September 30, 2007

墓穴

今、棲息している家が建ったのが、約20年前。
その前に立っていた家は瓦屋根の古い家。
古くからの友人でも覚えている人間は、もう皆無だろう。

実はその家が、江戸時代に建てられていたことが発覚。
仏壇の上部に飾られている先祖の遺影を見上げ、何故か少しだけ尊敬の気持ちを抱いた。

同時に先祖の骨が埋められている墓もそれなりの年季が入っている。
祖母が亡くなった際に懸念していたのだが、もう骨を入れるスペースがない。

先日、親父がにじり寄ってきた。
「わしらの骨が入らんから墓を新調する。金を半分出せ!」
「でも、『自分の骨は日本海に撒いてくれ』って言うてたから新調なんかせんでええやん。」
「お母さんが入るやないか。ワシのもちょっとは入れろ。」
「金かかるやん。それやったらオレが古墳作ったるわ。真心の篭ったヤツ。」
「真面目な話をしとんのや!」
「わかったわかった。ほんでなんぼいるん?」

「全部で120万かかるから、50万でええ。」

50万でええって…。
そんな簡単に差し出せる金額じゃおまへんで。
金欠なときほど大金が必要な事案が舞い込んでくるものだ。

そこで、だ。
墓代を馬券で補填する。
人生で今日ほど力の入る馬券は初めてだ。
手が震えてキーボードを押し間違えないようにしないといけない。

今日は打ってつけのG気離好廛螢鵐拭璽今。
ところが全く閃かない。
雨で重馬場巧拙がモノを言うのも、ボクにとってはマイナス。
前が詰まろうとインコースに拘る男、松岡騎乗のアイルラヴァゲインが絶好の1番枠を引き当てたので、この馬の単勝でお茶を濁し、快晴模様の札幌競馬場の多頭数で行われる11レースに目を向けてみる。

札幌競馬場も最終週ということで、馬場が荒れてきた。
そこで、「荒れた良馬場はダート馬に向く」の法則を採用。
おりますがな、5番ポートジェネラルが。
元々この馬はこのクラスを勝利している。
降格したこのクラスでは力は一枚上。
休み明け3走目の走り頃。
鞍上は北海道シリーズ好調の津村。
余裕で墓代を回収できる人気薄。
条件揃いまくり。

万が一、これでハズしたら墓の新調は諦めてもらう。
その代わり、両親には真心の篭った古墳を作ってあげる。
1m四方で充分だろう。  

Posted by foe1975818 at 11:05Comments(8)TrackBack(0)最近 | 競馬

September 28, 2007

それでも30点

「ナイナイサイズ観たか?」
「観てないわ。録画はしてある。」
「沢尻エリカがゲストやってんけどな…」

昨晩、漸く観れた。

沢尻エリカについてのボクのデータは、「『エリカ様』などと女王様気取りの生意気なヤツ」で100%占められている。
面倒臭いので週刊誌そのままの印象を持つことにしていた。
肝心の「女優・沢尻エリカ」に関する情報は全く持っていない。
井筒監督映画「パッチギ」に出演していたのは知っているが、まだ観てない。

電話を寄越してきたヒロキジーニョの「アイツ、ムカツクわー!」発言で、随分とイメージハードルを下げていたことも原因だが、ナイナイサイズを観た印象は悪くなかったですな。

ヒロキジーニョは彼女の出演作品は結構観ていて、「完全にイメージが変わってしまった。」と憤慨していた。
それだけ役に入り込めている=演技が上手いということなのだろうか?
パッチギで共演していた俳優に言わせると、カメラが回っていないところでは当時からあのままで、当時は寧ろもっとぶっ飛んでいたらしい。
まあ、勝手にいいイメージを持って見ていた方がどうかと思ったが、最低なイメージを持っていたボクが言うことではないな。
ボクはその「頭おかしいヤツイメージ」が先行していたために、ナイナイサイズを観終わって逆に高感度がアップしたわけである。

ドラマや映画で役を演じるのと同様、ドラマ以外では「沢尻エリカ」を演じてるんでしょうな。
それと彼女自身「皆さん、週刊誌に騙されてますよ。」的な発言をしていたが、そんな芸能マスコミを手の平の上で転がしているなと感じた。

ナイナイサイズのカットされた部分を観たら、また違うだろうけど。

  続きを読む
Posted by foe1975818 at 23:59Comments(6)TrackBack(0)TV | 競馬

September 26, 2007

ポン

クイズ「ヒントでピント」の時間です。

以下の3つのヒントからある人物の名をお答えください。

「スーパーニュースANCHOR」

「気象予報士」

「ダジャレ」

関西圏在住の方ならタイトル通りピンと来た人がいらっしゃるかもしれない。

正解は「片平敦」氏。
氏は関西TVの夕方の「スーパーニュースANCHOR」で天気予報を担当している気象予報士である。
氏の最大の特徴は本職の天気予報ではなく「ダジャレ」。
番組のスポーツコーナー終了後、明日の天気のワンポイントアドバイスをして、ダジャレに移り、そのままCMが一旦入る。
本格的な予報はCM明けである。

