June 27, 2008

手ぶら

秒針が時間を刻むたびに、人は確実に老いていく。
アンチエイジングだかなんだか知らないが、それを試したところで決して若返っているわけではなく、所詮は老いのスピードをほんの少し減速させているにすぎない。
ボクもそのスピードに歯止めをかけようとDSの脳トレなんぞに励んでいるが、果たしていかほどの効果を生み出したのかは甚だ疑わしい。
まあ、最も脳トレをプレイしてほしいのはコイツなんだが…。

そんな矢先、ボクにも思い出せない事案が頭を支配し始めた。

姫路の名物って何だっけ?

姫路出身の松浦あややがTVで語っていて、「そんなん聞いたことないで!」と、ブラウン管に向かってツッコんだことを覚えている。
その名物が思い出せない。
そりゃあ人に聞いたり、ネットで調べれば確実に答えに辿り着けるだろう。
でもそれは脳みそを甘やかし、今後脳みそが更なる猛スピードで衰えていくことに繋がる。
だから自力で思い出すんだ。

暇さえあれば脳みそを洗濯機ばりにフル回転させること3日。
駄目だ…。
浮かばねえ。

そこでボクはめっちゃHOLIDAYを利用して、姫路へ訪れてみることにした。
失われた記憶を取り戻すために…(大層なや)。
思い出した暁にはそれを鱈腹喰らってやることを誓った。

25日朝。
TV大阪で再放送されているスラムダンクで三井寿の「安西先生 バスケがしたいです」の名台詞を堪能してから8:30に家を出た。
阪急電車で三宮まで向かい、そこからJRに乗り換え。
「乗り換え案内」によれば、これが最も安くて早い。
現地に到着したのが10:20頃。

折角遥々姫路まで来たんだから、名物を喰らって帰るだけでは勿体無い。
いっそのこと自分が喰らう分だけでなく、家族や、はたまたマイミクの皆さんへお土産として持ち帰ってやろうではないか!
おお、我ながらナイスアイデア!
フッ、自分に惚れるぜ。
では1万円足らずの資金をどのようにして膨らませるかに焦点が絞られる。

姫路競馬場


結局こういうことになるのであるね。
競馬新聞を調達し、無料バスで姫路競馬場に向かう。

初めて訪れた姫路競馬場に度肝を抜かれた。
サラブレッドがパドックで刻む足音が「パカパカ」ではなく、耳慣れない「ザサザサ」。
パドックは砂地だった。
それに馬名を記すのが電光掲示板ではなく、手書き。
恐ろしく「かわいい」競馬場だ。

馬券の調子は頗る好調だった。
「前残り天国」と呼ばれる先行馬有利の馬場であることをあざとく聞きつけ、いきなり第1レースから不当に人気薄の先行馬を狙い撃ちし、枠連70倍と単勝40倍をGET(因みに馬連は40倍。当然ボクは調査済みであり高配当の枠連を選択した次第である)。
本命で決着した第2レースも軽く的中。
これは楽しくなってきた。
すると第5レースの馬連30倍、第6レースの馬連22.2倍も難なく仕留めた。
いやあ、姫路競馬最高。

その後は尻すぼみだったが、出鼻の第1レースGETがモノを言い、最終レース終了時点でウン万円の収益。
でも競馬はまだ終わっていない。
20:10に大井競馬場でG「帝王賞」が行われ、その前売りを購入しなければならない。
何せ兵庫県競馬代表として「チャンストウライ」と「アルドラゴン」の2騎が勇躍、遠征しているのである。
昨年の同レースで善戦した実績が残しているにもかかわらず、チャンストウライが意味不明なまでに低評価。
ボクはこの日の勝ち分を全てブチ込み、チャンストウライが3着までに突入すればほぼ的中する馬券網を仕掛けた。

姫路競馬の最終レースは16:30頃終了。
これから帰宅すると、自宅で帝王賞をネット生中継で観戦できる。
ボクは大急ぎで姫路を後にした。

何か違和感を覚えながら…。

その違和感に気づいたのは、帰宅してパソコンの電源をつけた瞬間だった。

「ああ!姫路の名物の件はどうなったんだ!!」

ボクは苦笑いを浮かべた。
忘れたことを思い出すために向かった旅先で、その目的を忘れてノコノコと帰宅。
競馬のことになると周囲が見えなくなるとはいえ、脳みその老化度は風雲急を告げとるな。
ネットで競馬中継を見る前に姫路の名物を調べ、答えにあっさり辿り着いた。

