酷で、無駄な闘病生活を送ることになった。
テンポイントやサクラスターオーで悲しい結果しか生まれないとわかっているのに…。

やはり、蹄葉炎を患った。
数ヶ月にわたり、何度も何度も大手術を繰り返す。

彼女の様子をレポートした記事。
「アバラが浮き出て痩せこけた体。床ずれによる痛々しい傷。そして大きく湾曲した右前脚。1時間立っているのがやっとで、あとは放牧地でも横になってるだけ…。」

有馬記念での悲劇から1年4ヶ月後の4/25。
彼女は生還した。
万に一つもない奇跡が起こったのだ。
どこまでも「根性娘」なのである。

診療所から牧場で療養できるにまで至った。
でもまだ油断はできない。
湾曲した右前脚を伸ばす手術をしなければ、湾曲が進行し、歩行さえ不可能になるかもしれないからだ。
10/16。
手術。
麻酔から覚めた彼女は自力で水を飲むことができたそうだ。

10/21。
心臓マヒで急死。
早朝に突如苦しみだし、獣医の診療の甲斐なく6:40に彼女は力尽きた。  続きを読む
Posted by foe1975818 at 06:40Comments(5)競馬 

December 21, 2005

街には赤や白や緑が目につく。
そうだ、有馬記念だ(なんのこっちゃ)。
ボクは有馬記念の時期になると心が沈む。
今日は競走馬とは、「死」とはなんぞや、という非常に重い課題を投げかけてくれた、サンエイサンキューという1頭の牝馬についてづらづら書き綴ろうと思う。

ボクが競馬を始めて1年目の有馬記念。
メジロパーマーが逃げ切り勝ちを演じ、大波乱の結末に場内がどよめく中、ゴールから50m後方で彼女は競争中止。
右トウ側手根骨複骨折。
右前脚の骨がバラバラに砕けてしまったのだ。

血統的に地味だった芦毛の牝馬サンエイサンキュー。
デビューは早かった。
札幌でデビュー戦は2着に惜敗するも、連闘で挑んだ次の週に5馬身差で大勝する。
さらにまたもや連闘で挑んだ札幌2歳Sという重賞では大負け。
1ヵ月後のレースでも大負けし、さらに1ヵ月後の重賞函館3歳Sでは14頭中12番人気と、超人気薄である。
しかし、彼女はここで大駆け。2着に食い込んだ。
これだけなら偶然で片付けられるかもしれないが、次のレースで後の牡馬クラシックを賑わすこととなる強豪たちを一蹴。
これはもう本物である。

次は2歳女王を決めるG。
3番人気に押された。
結果は2着。1着はニシノフラワー。

年が明け、初めてレース間隔が2ヶ月開いた。
2月のクイーンC。
当然1番人気で当然勝利。彼女の初重賞制覇である。
そして、次走。
なんと、牡馬たちの皐月賞登竜門の弥生賞に出走。
やはりここでは家賃が高く、6着敗退。
でも勝ち馬からわずか0.6秒差である。

3歳牝馬の大舞台桜花賞では2番人気に押されるも、7着。
不可解な敗退である。

次も3歳牝馬の大舞台オークス。
1,600mの桜花賞から2,400mへの距離延長。
さらには不可解な桜花賞の敗退により、6番人気で迎える。
でも彼女は頑張った。
このレースから手綱を握る元祖天才田原成貴によって、インを強襲。2着に食い込んだのだ。

夏。
ライバルたちが3歳牝馬最後の秋の大舞台に向け、英気を養うころ、彼女は走り続ける。
札幌記念で年上の牡馬連中をなぎ倒した。
まだ、走る。
でも函館記念では負けた。1着とはわずか0,7秒差の8着。

秋。
力を蓄えて帰ってきたライバルたちとの戦い。
大舞台の前の足慣らしのレースで彼女はライバルたちを蹴散らす。
さあ、最後の大舞台。
かと思いきや、彼女はもう1つの足慣らしレースを走り、2着。

今度こそ大舞台のエリザベス女王杯。
で、事件は起こる。
最終調教に跨った田原ジョッキーの一言が波紋を呼ぶ。

「使い詰めの疲れが出て、調子は最低」

人気になるのは間違いない馬に乗るジョッキーがこんな過激コメントを発するのは異例。
確かに、泣きのコメントをする人はいる。
でも、ここまであからさまに、さらに「調子は最低」とまで発言するなんてことはありえないのだ。
この発言にオーナーや関係者は激怒。
競馬会までもが間に入ることになった。
田原が過激コメントを訂正し、事態は収拾した。

