February 28, 2006

島田珠代3

いつの間にかトリノがひっそりと幕を閉じているではないか。

本当に良かった。
女子フィギュアで金メダルを獲ってくれて。
仮に金が獲れなかったら、いや、銀に終わっていたとしたら、必ずや
「真央ちゃんが出てたら金やったのになあ。」
という声が上がっていたに違いない(上がらなかったら、ボクが上げる予定だった)。

ボクは美的センスを1mmたりとも所有していないため、フィギュアスケートを見ても何の感動もしない、精神的マグロ男であるが、今回ばかりは荒川静香が金に値する演技をしたことは理解できた。
「他の選手がズッコケていたのに対し、荒川静香は転ばなかった。」という見たまんまの見解しかできないんだけど。

全日本女子バレーで成功を収めた柳本監督が、大阪ローカルのたかじんの番組で
「チームを、特に女性チームを上手くまとめるコツは?」とたかじんに聞かれた。
氏はその返答の一部で、
「女性は群れを成す生き物である。」
「女性は嫉妬の生き物である。」
との発言があった(ボクが発言したのではない。)。

荒川静香が金メダルをゲットした背景には、マスコミがこぞって採り上げるミキティーへの「なにくそ!」精神と、ミキティー過剰報道により、自身が余計なプレッシャーをかけられなかった、ノーマークの気楽さ。
柳本監督の理論に落とし込んでみれば、この2点が作用していることは否めない、となる(ボクの理論ではない)。
もちろん彼女の弛まぬ努力が、金メダルを獲得した1番大きなパーセンテージを占めていることは言うまでもない。

日本を飛び立つ前と、帰国後のマスコミの「群れ方」のギャップに、荒川静香がどう対応するのか非常に興味が沸く。


今大会で1番前傾姿勢で釘付けになったスノーボードクロスは、チョット前に記したので省略するが、実はボクが1番注目していたのは日本ジャンプ陣である。
何年も前から顔ぶれに変化がない。
よほどベテラン勢の力が健在で、圧倒的なのかと思ったが、今大会の結果を見たところ、ベテランを脅かす若手が不甲斐ないのという見方が正しいのだろう。
長野のときとはルールがガラリと変わってしまったり、スポンサーが付かず練習もままならない実情はわかるが、この逆境を乗り越えて、ベテランを跳ね除けて、新たな日の丸飛行隊の復興に大いに期待する。
頑張れ、若手。

生え際がK点超えのロビバウワーがえらそうに言うのもなんだけど。


さあ、サッカーを見ようっと。
イナバウワーはここいらで一息つくとして、あの皇帝ベッケンバウワーを生んだドイツW杯まで時間がないのだ。
今日は内容も結果も注目だ。  

Posted by foe1975818 at 17:08Comments(12)TrackBack(0)TV 

February 27, 2006

しゃぶ しゃぶ しゃぶ5

昨日は3つのサプライズが発生した。

サプライズ
一昨日の記事をお読みの方は、ドキドキしてるんじゃございませんこと?
ボクは松永幹夫の馬を買うって宣言したでしょう。

ジョッキー生活最後の日にあまりにも格好いいぜ、松永幹夫。
「できレースだ!」と声を張り上げたい方もいらっしゃるでしょうが、こと、現代の中央競馬に関して八百長は「ほぼ」無理だ(と信じたい)。
まずは我々ファンの目を騙すことはできないからである。
そして何といっても競馬は「馬」の成すことである。
ジョッキーが本気で追わなかったりして、馬のスピードを緩めることは可能だが、走る気が全くない馬を走らせることは、所詮人間ごとき、はたまたさすがのジョッキーでも無理だ。
さらに、昨日の阪急杯というレースでのコスモサンビームの例を持ち出すまでもなく、故障したらオジャンである。

よって、昨日の阪急杯で人気薄のブルーショットガンを勝利に導き、最終レースで区切りの1400勝を達成して鞭を置いた幹夫はサプライズに値する。
そして、一昨日の宣言を撤回して馬券を取り損なったボクを笑ってくれ。


サプライズ
兄貴のデビュー戦の1R44秒KOを破ると宣言し、見事1R23秒でKO勝ちするなんてあまりにも格好いいぜ、亀田大毅。
「できレースだ!」と声を張り上げたい方もいらっしゃるでしょうが、奴はホンマに強い。

ボクは川島郭志というチャンピオンが大好きだった。
彼のボクシングはそこいらへんのボクサーのケンカボクシングと違い、「スポーツ」だったからだ。
決して派手な勝ち方はしなかったが、見ていて安心できたのは彼だけである。
自分が打たれ弱いことをよくわきまえていたからこそ、あの天才的なディフェンスが生まれた。

兄貴にも言えることだが、亀田大毅のガードの位置は、どんなに打たれたとしても容易には下がらないだろうと思わせるほど高い位置だ。
ボディがガラ空きだよ!となるが、そんなもんはあっさり杞憂に終わるだろう。
パンチのかわし方は異なるが、川島並みのディフェンス力と、23秒で、一撃で倒す攻撃力。
この3兄弟で世界が獲れなければ、いや、不滅の防衛記録を叩き出せなければ、もう日本のボクシング界は終わりである。

それほどまでに衝撃をもたらした亀田大毅はサプライズに値する。
試合後にハウンドドッグの「ONLY LOVE」を物まね気味で熱唱していたが、次の試合後はもっと若者向けの歌を歌うとのこと。
是非、今井メロ級のラップに敢然と挑戦してほしい。


そして、サプライズ  続きを読む
Posted by foe1975818 at 16:33Comments(8)TrackBack(0)TV | 競馬

February 26, 2006

アテンションプリーズ3

飛行機が飛び立つ前に、ある会社員が機内で携帯電話のメールをしていたために、飛行機が1時間遅れた事件。

注意しても注意してもきこうとせず、しまいにはこのスッチーの胸ぐらを掴んで「お前の顔なんか見たくない。」と暴言、及び唾を吐いた。
飛行機は搭乗口にU-ターンし、男を強制退去。
改めてスッチーが注意したら、「もうしません。」とさっきとは打って変わってしおらしく謝罪したので、再搭乗させて、飛行機は鹿児島から羽田へ飛び立った。

この30代会社員に対するベタなツッコミその
「我慢せえよ!!」
鹿児島-羽田間は2時間も費やさないだろう。
どんな大事な用事があったのか知らんが、飛行機に乗ってるたった2時間で、お前がメールをしないことにより、会社か何か知らんが、どんな悪影響があるんだ?
この男よりもっともっと大事な用事で乗り合わせていたかもしれない方々が災難である。

この30代会社員に対するベタなツッコミその
「お前は東横インの西田社長か!!」
飛行機の中でいろんな物を吐き散らしているときのお前と、強制退去させられてからのお前。
何がどう変わったんだ?
あまりにも違いすぎて笑える。
コントだ。
でも、他のお客さんに迷惑掛けちゃダメ。


と突っ込んでみたものの、,砲いては疑問がある。
それは、携帯を弄ることにより、飛行機のメカ類にどれほどの悪影響をもたらすのだろう?
周りにペースメーカーの方がいらっしゃったら、その機器に影響をもたらすからかな?
だとしたら、ペースメーカーもまだまだ改善の余地があるということか。
携帯の電波で影響があるなら、うかうか街も歩けやしないな。
ペースメーカーの開発者の頑張りに期待しよう。

また、以前、故早坂茂三氏がリクライニングを戻さなくて40分遅らせた事件もあったが、これもまた、リクライニングを戻さないことにより、どういう悪影響があるんだろうか?
後ろの人が嫌がるからかな?
だったら、全員やっておあいこにしてくれへんかな?
もしかしたら、離着地の時に危ないからかな?
でも、背すじをピーンとするのと、グッタ〜となってるのとでは、離着陸で失敗したとき、そんなに違いがあるんかな?
シートベルトしてるからそんなに変わらんと思うし、そもそも離着陸を大失敗した時点で命がアウトなような気がするが…。