「おでん」。
そうだそうだ。
もうそんなことはどうでもいい。
おでんは喰らえなかったし、お土産を買って帰る誓いも果たせなかったけど、今の最重要案件は目先の金だ。

が、残念ながら帝王賞のチャンストウライは馬群に消えた。
儲けた金も消えた、記憶も消えた。
ボクはこの日、何をしとったんだろうか?
これじゃあ名古屋遠征のときと変わらんじゃないか。
いや、名古屋遠征時はまだ手土産に「ういろう」を買って帰っただけマシ。
今回は手ぶらじゃねえか…。

手ぶらで帰ってきたというのは、手土産も買わずに帰ってきたという意味で、決して…

  続きを読む

Posted by foe1975818 at 12:48最近 

June 21, 2008

中途半端

一時期おバカタレントがアホみたいに持て囃されていたが、15日の「熱血!平成教育学院」で現役東大生やら法大生やら元早大生やら東京六大学生が勢揃いし覇を競っていた。
そんな優秀な頭脳をお持ちなら、性悪人間の集う芸能界になど足を突っ込まず、腐敗し切ったお国変革のためになる職に就いてほしいと願うのは、そんな煌びやかな経歴を持たないボクの僻みだろうか?

芸能界というのは、とことんアホか、勉強がおもくそできるなど、強烈な個性がモノを言う(敢えておバカタレントを「演じている」賢い奴もおるが)。
何にしろ中途半端な個性では生き残れない厳しい世界なのである。


「ちゃらんぽらん」というベテラン漫才コンビが吉本に所属している。
いや、今年2月に解散したから、もう存在しないんだけど。
燻っていた彼らが脚光を浴びたネタが

「ちゅ〜〜〜と(中途)半端やなぁ〜!!!」

ボケ担当の冨吉が放つボケが軒並み中途半端で一皮剥けることができなかったが、ツッコミの大西がヤケクソで叫んだところそれがウケ、上方漫才大賞を受賞するまでに這い上がった。
確かボクが大学在籍時だから、今から10年ぐらい前ではなかろうか。
残念ながら「中途半端ネタ」以降、客を沸かせるネタが続かなかったため、それ以降は尻すぼみとなり、今年2月には大西が「絵で勝負したい」とのジミー大西的な理由で解散に至った。

注:冨吉がボケ担当を務めているが、大西の「ちゅ〜〜〜と半端やなぁ〜!!!」で客がウケるため、見方によれば大西がボケと捉えられるかもしれない。

では冨吉がどれほど中途半端だったかをネタから紐解いていく。

大西「君は何でもかんでも中途半端やねん。」
冨吉「オレのどこが中途半歩やねんな。」
大西「見てやってください、この顔。男前でもなくブサイクでもない。(上半身を反り返らせながら)ちゅ〜〜〜と半端やなぁ〜!!!」

大西「身長は何cmやねんな。」
冨吉「173cmや。」
大西「ちゅ〜〜〜と半端やなぁ〜!!!高いわけでもなく低いわけでもなく、ちゅ〜〜〜と半端やなぁ〜!!!」

などなど、次々と冨吉の中途半端さが大西によって引き出されていく。
そして

大西「じゃあ君の出身大学はどこやねんな。」
冨吉「大阪経済大や」
大西「ちゅ〜〜〜と半端やなぁ〜!!!特別賢いわけでもなく、かといってめちゃめちゃアホでもない。ちゅ〜〜〜と半端やなぁ〜!!!」

爆笑に包まれた会場。
その爆笑度合いで、関西における大阪経済大の認識度を計り知れるというものだ。

ボクも爆笑しましたよ。
そこ出身やけど。  続きを読む
Posted by foe1975818 at 11:32TV 

June 12, 2008

状況

サッカーの欧州選手権が開催されている。
手に汗握る試合の応酬で、中途半端に寝ることができず寝不足気味。
この記事だってポルトガルVSチェコのハーフタイム中に仕上げているのだ。

そんな寝不足疲れを体の芯からブッ飛ばしてくれたのが芸人「マキタスポーツ」。
毎週火曜深夜に放送されている「99+」という番組に「彼」はギターを片手に登場した。
出で立ちは長渕チックで、これはもうモノマネで突っ走るものと思われた。
ところがそれは大きく裏切られた。
「上京物語」と名付けられたその曲の完成度は、モノマネなどというカテゴリーに嵌め込めないし、そこらへんの「タレント芸人」など軽く凌駕している。
TVが面白くないと言われて久しいが、久方振りに息が止まるぐらいに笑ってしまった。
さぞかし近所迷惑だったことであろう。
ごめんね。

