September 30, 2008

チンケと最高

「今日はCSの意識の違いをまざまざと感じさせられたな。」

友人Hが軽く頷きながら、この日を総括した。

「CS」。
即ち、顧客満足。
サービス業に従事している人間とって、耳にタコができるほど口喧しく言い聞かせられている単語であろう。

この数ヶ月、妙にバッティングセンターへ行こうと誘ってくる友人H。
ボクはグラウンドを所狭しと駆け回る現役草野球選手として華々しい?活躍をしているが、友人Hは草野球選手ではない、ただの小太り営業マンである。
ストレス発散のためか、運動不足解消か、ボクの趣味に付き合ってくれているのか、何のために汗だくになってまでバットを振り回しているのか知らないが、スキルアップを目論むボクとしては渡りに船。

いつもなら茨木市の崇禅寺のバッティングセンターでバットを振り回すのだが、遠いので茨木市のラウン○ワンのバッティングセンターを利用することにした(あんまり距離は変わらんが)。
が、「バッティングセンターはメンテナンスのために閉鎖中」の愛想もクソもない立て看板。
バーチャマシン(映像で投げてくるやつ)のみが閉鎖中なのは、ボクが単独で訪問したときにもある。
それに雨天時には全て閉鎖されている。
ところが、この日のように晴天で、更にバッティングセンター丸ごと閉鎖は前代未聞。
しかもこの日は書き入れ時の土曜日である。

友人Hは閉鎖に激怒。
3Fの受付のにいちゃんに、「いつになったら復旧するんだ?」と、敢えて「静かに」詰め寄る。
その静かな迫力に圧倒されたにいちゃんは職員用のマイクでメンテナンス部の人間に問い合わせてくれた。
ところがメンテからの返答が遅い。
その間、友人Hは口を真一文字にし、腕組みして受付前に仁王立ち。
約4分後、漸く返答が返ってきた模様だが、にいちゃんは震え上がりながら「復旧の目途が立ってません。」

忙しい中、連絡を取ってくれたにいちゃんには一応、礼を告げ、結局、我々は崇禅寺のバッティングセンターで汗を流すことになった。
「ラウン○ワンはバッティングセンターがあると宣伝にも載っている。HPにも閉鎖中の表記はなかった。そやのに閉鎖中とはサービスが提供できてない。ありえない。きちんとしたサービスが提供できないなら、いっそのことやめてしまうべきだ。」
営業マン友人Hの怒りはそのまま崇禅寺のバッティングセンターの打席で向けられたが、憂さを晴らせるような気持ちの良い当たりは出なかった。

バッティングセンターでかいた汗とささくれ立った気持ちを癒すために、茨木市のすみれの湯の暖簾を潜った。
このスーパー銭湯の特徴は2時間に1回、サウナに店員のにいちゃん2人が不必要なまでのデカイ団扇を持って乱入してくる。
何を仕出かすかと言うと、アロマオイルを蒸発させ、その蒸気を団扇で扇ぎ、更に1人1人に対しても扇いでくる。
扇ぐときには「ソイヤー!!!」という一世風靡的な掛け声と、手拍子を要求し、場を盛り上げる。
全員を扇ぎ終わった後、「それではまだ個人的に扇いでほしい方は挙手してください。熱い方は退室していただいて結構です。」と告げる。
友人Hを始めとしてサウナの中の20人のうち3,4人は挙手し、退室する者はいなかった。
ボクはこれ以上熱いのは勘弁してほしかったので大人しくしていた。
するとにいちゃんが
「ではここに残られた方は全員扇いでほしいということですね。」
ニヤリと笑い、一同に軽く笑いが起こる。
一発目よりも強烈な掛け声と熱風を全員に浴びせ、挨拶を済ませて退室した。
このサービスを始める前には声を掛けて宣伝してくれるし、無論、強制などではなく別にいつ退室しても構わない。
サウナが苦手な人にとっては灼熱地獄以外の何物でもないが、これはこの周辺のスーパー銭湯にはないユニークなサービスと言えよう。