理由が知りたいのよ。
どれほどの影響があるか、目で、数値で見たい。
例えば、車は踏み切り前で一旦停止しなければならないが、あれだって一応意味はあるらしい。
「一旦停止しておけば、踏み切り故障で遮断機が下りなかった場合、電車が接近してきてても大事故にはならない」と、どいつかに聞いたことあるんだが…。

「ルールだから守るべき」
わかっとるわい。
ルールも意味があってのルールならよいよ。
規律の厳しい私立の女子高の校則に見られがちな、意味のないルールは排除せねば。

誰か、教えてください。


ボクに対するベタなツッコミ。
「自分で調べろ!!」  
Posted by foe1975818 at 13:36Comments(15)TrackBack(0)TV 

February 25, 2006

ヘヴンリーロマンス5

松永幹夫というジョッキーが、明日2/26で鞭を置き、調教師に転向する。
山本調教師が師匠にあたる彼は、成績も優秀、爽やかすぎる顔立ち、さらに人格者として知られる(どれか一個ちょうだい)。
ボクは以前、競馬方面で働く方の話を聞く機会があったが、その誰もが競馬サークル内で彼を悪く言う人物はいないと口にする(馬券オヤジたちは除く)。
ジョッキーとしての彼は牝馬との相性が大変良く、彼が制したG気倭瓦凸毒呂任△。
昨秋の天皇賞を大穴で勝利した彼が、天覧していた天皇陛下の前に佇み、ヘルメットを取り、馬上でお辞儀したシーンは記憶に新しい。
レース後のインタビューでそのシーンについて聞かれたとき、いの一番に「馬がじっと行儀良くしてくれたのが偉い。」と発言した。
結局、G祇覇はこれが最後となったわけだが、最後の最後に師匠の管理する馬でG気鮴覇したことにドラマを感じる。

今日、ボクは気がつけば阪神競馬場に仁王立ちしていた。
勘違いしないでいただきたいのは、彼、松永幹夫を応援するために、わざわざ仕事明けで仁王立ちしにきたのではないということだ。
大きな声では言えないが、そんな彼の馬券を片っ端から買わずに、ガッポリ儲けてやろうじゃないかとの魂胆である。
別に彼に恨みなどこれっぽっちもない。
むしろ逆で、昨夏の札幌記念を始め、数々の的中馬券を提供していただいだけでなく、ボクが彼の馬を買わなければ、見事にその通り飛んでくれるなど、非常に相性がよい。
しかし、今日だけは状況が著しく違う。

「ありがとう、幹夫。今までお世話になったな。今日はお前と心中や!」
「いやん、幹夫さん。辞めないで!」
「今日は幹夫に勝たすんちゃうか?」

などの感情や憶測が飛び交い、彼の乗る馬が実力以上に人気する。
そう、「おいしくない」のだ。
そんな都合よく有終の美を飾れるわけがないことを、ボクは過去の経験から身がビチョビチョに染みすぎるほど分かっている。
あのハルウララブームのときもそうでしょ?
儲かったのは「胴元だけ」である。
勝負師ならば過剰人気馬を蹴飛ばすのが「筋」ってもんだ。
ましてや幹夫は、もう辞めるのだ。
逃すわけにはいかない。

ボクが愛読競馬新聞「1馬」を購入し、まず取りかかったのは松永幹夫騎乗の馬の欄を赤ペンで真っ赤に塗りつぶしたことである。
いないことにしたのだ。

第1レース。
いきなり彼の馬が人気している。
確かに馬は一本筋の通った血統馬で、実力を疑う余地もない。
でも、買わない。
いつの間にか穴党へと転身を遂げているボクは、普段なら血迷っても有り得ない武豊からの馬連で幹夫以外への総流しを決行。
幹夫が飛びさえすれば、そこそこの配当に有りつける。
ウキウキするのだ。

ゲートが開いた。
相変わらずスタートの上手い武豊は先頭に立つ。
連闘で10kg以上体重が絞れていた馬は、気持ち良さそうに駆ける。
ウキウキがドキドキに変わる。
さあ、最後の直線。
武はリードを広げる。

ああ、無情。
きっちり幹夫が半馬身だけ差し切って1着。
武豊2着。

次は第3レース。
幹夫は飛んだのに、馬券を外した。

第6レース。
ここも幹夫切りは正解だったのに、馬券獲れず。

第8レース。
幹夫1着。
ボク沈む。


初めてかもしんない。
競馬場で4万も負けたの。
仁王立ちしてたはずなのに、へたり込んでやんの。

いつか松永幹夫「調教師」の馬で取り返してやるからな。
覚えてろよ。


とにもかくにも、ミッキー、お疲れさんでした。
明日は怪我なく無事にレースを終えてくださいよ。

明日はあなたの馬を買うんだから。  
Posted by foe1975818 at 22:32Comments(7)TrackBack(0)競馬 

February 24, 2006

冒険島5

チョット前にチラっと記したが、ボクの所有しているコンポの具合が変だ。
5年ほど前に中央大学の生協で購入したこのコンポ。
変とはいってもCDも、MDも、レイディオも、テープも聴ける。
音も飛ばない。
ダビングだってお茶の子さいさい。
しかし、決定的な欠陥を発見。

ボクはナイナイのオールナイトニッポンをこの10年聴き続けている、近年稀に見るヒマ人である。
聴けない日は120分テープにタイマー録音をしており、もはやこれは習慣。
1週でも聴き逃すと、誰が見ても一発で分かるぐらいふてくされる。
実は、そのタイマーが変なのだ。
他は全く異常なし。
よりによってタイマーボタンだけがうんともすんとも言わなくなってしまった。
チョット強めに押してみても、高橋名人も真っ青の連打をかましてみても、長押ししてみても、コンポの本体を揺さぶっても、叩いても、ガチンコラーメン道の佐野風に睨みを利かしてみても、である。

昨日の健康診断後に、大阪は梅田のヨドバシカメラに入店。
ボクは音や機能といったものに、ほとんど拘りがない。
今回に関しては、MD-LP機能さえ付いてれば大満足である。
購入したのはパナソニックの商品。
なんやかんやで¥25000。
ホンマは先週の競馬で儲けて買いたかった…。

10kg近くある商品をH急電車に揺られ持って帰る。
取っ手は付いてるが指が痛すぎる。
約40分かかって帰宅。
早速線を繋いで、完成。
予約録音の仕方ページを開いてセットする。
まずはちゃんと予約できてるかどうか、1分後にセットした。
1分後、バッチシ予約が始まった。
よし。
すぐにオールナイトニッポンを予約だ。
深夜1:00〜3:00。KBS京都。レイディオ→MD。MDは2倍分とれるようにセット。
最後に忘れちゃいかんのが、コンポの電源を切る。
よし。
初めてのメカだけに慎重に慎重を期すのだ。
何回も確認したもんねー。
先週聴けなかった分、今週に対する気迫は並々ならぬものがあるのだ。
何でも今週はスペシャルウィークで、ゲストには今や飛ぶ鳥を落とす勢いのエロカッコイイ倖田來未嬢が登場するとのこと。
別にファンではないが、エロカッコイイを惜しげも無く振りまく彼女には大変お世話になっている。
ありがとうございます。
今日も過激な衣装なんかな?
いやいや、レイディオなんやから衣装は関係ねえな。見えないんだから。