ダジャレはドヤ顔で披露する。
ボクが大ファンの村西理恵アナら共演者は一瞬は暖かいリアクションを示すが、ジャッジは極めて辛辣で、時にはダメだしまで食らわせる。
最悪の場合は、共演者の困り果てた苦笑いでCMに突入する。

彼の天気に関する知識はさすがに豊富で説得力もそれなりのものがあるが、如何せんダジャレでそれらが綺麗サッパリ霞んでしまう。

では一体どんなダジャレを吹聴しているのか?
Wikipediaで掲載されていたので、抜粋する。

・明日は土用の丑の日。でも34℃で、“うな”っちゃう…
・明日の天気は今日同様、明日は全国的に晴れるので、明日の服装は今日同様でどうよ?
・明日のポイントは「休日だったらなぁ〜」。明日は会社に行くのが嫌な暑さ。明日は火曜、会社にかようの、いやかよう…
・気温が一転、コートを着るのは早いってん
・あすのスノーはへこみますのー
・耳の日(3月3日)だけに、雷が起きたらイヤー(耳)
・明日は子供の日。明日から傘がむっチャイルド

名誉のために記すが、ボクが吐いたダジャレではない。

そんな彼は、一部の子供やおば様方には人気があるらしい。
実はボクも彼の芸術的なスベリっぷりが楽しみでならず、チャンネルを合わせてしまうのである。

また、関西TVでは正午前の天気予報を田中まや嬢が務めている。
彼女に関する超貴重な情報として、巨乳である。
そんな巨乳ちゃんが昨日の天気予報で
「今日は中秋の名月。今晩は綺麗な満月が見れそうですので、空を見上げてみてはいかがでしょうか?」
とキュートに伝えていた。
乳が揺れていたらもっとキュートなのに…、いや、何でもない。

昨夜、偶然20時半頃から小一時間ほど外でボ〜ッとする猶予を与えられたので、凝視していた。
それはそれは見事な満月だったが、田中まやちゃんのことを思い起こしていると、おっぱいに見えてきてしまった。
ごめんなさい。
勃起は免れた。
辛うじてね。

それはそうと、満月の日に出産が増えるのは何故なんでしょうね?  
Posted by foe1975818 at 23:59Comments(4)TrackBack(0)TV | 最近

September 24, 2007

広島東洋カープ

土曜深夜、何気にNHKにチャンネルを合わせると、「ケータイ大喜利」なる番組が放送されていた。

発表されたお題に対して視聴者がメールでおもしろ回答を送信し、集まった作品の中から千原Jr.が選りすぐりのものだけを発表する。
判定者は130R板尾創路。
総合司会は今田耕司。
いかにもNHKっぽいベタな企画だが、送られてくる作品はシュール揃いである。

例えば、
「アホアホ高校が体育祭で仕出かしたミス。それは何?」
というお題に対し、

「開会挨拶が3時間」
とか
「おととい、やった」
とか。

その日、声を出して笑ってしまったのが
「『掛布さん、真面目に解説してくださいよ!』さて、掛布は何と言った?」
のお題に対する

「腹黒ピッチャーとドスケベバッターの対決ですねぇ。」

と、

「赤い方が勝ってますね。」

の2作品。
しかもこのお題は掛布本人によって発表されたから余計に笑えた。

もひとつだなと思える作品に対してでも、板尾、今田、Jrが膨らまして面白くしてくれる味わい深い作品もある。
久々に視聴意欲を掻き立てられる番組だ。
さっき、この番組のHPで過去の作品集を眺めていて、独りで引っくり返って笑っていた。
もしかしたら番組で読み上げるよりも活字で見た方がおもろいかもしれない。

作品を送りつけてきている人の中には、きっと作家などのプロの人間が混じっているだろう。
この手の笑いで力を発揮する「よゐこ有野」なら充分ありうる。

そんな有野がゲーム番組のMCを担当してしていて、意外と人気を博しているとの噂を聞いた。
本職じゃないところで力を発揮しているのがいかにも有野らしい。
「なぜ、人気があるのか?」という問いに対して、「ゲームが下手だから」と自己分析していた。

意外とそんなもんなのよね。
偉そうに御託を並べているゴルフ解説者の戸張捷だって、ゴルフの腕前は口ほどでもない。

偉そうに馬券予想を開帳しているボクだって、馬券下手である。
昨日は的中したけど、買い方が拙くてそんなに儲けてない。
たまにしか的中しない人間は、その時に如何に儲けるかが生命線なのに…。
こんなアホなボクを遠慮なく笑ってくれよ…。  
Posted by foe1975818 at 23:57Comments(4)TrackBack(0)TV 

September 23, 2007

盛者必衰

残暑が厳しい中、運動会シーズンに突入である。
熱中症でぶっ倒れてしまう生徒が続発し、運動会開催自体が危ぶまれているようだ。
ボクの学生時代は体育の日辺りに催されていたんだが、今の時代はなんで態々こんなクソ暑い時期に行っているのだろう?