彼女は結局出走。
レースは0,9秒差の5着。
彼女の「根性」の成せる業だろう。

まだまだ走る彼女。
有馬記念。
田原成貴は降ろされた。
鞍上は加藤和宏に替わった。
レースでは彼女は後方をついて走る。

……。

これから先は明日にしよう。  
Posted by foe1975818 at 15:48Comments(2)競馬 

December 20, 2005

燃え尽き症候群4

失禁してしまうくらい珍しく仕事が忙しかった日曜日。
そんな中、馬券を買ったら、2着地獄に陥る。
チョビっと出ちゃった。

イチゴさんからバトンをいただきましてね。
助かりましたよ。
長文書くほど元気なかったし。

【Q,回してくれた方に対しての印象をどうぞ】
 北海道は男より女性の方が強いと聞いたことありますがね。
 イチゴさんは強い女性だと思います。反論受け付けますよ。 

【Q,周りから見た自分はどんな子だと思われていますか?5つ述べてください。】
1.アッシーな子 (よく送り迎えしてあげてるよ。だろ?)
2.自虐的な子 (オレ、身を削る男。よろしく)
3.声デカイ子 (内緒話できない。一度でいいから平井堅のような声になってみたい。そーれだーけで〜いぃいぃ〜)
4.部屋きれいな子 (きれいというか、物がない。明日、引越しするんか?ぐらいに。)
5.プチ潔癖症な子 (人が口をつけたペットボトルは飲まない。但し、女性の場合は必要以上に飲もうとする。)

【Q,自分の好きな人間性について5つ述べてください。】
1.地味に幹事する人 (助かります)
2.地味に会計する人 (助かります)
3.地味に席替えの雰囲気を作る人 (助かります)
4.地味に番号を渡す人 (助かります)
5.地味に下ネタに食いつく人 (助け合いませんか?)

【Q,では反対に嫌いなタイプは?5つ述べてください。】
1.グチばっか (タメ息の嵐を聞くとウンザリ。ハァ〜)
2.幸せ話ばっか (オチつけてーな)
3.自慢話ばっか (はいはい、すごいすごい)
4.説教ばっか (以後、気をつけます)
5.エッチ話ばっか (意外と疲れるのよ)

【Q,自分がこうなりたいと思う理想像とかありますか?】
死ぬまで探究心のド塊の人間。
とはいえ、もう、趣味以外で勉強したくないのよね。
中学生で燃え尽きちゃったから。
勉強なんか、特に。
いまだに後悔している。
高校はもう1ランク落として、余裕のある学生生活を送りたかったと。

【Q,そんな大好きな人にバトンタッチ5名!】
「そんな」がどこにかかってるのか、よくわからないけど、とりあえず、あんまりバトンを受けてない方。
夕さん、ぱんさん、カオリさん、snow。さん、さわっしゅさん。
いっときますか。  
Posted by foe1975818 at 10:02Comments(15)ごあいさつ 

December 18, 2005

ジコチュー2

先週の金曜日のこと。
例のごとく、ジムでバシャバシャ泳いだ後、車で帰るわけだが、国道171号線ではなく、裏道を通るボク。
とにかく信号が大っ嫌いなのである。
そして、裏道をすすいのすいと抜けた後、ちょっと大き目の道に右折して合流する。
しかーし。
その合流地点が鬼混み。
ましてや、右から左へ行く車も引っ切り無しに通るから合流できない。
なんやねん、これ!!
車を運転するとイラチになるボク。
対向車線にお邪魔して、右折で並んでいる10台程の車どもを怒濤のごとく追い抜き、左折した。
とりあえず、R171に出ることにしたのだ。
しかーし。
R171がこれまた鬼渋滞。
これは事故だ。
チンタラチンタラ進んでいくと、やっぱり赤いチカチカが遠くに見えてきた。
アカの他人の事故なんか興味ない。
右折して、先の道に戻って、すすいのすいと帰路に着く。
…。
違うだろ、よしゆき!
ここで帰ってどうする。
ネタになるんだぞ!!
ボクをイライラさせた原因を、この目で確かめるんだよ!
ボクは途中で左折し、手頃な位置のコンビニに停車。
手ぶらで停めるわけにもいかんので、競馬新聞を購入した後、事故現場目指してダッシュ。
サウナでポカポカになった体がより一層ポカポカ。
200mは走っただろうか。汗だくのビチョビチョ。
サウナの意味ねぇー。

事故現場はR171での交差点。
散らばるガラス片。
右後方がグシャった白いワゴンタイプの車と、右前方がグシャった黒いシビック的な車。
白い方に乗っていたと思われる貴婦人がうずくまっている。
若干、気分でも悪いんだろうか?
警察による事情聴取が行われている。

思い出す…。
自分が事故ったときのことを…。
アカン。吐きそうだ。
はよ帰ろ。寒いし。
ボクは携帯でパシャパシャ撮った。
福山雅治の口調で「いいよ、いいよ。凄くいい。OK最強!」なんて言いながら。

帰宅すると、友人ヒロキジーニョから電話が入る。
いつものように鬱憤が堪ってそうな雰囲気である。
話を聞くと…。  続きを読む
Posted by foe1975818 at 21:46Comments(8)最近 

