October 29, 2008

さようなら

ここ数日でグッと冷え込み、周辺では体調を崩す者が後を絶たない。
友人Hは鼻声になり、ヒロキジーニョも体調が優れないとボヤく。
ヒロキジーニョの棲息する川西市北部は、ボクの生息する箕面市と比較して殊更に寒さが厳しい。
そんなに距離が離れているわけではないのに。
でも大阪市内に住む人が箕面市に来たら寒いと言ってるけど。

とどのつまり、皆、気合が足らん。
世間では「アホはなんちゃら」と言うけれど、アホに気合負けしてはアホに笑われる。

北海道旅行2日目で訪れた10/16の旭川では、気温2℃を記録し、競馬場監館内ではそこかしこにガスストーブが轟々と焚かれていた。
雪が落ちてこなかったのが奇跡なくらいだ。
競馬場に入場する前にパッチを着用し、友人Hから用意しておいたほうが賢明だと忠告を受けていたダウンジャケットも装着した。
それでも芯から冷える寒さに、座敷犬の如く震えた。
ボクはレース中とパドックチェック、馬券購入以外はガスストーブ前の番人と化し、微動だにしなかった。

馬券状況は惜敗続きだった。
ボクが軸に据えた馬は尽く3着の定位置に居座り、3連複を購入すれば椅子を4着に挿げ替える。
ボクの絶叫が本命馬の激走を躊躇させたのか?
冷や汗がボクの体の体温を容赦なく奪っていく。
入場時に先着500名に手渡された甘酒と石狩鍋無料券を行使して熱を注入させたが、所詮は気休め。

ボクははたと気付く。
「気合が足らんのだ」と。

旭川競馬場はこの日をもって閉鎖される。
したがって今日、馬券で負け越してしまっては、もう取り返すことはできない。
ガスストーブ前の番人を退職し、スタンドの椅子に腰掛けて北海道人すら凍えていた風を浴びる。

北海道の夜は早く、照明は16時頃には点灯した。
綺麗な円を描く月が旭川競馬場を照らす。
写メのシャッターを切り、友人に送ろうとしたけど、その美しさを伝えきれてないので、直ぐに消去した。

この日の予定は少し狂っていた。
旭川到着に時間を費やし、旭山動物園訪問を諦め、その煽りでラーメン屋「山頭火」発見までにも時間を要し、塩ラーメンではなく、しょうゆラーメンを注文してしまった。

最終レースとして組まれていたのは、2歳限定のG轡─璽妊襯錺ぅ江。
JRAとの交流競走でもあり、旭川競馬場のラストを飾るに相応しい賑やかなレースだ。
JRA所属木幡騎手騎乗のラブリードリームに最後の夢と、この日の負債返済、そしてあわよくばの旅行代金分を賭けての大勝負に打って出た。

旭川競馬最後の日とあって、この日は地元のマスコミが大挙押しかけ、入場者数も4000人を超えたそうだ。
「旭川に住んでるけど、今日、初めて来た。」
という声をあちこちで耳にした。
ボクでさえ、地元の箕面温泉スパーガーデンには行ったことがあるのに。
「寒い。」
という声も同時に届いた。

寒いボクの財布を潤すべく挑んだ最終レースも本命馬が最後の直線早々に2着沈んだことを確認すると、レースの大勢が決する前には、旭川競馬場に持ち逃げされた掛け金を認めたくない一心で、逃げるようにして競馬場を後にしていた。

到着した美馬牛のユースホステルで、発熱した。

小瓶
  

Posted by foe1975818 at 23:59最近 

October 22, 2008

成吉思汗

ボクはROBINSONを探していた…。


伊丹空港で金属探知機が反応した。
これはボクにとっての恒例行事で、金玉が巨大すぎるが故の武勇伝である。
ナニも下を向く必要などない。
持て余し気味ではあるが…。
これぞまさに金の卵か?


さてボクの10月15日の計画は
・15時頃に札幌の某ユースホステルにチェックイン
・「すみれ」のこってりみそラーメンで空腹を満たす
・ユースホステルの自室で19時から日本VSウズベキスタン戦を観戦。
・繁華街すすきの中心部に軒を構えている「だるま支店」でジンギスカンに舌鼓を打ち、日本サッカー勝利の美酒に酔い痴れながら、巨大化した金玉を処理すべくすすきの徘徊。

の予定だったが、出鼻から躓いた。
このユースホステルには0時になると玄関扉が自動的にオートロックがかかって入館できなくなるという問答無用のシステムが採られていた。
これにより、深夜の「だるま」→すすきの金玉処理徘徊プランが暗礁に乗り上げ、計画変更を余儀なくされた。

変更案
ユースホステルに到着するや否や、大急ぎで「すみれ」でラーメンを啜って、19時からの日本VSウズベキスタン戦を観戦後、即、すすきの「だるま支店」でジンギズカンを頬張り、0時までにユースホステルへ帰館。
いくら天下無敵の早漏だとはいえ、さすがにこの短時間での金玉処理は無謀だと悟った。
まさしくお預けである。