さて、運動会ではお父さん方の参加する競技も組まれている。
特に幼稚園や小学校で多い。
お父さん方にとっては絶好の見せ場であり、家族や全校生徒に醜態を晒すわけにはいかない。
腕に覚えのあるお父さん連中は今頃腕を撫していることだろう。

しかし、残念ながらリレー競技などでズッコケて、血だらけになるお父さん方の姿が後を絶たない。
専門家によれば、学生時代にスポーツをしていて腕に覚えのある人ほどズッコケやすいとのこと。
頭で描いているイメージに体が追いついていない。
自分が想像しているよりも、体は猛スピードで衰えているのである。

では「体」のどの部分が衰えているのか?
キーとされる部位は「足首」。
若い時期に比べて、足首の柔軟性が失われているのだそうだ。
それを確かめる方法を示すので、40歳以上のお父さん方に確かめていただきたい。

写真を御覧ください。
まず、両足の爪先を揃えて起立する。
きっちり揃える

そしてそのまましゃがむ。
しゃがむ

しゃがんでからも手は浮かせたまま。
この状態を維持できる人は問題ない。
しゃがんですぐに後ろへスッ転んでしまうとか、しゃがむ以前にスッテンコロリンしてしまう人は要注意。
走る競技への参戦は控えた方が、父親の威厳を失わずに済むだろう。
運動会当日に足首を捏ね繰り回しただけで「柔軟性を取り戻した」と考えるのは楽観的すぎる。
最低でも1ヶ月前から足首も含めたストレッチを入念に行っておく必要がある。

因みに30代でこれが軽々できないようだと、足首の容態はかなり深刻であるとのこと。

  続きを読む
Posted by foe1975818 at 13:10Comments(8)TrackBack(0)TV | 競馬

September 21, 2007

悔しいというより寂しい そしてお金欲しい

ある評論家が、自民党総裁選に臨む福田康夫を指して「徳川家康のようですね」としたり顔で例えていた。
着々と派閥の票を取り付けるなど、地盤を確り固めてから、71歳にして遂に国家の最高権力者の決戦場に姿を現した福田氏。
関ヶ原の戦いに臨む徳川家康と重なるとも言えなくもない。

となると、麻生太郎を石田光成と例えたくなる。
ここまでの劣勢を象徴する「人望がない」という点と、歯に衣着せぬ発言が似通っているかもしれない。
さすがに無理があるか。

関ヶ原の戦いは、慶長5年9月15日(西暦では1600年10月21日)に、西軍8万VS東軍10の史上稀に見る大軍勢で雌雄を決することになったが、西軍から東軍への寝返りが続出し、一日と経たずに東軍に軍配が上がった。

果たして総裁選は下馬評どおりに決着するのだろうか?
一般市民には選挙権がないからといって傍観者であってはならない。
目を凝らしてこの行方を見守る必要があるのだ。

最も興味があるのは、この情勢を安倍前首相が病床からどのように見つめているか?ということ
全く無関心やったりして。

別のある評論家がこう分析していた。
「安倍さんには信頼できる参謀役がいませんでしたね。」と。

安倍首相の側近、井上義行秘書官と塩崎恭久官房長官は犬猿の仲だったそうだ。
坊ちゃん首相を支えるべき人間が足の引っ張り合いを仕出かしていたせいで、安倍首相は逆風に対して土台から崩された側面は否定できない。

勿論、それだけには集約されないが。

  続きを読む
Posted by foe1975818 at 23:27Comments(4)TrackBack(0)TV | 野球

September 19, 2007

君に逢いたくなったら

ニンテンドーDS「脳トレ」中の「漢字記憶」で漢字を必死こいて記憶している最中に、庭から妙な呻き声が聞こえてきた。
網戸を開けて覗くと、オカンが転倒していた。

学生時代はバレーボール部のキャプテンを務めていたオカン。
ボクがピカピカの1年生として小学校に入学するとママさんバレーにも精を出し、家族でよく試合会場に応援に駆けつけたものだ。
ところが中学校進学後は家庭環境に様々な変化が生じたためにバレーどころではなくなった。
そして今から約10年前、長期のブランクを押して久し振りにバレーに興じたときに膝を痛めたのである。
水が溜まり、それからは膝痛との闘い。
大袈裟に書いたが、日常生活には別段問題はないレベルである。

残暑がぶり返し、舌を出してハァハァと苦しそうに呼吸する愛犬ラヴを少しでも涼ませようと庭で水を撒いている時に、ゴムのシートの上で足を滑らせたようだ。
擦り剥けた膝小僧からは血が滴り落ちている。
ボクが「大丈夫か?」と声を掛ける前に、オカンが「大丈夫。」と答えた。
オカンの「大丈夫」は「大丈夫」じゃないことが多い。
子宮筋腫のときがそうだったように。
オカンは自力で立ち上がって膝の動きを確かめる。
「皿は割れてないみたいやわ。」
膝を打ちつけた物がゴムであったことと、膝に巻いているサポーターが若干のクッションとなっていたことが幸いし、致命的な怪我は回避できた。
どうやら本当に「大丈夫」のようだ。
一安心である。