December 17, 2005

剥奪バトン3

ミホマダムさんとこからは過去に強奪していたのだが、あさゐさんとこから欲望バトンを頂いた。
というわけで、やってみようっと。

Q1. 今やりたい事
 退職→一人旅

Q2. 今欲しい物
 血の混ざってない、透き通るようなおしっこ

Q3. 現実的に考えて今買っても良い物
 有馬記念での大万馬券
 当たる当たらないは別で、とりあえず夢を買う。

Q4. 現実的に考えて欲しいし買えるけど買ってない物
 パソコン
 いや、ほんまにもう買う。

Q5. 今欲しい物で高くて買えそうにない物
 東京タワー
 TV局

Q6. タダで手に入れたい物
 時間

Q7. 恋人から貰いたい物
 ボクを信じてくれる心

Q8. 恋人から貰って困る物
 裏切り行為

Q9. 恋人にあげるとしたら
 セクシーランジェリー

Q10. このバトンを5人に回す
 これを見た、ムラムラしてる方どうぞ。  
Posted by foe1975818 at 20:57Comments(11)ごあいさつ 

December 16, 2005

A・KI・RA

先週だったか、古館伊知郎と小池栄子がMCで、最近やたらめったら増殖しているクイズ番組があった。
視聴者も参加できるこの番組はヒトの脳みそにスポットを当てていて、解答から得られるデータから、左脳人間なのか、右脳人間なのかを判別してくれるという。
偶然チャンネルをひねったら始まったので、いっちょチャレンジしてみた。
始めは左脳を使う問題からである。
単に左脳といっても、左脳の前、真ん中、後ろと調べていく。

すいすい答えるボク。
天才なんじゃないかと思っちった。
予定通り左脳はほぼ完璧といえる内容で終了。
この調子なら右脳もちょちょいのちょいやなと安心していたらズッこけた。
右脳問題がわかんねえ、わかんねえ。
イライラして途中でやめちった。
というわけで、ボクは普通に歩いてても左の方へ曲がっていってしまうほど、極端に左脳に偏った人間であることが、図らずも右脳問題リタイアにより判明した。

左脳は記憶とか計算とか何かそんなことを司っていて、右脳はイメージ、絵とか何かそんなのを司ってるらしい。
相対性理論で有名なアインシュアタインは右脳が異常に発達していたらしい。
逆に左脳は異常に未発達。
ようするに彼は、右脳で物凄い、とんでもない発見をしてるのに、左脳が未発達なため、それを上手く言葉で表現できなかったということらしい(「らしい」ばっかやな)。
それはそれで、悲惨だ。
やっぱりバランスよくがいいと思うのであるね。

将棋の羽生名人は対局中には右脳と左脳をバランスよく使っていると、情熱大陸でやっていた。
そう、将棋や麻雀は右脳を活性化させるのにもってこいなのだと、よく耳にする。
ボクがその2つを嗜んでいるにも関わらず、一向に上手く、強くならないのは、先のクイズの結果で明らかだ。試しに一度、お手合わせしませんか?
奇抜な発想とか、閃き能力が著しく欠けているのだ、ボクは。
あの長島茂雄氏が将棋が強いというのも、何かわかるような気がする。
閃きがユニフォーム着て、野球やってるようなもんやからね。
確かに、野村克也氏のように数々のデータを駆使し、緻密な野球をすることも重要だが、ときには発想の転換というか、そんなのが必要になってくることもある。
「プロ」という、いくところまでいったレベルの人たちが、さらに壁を突き破るのに、型に嵌っていてはイカンのだ。

入団当時の監督に、そんな変な打法は直せ!!と言われても頑なに自分の理論を貫いて、2軍で冷や水を飲まされ、埋もれていた鈴木一朗。
そんな鈴木一朗を、なかなか面白い選手がいると目を留め、登録名をイチローとし、起用した次の監督。
大打者イチローに「唯一の師」と言わしめた監督。
次の日の先発投手をビールの飲み比べをさせて決めた監督。
猫の目打線と呼ばれ、毎試合毎試合、打線を組替えて試合に挑んだ監督。
オリックス戦を友人4人で観戦しにいったとき、その日の7番バッターを当てようぜとなり、4人全員大外れで大爆笑した。
試合中も、試合前も飽きさせない野球を魅せてくれた…。

壮絶すぎる。
無理してたんですね、仰木監督。
ダメだ、涙が止まらない…、チクショー。

今日は右脳と左脳がグチャグチャになるまで飲むぞ!!  
Posted by foe1975818 at 15:31Comments(6)野球 

December 14, 2005

例えバトン4

待たせたな、團員。
W杯の組み合わせについて、思うところを陳述したい。
でも実は粋がって陳述できるほど、まだ選手のことをよく知らないの、ボクちゃん。
少々引っ張った理由もそこにあったりするのだ。
それもこれもカメルーン、セネガル、ナイジェリアの予選敗退がイタイ。この3ヶ国ならよく知ってるんやけど…。
まだ、引きずる女々しいボクである。

注目カードは、イングランドVSスウェーデン。
日韓W杯でも同グループだったこの2チームには因縁があるそうで。
何と、イングランドはスウェーデンにこの四半世紀(めっちゃええ加減)ほど勝っていないらしい。
その情報を聞きつけ、日韓W杯ではこの2チームの対戦で引き分けに一票投じ、ボロ儲けしたわけである(何をだ!)。
告っちゃうが、ボクはスウェーデンのラーションが大好きだ。
W杯アメリカ大会ではドレッドヘアーでかんなり目立っていたが、12年近く経った今でもまだまだ一線で活躍している。
一時は代表引退していたが、国民が署名運動し、復帰しのだ。
イブラヒモビッチとの2トップは脅威。
ベスト8まではいけるんじゃないか?