経歴はサイトで確認していただくとして、浅草キッドからその実力のお墨付きをもらっていることから、実力を疑う余地はない。
長渕だけの男ではないのは言うまでもない。
知らなかったなあ、彼の存在を。

いつもならこの番組を録画しているのだが、ユーロ録画を優先したためにこの日は録画し損ねた。
もう一度観たいのだが、誰か録画してないかい?
ボクが押収します。  
Posted by foe1975818 at 02:00TV 

June 07, 2008

ミはみんなの「ミ」

音楽関係の職に就いている人ならいざ知らず、そっち方面の職に就いていない人にとって絶対音感を持っていてもメリットなんてゼロで、寧ろ耳に届いてくる音たち全部に音階がついてしまって耳障り以外の何者でもないと、絶対音感を持っているKタソさんが切実なる悩みを記していた、確か。
絶対音感の「ぜ」の字も持ち合わせていないボクからすれば、「絶対音感を持っている」という特徴は、アーティスティックな雰囲気を醸し出す「長所」の一語に尽きると羨望の眼差しを送っていただけに、この「悩み」は新鮮であった。

母親から情報を仕入れたのだが、探偵ナイトスクープにおいて「屁の音色だけで円浩志が歌う探偵ナイトスクープのテーマソングを作成できるか?」という実に壮大でアホで下品で素晴らしい依頼を調査していたらしい。
ピアノの調律士が色んな人が放屁する現場に立会い、「今のは『ファ』です。」などと判定し、その音を収録して後で繋いで曲にしたらしいが、なかなかに困難を極めたとのこと。

これに酷似していた企画を数年前にTVで観たことがあって、その時は「屁の音色オンリーで『大きな古時計』を作成できるか?」というもの。
「大きな古時計」は聴ける程度に完成していたが、ボクが大きく興味を引かれたのが、屁の音色を鑑定するのが絶対音感を持つ「美しい女性」だったのである。
次々と放たれる屁の音色を頬を赤らめながら判定していた姿に、若干の興奮を覚えた自分に引いてしまったことを記憶している。

Kタソさんの悩みとTVの企画を鑑みると、屁の音さえもドレミがついてしまうことが判明した。
それにこんなアホな企画に駆り出されてしまう。
やっぱり絶対音感を持っていてもろくなことないね。

でも少しだけ野望を抱いている。
今後、自分が屁をこく際、逐一録音し、それらを編集して名曲を作成し、後世に残してやろうと。
くれぐれも「ミ」を出さないように注意を払わねば…。  
Posted by foe1975818 at 14:13TV 

June 04, 2008

進化論

オーストレイリア国防省は首都キャンベラ近郊で大量に繁殖していたカンガルー514頭を薬物注射を用いて処分したという。
当然、動物愛護団体が噛みついてきたが、政府は強行(動物虐待防止協会というものも存在しており、こちらは「処分は止むを得ない」と支持していた)。
鯨についても同じことが言えるが、ヒトが駆除して数のバランスを保ってやらないとそれこそ後々食物連鎖が滅茶苦茶になり、より可哀想な事態に陥ることをあの団体は理解しているのだろうか?
況してや一度食い荒らされた植物を再生するにはとんでもない年月を費やさなければならず、処分するのは当然である。

一方でダーウィンの進化論で御馴染みのガラパゴス諸島では、山羊の駆除が行われているのだが、こちらはちとオーストレイリアとは事情が異なるようである。

月曜夜、素晴らしい展開で勝利を得た日本サッカー中継の後、NHKにチャンネルを合わせると、世界遺産にも登録されているガラパゴス諸島が、世界遺産を取り消されるかもしれない「危機遺産」として登録されている実情を伝えるドキュメントが放送されていた。

エクアドルの領地であるガラパゴス諸島には独自の進化を遂げた固有種が存在している。
その珍しさから世界各国から観光客が押し寄せ、昔は週に2,3本だったガラパゴス諸島への航空便も、今や1日4本にも上るという。
ガラパゴス諸島を保有するエクアドルにとってはこれ以上ない観光収入で、その額は年間40兆円を計上している。