「もう年なんやから落ち着いて行動しいや。」
そう忠告して部屋に戻ると、ほったらかしにしていた「漢字記憶」が勝手に継続されて最低な記録を叩き出し、ボクの脳年齢を「40歳」に判定していた。

  続きを読む
Posted by foe1975818 at 23:02Comments(7)TrackBack(0)最近 

September 17, 2007

何言うてはるんですか

ガチンコラーメン道1で優勝した土井氏が渋谷に「道」という名のラーメン店を構えたとの情報を入手し、北海道ツーリング前に偶さか府中の我が家に寄っていたピサロと共に一路目指した。
今から6,7年前に遡る話である。

土井の店の暖簾を潜る。
たじろいだ。
客がおらず、水を打ったようにシ〜ンとしている。
時刻は午後7時。
土井の店の場所は決して人通りは多くないが、少し先に軒を構える別のラーメン屋は非常に賑わっていたのだが。

着席すると、カウンター越しに耳慣れた声が。
「すんませ〜ん。食券買ってくださ〜い。」
声の主は、土井だった。
「客おらんねんから口頭で注文とれよ!」
我々は喉まで出掛かったが、店のルールだから渋々従うことにした。
食券機の前に立ってメニューを確認すると、
「ガチンコラーメン」「ガチンコチャーシューメン」
など、ガチンコのオンパレード。
ベタに「ガチンコラーメン」の食券を購入(700円ぐらいだった)。

品が運ばれてくる間に店内を見回す。
「いらっしゃい!」「また来てや!」「おおきに!」とサインペンで書かれた色紙が壁のあちこちに貼り付けられている。
文化祭やないねんから。
また、販売用の「ガチンコTシャツ」も壁に貼り付けられ(異様に値が張った)、ガチンコ頼みと言わざるを得ない状況だ。

実はここに辿り着くまでに迷ってしまい、帰り道がわからなくなっていた。
交番で「ラーメン屋の『道』ってこの辺にあります?」と尋ねたが、警官2人は「『道?』聞いたこともない」と首を傾げ、警察で見た地図にも載っていなかったし、情報を提供してくれた友人も詳しい場所を把握していなかった。
我々は右往左往しながらやっとの思いで辿り着いたのである。
交番からそんなに距離は要さなかったんだが。

見た目80点(ロビンソン採点)のおねえちゃん店員に最寄駅を尋ねようとしたら、ねえちゃんはメールに夢中だった。
コラコラ!
いくら暇やからって、それはいかんだろ。
構うことなくピサロが道を尋ねると、
「あっちです。」
と我々に振り向くことなく、指を差して終わる。
おいおい!教える気ゼロじゃねえか!
短気なピサロが丁寧に食い下がる。
「えっ?店出てどっち?左?」
「左です。」
愛想もクソもない。
でも、そのおねえちゃんの指摘は的を射ており、店を出て大きな道を只管左に進めば渋谷駅に到達できた。

愛想のないねえちゃんによってラーメンが運ばれてきた。
わざわざねえちゃんに運ばせなくとも、土井がカウンター越しに我々に手渡した方が早いのに…。

真っ白いスープのとんこつラーメン。
ねぎが沢山入っているのがいいじゃないか。
夏のクソ暑い時期に道に迷い、著しく空腹状態の我々。
これでクソ不味かったら許さない。



ガチンコTシャツなどの不必要な商品を手にするなどの無駄な動きを取ることなく、我々は店を出て口を揃えた。
「もうないな」と。

40点(ピサロ採点)の店はまだ存在しているのだろうか?
それとももう店は取り壊され、土井氏は人生という名の「道」に迷ってしまっているのだろうか?

どちらにしろ、もうどうでもよい話だが。

  続きを読む
Posted by foe1975818 at 14:01Comments(4)TrackBack(0)過去ロビ | 競馬

September 16, 2007

犬です!

ここ最近、寝床に就く前に小腹が空き、体に悪影響だと頭では理解しながらも、無意識の内にガスコンロの前に立ち、沸騰したインスタントラーメンを箸で掻き回している自分がいる。
知らなかったんですが、エースコックのワンタンメンの醤油味が出回ってるんですな。
食べてみたが、ボクは塩の方が好きだ。

ラーメンといえば「ガチンコラーメン道」。
懐かしすぎて今にも涙が溢れ出そうだが、あの番組を見ては幾度も涙を流した。
ラーメン道2で登場した今泉氏は伝説と化している。

今泉氏のラーメン屋は閑古鳥が鳴くことさえ拒否する不況ぶりで、借金塗れ。
ラーメン伝道師・佐野は今泉氏のラーメン屋に登場し、今泉氏のラーメンをボロカスに酷評する。
今泉氏は折角作ったスープを佐野に全てぶちまけられたり、夜通しでスープの見張りを託された時に居眠りをしてしまってバケツで水をぶっ掛けられたり。
が、今泉氏は文句の1つも零さず、佐野の酷評、仕打ちを甘んじて受け入れる。
余りに無力な今泉の姿に痺れを切らした、ある大阪弁の参加者が

