July 01, 2005

タマちゃんを見守る会

 普段CMはチラ見程度のロビンソンだが、10年程前、とある目薬のCMに目がいった。一瞬だったが、間違いなくタイプだ。しかし、名前もわからずショボボボ〜ンとしていた。

 ロビンソンが高校生、大学生のころ「ギルガメッシュナイト」っつうお色気番組がTV東京系で土曜深夜やってた。しょっちゅうは見れんかったが、股間が口寂しいとき見ていた。
 あるとき友人Y田が「MCの娘がかわいい」と言うので、別に股間は口寂しくなかったが見てあげた。
 「あ〜、あん時の、あのCMの娘じゃねーか。」
 速攻、惚れた。
 MCということで彼女自身はエロスなことはやっていなかった。
「あ〜、もっとちゃんとチェックしとくべきやった。これからは毎週見てやるぜ。」
と鼻息荒くしていたのもつかの間、彼女が番組終了間際、
 「今日でこの番組を卒業します〜。」

 そんなこんなを色々な友人らに話してみると、知ってた奴は多かった。彼女はミニスカポリスにも出ていたとか、戦隊もののモモレンジャー的な役で出てたとか。そんな中、1つ上の同級生ヒロキジーニョが変なことを口にした。
 「あいつのヌードが雑誌に載ってたで。」
 その雑誌を持ってるというのでダッシュで持参させた。某Bという芸能人の昔の記事・写真をを載せまくりの雑誌に彼女のヌードが掲載されていた。数年前にシノヤマキシン撮影でFという雑誌で披露していたのだ。
 にわかに信じがたかった。番組での明るいキャラクターと、どう考えても繋がらん。やっぱりショックだった。

 しかし好きになってしまったものはしょうがない。それからロビンソンは彼女に熱視線を送ることになる。出演番組は増えてガン見していたが、東京ローカルが多くて見れん。必死なロビンソンは東京に棲息する友人Y野に頼み、録画させ、送らせるという暴挙にまで発展した。
 そうこうするうちに友人Y田と共にロビンソンは周囲の友人らが就職活動してるのを尻目に、ついに彼女の握手会に出向くまでに至った。
 今思うとこのときがピークだった。彼女と握手し終えると原因不明の達成感がこみ上げ、冷めていった。だが、急にではない、ジワ〜っと冷めていったのである。チャッカマンではなくホットプレート。SEX終わりで言うと男ではなく女。
 
 2年連続で「女が嫌う女性有名人1位」に選ばれた彼女。例え、3年4年10年と続き、日本中、否、世界中が彼女を嫌ってもロビンソンは彼女が生きてる限り見守るだろう。未だ冷めていってる途中だから。
  

Posted by foe1975818 at 11:23│Comments(7)TrackBack(0) TV 

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
あなたのそれに対する傾倒ぶりにはいい加減ウンザリです。死ねば良いんだ…
Posted by ワタロック at July 01, 2005 15:43
 ちょっと待ってよ、わたR。なかなかいないぜ、こんな一途なおバカは。よっちゃんを見守ってください。冷めた目でもよいので。
  
 それはさておき、ヒロキジーニョのインプレッサで広島弾丸ツアーしちゃおうぜ。土日を絡ませて休みはとれるかい?メール頂戴。
Posted by よしゆきロビンソン at July 01, 2005 16:50
間違うな、俺はワタロック。決してわたRではない
しかしながら、広島弾丸ツアーハゲしく興味津々
近く連絡す、しばし待たれよ
Posted by ワタロック at July 01, 2005 18:17
ワタシは珠緒ちゃん好きだよ
かわいいじゃん
ワタシもいつもかわいくいたいなぁ
ショボボ〜ン
Posted by himeko at July 01, 2005 18:32
 懐深いね、himeko姫は。ロビンソンはアソコのみ毛深いです。不快です。
Posted by よしゆきロビンソン at July 01, 2005 20:37
himekoはやや浅めですかね(〃 ̄ー ̄〃)
だからあんまし奥まではやめて欲しいですよね
Posted by himeko at July 03, 2005 02:20
マタマタ、ご謙遜を。
Posted by よしゆきロビンソン at July 03, 2005 14:39