February 22, 2006

2,3回目のプロポーズ5

手元を見るんじゃなくて、遙か彼方にある的を、瞬き一つせず見つめる美しい瞳。
そして、祈るような気持ちでストーンの通り道の氷をゴシゴシする健気さ。
さらには、石を放り出した後に上げる、どっかの民族のような謎のうめき声。

はじめまして、林さん。
ボクと結婚してくれ。
そして、汚れ切ったボクの心をゴシゴシしてくれ。
贅沢は言わない。
2日間ぐらいでいいから。

はじめまして、本橋さん
ボクと結婚してくれ。
そして、汚れ切ったボクの心をゴシゴシしてくれ。
贅沢は言わない。
3日間ぐらいでいいから。

2人いっといたら、どっちか引っかかるやろ(最低やな)。

白状する。
ボクがカーリングに釘付けになったのは、不純な動機である。
でも今や、スポーツとしての「カーリング」に夢中だ(4年前も同じこと言ってたっけ)。
残念ながらチーム日本の準決勝進出をならなかったが、イーターリャ戦は手に汗握る攻防で、一昨日の20:00頃の勝利の瞬間は、ボクもグッときた。
できれば一緒に抱き合って喜びを分かち合いたかった(不純な意味ではない…ことにしてね)。

とにかく奥が深い。
先攻後攻による有利不利もさることながら、リンクの状態が刻一刻と変化し、それに伴う石の曲がり具合の変化を即座に察知し、石を投じなければならない。
このあたりはボーリングにも相通じるものがあるのではないだろうか。
「何でそんなとこに石置くねん。」みたいな敢えて変てこりんな位置に置いた石が、文字通り布石として後で効いてきたりするあたりは、将棋や囲碁の要素も含まれているのではないか?

ボクはカーリングがしたいです。
決して不純な動機ではない。
真剣に申し上げている(もちろんプロポーズもだ)。
若干鼻の下が伸び気味ではあるが、こんなマジメ顔はここ数年していないぞ。
なぜそんなマヌケ顔…じゃなくてマジメ顔かといえば、ボクはボーリングと将棋が得意だからである。
さらに言うなら、過去によく不本意ながら便所掃除をやらされていたので、ゴシゴシも得意だ。
まだある。
ボクが30歳になった今でも、所構わず意味不明の雄叫びを上げたりするところなんかも、石を放り投げた後の声出しにピッタシですやん。
ほら、もしかしてボクはカーリングをするために産声を上げたんじゃないか?
いや、もしかしてボクがこの世に生を受けたから、カーリングというスポーツが生まれたのではないか?


でもなあ…。
寒いも苦手やしなあ。
スベるの怖いしなあ。
肝心の「意志」も弱いしなあ。

やっぱボクには無理か…。


ボクの場合、石を弄う前に、まずは自分の腎臓にある「石」を放り出さないとな。

Posted by foe1975818 at 14:56│Comments(16)TrackBack(0) TV 

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
こにちゅゎ〜〜〜(●´ー`●)ノ
そして、ただぃまぁ〜♪♪♪(笑w)
(≧m≦)ぷぷぷぷwwww
もしかしてよっすぃ〜様ゎホントに真剣なのかもだけど
笑っちったょ、ごみんwww
カーリングゎとっても難しぃ競技だと聞きました☆彡
んでもどこで練習してるんだろ・・・・。
TV以外で一度も目にしたことなぃ みぅです(笑w)
つか、
最後のオチ・・・・まさか、あれが言ぃたかっただけなんじゃぁ・・・(;¬∀¬)
(爆w)
Posted by みぅ☆ at February 22, 2006 16:55
私も今回はカーリング釘付けになりました。
というかほとんど観ちゃってます、オリンピック。
それに、途中途中爆笑したからダーリンにも教えといた(笑)
きっとROMしにくることでしょう。
掃除のゴシゴシもよかったけど、最後のオチも……!
でもこれは、本当にほうり投げないとね!
Posted by himeko at February 22, 2006 17:13
カーリング、するより見てるほうが面白くないですか?
自分でやったらヤキモキしそう…
そして無意味に本気で滑ってしまいそう。
石を「あゴメン」って蹴飛ばしてしまいそう。
ゴシゴシしてるフリして思いっきり押して操作してしまいそう。
(ミスキャストですね)
Posted by 夕@rk. at February 22, 2006 21:43
みぅさん
おかえりなさい。
いきなり笑っていただいてありがたき幸せです。
半分冗談で、半分本気です。
カーリング場?自体なかなかないですし、見受けられないのは仕方ないでしょうね。
オチは無理矢理です。
明日に繋げたかっただけです。