「あんた、佐野さんの犬か!」

嘲笑気味に今泉氏へ告げると、今泉氏は物凄い剣幕でこう答えた。

「わたしは佐野さんの犬です!そのとおりです!!」

この瞬間、今泉氏は伝説となった。
ボクは一生分の涙を流すほど笑いすぎたために数分間気を失い、この後のストーリーがどうでもよくなってしまった。

明日は、ラーメン道1で見事、優勝を成し遂げた土井氏とボクとの感動の出会いについて切々と綴ろうと思う。

  続きを読む
Posted by foe1975818 at 02:16Comments(3)TrackBack(0)TV | 競馬

September 14, 2007

あの金を見せるのはあなた

子供や女性が危害を加えられる事件が、毎日のように報じられる昨今。

長野県警では希望者の携帯電話やパソコンに犯罪の発生状況をメール配信するサービス、名付けて「ライポくん安心メール」なるものを提供しており、去年8月にスタートしてから370件以上の情報提供を行っている。

警察と住民が情報を共有し、事件を未然に防ぐ手立てを講じる姿勢には、一定の評価を与えようではないか(誰目線だ?)。

ところが、このメール内容で利用者から「不適切ではないか?」との残念な指摘が県警に寄せられてしまった。

8/31。
長野県箕輪町内で、下校中の女子高生が露出狂に遭った。
露出狂はワンピースを着用した「男」であるという、誠にややこしい性癖を有する病人である。
被害者は相当ショックだったであろう。
後遺症が残らないことを祈るばかりである。

被害者は思い出したくもない犯人像を懸命に思い出し、警察に対して
「和田アキ子風の黒色短髪」
と告げた。

県警はこの「和田アキ子風の黒色短髪」という特徴を「ライポ君メール」でそのまま送信してしまい、利用者から上記の指摘を受け、「適切な表現ではなかった」とお詫びメールを登録者5600人に送信した。

「目撃者の証言をそのまま使用してしまった。今後、表現には充分に注意を払いたい。」
県警地域安全推進室は反省コメントを発表している。

一方、和田アキ子の所属事務所「ホリプロ」は
「防犯を第一に考えてのことだと思うが、コメントすることはない。」
と静観の構えをとっている。

失礼な話である。
「ワタシなんかよりももっとタチの悪い和田アキ子に例えないでよ!」と、女装露出狂は今頃、憤慨しているに違いない。

  続きを読む
Posted by foe1975818 at 23:05Comments(2)TrackBack(0)TV | 競馬

September 12, 2007

疲れた

「泣かぬなら 泣くまで待とう ホトトギス」
「泣かぬなら 泣かせてみよう ホトトギス」
「泣かぬなら 殺してしまえ ホトトギス」

徳川家康、豊臣秀吉、織田信長の性格を例える上で用いられる有名な俳句である。

「あなたは今から農民として戦国時代で生きなければなりません。3人の内のどの人物の元で生きるかを1つ選択しなさい。」
という超非現実的な境遇に立たされた時、誰を選びます?

ボクは強いて挙げるなら秀吉か?
家康はネチネチしてそうだし、信長は恐すぎるし。

「次期首相」との声が挙がっている小泉元総理は、信長好きだそうで…。

心臓に 毛は生えてない 安倍首相

お疲れ様でした。  
Posted by foe1975818 at 23:42Comments(6)TrackBack(0)TV 

September 11, 2007

乱暴

電車内で拳銃型のライターを見せびらかせていた男子高校生を、偶然乗り合わせていた、非番で酒に酔っていた警察官がぶん殴り、2週間の怪我を負わせた事件。

元々は車掌が車内巡視の際に高校生に注意を促し、高校生も素直に謝ってライターを鞄に仕舞っていた。
にもかかわらず、高校生がヘラヘラしていたとかで殴ったそうな。

というか、高校生の分際でライターを持ち歩くな。
何に必要だ?
仮にこの高校生が何らかの病気で、そのライターで体に装着している装置に着火しないと命に別状があるとかなら携帯していることは認める(そんな物騒な装置など存在しないだろうけど)。
でも、拳銃型である必要は全くない。
それに、今時拳銃型はダサい。

  続きを読む
Posted by foe1975818 at 01:04Comments(4)TrackBack(0)TV | 最近

September 09, 2007

誕生

下半期に入って、ボクの生活のリズムにある変化が表れ始めた。

それは、家で飲む酒の量が増量中なのである。
仕事の関係で毎日は飲めないので飲む日数は増えていないし、元々そんなに飲めないので増えたところで成人平均と比較しても大したことない量だが、1回に飲む量が毎回ボクの致死量近くに達してしまう。