その晩、黒霧島をあおりながらブログを作成。
自分の部屋に戻って、先週土曜にビデオに撮っておいたナイナイサイズを、その日3杯目の黒霧島をあおりながら観賞。

気が付けば朝。
そうだそうだ。
レイディオは撮れてるかな?
MD再生ボタンをポチッ。

ヴウィーーーーーーーーー。

え?
どういうこと?
事態はすぐに把握できた。

ボクの部屋は棚の1番上にTV。
2段目にDVDデッキ。
3段目に昨日購入したコンポ。
つまり、TVとコンポが超接近しているのである。

もうお分かりだろう。
TVの電源が点いたまま居眠ってしまったため、レイディオに電波障害をもたらした。
よってペナルティのワッキーの芝刈り機のような音で録音されてしまったのである。

浮かれすぎである。
でもまあ、そんなミスをすることもある。
いいじゃねえか。
おしっこに血が混ざってないんだから。
それでよしとしよう。
成長したな、ボクは。

誰か、オールナイトニッポン聴いた方、内容を教えてくれません?  
Posted by foe1975818 at 21:15Comments(11)TrackBack(0)最近 

February 23, 2006

デモクラシー5

昨日のオチは今日への布石。
そう。今日は会社の健康診断。
本社は大阪の十三に構えてるが、親会社は…これは言えない。
場所でバレる。ヒントはこちら→ワイ

思えば昨夏のこの地での健康診断で発覚した。
あれから半年。
大量の水をガブ飲みし、石を排出するための努力は怠らなかった。
今日は尿検査だけではあるが、これで異常なしならば前途は開ける。
いざ、勝負。

紙コップに自信満々に溢れんばかりに尿を注ぐ。
結果が出る間に、身長、体重、視力、聴力、血圧を測定。
174cm、60kg、両目とも1.5。聴力異常なし。血圧は105と54。
完璧である。
さあ、あとは小便だけだ!

「○○さ〜ん。どうぞ〜。」
「よし!」
クリスチャンでもないのに、胸で十字を切って入室。

「はい。結果は異常はございません。」
「本当ですか!!先生!!」
「はい、今回は潜血反応はありませんよ。」
「そうですか!」

ボクはやったよ。
今までおしっこを検査するたび、お前は潜血異常だ!、貴様は潜血異常だ!と陰口を叩かれてきた(考えすぎやろ)。
この半年間、ほぼ血まみれだったボクの下半身。
もちろんこれで腎臓の石が消滅したという証明にはならない。
でも明らかな前進である。

本社を後にし、周囲にヒトケがないのを確認すると、ボクは両手を横に広げ、「うほほ〜い!!」と泣き叫びながら走ってしまった。
いかん!
ボクとしたことがアラレちゃん化してしまった。
でも、いい。
清々しいのである。
こんなに清々しいのは、小2の夏休みに初めてヒラタクワガタをとっ捕まえたとき以来だ。

清々しついでに、最近ご無沙汰していた人間ウォッチングの開始だ。
本社のあるJR○○駅から大阪駅に向かうには、環状線の外回りに乗車するのが常識中の常識であるが、アラレちゃん化したボクは、敢えて遠回りになる内回りにスキップで乗車する。
1番後ろに乗車したが、時間も時間だけにヒトが少ない。
一駅ごとに前の車両へと進んでいく。
ネタになりそうなヒトがいない。
どんどん前へと進む。
スピードも増してきた。
結局、収穫なし。
あ〜あ。

今、ふと思った。
車内をどんどんどんどん突き進む、半笑いのボクがネタにされてるんじゃないか?


今飲んでる黒霧島が、いつもより美味く感じるのである。  続きを読む
Posted by foe1975818 at 21:51Comments(12)TrackBack(0)最近 

February 22, 2006

2,3回目のプロポーズ5

手元を見るんじゃなくて、遙か彼方にある的を、瞬き一つせず見つめる美しい瞳。
そして、祈るような気持ちでストーンの通り道の氷をゴシゴシする健気さ。
さらには、石を放り出した後に上げる、どっかの民族のような謎のうめき声。

はじめまして、林さん。
ボクと結婚してくれ。
そして、汚れ切ったボクの心をゴシゴシしてくれ。
贅沢は言わない。
2日間ぐらいでいいから。

はじめまして、本橋さん
ボクと結婚してくれ。
そして、汚れ切ったボクの心をゴシゴシしてくれ。
贅沢は言わない。
3日間ぐらいでいいから。

2人いっといたら、どっちか引っかかるやろ(最低やな)。

白状する。
ボクがカーリングに釘付けになったのは、不純な動機である。
でも今や、スポーツとしての「カーリング」に夢中だ(4年前も同じこと言ってたっけ)。
残念ながらチーム日本の準決勝進出をならなかったが、イーターリャ戦は手に汗握る攻防で、一昨日の20:00頃の勝利の瞬間は、ボクもグッときた。
できれば一緒に抱き合って喜びを分かち合いたかった(不純な意味ではない…ことにしてね)。

とにかく奥が深い。
先攻後攻による有利不利もさることながら、リンクの状態が刻一刻と変化し、それに伴う石の曲がり具合の変化を即座に察知し、石を投じなければならない。
このあたりはボーリングにも相通じるものがあるのではないだろうか。
「何でそんなとこに石置くねん。」みたいな敢えて変てこりんな位置に置いた石が、文字通り布石として後で効いてきたりするあたりは、将棋や囲碁の要素も含まれているのではないか?

ボクはカーリングがしたいです。
決して不純な動機ではない。
真剣に申し上げている(もちろんプロポーズもだ)。
若干鼻の下が伸び気味ではあるが、こんなマジメ顔はここ数年していないぞ。
なぜそんなマヌケ顔…じゃなくてマジメ顔かといえば、ボクはボーリングと将棋が得意だからである。
さらに言うなら、過去によく不本意ながら便所掃除をやらされていたので、ゴシゴシも得意だ。
まだある。
ボクが30歳になった今でも、所構わず意味不明の雄叫びを上げたりするところなんかも、石を放り投げた後の声出しにピッタシですやん。
ほら、もしかしてボクはカーリングをするために産声を上げたんじゃないか?
いや、もしかしてボクがこの世に生を受けたから、カーリングというスポーツが生まれたのではないか?


でもなあ…。
寒いも苦手やしなあ。
スベるの怖いしなあ。
肝心の「意志」も弱いしなあ。

やっぱボクには無理か…。


ボクの場合、石を弄う前に、まずは自分の腎臓にある「石」を放り出さないとな。  
Posted by foe1975818 at 14:56Comments(16)TrackBack(0)TV 

February 21, 2006

悪魔1

つい最近起こった、園児2人が殺害された事件。
ご遺族に掛ける言葉が見つからないが、この事件には参った。
ある意味で防げない。
防ぐためのグループ登園だったわけだし。
鄭容疑者からは、自分の娘の首を絞めたり、旦那の母の首を絞めたなどのシグナルは出ていたらしいが…。
ああ、同じ幼稚園に通う母親に殺されてしまう世の中になってしまったのか。
スクールバスを導入すべきだ!という声も聞くが、そのスクールバスの運ちゃんに殺られることも考えられる。
いやいや、もっと様々な状況がある。
考え出したらキリがない。
もちろんあってはならないことだけれども…。
でも、そんな周りの人間が全員悪魔に見えてくるような状況を考えざるを得ない時代になってしまっているのではないのか?
寂しい時代だ。
ボクだけかな?

ところで池田小の宅間や、安城市の氏家みたいなキティガイと違い、鄭容疑者を憎みきれない自分がいたりする。
宅間や氏家と全く同じ酷いことしてるのに。
遺族じゃないからや!という戯言はこの際放っておくとして、なぜ憎みきれないんだろうか?
ボクが精神的に安定しているからか?

ん〜。わからない。

容疑者の旦那は何を思う。
そして殺害シーンを目撃したと思われる容疑者の子供の心の傷は?