日本のグループについては、超ご満悦である。
オーストレイリアは別として、ブラジル、クロアチアには多大なる因縁があるし。
こんなことを言うと「オメーは非国民だ!!」と喚かれちまいそうだが、ボクはアジア諸国が決勝トーナメント進出してほしくないのである。
アジアは言い過ぎたかもしれんが、日本はまだ早い。
ドーハの悲劇で涙したからこそ、野人岡野のゴールでうれし涙したボクである。
何大会も苦労して、苦労して、そして、突破してほしい。
ふられても、ふられても、アタックし、やっとつきあえた方が嬉しいでしょう?
だから、ボクは前回の日韓W杯の結果が大いに不満でなのである。
でも、今回は突破してもいいよ。
今回で世界における日本の本当のレベルがわかるだろう。

優勝はどこだ!と問われれば、「現段階では」ドイツということにしておこう。
日韓W杯では下馬評の低い中、GKカーンのナイスセーブ連発により準優勝した。
決勝戦を見るまでは、相変わらずのドイツらしさ満載のサッカーでつまらんかったが、決勝のブラジル戦を見て印象が変わった。
ボクの大好物の細かいパスを繋いでるのである。
やれば出来るじゃん。
今大会のドイツの注目選手はシュバインシュタイガー。
若手の有望株で、ドイツには珍しいドリブラーである。
彼が次代のドイツサッカーを担うだろう。
因みにボクはドイツ好きではございませんので。

とりあえず、今日のところはこの辺にしときましょう。
もっと研究して載せることと致します。

あっ、そうや。ポルトガルのマニシェもいいな。


それではバトンに参ります。  続きを読む
Posted by foe1975818 at 21:59Comments(16)サッカー | ごあいさつ

December 13, 2005

三十路ボンバイエ1

漫才を観賞して一番爆笑したのは、ダウンタウンの医者ネタである。
ボクが高校生のときだったと記憶しているが、ビデオを借りてきて見た。
腹を抱えて笑った。
笑いすぎて、腹筋が苦しくて、苦しくて、死ぬかと思った。
ちょっと泣いていたかもしれない。

浜田の息子が病気をし、松本演じる先生と、浜田がレントゲン写真を見ながら深刻な話をしていて、息子はその場にはいない設定である。
様々なやりとりに、トラップが多数仕掛けられ、唸らせてくれる。
そして、遂に、浜田の息子がガンであることを告げる松本。とにかく息子さんには知らせないようにと、浜田に釘をさす。そこへ、息子が部屋に入ってこようとする。
「○○(←息子の名前をど忘れしちゃった)、あっちへ行ってなさい。今、先生と大事なお話をしてるから。あっちへ…。先生、お願いします。」
浜田は息子を部屋に入れないように説得するも、涙が止まらず、言葉に詰まるので、先生に頼む。
「○○君。あっちへ行きなさい。今、お父さんとお話をしているんだ。ね、だから、あっちへ行きなさい。あっちへ行きなさい。あっちへ行きなさい。
ガンのくせに。」

と、まあこんな感じである。

M-1の決勝進出者が決まったようである。
さあ、泣いてしまうほど笑わせてちょうだいな。  続きを読む
Posted by foe1975818 at 14:59Comments(18)TV | 最近

December 12, 2005

豚汁師匠3

一昨日、元同僚のK保田氏から、W杯の組み合わせについてビ氏の見解を聞きたいとの熱いメールを頂戴した。
嬉しいじゃありませんか。
それでは早速…といきたいところだが、バトンも盛り沢山で頂戴(強奪)してるし、競馬の結果も書きたい。
どれからいこうかな?

まず、ハットトリック君、及び騎手のペリエはん。
G宜畊マイル制覇おめでとう。
ハットトリックは幼いころのケガの影響で、未だに脚にはボルトが埋め込まれている。
頭が下がるのだ。
下げすぎて、自分の肛門が見えそうだ。軽くヤバイ。
デュランダル引退後のマイル路線は頼んだよ、ハットトリック。
来年はドバイへ行っちゃいなよ。
YOUなら余裕で勝てる。

そして昨日の馬券の結果だが…。
朝日杯…。
スーパーホーネットと内田騎手はよくやった。
しかし、勝ち馬フサイチリシャールをボクは単純にナメていた。
鳴尾記念…。
アサカディフィートよ、惜しかったねぇ。
画面の後ろからすんごい脚で来てたね。ボクは見てたよ。
次も君からいくよ。
どうせ人気しないし、金玉もないし(去勢してるのよ、この馬。イヤン)。