でもよくよく思い出してみると、去年の今頃も増加していた。
即ち、夏は激増しているのであるね。
ジムで泳いだ後のビールが美味いんですな、これが。

最終的な結論としては、「ビール腹」さえ回避できれば、それでいい。

酒を飲めるようになるかならないかは環境や遺伝などの要素が絡み合っていると推測するが、急に酒に強くなる可能性は酒を飲む人なら誰でも秘めていることが明らかになった。

先日のビアガーデンで恐ろしい事実発覚。
60歳を超えた伯母さんが、酒豪への覚醒を果たしていたのだ!
ビールに焼酎、カクテル、ワインにウイスキー。
ありとあらゆる酒類を、顔色一つ変えずグビグビいく。

「伯母さん、飲みすぎやで。」

グラスを取り上げると、年甲斐もなく拗ねてしまったほどだ。
昔から飲めなかったワケではないが、自分がいくら飲んでも酔わないことを最近自覚したようなのね。
冷蔵庫の8割は酒類が占めており、毎晩、ビール500ml缶を3本は空けないと気が済まないらしい。
それでいて内蔵は健康そのもの。
誰に似たんだろう?

娘に連れられたバーで、その飲みっぷりの良さに常連客から

「スター」

と、錦野旦を差し置いて命名された。
ようわからんネーミングだ。
常連客も酔っ払い気味だったんだな。

  続きを読む
Posted by foe1975818 at 15:01Comments(5)TrackBack(0)最近 | 競馬

September 08, 2007

ロック

東京在住時はバイト仲間と国分寺のボーリング場に頻繁に繰り出しては勝負を繰り返していた。
筋トレを行っていたわりに見た目に変化はなく、寧ろ金欠で「骨皮筋右衛門」と揶揄されていたが、地味に効果は出ていたようでハイスコアを連発。
ところがバイト連中もハイスコアを連発するもんだから倒すには骨が折れ、逆によく金を払わされたものだ。

大阪に帰ってきてからはボーリングで勝負を吹っ掛けてくる骨のあるヤツもおらず行くこともなくなったし、筋トレも行っていないせいか、稀に行ってもスコアが激減。
アベレージにして20は下がった。
特に手首や握力の持久力低下が著しく、ボーリングでは自分の筋力の乏しさが露骨に表れる。

先月、唯一骨のある友人Yと川西のエースレーンでボーリングに興じた。
この日はエースレーン側からビンゴ表が手渡されたわけだが、よくこのビンゴに目を通すとストライクやスペアを連発しても成立しない。
時には1投目1本、2投目で7本倒さなければビンゴが成立しないような骨組みなのだ。
ハイスコアを目指す我々にとって、そんなものは邪道以外の何者でもなく、狙っていっても骨折り損のくたびれもうけに終わることは目に見えている。

ところが、この日はお互いボロボロ。
勝手にビンゴ表が塗り潰されていく。
そして最後の10フレームで、1投目3本、2投目4本を倒せばビンゴに有りつける場面に遭遇。
投球者はボク。
「すまんが、オレはストライクを取りにいくぞ。」
友人Yに、そう告げた。

1投目。
引っ掛けて、左側の3本が倒れた。

「すまんが、オレはスペアを取りにいくぞ。」
友人Yに、そう告げた。

2投目。
握力低下によるコントロールミスで、右側の4本が倒れた。

ビンゴ成立。
しかも2列。
棚から牡丹餅。
きっとハナから狙っていたら無理だっただろう。

インターホンで「ビンゴ成立しました」と伝え、250mlの缶ジュースを手渡された。
「ヒャッホ〜イ!!」
32歳を迎えた我々は、缶ジュースごときでガラガラのボーリング場に響き渡る喜びの悲鳴を上げた。

この数日後、ボクが腰痛で、友人Yが帯状疱疹で悲鳴を上げることになるとは…。

  続きを読む
Posted by foe1975818 at 01:08Comments(7)TrackBack(0)最近 | 競馬

September 06, 2007

関係ないことはない

「HOT!HOT!」でスターダムに伸し上がった藤井隆。
創価学会員の乙葉との結婚を成し遂げ、公私共に順風満帆の芸能生活を送っている…のか?

藤井隆を語る上で欠かせない触れ込みが
「スタッフウケがいい。」
上下関係の厳しい新喜劇で培ってきた+もって生まれた人の良さが成せるワザ。
でも「礼儀正しい」って人としての大前提であり、肝心の本業がどうかが焦点なんじゃないか?と思うが、まあそれはいいか。

藤井隆は歌も出しており、外人のなんちゃらっていう曲に酷似しているとの触れ込みで一躍スマッシュヒットした「ナンダカンダ」。

半年ぐらい前にウケ狙いで若干の振りを付けて歌って見事にスベッたんだが、サビの「ナンダカンダ叫んだって〜」の箇所の振り付けに、24時間TVにおける熱闘コマーシャルでタブーを打ち破った小島よしおの振り付けが酷似している。

果たして小島はリスペクトの意味で用いているのだろうか?
それとも単なるパクリか?