ヒトが増えるとゴミが増える。
島の埋立地は飽和状態で、新たな埋立地が建設される。
そしてゴミに群がるフィンチ。
フィンチの体内に蝿の幼虫が宿り、フィンチの体をジワリジワリとを蝕み、命を縮めさせる。
埋立地付近のフィンチはこの10年で25%減少した。

イグアナは土の中に産卵するが、今や産卵場所を失い、人家の庭に、それも剥き出し状態で産み落とす。
当然、孵化しない。

海に目を抜けると、ナマコの密猟に政府は頭を抱えている。
ナマコの乱獲に悩んでいた政府はナマコ漁を制限しようとするも、漁業関係者からの抗議により却下していたが、ナマコの減少は海自然の観点から宜しくないので、ここにきてナマコ漁を全面禁止。
ところが密漁者が絶えない。
ナマコを欲しがっているのは「中国」。
中国国内で高級料理として人気を博しているからだ。

そしてウミガメも危機に晒されている。
それが山羊の駆除に繋がる。
ヒトによって運ばれてきた山羊がウミガメの餌である草を食い尽くしているのである。

政府としては、何も策を講じなければ荒廃が進み世界遺産を外される→観光客の減少→収入減を招き、それこそ最悪の事態を招く。
でもヒトは減らせたい。
そこで政府はヒトに牙を剥いた。
本土よりも給料が良いこの島々に押し寄せる一時居住者と呼ばれる出稼ぎ労働者にガラパゴス州は島からの退去命令を下す政令を制定した。
通告を受けた者は48時間以内に退去しなければならないのである。

ダーウィンの進化論で名を馳せたガラパゴス諸島。
ヒトと動植物の共存共栄は果たして成功するか。
極限まで進化を遂げたヒトによる施策の真価が問われるところである。  
Posted by foe1975818 at 11:06TV 

June 01, 2008

ギッチョ

28日の園田競馬遠征からは何とか気を失うことなく帰還した。

さあ、日本ダービー。
どの馬と心中するか。

師匠が突き止めたダービー連対馬の法則により、1番ディープスカイ、2番サクセスブロッケン、3番ブラックシェル、4番タケミカヅチ、14番エーシンフォワード、16番メイショウクオリア、17番ショウナンアルバ、18番クリスタルウイング、以上の8頭が軸馬として絞られた(どんな法則であるかはバラしたくないので記述を避ける)。

この中で14番エーシンフォワードは戦績から除外。
3番ブラックシェルはG気任狼佑瓩隆鼎し貪なので消し。
16番メイショウクオリアは、昨夜の「すぽると」で同馬に騎乗する岩田騎手が「内枠希望」と発言していたが、外枠が当たってしまったので消し。
17番ショウナンアルバも気性的に外枠がマイナスに作用するクチなので消し(実際、前走の皐月賞で18番枠に入ったことを陣営を懸念していた)。
1番ディープスカイは1番人気なので消し。

残ったのは2番サクセスブロッケン、4番タケミカヅチ、18番クリスタルウイングの3頭。

でも実のところ、昨年秋からダービーは「この馬で!」と決めていた馬がいたのだ。

その名はタケミカヅチ。
アプローチするのはジョッキー。
騎乗する柴田善臣騎手は関東におけるリーディングジョッキーに3年連続で輝くなどの腕達者で知られている一方で、G気任肋”藜紊い覆匹蕃葫蕕気譴討い。
でも全く勝っていないわけではない。
彼が勝利したG(JRAのみ)を紐解いてみよう。
1993年
安田記念…ヤマニンゼファー
天皇賞(秋)…ヤマニンゼファー
1996年
NHKマイルカップ…タイキフォーチュン
1998年
天皇賞(秋)…オフサイドトラップ
2000年
高松宮記念…キングヘイロー
2006年
高松宮記念…オレハマッテルゼ

共通点は「競馬場が全部左回り」。
彼はサウスポーなのだ。
2年前のダービーではアドマイヤメインを駆って2着した実績もある。

前走の皐月賞で2着に入ったのは大誤算だったが、ここは初心を貫いてタケミカヅチで行きましょう。
デイリー杯2歳ステークスで2着に突っ込んできた脚が忘れられない。

でも17時発走の目黒記念の方が大勝負だったりする。
2番フォルテベリーニでオッズが下がるほどの勝負をするもんね。  
Posted by foe1975818 at 12:08競馬