じゃ、次は…。  続きを読む
Posted by foe1975818 at 12:12Comments(11)競馬 | ごあいさつ

December 11, 2005

サクラサク1

時間以内にテストが出来たら、何度も何度も見直す派のボク。
ボクはそのお陰で、数々のミスを訂正し、ギリギリのところで合格。数々の桜が咲いてきたのである。
競馬で投票するときもそうで、マークカードの記入ミスなどを徹底的に見直す。

自分の買いたい競馬場、レース番号なのか?
馬番は間違ってないか?
金額の0が1個多くなってないか?
ホントに買うの?これを買わずに、飯食いにいった方が有益なんじゃないの?
また負けるよ、どうせ。競馬なんて止めたらどう?

てなことを投票所のおばちゃん(どうでもええけど、あのおばちゃんらの時給高すぎ)にマークカードを渡す前に目一杯自問自答しているのだ。
たまに涙を薄っすら浮かべることさえあるよ。

昨日、中日新聞杯というレースを的中させた。
なのに、大儲けできなかったのは、見直し作業を怠ったことが原因だ。
ただ、ここで言う見直し作業とは、オッズの不確認である。

的中したのは、グランリーオからの¥200ワイド総流し。計¥3,000のお買い上げ(ボクは家での投票時には、1日¥3,000しか使えないのだ)である。
結果はグランリーオが1着に来た。
よって2つ的中したのだ。
で、手元に入ってきたのは¥13,400(だったと思う)ポッキリ。
因みに、グランリーオの単勝が17.8倍程度。複勝が4.9倍。
ボクは不覚にも、この単勝、複勝のオッズを全く無視してしまっていたのだ。
だって、こんなにつくとは夢にも思わなかったんだもん。
こんなにつくんだったら、単勝に¥2,000、複勝¥1,000で勝負したのに…。
そしたら、あんた、大儲けできたじゃねーか!

結果論ですよ。もちろん。
そりゃ、グランリーオが3着だったらワイドの方が儲かったわけだし、2,3着に突っ込んだ馬がもっとキツイ馬なら、ワイドのオッズは跳ね上がっていたのだ。
でも、あんた、グランリーオの単勝が17.8倍はないでしょう。
5,6倍が妥当だ。
ああ、馬券を獲ったのに、気分が悪い。ダァー、クソッ!
桜は鮮やかに咲いてるのに、土砂降りの雨の中での花見みたいなもんである。

てなわけで、今日はオッズ表に穴が開くまでしっかりオッズを確認し、穴馬を発掘してやるのだ。

朝日杯フューチュリティステークス(レース名、長すぎだ、コラッ!!)はジャリスコライトとスーパーホーネットの馬連一点勝負。
鳴尾記念はアサカディフィートの単勝、複勝。
金額配分は、ヒ・ミ・ツ。

ボクの目が節穴じゃないことを祈る…。  
Posted by foe1975818 at 13:47Comments(7)競馬 

December 09, 2005

ロード3

早い。
もう1年か…。

ハナが亡くなった」
メールが入ったのは2004年12/10(金)17:14。
未だに死因は謎だが、よく生きた。うん。
16年なら上等だろう。
明日は墓参りに行かな。

改めて言うが、ボクの家には4匹の犬(その内一匹は、ボクが物心ついてないころに飼っていたので覚えてない)が所属していたし、いる。(もいるけど…。うさぎもいたな。)
3匹の愛犬の中で最も出来がよくて、愛嬌があるのは、今、我が家の番犬を見事に果たしてくれている、メスのミックス犬ラヴである。
シバ♂は人間にも他の犬にも威嚇する一匹狼タイプ。
ハナ♀は人間に媚びて、他の犬には全く無関心の、要領のいいタイプ。
ラヴ♀は人間にも他の犬にも愛想がいい、敵を作らない典型的ないい子ちゃんタイプ。
よくもまあ、ダチョウ倶楽部みたいに、こんな小奇麗にキャラが分かれたもんだ。
申し合わせでもしたんか?

ハナが亡くなってからというもの、庭に1匹残された(猫は屋内におる)ラヴの元気が一気に無くなった。
ハナと張り合ってた感があったからかもしれない(ハナは、我関せずで、ラヴの一方通行だったが…)。
もともと食は細かったが、ハナよりも早く食べ終えようと、ハナの様子を横目で伺いながら食する。
でも今や、一日かけてゆっくりゆっくり完食する。
残すなんてこともザラにある。
かといって、体がどこか悪いわけではない。
便も極々普通だし。
でもハナはそんな感じで亡くなったからな…。

ラヴのエピソーズは、いづれこの場に写真を載せるときに、ご紹介しよう。
そうそう、実は、ボクも遂にパソコン購入宣言を声高らかにしたのだ。
まあ、オヤジが買ってくれと懇願してきたからなんだが、オッサンあんた、馬券で15万儲けたくせに、己で買えよ!まったく。
そこで、そのパソコン資金となるボーナスとなるわけだが、これが非常に残念な額。
契約社員の辛さかな。