「知らなかった」は理由にならんぞ。

  続きを読む
Posted by foe1975818 at 00:42Comments(9)TrackBack(0)TV | 競馬

September 04, 2007

みのりすぎの夏

今年の6/24に友人Yと甲子園へ阪神VS日ハムの交流戦の観戦に出向いたわけであるが→シンジラレナ〜イ、この日、従姉のK姉ちゃんがライトスタンドに陣取って大声を張り上げていたというのだ。

K姉ちゃんは37歳。
最近は会社の同僚女性と甲子園に出向き、法被姿で大声援を送ることが唯一の生き甲斐となってるらしい。
明るい性格の持ち主で、独身なのが不思議なぐらいだが、結婚は半分諦めているとのこと。

この話題が持ち上がったのは、8月14日にK姉ちゃんと叔母さん親子、それにうちの両親とボクという同じような顔ばっかりの5人で訪れた梅田のビアガーデンでの一幕である。

そこには様々な人間模様が描かれておりました。

ビールの列に並んでいた時のこと。
開店直後で立錐の余地もないぐらいに混雑していたことが引き金となって、女性同士の体が軽く接触。
すると若い方の女性が
「チっ、クソばばあが!」
と、小走りで去っていく若くない方の女性の背中目掛けて、舌打ち+小声雑言を浴びせ掛けていた。
くわばらくわばら。
ボクも接触したらどんな悪態を吐かれるか分からないので、擦れ違い様に
「クソじじい通らせてもらいます〜。」
と予め宣言しておいた。
それなのに、女性とは到底思えない般若のような顔で睨まれてしまった。
お〜、怖っ…。

一触即発の殺伐としたビールエリアを無傷で脱出し、続く料理エリアの列に並んでいると、外国人男性3人と日本人女性3人グループの国際的な席が目に入ってきた。
外国人男性は日本語がまだ覚束無いのか、
「パンピー」
を嬉しそうに連発していた。

料理エリアも相当の混雑。
それを物語るかのように、地面にはバリンバリンに破損したグラサンが散らばっていた。

席に戻ると、先程まで空席だった隣に大学生らしき男のみの8人グループが着席。
卑猥トークで大盛り上がり。

逆側の隣は男女の年齢層もバラバラの6人グループ。
バラバラなのは年齢層だけではなくて、一体感がまるで無くバラバラ。
料理にがっつくオヤジ。
携帯を弄る若い女。
新聞を読むオヤジ2号。
iPodを聴いている若い男。
あなたたちの目的は何ですか?

3つ隣のグループ。
12,3人の大所帯で、女性は1人ポッキリ。
この女性は非常に若い。
茶髪で、浜崎あゆみを彷彿とさせるカマキリみたいな時代遅れの馬鹿でかいグラサンを掛けたお嬢さん。
そのテーブルには彼女に見合いそうな若い男性の姿はなく、おっさんオンリー。
彼女は完璧に浮いていた。

そこでボクは余計な詮索をする。
仕事の付き合いで無理矢理連れてこられたのか?
それとも彼女はこのおっさん連中の誰かと金目当てで不倫し、夜な夜な乳繰り合っているんじゃないか?
その羨ましい相手はどいつだ!?

不倫相手と目されるおっさんを目から乳酸が出るほど物色していたが、彼女が料理を取りにいくために立ち上がった瞬間、ボクの目線は彼女のある部分に釘付けとなった。

とんでもない巨乳ちゃんでござる!!!
シンジラレナ〜イ!
おそらくボクが肉眼で拝んできた中でもトップ争いを繰り広げておかしくない巨乳ちゃんだ!
巨乳でいて、ウエストは許容範囲!!
これはもう事件だっ!!!
座っている時には何かしらを羽織っていたので気付かなかった。
ボクとしたことが…。
くっそ〜!
今まで見逃した分、これから般若ような顔で凝視して挽回せねば!

甲斐甲斐しく料理を運んでくる彼女の両のおっぱいちゃんは、これまた今まで見たこともないくらいに胸元がザックリと開いた服装では収納し切れずに、今にもポロンと零れ落ちそう。
あなたのお乳は実りすぎなのです!
零れ落ちたら大変危険でございますので、下から優しく支えてあげましょうか?

さらにさらに、ああ、うわあ〜!なんてことだ!!
ぎゅうぎゅうずめにされたおっぱいちゃんが息苦しそうですぞ!
これはいけない!!
わたくしめが人工呼吸を施しましょうか?
酸素を注入せず、吸い上げることなど致しません!

みのりちゃん(仮名)がセクシーなのは胸元のみにあらず。
流行の面積極小短パンからは美しい両のおみ足がスラリと伸びる。
ボクの鼻の下と息子が共闘してグングン伸びる。

歩行時は乳がプルルン、ケツをプリプリ。
ケツに関してはわざとやっとるな、あれは。

ビールや料理を盛りにいくと見せかけて、ごく自然な感じでみのりちゃんの至近距離に詰め寄り、ありとあらゆる角度から舐めるように拝ませていただきました(バレてないはずだ)。
乳輪が顔を出していないのは、もはや「奇跡」と呼ぶに相応しい服装だ。
その服はどこで購入したんだ?