実はこのスーパー銭湯を訪問するのは2度目である。
最初の訪問で合格点を与えていた友人Hではあったが、1つ気に食わない点を指摘していた。
それは店内のオルゴールのBGM音量が耳障りなまでにでかすぎるという点である。
言われてみればでかい。
友人Hは漏れなくお客様アンケート用紙にその旨を記入し、投函していた。
その点が改善されたかどうかを確認する意味でも、この日は訪れた。

それが見事に改善されていたのである。

まさか友人Hオンリーの指摘で改善されたとは思わないが、少なくとも改善されたのは紛れもない事実である。
「ラウン○ワンとはえらい違いや。これが本来あるべきサービス業の姿や。」
友人Hは腕組みしながら大きく頷き、ご機嫌で銭湯を後にした。
この2店舗のCSにおける温度差は、まさに月とすっぽん、サウナと水風呂、阪神タイガースと横浜ベイスターズのようである。


尚、「CS」という単語で、真っ先にプロ野球の「クライマックスシリーズ」が頭に浮かんだ人は、仕事に真剣に取り組んでいない言い訳の利かない「証拠」である。
笑い事ではなく、重症である、マジで。
確かにクライマックスシリーズは大詰めに差し掛かっているが、野球のことしか頭にないのか!アホか!
猛省を促したい。

ボクはお先に猛省したもんね。  

Posted by foe1975818 at 21:23最近 

September 21, 2008

天国から地獄

9/14(日)に箕面市の草野球トーナメント戦の準々決勝と準決勝がダブルヘッダーで行われた。
トーナメント戦であるからして、当然、準々決勝で敗れれば準決勝もへったくれもないが、我がチームは接戦をものにして準決勝に駒を進めた。
試合内容も頗る引き締まっていて、エラーの少ない、到底、草野球という感じは微塵も感じさせなかった。

実は我がチームには秘密兵器として、甲子園常連校でもある元尽誠学園のアンダースローの投手がマウンドに上がる予定だったが、事故に遭って怪我をし、入院生活を強いられてしまったためにキャンセルとの残念な一報が寄せられた。
となるとボクの親父が先発マウンドに登らざるを得ない。

親父はこの前の週の練習試合中にピッチャーフライを捕ろうとして後ろへズッコケ、その拍子に後頭部を強打。
しかも禿坊主なので、衝撃はダイレクト。
ベンチへ帰るまでの数分間の記憶を失うという、若干、シャレにならん事態にまで発展した。
2,3日は違和感もなかったが、「やっぱり」フラフラするとか言い出し、病院で診てもらったところ、全く異常なし。
毛がないけど、怪我なくてよかった。

で、ダブルヘッダーの2試合目。
相手は某大学の野球サークル。
このチームもダブルヘッダーの日程を強いられているので、我々は彼らの勝利した1試合目を観戦していたが、兎に角よく打つ。
そして若いからよく走る。
更に驚くべきは、エースを温存したままコールド勝ち。
対照的に我々は必死のパッチで準々決勝を突破した。
苦戦を覚悟しなければならなかったが、結果は想像を遥かに上回る残酷なものだった。

18-5のコールド負け。

5回表には、この1イニングだけで14失点を喫した。
ボクはいつもどおりキャッチャーを務めていたが、これほど辛い時間を過ごしたことは未だ嘗てない。
親父を含め、我がチームが注ぎ込んだ3投手は尽く痛打された。
打ち取った当たりは味方がエラーを犯して足を引っ張った。
ボクのその戦犯の1人だ。
ボクにいたっては守りを足を引っ張るだけでなく、ノーヒットでチームに貢献することができない体たらく。