あっ、そうや。
ボクが今の会社に勤め出して1年になるな。
ボーナスは別として、普段の給料は契約社員にしてはいい方やし、うちの会社が潰れることなんかも、まずないんだけど…。

なんだかなぁ。  
Posted by foe1975818 at 17:14Comments(6)ペット 

December 08, 2005

お笑いノイローゼ1

ボクはお笑い芸人に対しては、太平洋のように広い心を持ち合わせている。
また、どんな種類の笑いに関しても精通しているし、理解はできていると勝手に自負している。
しかし、昨今のお笑いブ-ムには、いくら太平洋のボクといえど、眉間にしわが寄る。
何年かに1回は必ずこういう奇妙な波は来ているようだが、今回のブームにおける諸悪の根源はエンタの神様であると、これまた勝手に推測するのである。
あの番組に出て、声を張り上げてる方々を拝見していると、「そんなもんか」となり、他のお笑い番組までも見る気が失せる。
まあ、実際見たら、どれもこれもガッカリだったが…。

そこらへんの芸人のネタを見て、笑うことは笑う。ボクにはツボがたくさんあるのだ。
でも、深みがない。全くない。
フジの25時間TVにおける、かま騒ぎなどは頭を抱えてしまった(というか、その直前の紳助とさんまがおもろすぎただけやけど)。
様々なお笑い芸人がいる中で最も深みがないのが、あるあるネタを羅列する芸人である。
例を挙げるのは反論が怖いので避けるが、どれもこれも表現方法を微妙に変えてるだけで、大して差はない。
確かにあるあるを探すことには骨を折ってるんだろうが…。

また、最近特に、ホンマに多いのが、何をそんなに格好つけてはるの?と言いたくなる芸人が山ほどいはる。
勘違いも甚だしい。
あなたたちの本業は何ですか?「お笑い」芸人でしょ?「お笑い」。
もうちょい人を笑わせてからにしてほしいものである。

とはいえ、我々見てる側の方にも問題はある。
大しておもしろくもない芸人をチヤホヤする。ワーキャー言う。
それは、その芸人を殺すだけである。
胸に手を当てて、今、自分がワーキャー騒いでる芸人はホントにおもしろいのか、それを自分に問うべきである。
もちろんチヤホヤされて、つけあがる方もどうかと思うが…。

ボキャブラで一気に跳ねて、一気に落ちていった芸人たちは、このブームをどのように見ているだろうか。
若手芸人たちよ、もっともっと頑張ってくれ。
脳みそが笑いでグチャグチャになって、ノイローゼになるくらいに。
ボクはお笑いが好きなのだ。ボクを笑わしてーな。ツボはぎょうさん御用意してますから。

じゃあ、お前はどの芸人やったら認めるねん!となるが、それはまた後日にでも。  
Posted by foe1975818 at 16:57Comments(20)TV 

December 07, 2005

この木 何の木 パート2

気になる
品川庄司の品川の笑い方が、いつのまにか引き笑いになってるのが気になる。

気になる
行列のできる法律相談所で、紳助が決めのボケを言うときにネクタイの結び目をキュッとするのが気になる。

気になる
TVで見る度に、うつみ宮土里の顔が変形していってるのが気になる。

気になる
ジャンボ尾崎の破綻原因が気になる。

気になる
プリンセス天功の婚約者の行方が気になる。

気になる
西田ひかるの誕生日パーティーが、いつから取り上げられなくなったのかが気になる。

気になる
SEXより、オナニーの方が気持ちいいのが激しく気になる。  
Posted by foe1975818 at 07:57Comments(12)TV 

December 06, 2005

よりによって1

この世には「よりによって」ということが多々ある。
しかもそれが一日でどっさりと来るとイライラする。

土曜日。
ある仕事を楽勝で終えたボク。
車で帰ってる途中に連絡が入る。嫌な予感がした。
「わたしの方のミスで、もう一度戻って、報告書を書き直しにいってください」と。
嫌な予感的中である。
声を大にして言っときますが、ボクのミスじゃありませんよ。上のミスですからね。
で、Uターンできなかったんで、時間もあることやし、抜け道でも発見してやろうかなと格好いいことを思い立ち、細い路地をグングン入っていったら、どんどん大変なことになってきた。
道が先細り、先細り。
こりゃまずいってなことで、右折しようとしたら、車の左前方が
「ガリッ!」
「えー!!うそーん」
ちょっと乗り上げてしまったのだ。当然、スピードが出せる状況ではなかったので、速攻ブレーキを踏んだ。
ボクはマッハで周囲を確認。
だれもいないとわかるやいなや、マッハで逃げた(コラコラ)。
とは言うものの、他人の家のものを傷つけたわけじゃないし、会社の車やし、いいでしょ?。
帰ってから、ペンみたいなので、隠蔽。完璧すぎる。
ペンキ職人になったろかな?
よりによって、上がミスしたがゆえに、こんなことになってしまったのだ。

