June 24, 2005

飛車角落ち同士

 以前ヘアーを茶色にしていた頃、専ら薬師寺に似てると言われた。国分寺のキャバクラの客引きの兄ちゃん2人にも言われた(H田氏確認済み)。ベリーショートの現在は大黒様に似ているとの声がチラホラ耳に入ってきた。だからといって大黒に肩入れするわけでもなく、冷静さと情熱をもってサッカー日本代表を見守りたい。
 大黒は敵チームにとって危険な選手になってきた。まず、基本的な部分で玉田と違いシュートが枠に行ってる。枠に行かなきゃキーパーの弾いたところをシュート〜ってなこともできない。また、ボールを持ってないときの動きもイヤらしい。あとは先発で出場した時に90分維持できるかだ。
 で、しつこく言う。大久保を呼べ、ジーコ!大黒を一回りパワーアップしたのが大久保なのだ。絶対大黒よりもいいパフォーマンスが出来る。ただ、黄紙を頂戴することが多い。大久保よ、そんな負のパフォーマンスはいらない。スペインで頑張って、ジーコに呼んでもらえ。
 アレサンドロがおかしい。どーも精彩を欠いてる。相変わらず、しょーもない黄紙を頂いてるし、ロナウジーニョの得点のときも、おもくそ前に入られてる。もともとアレサンドロは守備に問題ありでサイドバックには向いていないのだ。逆に言うと適材者がおらんのだ。右に加地が入ってることもそれを表している。いきのいい若手の発掘を急ぐべきだ。いないなら3バックにすべきだ。
 中田の言うとおり1対1で頑張ることもそうだが、同時にトラップ技術を磨いてほしい。シュートが少ないとか、枠に行ってないってというのは体勢が悪いからだ。では、いい体勢で打つにはいい場所にボールを持っていく、落とす。ということは、よいトラップが必要ということになる。
 強豪国がランク下のチームと戦う時によく見られるのが、試合開始早々ガンガンプレッシャーをかけてきて1点取ってペースダウン。点取られたらまたガンガンプレッシャーをかけて点を取るというパターンだ。今回のブラジルしかりメキシコしかり、また欧州遠征で対戦したイングランドなんかはその顕著な例だ。日本には最初の20分何とか凌いで、相手のバテた後半勝負と言う形に持ち込めば強豪国に対しても勝機が出てくると思う。
 断っておくが、オレは中学生の昼休み程度のサッカー技術しか持ち合わせていない。しかし、サッカー日本代表には中学生の性に対する情熱以上の情熱を持ち合わせている。  

Posted by foe1975818 at 14:48│Comments(0)TrackBack(2) サッカー 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/foe1975818/26216186
この記事へのトラックバック
日本対ブラジル   2−2                かなりイイ試合でした。   本気のブラジルとここまでイイ試合するとわ・・・。   玉田はスベリすぎでしたね。芝に合うスパイク履けよ〜。   また、大黒決めましたね〜★   鈴木入れたのは謎ですね
日本対ブラジル【ネットショッピングのK】at June 24, 2005 16:41
日本vsブラジル 6/22 20:45(現地時間) KICK OFF ケルン・ミュンガースドルファースタジアム まずは両チームのスタメンから ★両チームスターティングラインナップ ★試合詳細 日本はギリシャ戦と同じ4−4−2、ブラジ
日本vsブラジル 試合詳細など【sattiのサッカー・スポーツ総合コラム】at June 24, 2005 18:50