テーブルに舞い戻り、今度は遠目からみのりちゃんの豊満な乳を眺めていると、ビールがええ感じのミルク味に変化。
通常の5倍は増した美味いビールを飲みすぎて、みのりちゃんのその後について観察することができなくなってしまった。
罪な女だ。

いや、マジであんな挑発的なファッションで外出するのは罪に問われるんじゃないか?
もしご都合さえよければ、ボクが逮捕致しましょうか?
ボクの取調べは厳しいですぞ。
まずはその凶器とされるおっぱいを…。

逮捕されるのはボクだな。


  続きを読む
Posted by foe1975818 at 00:08Comments(4)TrackBack(0)神秘 

September 02, 2007

Love 2000

巨人の高橋由伸が、折角取得したFA権利をあっさり放棄して、恥ずかしげもなく「永久巨人」を発表した。

勝谷誠彦氏が得た情報をラガルさんが記事にしていたが、読売球団は入団前の高橋に対し、逆指名を得るために20億円以上もの巨額な裏金を提供し、高橋もそれをありがたく享受した。

そりゃあ巨人に残留するわな。
これでもしFA宣言して巨人を退団なんてことになれば、球界から抹殺されかねない。
また、他球団も高橋獲得に動くような、読売の逆鱗に触れる振る舞いを行ってはいけない暗黙の了解でもあるのだろう。

一方、怪我で今シーズンを棒に振ることになった中日ドラゴンズ・福留。
昨朝参加した早朝草野球チームに、熱狂的な中日ファンのOさんが所属している。
そのドラキチOさんの分析によれば、
「福留は来年、中日にはいない。福留の視線の先にはメジャーしかない。去年、契約更改で揉めたことが伏線になっている。」
らしい。
しかしながら、今年、怪我でろくすっぽ試合に出場していない選手にメジャー側が興味を示すだろうか?
仮に名乗りを挙げる球団があったとしても、評価はさほど高いものではないだろう。
まあ、その方が気楽でいいだろうが。
岩村がいい例だ。

福留は打撃、守備、走塁の3拍子揃った、今や押しも押されぬ日本を代表する選手である。
まずは故障を完治させた後、FA権を取得し、誰にも文句の言われない成績を残してからメジャー移籍するべきだ。
そんな彼が理想としているバッティングフォームが、昨日、2000本安打を達成した広島・前田智徳。

あの落合監督をもってして天才だと称している前田智徳。
大怪我を克服しての2000本安打の偉業達成は、我慢の積み重ねが結実したものと言える。

東京ドームでの巨人戦。
センターを守っていた前田がエラーを犯し、逆転を許した。
その次の回に打席が回ってきた前田は、起死回生のホームランを放つ。
ニコリともせずにダイヤモンドを一周し、ベンチ裏で前田は泣いた。

なんて記憶が微かに残っているんだが、ウィキペディアで詳しい説明がなされていた。

1992年9月13日の対読売ジャイアンツ24回戦(東京ドーム)、1-0と広島リードで迎えた5回裏二死無走者、前田は川相昌弘の中前への当たりを飛び込んで捕球しようとしたものの後逸してしまい、川相はそのまま本塁を駆け抜けて同点にされてしまった(記録は前田に失策がつかず、川相のランニング本塁打となった)。前田は悔しさの余り、涙をこぼした。先発北別府学は勝利投手の権利を失ったまま6回で降板。前田は8回表一死一塁、決勝打となる勝ち越し2ランを放った。この際前田は打った瞬間に渾身のガッツポーズを見せ、そして涙を流しながらダイヤモンドを一周した。この一打で勝ち越した広島はそのまま3-1で逃げ切った。決勝打を放った前田はヒーローインタビューに呼ばれたものの、前田はこれを拒否。試合終了と共にロッカーで身支度を済ませるとバスに向かって歩き出し、呼び止める報道陣にも小声で「すいません」と繰り返すばかりだったという。この試合を中継していたラジオ・テレビ各局は、前田のインタビュー拒否の理由について「自分のミスで同点にされ、その後にいくら決勝本塁打を放ったからといって、その男がヒーローになるのはおかしい」などと発表した(広報を通じての本人弁)。前田本人は後日、決勝本塁打について「最悪でも、あれぐらいはやらなきゃ取り返しがつかないと思った」と振り返り、また本塁打後の涙について「自分に悔しくて涙が出た。ミスを取り返さなければいけなかった次の打席(6回表二死二塁)で中飛。それに腹が立って泣いたんです。最後に本塁打を打ったところでミスは消えない。あの日、自分は負けたんです」と語っている。

細かい部分で記憶違いをしていたが、まあ、大まかには当たっていたな。

前田は今年限りで現役引退のような気がしないでもないが…。

  続きを読む
Posted by foe1975818 at 13:03Comments(7)TrackBack(0)野球 | 競馬