暫くは野球をやりたくない。

不思議なのが、競馬は負けまくっているのにやめたいと思ったことはないんだな、これが。  
Posted by foe1975818 at 19:50最近 

September 10, 2008

悲しいとき

某マンションの10Fで、ボクは折り返しの電話を今か今かと待っていた。
さっさと仕事を終わらせて、購入した馬券の結果を照合したいのに。

イライラを散らすために窓の外を眺める。
眺めた先の南の空は、大阪市上空だろうか。
さっきまで快晴だった空が灰色の雲に覆われている。
天気の急変はこの夏のお決まり行事。
雲は見る見るうちに灰色から、最近見なくなった艶やかな女性の黒髪のような黒色に変色。
黒髪から金色に輝くアクセサリーような稲光が輝く。
地上からも雲の帯が上空へと伸びている。
それはまるで女性の締まったウエストのような竜巻だった。
初めて見る竜巻に、不謹慎ながらも少しウキウキしたのも束の間、女性の究極の理想像にも見えたゲリラ雷雨御一行は、瞬く間に消滅した。

普段なら「あの竜巻が来るのか。また仕事が忙しくなる…。」
食欲が失せるほどに憂鬱になるところだが、その心配は無用。
この日、9/7の風向きは北から南。
ということは、今いる茨木市にあの雲が襲ってくる可能性はない。
だから年甲斐も無くウキウキしたのだ。

天候不順のせいで仕事が忙しくなる理由は以前の記事に記した。
勿論、天気予報には敏感だし、ネットで公開されている雨雲レーダーには、魚群レーダーに目を光らせる漁師の如く注意を払っている。
そのせいか雨雲レーダーを観察しすぎて、ボクはヤバイ時とそうでもない時の傾向が掴めてきてしまったのである。
以下に示す傾向は、茨木市、高槻市に限った傾向であることを予め断っておく。
ほんの少し居場所がずれただけで天気が大きく左右されるのが、この夏の特徴だ。

まず、ヤバイ時。
 ̄雲が岐阜県、滋賀県、京都府と東、北東から流れてきた場合。
これは8/6の高槻市水浸し事件が証明しており、7/28もそうだし、雷で仕事がてんやわんやになった。
雨雲が淡路島から、ないしは兵庫県の瀬戸内海沿いを進んできた場合。
8/9がこれに相当。
その他にも諸々。

そうでもない場合。
‘本海から南、若しくは南東部へ雨雲が進出してきた場合。
太平洋から奈良県を通過して高槻市や茨木市に流れてくる雨雲。
この2つは何れも高槻市や茨木市に到達する前に雨雲が弱まっていたり、消滅することが多い。
逆にヤバイ時の2つは雨雲が衰えずに(時には発達して)到達することが多く、悲惨である。

因みにこの9/7はそうでもない場合,冒蠹する。
大阪市以南では交通機関が麻痺するぐらいにエライ目に遭われたが、茨木市、高槻市はなぜかほとんど無傷で凌いだ。
レーダーを細かく分析すると、日本海沿岸で豪雨を齎せた雨雲群は、勢いを弱めながら大阪府に接近。
本来なら通過したであろう茨木市、高槻市付近で消滅するも、大阪市内で再び超急速に発達し被害を齎した。
茨木市と大阪市は摂津市を挟んでいるだけの距離。
それでこの違いである。

どういうメカニズムで雨雲が衰えたり、発達したりするのかはよく解らんが、勤務に当たってるボクとしては「心と体の準備」が必要なのである。
ゲリラ雷雨が夜に襲撃しそうだったら栄養ドリンクも飲んでおきたいし、メシや睡眠時間だってずらせておく必要もある。
でも、この日の天気の移り変わりで、ボク独自の「雨雲が発達するかしないか予報」に対する自信は確信に変わった。
これでもう怖いもんはなしだ!

と思ったら「漸く天気が安定期に突入する」だと。
なんじゃい!
ま、今年一番のGOOD NEWSではあるけどね。

対照的に馬券の結果はBAD NEWSだった。
今年一番の大勝負だったのに。  
Posted by foe1975818 at 21:28最近 

September 08, 2008

その時歴史が動いた(後編)

さあ、ヒロキジーニョの愛車インプレッサはいくらで売却できるのか?