一方で、信者たちを脅し、レイプ三昧で懲役20年を言い渡されているドスケベ金保に関しては、一点の曇りもないほどバカだと言い切れる。
こんな奴は金を保てないように去勢だ、去勢。


少し話がずれるが、犯罪心理学に詳しいどこぞの大学教授がおっしゃっていたが、凶悪犯罪者どもの脳みそを調べると、脳全体の比率からして前頭葉が小さいという結果が出ているのだそうだ。

調べてほしい気もするが…、小さかったらどうしよう。
先に去勢しとこかな?
どうせ持て余してるし。  
Posted by foe1975818 at 13:18Comments(9)TrackBack(0)TV 

February 20, 2006

ラッセッラー2

先日、NHKで「猫の正しい躾の仕方」なる番組をしていた。
ボクは仕事場だったため、速攻で家に「NHKを見よ!」とCメールを送信した。

我が家にはピータンという♀のミックス猫がおる。
トイレに関しては上手いこと定められた籠の中でしよるが、爪を研ぐ躾だけは見事に失敗した。
壁が傷だらけ。

この番組によれば、今の場所での爪研ぎを止めさせたいなら、その爪を研いでる高さのところに両面テープを貼りなさい。
それを見た猫はそこでは爪を研がなくなり、しばらくして両面テープを剥がしても、その場所では爪研ぎをしなくなっている。
後は、新しく研ぐ場所を提供しなさいとのこと。

両面テープを貼ってみた。

すると、うちの猫は体を縮めて両面テープの下の壁の低い位置で研ぎ始めた。
どうやらうちの猫は、体を大きく見せたくない「ひねくれ猫」のようである。
誰に似たんだ?

じゃあ、こっちも手段を選ばないぜ。
家の壁という壁中に両面テープを貼ってやった。
お気に入りの場所の冷蔵庫、食器棚、ピアノの上の壁と、リビング、廊下、階段の壁など完全なる包囲網の完成だ。
ワッハッハ、ざまあ見さらせ!
もう、観念せえ!
さあ、爪研ぎ機で爪を研ぐのだよ。

もともと猫を飼うことには反対だった。
既に2匹もの犬がいるではないか(今は1匹)。
頼まれたからって、何でもかんでも引き受けていたら大変なことになる。
我が家はロビゴロウ王国ではないのだ。

うちの猫はボクが触れようとすると引っ掻いてきよるので、体全体で爪研ぎ機のある部屋の隅の三角コーナーに追い込んでいくボク。
そして遂に爪研ぎ機の前に追い込んだ。
ボクは猫をすり抜けさせないために、横綱の土俵入りで言うところの不知火型で構えた。
もう、逃げられないぜ。
ボクはさらに低く構える。
ボクを睨む猫。
後は、とっ捕まえて、手を持って爪研ぎ機(ただのダンボールやけど)でガリガリやって、爪を研がす習性をつけさせるだけだ。
引っ掻かれる可能性大だが、躾のためだ。
今日は意を決してやってやる。
いつもとは違う強い自分にウットリした、その瞬間!

猫はボクの右手の方に向かって突進してきた。
逃がすかっ!
ボクは空間を埋めるために、右の手の平を壁に付けて懸命に防ぐ。
だが、ボクの懸命の防御虚しく、猫はボクの右腕の上を飛び越えていった。

なにっ!!
完璧な防御だったはずだ。
オレには分からない隙間があったというのか!!
やるな。さすがピータン。アッパレじゃ。
でも今日のボクは諦めない。
かっこいいのである。

……。

「ベリッ」
やべえ。
ボクは右手を動かせなくなっていた。
自分で自分に呆れる。
壁に貼った両面テープに手の平がベットリくっついてしまったのだ。
しかも貼ったのはボクである。

「取れへんぞ。ちょ、ちょー、マジでヤバイ。」
強引にやればガッサーっと壁紙ごと剥がれそうな勢いだったが、ジワ〜っと外して事なきを得た。
チョット手の平は赤くなったけど。
とりあえず休戦とした。


てな話をある人にしたあと、
「手が剥がれなかったときは、まさに『猫の手も借りたい』と思ったでー。」
最高のオチだ。
ボクは「どうだ!上手いこと言うたやろ。」みたいな得意満面だったが、
「使い方間違ってるよ。」
と冷静に言われてしまった。

ボクの顔は手の平よりも赤くなった。

次、遊ぶときは、たとえ引っ掻かれても、たとえ両面テープに手を取られても大丈夫なようにゴム手袋をはめようっと。  
Posted by foe1975818 at 20:20Comments(11)TrackBack(0)ペット 

February 19, 2006

テレコ4

ボクって天才だ。
昨日決意表明したシーキングザダイヤが2着!!
これで2着が7回目。
もう笑うのである。
馬券も当然大外れ。
もう泣くのである。
でも、よく走ったぞ、シーキングザダイヤ。
相手が悪かっただけだ。
ご苦労さん。

気を取り直して昨日のサッカー日本代表であるが、まず相手国のフィンランドさん。
やる気あるの?
手ごたえなさすぎ。
ん?もしかしてあれが実力か?

まあ、結果として久保が代表戦で「ゴールを決めた」のは明るい材料。
感覚も徐々に戻ってくるだろう。
その久保に足を合わすだけでいいパスを出した小笠原も自らがゴール。
凄いコントロールと洞察力。
ジーコから狙えと言われてた、また、相手のやる気の無さからくる余裕があったにしろ、である。  続きを読む
Posted by foe1975818 at 20:14Comments(9)TrackBack(0)競馬 | サッカー

February 18, 2006

NO.15

焦らすのは好きだが、焦らされるのは我慢できずに変な汁が零れてしまうよしゆきロビンソンです。

年始に誓った約束を早くも破ってしまうのだ。
だって、それ以降的中しないんだもん。
先週なんか、ボクが軸にした2頭がケツでワンツーフィニッシュしてやんの。

昨年はディープインパクト一色だった競馬界。
あんなスーパーホースは10年や20年に1頭の確率である。
ダート(砂)になればスーパーホースは3〜5年に1頭出現する。
そして、個性的なホースは頻繁に出現する。
ボクはこの個性的なホースが大好きである。

例えば、現役で活躍中のメイショウカイドウは、小倉競馬場では水を得た魚のように生き生きと走り、好成績を挙げる。
オースミロッチはもっと凄い。
通算8勝を挙げた彼。
JRAには全国10箇所に競馬場が存在するが、彼が挙げた8勝は全て京都競馬場で挙げたものである。
それは偶然ではない。
その理由は、彼、オースミロッチが車酔いをするからであると言われている。
彼は関西所属で、レースになると滋賀県の栗東トレーニングセンターから競馬場へトラックで移動する。
滋賀県から京都府なら近いので我慢できるが、阪神競馬場のある兵庫県となるとアウト。
となると、東京都の府中競馬場や千葉県の中山競馬場への輸送なんて、彼にとっては生き地獄だっただろう。
もっと地獄なのは、そんな事実を引退後に知らされてしまったボクである。
早く言ってよ。
京都競馬場以外で走るときに、ナンボほどつぎ込んでしまったか…。

明日、東京競馬場で行われるダートのGフェブラリーステークスはダートのスーパーホース、カネヒキリが出走する。
跨るのはスーパージョッキー武豊。
逆らいようがない。
でも、ボクは逆らう。
ご存知のように、ボクってひねくれ者なの。

ボクが期待するのはシーキングザダイヤ。
彼は超個性的だ。
ダートのG偽チ茲砲ける2着の回数が、なんと6回!
一方、1着は「0」。
これはある意味で不名誉な記録である。
明日の東京競馬場のダートの1,600mという舞台は彼にとってベストの条件。
ここで勝たずして、いつ勝つのだ!
ジョッキーのペリエは今年、元気がないが、こういう大舞台できっちり仕事をして存在感を示す男なのだ。
単勝¥10,000で勝負。
彼が1着になればそれでよい。
実に分かりやすい馬券である。
勝てば¥40,000ほどになるはずだ。
この金で新しいオーディオセットを買う。絶対。
最近、調子が悪いのよ。
だから頼むぜ、シーキングザダイヤ&ペリエ。