翌朝、勤務を終えたボクは早く帰らなければならなかった。
なぜなら、草野球の試合があるからだ。
ボクが家に帰って、どんなに俊足をとばしても、参加できるのは第2試合。
よって、第1試合の準決勝で我がチームが勝ってくれなければ、第2試合の決勝戦に参加できない。
さらに、その決勝戦は久々にボクがマウンドに上がることになっているのだ。
いつもなら、会社を休んでまでしてこっそり参加してるのだが、さすがに今回はマズかった。
「頼む、勝ってくれ!」
祈るような気持ちで、いや、祈りながら帰路につく。
が、負けた。よりによって。
1-4らしい。
ぬおー!!おいおい、何打たれてんねん、オヤジ!
決勝で、おいしいとこだけ持っていく計画が台無しだろうがよ。

しょうがないので、本来なら決勝戦で熱い試合を繰り広げていたであろう時間を競馬予想に費やす、ボクと打たれたオヤジ。
ボクはブログに阪神ジュベナイルフィリーズはシークレットコードが来る!!とタンカを切ったもんだから、これからいくしかない。
馬体重を確認すると、「予定通り」大幅減。
よし、勝負!!
となるところが、買わなかったのよね、これが。いや、買えなかったのよ。
その直前の中山10レースで資金を使い果たしちゃった。

で、結果は最悪。
実際買った、中山10レースを外す。
そして、買えなかったシークレットコードちゃんはきっちり2着。
しかも、よりによって結構おいしい配当じゃございませんか…。
さらに腹立つことに、オヤジが中山11レースの3連複・3連単を的中させ、15万を手に入れてる。
打たれたくせに。

夕方5:00頃からジムに行く。
必死こいてプールで泳ぎ、風呂から上がると、よりによって着替えのおパンツがないことに気づく。
……。
これは「よりによって」じゃなく、ただのボクのミスか。  
Posted by foe1975818 at 15:35Comments(14)最近 

December 04, 2005

うれしい3

いきなり自慢するが、ボクは小・中学生の頃、運動会では必ずリレーの選手に選抜される程の俊足だったのだ!
残念ながらトップ当選ではなかったが…。

園児の頃も選抜はされた。
もちろんそれは小・中学校でもそうだが、放課後かなんかにやる、リレーの選手を決める競争で上位入選したからだ。

でも、選抜レースでは顔を出さなかった致命的な欠点が、よりによって本番でひょっこり浮上した。

パーン!!

そう、ピストルの音である。
小学生になったらさすがに慣れたが、園児のころは競技の度にピストルがパンパン鳴りよるから、その度に漏れなく怯える。
かけっこの場合、この「パーン!!」に「ドキン!!」とビックリするので、漏れなく2,3歩出遅れる。
最悪の場合、ズッこける。
脚は速いので、あっと言う間に先団をゴボウ抜きし、先頭に躍り出るも、ゴール前で息切れして、1人にチロっと抜かれてゴールイン。
せっかくのキラリと光る素質も台無し。
運動会の最後に行われるリレーなぞは、それまでにしこたまピストルの音を聞いていて、既に半ベソ状態。(エエ加減慣れろよ)
リレーでも1人に抜かれて順位を落とした。
ボクを選抜した先生も誤算だっただろうなぁ。


今日、15:40スタートの阪神競馬場で行われるGレース、「阪神ジュベナイルフィリーズ」という舌の一枚でも引きちぎれそうな、言いにくい、長ったらしい、センスのない名前のレースは、人間で言えば小学生の低学年あたり、しかも女の子限定で行われる。
競走馬ってのは、閉所に恐怖を覚える。
あの狭っくるしいゲートにいかに機嫌を損なわずに入り、ゲートが開くまでいかに行儀良く待ち、ゲートが開いていかにスムーズにスタートできるかで、勝負が決まると言っても過言ではない。
ましてや、阪神JFはまだまだ競馬をわかっていない幼い、経験の浅い女の子たちのレース。
スタートに要注目だ。
ボクみたいに出遅れる馬もいるだろう。
でも、出遅れてもいいから先頭でゴールしてよ、シークレットコードちゃん。
ゴール前で息切れなんてやめてね。
ボクに誤算を与えないでよ。  
Posted by foe1975818 at 12:05Comments(9)過去ロビ | 競馬

December 03, 2005

なんて言うんですか 緊張感4

昨日、友人ヒロキジーニョと生まれて初めて裁判の傍聴に行った。
時間が時間だっただけに、残された裁判は1つぽっきりだった。
銃刀法違反事件の裁判なのだが、その裁判が行われる○○号室の小窓から傍聴席を覗くと、ガラガラの席に1人明らかに極道の方がいらっしゃった。
「チョー、よしゆき、やめとかへん?」
と、ヒロキジーニョが寝ぼけたことをヌカしたが、よしゆき憲法第一条により棄却。
ツーステップで入室してやったのである。
極道に軽くメンチを切られたが、気づいてないよ的な感じで、その極道の真後ろに着席した。
係りの方が注意する。
「傍聴席の方、帽子を取ってください。」
帽子を取るヒロキジーニョ。
それにしても緊張感が半端ではない。
空気の読めない子として、数々のコンパをぶち壊しているこのボクでも、体中のありとあらゆる部分がカチンコチンとなるぐらいである。