O阪K済大学時代の友人Hも加えた3人で出発。
友人Hを加えた最大の理由は、彼のゴリ押し殺法で値段を上限以上に吊り上げようとの魂胆である。

手始めにスバルのディーラーで見積もりを出してもらう。
ここでは90万との評価。
シャコタンは朝飯前で、マフラーやら何やら、手を加えれる場所は軒並み改造しているだけに、これぐらいしか出せないとのこと。
担当者曰く「うちの値段が底値だと思います。」と。

次はガ●バーを訪れた3人。
車をチェックした担当者が提示してきた値段は「125万」。
予想していたよりも高い額に、我々は果たして顔色を変えずに平静を保てていただろうか?
しかしこれで満足して交渉を成立させては、友人Hを連れてきた意味がパァである。
「キリのいい130万にはならんか?」
友人Hが切り出す。
担当者は「本部にもう一度掛け合ってみる」と。
そこですかさず友人Hが
「本部には幾らで掛け合うつもり?」
担当者は136万で掛け合うとの返事を言い残し、オフィスの奥へと去った。

ただ、我々は既に苛ついていた。
それは担当者の男が時々タメ口になるのである。
恐らく我々よりも年下ではある。
それに見た目も茶髪でチャらい。
が、仕事はしっかりできるものと思っていたが、違う意味で期待を裏切ってくれた。
「見た目通りそのままやないか!」と
まったくどういう教育をしとんのじゃ。

130万でケリはついたが即答は避け、ちゃらい名刺を頂戴してユーポ●に直行。
ここの担当者は対照的に見た目からして実直で、言葉遣いは丁寧。
さっきのが「あれ」だけに余計に丁寧な印象を受けた。
「6月は上半期末で営業成績のこともありますし、車を買う時も突いてやれば安くなりますよ。」などのありがたいアドバイスも頂けた。
丁寧なのは言葉遣いだけでなく、インプレッサのチェックも入念。
弾き出された価格は130万。
奇しくもガ●バーと同額。
担当者が探りを入れてきた。
「うちに来られる前にどちらかに行かれましたか?」
「ガ●バーに寄ってきました。」
「ガ●バーさんは幾ら出しはりましたか?」
「135万です。」
嘘をついた。
ここは駆け引きであるからして当然。
すると担当者は「ガ●バーは正味の値段を提示しない。」などなどガ●バーに対する悪態をこれでもかと吐き始めた。
とうとう正体を現し始めたか。
まあ、確かに我々の担当者は出来損ないやったけどね。

ここでも即答は避け、丁重な名刺を頂戴し、一先ず退散した。
「まあ、何回か足を運ぶとかして十二分に吟味してから結果出したらええやん。もっと高くもなるやろし。」
我々はヒロキジーニョに助言して解散した。

そして、「その時」を迎えます。
平成20年6月23日。
ヒロキジーニョがボクに入電。

「ユーポ●でインプレッサを売った。」

査定してもらって、まだ僅か2日後である。
早い!早すぎる!!
何がそうさせたんだ!
あれほど「慎重に」と釘を刺しておいたのに。
よしゆきロビンソンは激怒する。
でももう遅い。
もうインプレッサはない、乗れない。
ああ、あんなことも
こんなことも
こんなこと兇
あの事件だって
この事件だってあったよなあ…。
もう少しインプレッサと旅がしたかったのに。
暫し回想に浸るボクを現実に引き戻すような一言がヒロキジーニョの口から放たれる。
「車も買った。」と。
それも「スズキのワゴンRを」と。
冗談はよせ!
TANTOはどうした!!
スズキの「ス」の字すら口に出してなかったやないか!!
よしゆきロビンソンは改めて激怒する。
「TANTOは納車までに日にちがかかる。早く乗り換えたかったんや。」だそうで。
ボクが友人Hにその事実を告げたところ、もはや起こる気力すら奪われ、呆れて果てていた。
「もっと高くで売れとったのに。今頃○ーポスのあのおっさんはほくそえんどるやろな。」

現在ヒロキジーニョは、昔、漫画家を志していたギラギラしていたあの頃に立ち返り、「マンガを描く」ことに没頭している。
「パソコンも買い替え、グレードアップも施した。描く環境が整ったしヤル気が出てきたわ!」
ヒロキジーニョの鼻息はブタ鼻を鳴らすほどに荒い。

これもいつまで続くことやら。  
Posted by foe1975818 at 23:40最近 

September 02, 2008

その時歴史が動いた(前編)