また2着やったりして。  
Posted by foe1975818 at 23:09Comments(7)TrackBack(0)競馬 

February 17, 2006

中野英雄2

一昨日、「今、子供が危ない!!」みたいな感じの番組がTBSで放送されていた。
ボクたちHG世代の子供時代とは、どうやら全く様変わりしてしまっているようだ。
別の番組で目にしたのであるが、今、問題になっているのが「小1プログレム」。
授業中、椅子に座り続けることができず、フラフラと教室を彷徨い始める子供がいるのだそうだ!!
そう、我慢ができないのである。
ボクも小1、小2の頃は、落ち着きのない子として名を馳せていたが、さすがに彷徨うことはなかったぞ。
先生。
一度、子供たちがふらついてる風景を隠し撮りして、そのビデオをボクに回してもらえませんか?
めちゃめちゃ興味があるんだが…。

また、一昨日のその番組中にある母親が、
「先生になりきってない人が先生になってるから困る!」とのVTRが流れていたが(ここではこのVTRの演出論は除外)、「おたくさんは親になりきってはるんですか?」てな水掛け論になる。
このように「誰が悪い論」になれば、耐震偽造問題のようにベタな擦り付け合いになるだけなので、親も先生も子供も、そして教員免許を簡単に与えてしまう側の組織も、全員悪いということで終止符を打ちたい。

一昨日の番組は駆け込み寺のとこらへんから見た。

住職のお寺では、この10年間に400人ぐらいだったかな?巣立っていったらしい。
この住職の発言を聞いてると、時にけったいなことも言って、やくみつるの的確な突っ込みを受けてたりもしていたが、この住職は総じて実に当たり前のことをデカイ声で言うのである。

そう、ここだ。

昨今、当たり前のことを言う人や、当たり前のことを当たり前に行動する人が少ないように思えてならないし、また、意外とそれを実行することが難しいと痛感している。
ボクの場合は仕事においてであるが、「仕事中」にこうやってキーボードを叩いてる暇があるんやったら、仕事に関する勉強や、何らかの資格を取るための勉強をせえや!!と自分に思いっきり突っ込んでいるのである。
でも、やめないもんねー。

番組後半には、ある非常勤講師が採り上げられていた。
その非常勤講師は阪神タイガースの片岡篤志似で、唇の薄い、生活指導をするためにこの世に生を受けたような、とてつもなく恐そうな元体育教師なのだが、荒れ果てた学校を10年間で3校も更生させたそうである。
彼は今、現役教師を相手に自分のやり方を伝授しているとのことで、汗水垂らして頑張っておられる。

ある現役教師は生徒たちからイジメられていたが、体育教師から絞め技を習い、いつものようにイジメてきた生徒を締め上げたところイジメられなくなったそうだ。
ある程度は力で押さえ込むことも必要なのだな、きっと。
となると、先生が総体育教師化となる時代が来たのかもしれんが、それはそれで反対である。

だってさあ…  続きを読む
Posted by foe1975818 at 16:42Comments(13)TrackBack(0)TV | 過去ロビ

February 16, 2006

青い空5

ライブドアのニュースでこんなの見た。
こちら→いやん

5秒程の上映で、AVのタイトルと裸の男女が映し出されたとのこと。
「さあ、これからビデオ見て勉強、反省するぞ!」というヤル気満々の違反者さんたちがかぶり付きの瞬間だっただけに、その破廉恥な映像が流れたとき、みんなはその映像の中の方とは対照的に声が出なかっただろう。

因みに、ボクは大阪は豊中の教習所にまじめに通い、卒検で信号無視による一発不合格などもあったが、最後の最後はめでたく免許を取得したことをお伝えし、本日の挨拶とかえさせていただく。  続きを読む
Posted by foe1975818 at 14:22Comments(17)TrackBack(0)TV | 過去ロビ

February 15, 2006

勝手丼4

チョコが手元にないところをみると、どうやらボクの呪文は効かなかったようで、ボクには詐欺師の素質がこれっぽちもないことが判明した。残念である。

その呪文を唱え始めた日の記事に「ボクはウニが食えない!!」と告った。
食えないとはいうもののチャレンジ精神は一丁前に持ち合わせており、幾度か挑戦したが全戦全敗。
もう二度とウニを口にしないと大マジメで強く強く誓った。

一昨年秋、北海道旅行を敢行するにあたり、「バイクで通ってない国道はない!!」と豪語する友人のライダーH田にお勧めスポッツを伺った。
すると「釧路の和商市場へ行け」とのお告げを頂いた。
「そこは勝手丼っていうて、自分の好きな海の幸を乗っけてがっつける丼がある。そこのウニならお前でも食える。」
「無理無理無理無理。もう食わんと誓ったんや。」
「ちゃうねんって。くさないねん。甘いねんって。」
「アホか、臭いに決まってるやんけ。」
「いや、騙されたと思って食ってみ?」
「オレ騙されたないし。」
「アホやな、お前。何のために北海道行くねん。アホやなあ。ほんまアホやなあ。」

釧路に辿りついたボク。
何回もアホと罵られて、ムキになるボク。
勝手丼でハマチやイクラ、中トロなどの大好物を数種類乗せたあと、最後にウニを乗せたボク。

「H田。アホは貴様だ。オレはこの数年間、幾度となくウニに勝負を挑み、その度に跳ね返されてきた。あの鼻からクサイのが抜ける感じ。あれはどうしてもアカンのや。釧路で食ったからって旨いわけないやろ。」

……。

ウマッ!!
すげえ。
甘いよ。
甘いんだよ。
ナゼなんだ、畜生!!

一目で旅行者とわかるほどの馬鹿デカイリュックを背負っていたボクは、ショックのあまり片膝をついて、そして不敵に笑った。

勝手丼を盛ってくれた店のきれいなお姉さんも
「ネッ。だから言ったでしょ。」とウインクしてきた。
そのキュートさに乗っけられて、花咲ガニを買って実家に送ってしまったではないか。

今ここにある現実を受け入れたくないボクは腹一杯なのにオカワリをする。

やっぱりウマッ!!
食えた!
食えたよ!!
クララが立った!!!

H田よ、スマン。
アホはオレの方だ。
こんなオレをビンタしてくれ!
できれば往復で。

ウニをボクと同じ理由で食えない方。
他のとこは無理でも、あそこのは食えます。
マジで。
騙されたと思って食ってみてください。

大丈夫です。
ボクには詐欺師の素質はありませんから。
そして責任は一切負いませんから。  
Posted by foe1975818 at 17:01Comments(11)TrackBack(1)過去ロビ 

February 14, 2006

陰謀3

バレンタインデーはチョコレート屋さんの陰謀だ!!
という声を頻繁に耳にする。
その説はあながち見当違いではないのかもしれないが、バレンタインデーだけ騒ぐのは極めておかしい。
例えば、あんなけアホが騒いで荒れてもやめない成人式は着物屋さんの陰謀なのではないか?
節分に恵方に向かって無言で太巻きを食べる習慣はお寿司屋さんの陰謀なのではないか?
ひなまつりの日に雛あられを食べるのはあられ屋さんの陰謀なのではないか?
また、同じく雛人形を飾るのは人形屋さんの陰謀なのではないか?
子供の日にチマキを食べるのは和菓子屋さんの陰謀なのではないか?
60歳に赤いチャンチャンコを着るのはチャンチャンコ屋さんの陰謀なのではないか?
クリスマスにSEXをするのはラブホテル屋さんの陰謀なのではないか?
部屋にイラつくほど落ちてしまうのは陰毛ではございませぬか?
他にも山ほどあるだろう。