himekoさん
カーリングとスノーボードクロスが面白かったです。
美的センスがないオレにとってフィギュアとかモーグルはよくわからないです。
上村愛子は応援してましたけどね。
石は、明日動きがあるかもしれません。
ダーリンさんにもよろしくお伝えください。
Posted by よしゆきロビンソン at February 22, 2006 22:21
夕@rk.さん
見てて面白いと思ったらやりたくなる習性でしてね。
ほいで、やってみて難しさを痛感して挫折。
これがオレの人生のパターンです。
それにしても、石は上手いこと避けよりますね。
Posted by よしゆきロビンソン at February 22, 2006 22:25
確かに、今回のオリンピックで、かなり面白さが分かりました。
やってみたい!とまではいきませんでしたが、なかなか面白い試合を、夜中熱中しておりました。
一度でいいから、間近で見てみたいです。
Posted by チカ at February 22, 2006 22:28
チカさん
そうですね。
現場を見たいですね。
BSではライヴでやってましたが、地上波では録画だったんで、それが残念ですね。
次は放映権を民放が争奪すると思いますね。
Posted by よしゆきロビンソン at February 22, 2006 22:33
私はカーリングの難しいルールは分からないですけど、もちろん氷の上で
石を滑らせていって、より真ん中に残す(=相手をはじき出す)競技と
思っているんです。当たり前ですよね、冬の競技なんだから氷の上なのは。

でも我が母は「あれってどこでやってるの」と聞くので「トリノ」と答えたら
「そうじゃなくて、どこの上でやったらあんなに滑るの?」と聞いてくるんです。
要するに「氷の上」でやっていることを知らなかったらしい・・・。
Posted by あさゐ at February 22, 2006 22:54
あさゐさん
1番近い石が重要で、次に2番目がどうなってるか、もしその両方が同一国の石なら3番目、それでまた4番目となる…と思います。
もちろん円に入ってる石が前提です。

お母様面白い。
寒そうにしてる選手もいれば、半袖でやる気満々の選手もいますから、季節感は感じないかもしれない。
にしても氷と気づかない人は初めて聞きました。
Posted by よしゆきロビンソン at February 22, 2006 23:10
鳥のオリンピック、
一回も見ていないフトドキ者です。
あっ、ジャンプは見ました。
あんなん考えた人間は、すごいね!
ある意味感動した。

石・・・
がんばってくださいよ。。。
Posted by すい at February 22, 2006 23:33
うわ、2.3回目って結構適当(笑

カーリングといえば長野五輪だったけな?
敦賀選手の最後の泣き方がせつなかったけど、
かっこよかったっす!!

ちなみにメダル獲れたんですか?
あまり興味ないから…見てないっす。
Posted by chamunili at February 23, 2006 00:28
カーリング!
うちも熱くなって見てましたよ!TVにむかって1人で「ヨッシャー!」とかww
TVにあわせて体も右、左にゆらしながらww
Posted by nanachan1130 at February 23, 2006 19:50
カーリングの選手たちはかわいこちゃん揃いですよね。
主将の女の子がほんとにかわいい!
私はそんな不純な動機で見てましたw
Posted by Kタソ at February 23, 2006 20:44
 じ、実は、俺も将棋好きです。
 ネットの、将棋倶楽部24ってので、最高3段まで行きました。

 今度、さしませんか?
Posted by ある契約社員 at February 23, 2006 21:29
すいさん
ジャンプはもともと死刑執行で行われていた聞いたけど、ホンマなんかな?



チャムさん
敦賀選手はオレも覚えてます。
いかにも髪質が硬そうな選手だった。
メダルは獲れてないはずです。
オレもそんなにかぶり付きでは見てないです。
何かおもろいことないかなあ?程度です。



nanachanさん
静かにクールに熱くなりましたね。
ゴシゴシのときは妙に体に力が入りました。
Posted by よしゆきロビンソン at February 23, 2006 22:02
Kタソさん
スキップの小野寺さんですね。
彼女が1番人気があるんでしょうが、オレはちょいと捻りを加えてみました。



ある契約社員さん
さ、さ、三段!
オレはそこまではいきませんよ。
如何せん小学生チャンピオン(しかも自分の通ってた小学校)になって以来、やってませんから。
一度、その倶楽部をやってみます。
オレの親父は強いんですけどね。
飛車角落ちでも勝てない。
Posted by よしゆきロビンソン at February 23, 2006 22:11