皆さんこんばんわ、よしゆきロビンソンです。
今週の「その時」は2週に亘って「2008年6月23日 友人ヒロキジーニョ愛車インプレッサ売却事件」にスポットを当てます。

ヒロキジーニョとボクはO阪K済大学時代の同級生である。
家が川西市と箕面市で近いこともあり、よく車に乗せてもらったりして通学していた。
その当時、ヒロキジーニョは眩し過ぎるぐらいに真っ赤なMR2を乗り回していたが、当時から呆れるほど運転は荒く、遂にはそれが祟って電信柱に激突して廃車行き(ボクは運よくその時に乗り合わせていなかった)。
自分が真っ赤な血を流す破目になったのである。
その後、ボクの中学時代の友人の影響を受けてマウンテンバイクに没頭し始めたため、バイクの運搬に重宝できるハイエースに乗り換え。
ところがマウンテンバイクでの転倒事故が重なり、右肩を2回骨折(しかも寸分の狂いもなく同じ箇所)してから「バイクが怖くなった。」との理由でマウンテンバイク界からの現役引退を表明。
必然的に用無しとなったハイエースともおさらば。
そしてMR2における悪夢の大惨事をすっかり忘れ、走り屋としての本能が疼き出し、インプレッサ購入へと至ったわけ。

インプレッサを購入するにあたって、そこらじゅうのスバルを訪問した。
なぜかボクが付き添って。
伊丹市のスバルで購入する決断に至った決定的な理由は、担当した人間がヒロキジーニョのインプレッサに対する質問に対して即答した、逆に言えば、「その人間からインプレッサに対する知識、愛情が満ち溢れていたからである」と、ヒロキジーニョは力説する。

ではそこまで愛情を注いでいたインプレッサをローンも残っている状況で売り飛ばす心境に向かわせた理由。
それはハイオク車でガソリン代がバカにならんなどの表向きのウダウダと理由を述べているが、単純に「飽きた」のである。
バイクもそう、バス釣りもそう、マンガを描くのもそう、紅茶マスターもそう。
彼は兎に角、長続きした例がない。

「インプレッサを売却したいんやけど。」と相談を受けたのが6月上旬。
人間とは誰かに相談した時点で当人の中では「答えは出ている」。
相談相手にただ「背中を押してほしい。」のだ。
ボクは捻くれているので簡単には売り飛ばさないよう説得を試みたが、ヒロキジーニョの決意は固かった。
この辺りの頑固さもいつものことなのだが…。
最終的にはインプレッサを売ってはいけないさしたる理由も見当たらないことに気付き「ほな売ってこいよ」と素っ気無く返答したら、「一緒についてきてほしい」と言い出した。
これまた購入した時と同じシチュエーションだ。

しかし売るのはいいが、次の車の目途を立てておかないといけない。
だがそれについても既に照準は定まっているという。
それはボクの愛車「TANTO」。
燃費や税金の面を考慮すると「軽自動車」以外は考えられず、軽にしては大きくて広い「TANTO」に白羽の矢が立ったのである。
「ネットでリサーチしたところ、多分インプレッサの売却値段は100万は下らない。そこからローン分を引いて、金を+αすれば買える。」
そういう目論見のようだ。
毎月5000円掛けて洗車するなど、インプレッサを溺愛し、そして走り屋と自称していた頃のギラギラとした面影は、もはやそこにはない。

というわけでまずはボクがTANTOを購入したダイハツのディーラーを訪れた。
ところがここで誤算。
TANTOは人気だとかで、納車までに1ヶ月かかるとのこと(ボクが買った時も数週間かかった)。
インプレッサを売って、即、乗り換えたいヒロキジーニョにとっては出鼻を挫かれた格好だが、そこは代車を出してもらうなどの要求を提示すれば通勤に支障をきたすこともなかろう。
パンフレットを貰って、インプレッサ売却見積もりのツアーに出る。

計3店舗に乗り込んだが、担当者がこれまた一癖ある奴らでして…。  
Posted by foe1975818 at 22:22最近