で、ホワイトデーなのである。
ボクはホワイトデーといえばマシュマロを女性にあげるもんやと習った。
よって、ホワイトデーはマシュマロ屋さん(そんなんあるんか?)の陰謀である!
と叫ぼうとしたところ
「マシュマロ?ぜってーおかしいっすよ。ホワイトデーはアメをあげるっすよ。」
と歯向かってきたのは東京在住のとある若造。
「いやいやいや。アメちゃんこそおかしい。アメちゃんを女の子にあげるなんて365日OKやろ!マシュマロは3月14日しかスポット浴びられへんねんから、マシュマロをあげるのが正解や。」
「でも、マシュマロはぜってーおかしいっすよ。それに何すか?『アメちゃん』って。何でアメに『ちゃん』付けっすか?ぜってーおかしいっすよ。」
「え、ええやないか!!アメには『ちゃん』付けなんや!『ちゃん』の枕詞が『アメ』なんじゃ!!というか、ええ加減、その『ぜってー』止めろ!気色の悪い!!。」
このハイグレードないがみ合いは平行線を辿った。

最後は少々横道に逸れていったが、どうですか?
ホワイトデーは何をあげるんですかね。
ここではバッグとか、キラキラしたアクセサリー類などの金目のもんは別。
チョコレートに対して、何か?である。
皆様の地方ではどんな業界の陰謀があるっすか?  
Posted by foe1975818 at 15:08Comments(7)TrackBack(0)最近 

February 13, 2006

ツルッパゲ1

ウニ、ホタテ、アスパラ、ナス、シイタケ、エビ、カニ、エノキ、イカ、タコ。

とりあえず今思いついたボクの嫌いな食物たちである。
ウニ〜シイタケまでは食感や味が嫌い。
エビ〜タコは食べるとのどに支障をきたす。
厳密に言うなら、エビ、カニはアレルギーでのどやベロが痛くなり(カニは身を取るのにイライラする)、エノキ、イカ、タコは幼少の頃にのどに詰めたためにトラウマがある(タコ焼きは食える)。

また、例外として八宝菜を食すと、翌日に風邪を引いてしまうことが2,3度続いたので金輪際食べない。

そして、である。
  続きを読む
Posted by foe1975818 at 14:14Comments(14)TrackBack(0)ごあいさつ 

February 12, 2006

リハビリ中3

サッカーのスコアで3-2と聞けば「おっ!接戦やんけ。」と呟いてしまうが、昨日の日本VSアメリカは結果こそ2-3の負けだが、内容は0-5の惨敗である。
仕上がり度の違いや、海外組が召集されていない、連係不足により3-6-1のシステムが機能しなかったなどの原因が挙げられている。
要は「全てダメ」だったということだろう。

それにしてもアメリカは基本に忠実なサッカーをしてきよる。
相手がボールを持つと、即座に1人2人とプレッシャーをかけて、前を向かせない。
そして相手が苦し紛れに出したパスをカットして速攻。
サイドからボールを上げる。決める。
特に右サイドからのクロスが頻繁に見られたのは日本の左サイドがアレサンドロだからである。
そらあ、餌食になるわ。
ジーコもエエ加減アレサンドロに見切りつけろよ。
そんなに使いたいなら、左ウイングでへばり付かせるなどして攻撃に専念させないと、本当に本当に手遅れになるぞ。
これ言うの何回目や?ボクは。

フレンドリーマッチなどで強豪国が格下相手と試合をする場合、「前半」に相手が戦意喪失するぐらいの「本気」を出して2,3点取って、その後は適当に流す(もしくはバテてる)光景がよく見られる。
昨日のアメリカがまさにこれだ。
日本が不甲斐無さすぎたとはいえ、アメリカはいつの間に強豪国的な試合運びをするようになったんだ?と叫んだが、よく思い返してみると、日韓W杯のグループリーグでも今回のような試合運びをしていた。
特に、ポルトガル戦は顕著だった。

日本では長谷部の評判が上がったようだが、アメリカがバテた、もしくは手を抜き始めてからのものだけにすんなりとはその評価を受け入れられないが、よう考えたらまだ初召集で21歳。
次世代のホープの誕生は喜ばしい。

これぐらいかな?収穫は。  
Posted by foe1975818 at 21:36Comments(7)TrackBack(0)サッカー 

February 11, 2006

できるだけニュース5

早速コンビニに駆け込んだ。
写りが悪くてはっきりと確認はできなかったが、本人が「吸った」と弁明してるのだから真実なのだろう。

加護ちゃんがモーニング娘じゃなくなってるというのも知らなかったぐらいのボク。
でも吠える。
我慢できんか?
もちろん未成年だから吸うのはハナからいけませんが、家で吸いなさいよ。
家だったら、全身の毛穴からモクモクと煙が出てしまうほどに吸って吸って吸いまくってもバレないし。
もしかして自分の喫煙姿を見てほしかったのかな?
見て!わたし、こんなに大人になったんよ。
見て見て!わたしかっこいいでしょ?的な。
結果的に命取りになったね。

以前、波田陽区が「ダブルユー」じゃなくて「デブルユー」ですからと斬っていたが、さらに「ケムルユー」ですからと斬るのは目に見えている。

あっ、でもアイツ最近ネタやってないな。
残念。  続きを読む
Posted by foe1975818 at 22:22Comments(12)TrackBack(0)TV 

February 10, 2006

毛沢東4

最近TVのことばっか記事にしてるので、久しぶりにすいさんから頂いた漢字バトンでもやってみる。

1、自分を漢字一文字に例えると?



 いらんとこばっかりボウボウで、肝心の髪の毛のクールビズ化が著しい。
 ま、坊主で誤魔化してるけど。
 薄い色のグラサンかけたら大和龍門みたくなるかも。

2、貴方の好きな漢字一文字は?



 最近何かと「沢」のつく方とご縁がございますので。

3、今年を漢字一文字で表すと?



 今年は関東所属の競走馬たちに頑張ってほしいから。
 あと、久しぶりに眠らない街・東京へ遊びにいきたい。
 因みに、そのまんま東は好きじゃない。
 渡辺徹並に変な大阪弁を使うから。
 でも、そのまんま東ほど、渡辺徹は嫌いじゃない。
 
4、今年はどんな年にしたいですか?
今年こそ10万馬券を的中させる…金杯以来、負けが継続中
今年こそムキムキになる…ジム通い継続中
今年こそ右腎臓の石を放出する…水ガブ飲み継続中
今年こそ車の運転で違反をしない…右ヨシ、左ヨシ、後方ヨシ、巻き込みヨシなど、指差呼称継続中
今年こそコンパでいの一番に女性のうなじを見ようとナイスなポジションをとろうしない…チラ見継続中 というかチラ見をずっとやってるって、それガン見ですやん。

5、バトンを回す10人と、その人たちのイメージを漢字一文字で!!
 さわっしゅ君 「沢」 そのままやな
 チカさん   「静」 旦那様を静観してそうなので
 夕@rk.さん  「活」 活発そうなので
 ぱんさん   「大」 大竹一樹の、大酒飲みの「大」
 snow。さん   「笑」 しかないと思いますが
 LENAさん   「教」 先生をしてらっしゃるので
 みぅ☆さん  「真」 写真をよくお撮りになっているので
 himekoさん  「見」 人間ウォッチングが好きそうなので
 あさゐさん  「仏」 フランスです。
 のんさん   「健」 健康の、です。

というか、どなたでも持っていってくださいな。  
Posted by foe1975818 at 10:10Comments(12)TrackBack(0)ごあいさつ 

