February 25, 2006

ヘヴンリーロマンス5

松永幹夫というジョッキーが、明日2/26で鞭を置き、調教師に転向する。
山本調教師が師匠にあたる彼は、成績も優秀、爽やかすぎる顔立ち、さらに人格者として知られる(どれか一個ちょうだい)。
ボクは以前、競馬方面で働く方の話を聞く機会があったが、その誰もが競馬サークル内で彼を悪く言う人物はいないと口にする(馬券オヤジたちは除く)。
ジョッキーとしての彼は牝馬との相性が大変良く、彼が制したG気倭瓦凸毒呂任△。
昨秋の天皇賞を大穴で勝利した彼が、天覧していた天皇陛下の前に佇み、ヘルメットを取り、馬上でお辞儀したシーンは記憶に新しい。
レース後のインタビューでそのシーンについて聞かれたとき、いの一番に「馬がじっと行儀良くしてくれたのが偉い。」と発言した。
結局、G祇覇はこれが最後となったわけだが、最後の最後に師匠の管理する馬でG気鮴覇したことにドラマを感じる。

今日、ボクは気がつけば阪神競馬場に仁王立ちしていた。
勘違いしないでいただきたいのは、彼、松永幹夫を応援するために、わざわざ仕事明けで仁王立ちしにきたのではないということだ。
大きな声では言えないが、そんな彼の馬券を片っ端から買わずに、ガッポリ儲けてやろうじゃないかとの魂胆である。
別に彼に恨みなどこれっぽっちもない。
むしろ逆で、昨夏の札幌記念を始め、数々の的中馬券を提供していただいだけでなく、ボクが彼の馬を買わなければ、見事にその通り飛んでくれるなど、非常に相性がよい。
しかし、今日だけは状況が著しく違う。

「ありがとう、幹夫。今までお世話になったな。今日はお前と心中や!」
「いやん、幹夫さん。辞めないで!」
「今日は幹夫に勝たすんちゃうか?」

などの感情や憶測が飛び交い、彼の乗る馬が実力以上に人気する。
そう、「おいしくない」のだ。
そんな都合よく有終の美を飾れるわけがないことを、ボクは過去の経験から身がビチョビチョに染みすぎるほど分かっている。
あのハルウララブームのときもそうでしょ?
儲かったのは「胴元だけ」である。
勝負師ならば過剰人気馬を蹴飛ばすのが「筋」ってもんだ。
ましてや幹夫は、もう辞めるのだ。
逃すわけにはいかない。

ボクが愛読競馬新聞「1馬」を購入し、まず取りかかったのは松永幹夫騎乗の馬の欄を赤ペンで真っ赤に塗りつぶしたことである。
いないことにしたのだ。

第1レース。
いきなり彼の馬が人気している。
確かに馬は一本筋の通った血統馬で、実力を疑う余地もない。
でも、買わない。
いつの間にか穴党へと転身を遂げているボクは、普段なら血迷っても有り得ない武豊からの馬連で幹夫以外への総流しを決行。
幹夫が飛びさえすれば、そこそこの配当に有りつける。
ウキウキするのだ。

ゲートが開いた。
相変わらずスタートの上手い武豊は先頭に立つ。
連闘で10kg以上体重が絞れていた馬は、気持ち良さそうに駆ける。
ウキウキがドキドキに変わる。
さあ、最後の直線。
武はリードを広げる。

ああ、無情。
きっちり幹夫が半馬身だけ差し切って1着。
武豊2着。

次は第3レース。
幹夫は飛んだのに、馬券を外した。

第6レース。
ここも幹夫切りは正解だったのに、馬券獲れず。

第8レース。
幹夫1着。
ボク沈む。


初めてかもしんない。
競馬場で4万も負けたの。
仁王立ちしてたはずなのに、へたり込んでやんの。

いつか松永幹夫「調教師」の馬で取り返してやるからな。
覚えてろよ。


とにもかくにも、ミッキー、お疲れさんでした。
明日は怪我なく無事にレースを終えてくださいよ。

明日はあなたの馬を買うんだから。

Posted by foe1975818 at 22:32│Comments(7)TrackBack(0) 競馬 

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
こんにちは、http://jump.sagasu.in/goto/bloog-ranking/に記事が取り上げられていたので、見にきました。オイラもブログに挑戦したいんだけど、ムズカシそうで、いろんなブログを見て研究中です!
Posted by ふうすけ at February 25, 2006 22:51
ミッキーにはファビラスラフインで大儲けさせてもらいました。
もう少し乗って欲しかったけど、お疲れ様でした。
Posted by クロフネ at February 26, 2006 00:19
競馬で4万円!


凄い…私が隣にいたら、たこ焼きで我慢しますから
奢って下さいね。隣で小さくしてますから…
Posted by チカ at February 26, 2006 01:58
ありゃりゃ。ミッキーも引退ですかあ。
そりゃ残念。

キョウエイマーチが忘れられねっすね。

Posted by ある契約社員 at February 26, 2006 03:06
クロフネさん
ファビラスラフィンはオレも忘れません。
あの秋華賞は絞れず単勝をGETしました。
JCは外しましたけど。



チカさん
最高記録を叩き出してしまいました。
全治2ヶ月です。
たこ焼きぐらいならいつでも奢りますが、昨日なら奢ってあげられなかったですね。



ある契約社員さん
ハナに行くしかないキョウエイマーチ、大好きでしたよ。
オークスではちゃんと飛んでくれましたし。
それでもオークスは外しましたけど。
Posted by よしゆきロビンソン at February 26, 2006 08:58
それ知ってるなー。
スターホースの騎手の中にいたような…。

競馬今までやったことないけど一度は賭けてみましょうか。
フサイチジャンクに1000円くらい。

お金の賭け具合とかも全く不明。
大丈夫かな…。
Posted by chamunili at February 26, 2006 13:29
チャムさん
馬券売り場は¥500とか、¥1,000単位でしかハレないとこもありますが、競馬場なら¥100単位でハレますから、ゲーセン感覚でいけますよ。
馬券の種類も山ほどあります。
その辺の寂しそうなおっさん捕まえたら、買い方とか教えてくれますよ。
ジャンクに¥1,000はお勧めしないですね。
ジャンクと何かを組み合わせるとかなら、まだいいですけど。
Posted by よしゆきロビンソン at February 26, 2006 13:52