時間になり、お手々を紐で縛られた被告人がノッソーっと入室してきた。
ええ年ぶっこいたジジイだったが、傍聴席の極道に「オウ。」と軽く会釈した。
極道も軽く一礼。
どうやら師弟関係のようである。
裁判自体は事務的なやりとりで、ものの10分程度で終了してしまった。
終了するやいなや、我々冴えない2人はすぐに部屋を飛び出した。
極道の威圧感がおっかなかったからである。
今回の裁判はやりとりしてるヒトの声も小さくて聞こえにくく、全般的に酷く物足りなかった。
もっと濃いーヤツを期待していたのだ。
浮気が原因での離婚で慰謝料ナンボやねんみたいなドロドロしたやつとか、財産贈与を巡る親族同士の骨肉の争いとか、ワイセツ物チン列罪で捕まった露出狂の醜い言い訳とか、結婚したのに旦那がSEXしてくれないとか…。

次回はいつ行こうかな?
裁かれる側やったりして…。  
Posted by foe1975818 at 15:35Comments(11)最近 

December 02, 2005

もう一度キスしたかった1

曇る窓 優しく響かせて 流れーる歌が悲しかぁったー
振り返る あなたを抱き寄せて…


himekoさんより、キスバトンという何とも素敵で、卑猥なバトンを頂戴してしまった。
ボクは自称独身変態貴族である。
どんなSEXをするかなど、赤裸々に語ることは苦じゃない。
しかし、こと「キス」という狭いカテゴリーを深く掘り下げることに関して、実は鬼のように赤面してしまうボクである。
日本人はキスがからっきし下手、などという極めて怪しからん声が世界中のレイディーから挙がっているようだが、ボクがその代表であることをここに宣言してもよい。
そんな日本代表のボクのお答えを篤と御覧頂き、篤とお引き頂きたい。  続きを読む
Posted by foe1975818 at 19:19Comments(9)ごあいさつ 

December 01, 2005

そして輝く2

どれだけがんばりゃいい 誰かのためなのぉ? 
わかっているのにぃ 決意(おもい)はー揺らぐぅ


ジムに通い始めて5ヶ月が経過した。
初めてその施設のプールに足を踏み入れたときは、目を疑った。
何とも愛らしいトドがウヨウヨいたのだ。
あれ?ここプールやんな?もしかして水族館?
でも、よーく目を凝らして見ると、それはトドではなく、ヒトだったのだ。
アクアビクスと呼ばれる、インストラクターの動きに合わせて、水中でダンスをするおばさま方の群れ。
その痩せたいというおばさま方の死に物狂いな姿に、ボクは激しく胸を打たれた。
「よしっ、オレは泳ぎに泳ぎに泳ぎまくって、筋肉ムキムキになってやるぜ!おばさま方の痩せるのが先か、オレがムキムキになるのが先か、勝負や!」
ボクは心の中で勝手に勝負を挑んだのである。

ところが、アクアビクスを終えた、あるおばさまが言う。
「あ〜、よう動いた。半年間もこんなけやってて何で痩せへんのやろ?不思議やわ〜。
ほな、今から何食べにいく?わたし、お好みがええわ〜。」
ウソみたいな、ホンマの会話である。
ボクの決意(おもい)はグラグラに揺らいだ。
どうやら、ボクは挑む相手を間違えたようである。

また、更衣室でも何かとけったいな事件があった。

その事件はこちら→

そんな不気味な事件があったので、行く時間帯を見直した。
その不気味な事件があった時間帯は11:00〜13:00頃だった。
その後の14:00〜15:00になると、おばさま軍団がブヨブヨいるので、悠々と泳げない。
というわけで、今は17:00頃にしているわけだが、これが大正解。
ガラガラ。ヒトもトドも変質者もいない。
非常に快適に泳げ、着替えれるのである。

うん。快適ではある。
サウナに入って汗だくになり、お家に帰ってビールをガブ飲みする瞬間は至福のときである。
でも、結果が出ない。
そう、おばさま方が痩せないのと同様、ボクの胸は鳩胸のようにならない。
肉を食えばいいんだろうが、なかなかそうもいかない。
もう既に、ボクの胃は肉を拒んでいるのだ。
いや、それではアカン!無理やり食え!!と言われても無理。
全てきれいにリバースしてしまう。
プロテインも同様に、リバースすること請け合いである。
やっぱり、マシーンルームでガッシャンガッシャンするしかないのかね。
腰が心配なんだけど…。
HGのモノマネやめなきゃな…。

あー、ムシャクシャするぜ!。

ウルトラソウル!!  
Posted by foe1975818 at 13:02Comments(9)最近