February 09, 2006

合格5

インフルで自宅療養していた際、久しぶりに過去に録画したビデオを見ようと思い、数あるテープの中から1個取り出して巻き戻して再生したら、画面いっぱいに1人のおっさんが現れた。
坊主頭に薄い色のサングラスから覗く眼光が鋭い。
その人物は「大和龍門」。
ガチンコ大検ハイスクール(第1回)のビデオが出てきたのである。
しかも大検の結果発表という最後も最後、最終章である。

家庭を持つ木村、落ちこぼれ西尾、紅一点小宮、問題児佐々木ら6人。
大和が彼ら1人1人に合否を言い渡していくが、全員不合格。
責任を感じた大和は、彼ら1人1人に「申し訳ない」と頭を下げて回る。
その後、問題児だった佐々木が大和に、
「謝ることはないと思う。これでオレたちが大和さんを恨むことはないし。オレたちも一生懸命やったんだし。」的なことを言うと、大和が一言

「お前ら最高だよ」

合宿所の外に整列した生徒たち。
佐々木は数々の問題を起こし、その度に大和に城島に迷惑をかけてきた。
しかし、いつも佐々木のイジメの対象だった落ちこぼれ西尾の反撃に心を入れ換えた。
そんな佐々木が生徒代表で大和にお別れの挨拶をする。
「今までロクな大人に出会わず、大人なんてどいつもこいつも一緒だろって思ってた。
でも『大和龍門』。
あんたに出会って、そんな悪い大人ばかりじゃないんだなって初めて知った。
ありがとうございました。」
感動の場面である。
ところが、素直じゃない大和龍門は

「だいたいな、お前らみたいな落ちこぼれのボンクラがな、そう簡単に受かるわけねぇんだよ。
でも、そんなお前らと……。」
涙を薄っすら浮かべる大和。
すると、

「帰れ!帰れ!何やってんだ!帰れ、早く帰れよ!!」

大和は生徒たちのカバンを放り投げ、生徒たちをバスに乗り込ませようと首根っこを掴んで引きずり出し始めた。
戸惑いながらもバスに乗り込む生徒たち。
大和は依然として「帰れ!」を連発。
そして生徒たちの乗り込んだバスがゆっくりと出発し始めると、バスに向かって大和が、

「フレー!フレー!佐々木!フレッフレッ佐々木!フレッフレッ佐々木!」
「フレー!フレー!西尾!フレッフレッ西尾!フレッフレッ西尾!」
「フレー!フレー!小宮!フレッフレッ小宮!フレッフレッ小宮!」

エンドロールが流れ、ガチンコ大検ハイスクールが終了した。

ボクは泣いていた。

大和龍門。
オレも言わせてくれ!
「ありがとう」

「最高のコントだったぜ」  
Posted by foe1975818 at 00:00Comments(15)TrackBack(0)TV 

February 07, 2006

もしもボックス2

東横インが豪快に無断改築をしていて、えらい叩かれていたが、社長は半笑いで開き直っていた。
「時速60km/hのところを67,8km/hで走ったようなもんだ」と、なかなか上手い例えを披露していたが、昨日の会見は一体なんだ?
あの威勢の良さはどこへやら。
泣きながらアホの一つ覚えみたいに「すいません」の連打。
マヌケだ。
ここまで変わるかね、しかし。
同一人物とは到底思えない。
小室哲哉と付き合ってギラギラしているときと小室哲哉と破局後の抜け殻みたいになって復帰会見した朋ちゃんや、ハワイへ旅立つ前とハワイから帰国後の成田空港における押尾学以上に、東横インの社長の変わり様は極めて異常である。
もちろん反省ありきの「豹変」ではない。
余程、何かしらの圧力があったのだろう。
ビデオに録っておけばよかった。
現在のところ、今年一の後悔である。
  続きを読む
Posted by foe1975818 at 19:00Comments(16)TrackBack(0)TV 

February 06, 2006

朝日ソーラーじゃけん1

9日20日が「バスの日」って知ってました?
知らなかったでしょう。
ニュースでやってたんだが、1903年9月20日に京都で日本初のバスが走ったので、京都府が9月20日を「バスの日」に決めたんだって。
おめでとう。めでたしめでたし。

しかーし。
「チョット待ったー!!」っと、わざわざ京都まで直談判をしに、しかもバスに乗ってきたある都道府県のグループがいた。
それは日本一でかい餅(200kg)をついたことのある広島県である。
広島県の言い分はこうだ。
「京都で走ったバスより、1905年2月5日に広島で走ったバスの方がバスっぽい。バスの日は1905年2月5日こそ相応しい。だからバスの日譲ってちょうだい。どうせ、京都は日本一が多いんだから、いいでしょ。」

ボクは広島が大好きだ。
毎年のように広島には赴いているし、広島カープの前田智徳は男の中の男で、ボクが日本一好きなプロ野球選手である(出身は熊本やけど)。

だからこそ言わせてくれ。
「どうでもええやん」
広島だって日本一はたくさんあるじゃろ?
これでは日本一しょーもない難癖をつける都道府県になるぞ。

まあ、「ひったくり発生件数日本一」「日本一汚い川」、「日本一、学校で過去最悪の被害者を出した事件」、「郵便局員による窃盗郵便物の数、日本一」にエントリーしてる悪名高き大阪人が言うのもなんやけど。

以上、こんなことを記事にする日本一ヒマなよしゆきロビンソンでした。  
Posted by foe1975818 at 21:30Comments(11)TrackBack(0)TV 

February 05, 2006

すべらない話3

「すべらない話」という番組がたまにやっているのだが、ボクは一度だけ見たことがある(多分第三弾)。
相変わらずケンドーコバヤシは手堅く笑わせてくれる。
「キボウソウレン」の話は秀逸だった。
ありがとう。
でも1番おもろかったのは松本が1番スベっていたことだが、そんな負の爆笑ではなく、あの番組に加われば必ずや正の爆笑を巻き起こせる芸人が2組いることを、ボクは密かに知っている。

\草キッド
おそらく日本で1番芸能人に関する、しかも隠したい過去のネタをざっくり、且つ「上手く」掘り返す。
また、危険な風刺ネタも「上手く」多用し、見てる者をヒヤヒヤさせる。
ボクはこの手の話が大好物である。
関西ローカルの「2時ワクッ」では、ローカルなのをいいことにいつもよりきつめの毒を撒き散らしていた。
当番組が昨年末で終了したのは、2人が毒づきすぎたからという噂があるほどだ。
水道橋博士が生まれて初めて土地を買ったときのダンカンによる嫌がらせ話で、大声で笑いすぎたボクは隣に住むおばさんに「うるさい!」と一喝された経験がある(深夜0時回ってたからだと推測する)。
現在、草野仁を弄って遊んでいる。

月亭八方
おそらく日本で1番話がおもろい芸人。
大の阪神タイガースファンで、去年の阪神優勝特番で虎の絵がプリントされた黒いT-シャツを着て登場。
八方曰く「最初はただの黒いT-シャツやったんやけど、タイガースへの想いが強すぎて虎が浮かび上がってきた。」などと、ちょっと油断すると細かいネタをふんだんに取り込んでくる。
また、勢揃いした西川家と年越しカウントダウンをする番組で、西川ヘレンのことを番組中ずっと「外人」と呼び続けるなど、西川家を若干小馬鹿にしてるときの八方の半笑いの顔は、ボクのツボをハードに刺激する。
「ボインは〜赤ちゃんのためにあるんやで〜」で有名な月亭可朝は師匠にあたる(このおっさんがかなりの豪傑。武勇伝は数知れず)。

お笑い芸人にもそれぞれお笑いの種類の得意分野があるが、上記の2組はこの番組に打ってつけであるのは間違いない。
叶うはずがないが、是非番組に加えていただきたい所存である。  
Posted by foe1975818 at 16:33Comments(7)TrackBack(0)TV 