ユースホステルからバスで10分程揺られ「すみれ」に到着し、メニューに目を通すことなく「みそラーメン」を注文した。
若いにいちゃん店員が
「大変熱くなっておりますので、お気をつけ下さい」
と忠告しながら品をテーブルに置く。
だが、この手の忠告はたぶんに大袈裟なことがしばしばある。
ボクは「まあまあ」気をつけながらスープを啜った。

めっちゃ熱かった。
舌を軽く火傷。
忠告を真面目に聴いておけばよかった。

ラーメン自体は噂通りの絶品で、且つ、超こってり。
満腹でスープを飲み干せなかった。

日本VSウズベキスタン戦が消化不良で21:30に終了し、大急ぎでユースホステルを後にした。
依然として夕方の「すみれこってり感」が消化不良なので、ハーフタイム中には腕立て、腹筋でエネルギーを消費させた。

…「あそこだけは行っとかなアカン。」
5日前に北海道旅行を終えていたグルメな友人Hから訪問の釘を刺されたジンギスカン料理屋のだるま支店。
この旅行初日における肝いりのイベントでもあるゆえ、ボクはこんなに無理をしているのだ。
このだるま支店を探すための目印が、「ROBINSON」というビルである。
何の商業目的のビルかは知らないし、プロ野球のクライマックスシリーズ並に興味はない。

地下鉄「豊水すすきの駅」着後、なかなかROBINSONを発見できなかったが、競歩選手ばりの早歩き15分ほどでROBINSONに到達し、だるま支店にも辿り着けた。

「だるま支店」に入店したのが22時。
満員により、約15分待たされた。
「こりゃあますます急いで食わねばならぬ。」
麻生おぼっちゃま首相チックな語尾で呟いていた。
店の中は全てカウンター席で、1人で肉を焼いているサラリーマンも多い。
狭い厨房は忙しなく歩き回る5,6人のおばさんで埋め尽くされている。

注文した生ビールが手渡される迄に、おばさんが鉄板を温め、玉葱、ピーマンを焼いてくれる。
肉は自分のタイミングで焼いていけばよい。
これまで我慢に我慢を重ねていたビールを流し込む。
これで日本が圧勝していれば文句のないところだったのだが。

肉を焼いている間に、白飯も注文。
食欲をそそる匂いに我慢できず、レア状態のジンギスカンをだるま秘伝のタレに浸け、白飯と共に口へと運んだが、ここで再び誤算が生じた。

痛い!
舌が痛い!
ああ!ラーメンの時に負った火傷か!

ビールを利用してジンギスカンを何とか胃へと流し込んだ。
これはマズイ。
こんな急いでいる時に火傷て…。

気を取り直して鉄板を埋め尽くすほどに大量に焼かれている玉葱に箸を伸ばした。
だるま秘伝のタレに浸けた玉葱を頂く。

痛い!
さっきより痛い!
染みる!

玉葱特有のヒリヒリ感で、ボクの舌はデロンデロン。
仕舞いには涙が零れ、自慢の巨大金玉は亀が首を竦めるように萎んだ。

気力だけで肉をかき込んで食い尽くしたものの、焦げ上がった玉葱を大量に残して店を出た。
お会計は1575円ポッキリ。

北海道旅行はメインイベントで躓き捲るという、罰ゲームの名に相応しい散々な幕開けとなった。  
Posted by foe1975818 at 00:24最近 

October 14, 2008

結果発表 展望 罰ゲーム

プロ野球の順位が確定した。
シーズン前のボクの予想は→こちら

パ・リーグはバッファローズの躍進とゴールデンイーグルスの定位置はほぼ予想通りだったが、それ以外はどうしようもない。
特にカブレラと和田の抜けた穴が尾を引いてBクラス確定と見ていたライオンズが優勝とは恐れ入った。
逆にホークスの体たらくぶりには失望さえ覚えた。

優勝を果たした阪神にはおめでとうを述べると共に、広島カープにも拍手を送りたい。
西武と同様、新井、黒田のFA移籍の爪痕が致命傷になると読んだボクの読みは浅すぎた。
栗原はあれぐらいは当然、結果を残すと踏んでいたが、拙い守備が打撃にも影響を及ぼしていた東出が漸く開花。
投手陣にも前田や横山など明るい兆しが見え始めた。
新しい球場で伝統の機動力野球を復活させれば、来シーズンも台風の目となる。

ホームラン王とリーディングヒッターを輩出した横浜は、戦前の予想通り投手陣が崩壊。
酷すぎる。
相当なテコ入れを要する。

因みに巨人順位は順位予想の段階で除外しているので、無視する。

さて、早くも来年に向けて注目の選手を挙げておこう。
まずはマリーンズの小林宏之。
一体どうなってしまったんだ?
この成績には目を疑ってしまう。
原因は、最早、癖になりつつある足の痙攣が尾を引いているのである。
陸上棒高跳びの澤野大地にも言えることだが、あれは精神的なものが起因している。
そこでボクの案。
リリーフ転向を提案する。
環境を変化させることによって、脚への不安を散らすことはできないだろうか?

打者ではスワローズの畠山が和製大砲としての階段を着実に上っている。
来年は爆発すると見た。


では、順位予想を外し捲くった自分に罰を与える。

15日から2泊3日の北海道旅行の刑じゃ。  
Posted by foe1975818 at 23:23野球