February 04, 2006

確認しなきゃね2

注目度が高かったであろう今週のナイナイのオールナイトニッポン。
岡村は熊田曜子との一夜についておおかた語ってくれた。
高校のサッカー部の友人、鈴木健介と熊田曜子の3人で鍋をつついたとのことで、飛び入りゲストの出川哲郎に突っ込まれた「熊田曜子ちゃんとヤったのか?」というQにはきっぱり「ヤッてない」と答えた。
ヤった、ヤってないはどうでもよかったのだが、岡村の、
「下心はないと言えば嘘になる。フライデーさんも、もうちょっと、あと3,4ヶ月待ってもらえれば、違う記事になってたかもしれなかったのに…。」
この本音発言に恋愛ニート岡村の、葉月里緒菜事件のときとは違う、一歩前進した姿を垣間見た気がした(偉そうに)。
本来、芸能人ならこういうプライベートな、しかも恋愛の話題はスルーするものだ。
また、コーナーのはがきもこのネタが満載だったわけだが、岡村はいつものように自身で採用し、いつものように自分で読んで、当然レベルも高かった(偉そうに)。
真実?を逃げることなく語った芸人岡村にスタンディングオベーションである(偉そうに)。
ラジオでは「もう終わりや。」と弱気発言に終始していたが、今後もめげることなく熊田曜子に猛烈アタックしてほしい。
ボクも見習わなければならないと、自分を鼓舞してみたりするのである。

ところで、この放送中にある情報を得た。
それは昨秋から関東地方でも放送されていた「なるトモ!」が3月いっぱいで打ち切り、またもや関西ローカルに戻ることとなったそうだ。
現在、日テレで放送中の「ザ!情報ツウ」が低視聴率のため、9:55から「なるトモ!」を差し込んだがパっとせず、肝心の「ザ!情報ツウ」も3月で打ち切りになるとのこと。
ボクは最初から「なるトモ!」があっちで受け入れられるとは思っていなかった。
全国ネットの番組なのに「ちゃらんぽらんの大西が絵画展を開く」という大阪でも中途半端な芸人の話題を堂々と取り上げるのだから。
結果的に関東圏で打ち切りになるが、全国ネットでも気負いせず、そんなローカルな話題を取り上げ、スタンスを変えなかった番組制作者にあっぱれである(偉そうに)。
とはいえ、いざこういう事態になると寂しいけど。
因みに「ザ!情報ツウ」のあとは、極楽とんぼの加藤とテリー伊藤がMCの番組になるらしい。
極楽・加藤と聞いた時点で、それやったら「なるトモ」の方がマシやろとも思ったが、それは番組を数回見てから判断することにしよう(偉そうに)。

全然関係ないが、夏川純はやっぱりかわいい。
これからも番組で発見した際は要チェックである(エロそうに)。  
Posted by foe1975818 at 13:48Comments(9)TrackBack(0)TV 

February 02, 2006

ハイ&ロー5

インフルエンザを発症するちょい前、友人Yと尼崎にある若槻千夏がイメージキャラクターを勤める24時間営業の、とあるアミューズメント施設に足を踏み入れた。
そこは会員にならないと入店できないのであるが、30ジャストのおっさん2人は昨夏に会員となり、深夜にしばしばその施設へ顔を出す。
ゲーセンや、卓球や、インターネットできる部屋や、マンガ、鯉釣り、トスバッティング、ダーツ、カラオケなど、諸々の娯楽施設があるのだが、我々の使用頻度NO.1はビリヤード。
2人とも別段上手いわけではないし、ましてやボクは、狙いもそこそこに玉をあっさり突いてしまうほどのええ加減なあんばいな実力しか持ち合わせていない。

昨今の頂けないお笑いブームに関して吠えながら玉を突いていたときのこと、「パッション屋良って知ってる?」と聞いたのはボク。
「誰それ?」
「え?知らんか?体操のお兄さんみたいなタイツを着用して、拳で胸をガンガン叩きながら『んーっ!!んーっ!!』って目をひんむいて言うてる『アホ』な奴」
友人はまだ「知らない」と言うのでご丁寧にジェスチャー付きで示したが、それでも知らないとのこと。
ここまでやって知らないのだったらしょうがない。
諦めることにした。

ところがここで少々異変が生じた。
元来、モノマネできる奴はいないかと、常日頃からアンテナを張っているボクなのだが、友人Yに気づかせるためにやった「んーっ!!んーっ!!」をボクは妙にお気に召してしまったのである。
なぜ「パッション屋良って知ってる?」と聞いたのかはわからないし、パッション屋良を特に面白いとは思っていなかったのだが、一度モノマネしてしまってからというもののビリヤード中に「んーっ!!んーっ!!」を狂ったようにジェスチャー付きで連発し始めた。
ナイスショット後に「んーっ!!」。
手玉が穴に入ってしまったときも「んーっ!!」。
自分がブレイクショットを打つ瞬間に「んーっ!!」。
おかげで大敗を喫してしまったのだ。
「知らん」と言ってクールにビリヤードに興じる友人Yと、毛穴全開でテンション上がりまくりのボク。
この2人の温度差はかなり滑稽だった。

このようにして、「んーっ!!んーっ!!」がボクのモノマネレパートリーにめでたく追加されたのだが、やりすぎたせいで2日後に右腕の上腕二等筋のキン肉痛に見舞われた。
アホだ。  
Posted by foe1975818 at 18:29Comments(9)TrackBack(0)最近 

February 01, 2006

結果5

たくさんの返答をいただきありがとうございました。
池脇千鶴が大きくリードをしていたが、酒井若菜が猛烈な追い上げを見せ、イーブンになったところをみゅ〜〜さんの1票により、6対5で池脇千鶴の勝利で決着がつきました。
いや、無理やりつけます。
池脇千鶴が勝てばそれでいいから。

そうです。
ボクは池脇千鶴派である。
すいさんとみゅ〜〜さんの推理は全くもって正しい。
恐れ入りました。
なお、夕@rk.さん、すいさん、ミホマダムさん、夜更けのチョコさんは無効票とさせていただきました。
それからのんさん。締め切りました。
今、ボクにとって都合がいい結果が出てるので。すみません。

この結果を奴に報告するかと言えば、しない。
なぜなら、圧勝を期待していたからであり、この結果では「接戦じゃないっすか!?そんなんで嬉しいっすか?」と挑発的に言われるのが目に見えており、それでまたイライラするだけだからである。
とはいえ、ハナ差でも勝ちは勝ち。
溜飲がちょっとだけ下がった。
よってブス専ではないことを、ボクはちょっとだけ宣言する。勝手に。

貴重な数あるご意見の中で、夜更けのチョコさんのご意見が非常に興味深かった。
ボクの見解と一致しており、そしてまた、ミホマダムさんの情報もボクは聞いたことがある。
要は2人とも我々の想像以上に「相当な」恋多き女(男好き)であると推測する。
まあ、芸能人ならばそれぐらいギラギラしておいて丁度良い。
どんどん浮き名を流しなさい。(ボクは何者やねん?)

とまあ、こんなけ皆様にご投票いただいてるのに目一杯気が引けるが、ボクが本当に好きなのは常盤貴子である。
ブス専ではないボクに言わせるなら、欠点らしき欠点が見当たらない。
強いて挙げるなら、ホームページの本人のコメント欄で、自分のことを「あたい」と言っていたのがいただけないぐらいだ。(元モー娘の矢口の「おら」と同じ)
でも、好きなわりにドラマとか映画を見てなかったりするのだが…。

とにもかくにも、皆様、ご協力ありがとうございました。


PS ワタロック
木村多江、知ってます。
何となく、君の嫁さんと通ずるものがあり、納得する。
それから、久しぶりに麻雀がしたいと、H氏が言ってますよ。(オレもやけど)
久々にパイを弄るためだけに集まりませんか?  
Posted by foe1975818 at 14:35Comments(15)TrackBack(0)TV