March 04, 2006

飛散1

空気が汚れていると鼻毛の生育が早いと、巷ではよく言われる。
ボクは東京の府中市に3年半程棲息していたとき、その3年半は明らかに鼻毛が生き生きとしていた。
今、棲息している大阪の箕面市と府中市は環境がよく似かよっているのに、である。
相変わらずの鼻元思案で申し訳ないが、ボクの2箇所での鼻毛の生育具合を鑑みると、東京と大阪では空気の淀み方が違うと言えよう(こと、互いの中心部を比較するなら、大阪の方が決定的に汚い。最低な街だ。自信がある。)。

当時、飛ぶ鳥を落とす勢いだったカリスマ美容師も唸るであろうハサミ使いで、ボクは鼻毛のカッティングを月1で行っていた。
でも、府中に来て、月1が月2になり月3になったように、鼻毛の生き生きとした生育具合に一種の殺意を覚えたボクは、鼻毛の完全撤廃を目指し、カッティングではなく鼻毛を引き千切る荒行にでた。
千切っては投げ、千切っては投げを繰り返した。
ときには涙も流した。
挙げ句、イチロー風に言うならば、向こう30年は鼻毛を千切らなくてもよいぐらいに、ボクの鼻のアナルはツルツルになった。
あわよくば、ボクの鼻の中でカーリング大会を催せるほどである。

この荒行を断行した時期は3月頭。
だいたい今頃である。

悲劇は起こるべくして起こる。
ボクの鼻のアナルに遮る物はなくなったのだから、当然、異物が入り込む余地が増大。
それは花粉もしかりである。

花粉症になる要因として、人が持つ花粉タンクに花粉が溜まりきって溢れ出すと花粉症デビューに相成るとのことだが、ボクの場合、花粉タンクへの花粉の溜まる、特に最後のスピードは人間界では前例を見ない、常軌を逸していたものと推測する。

荒行断行の翌日より、鼻水が止めどなく垂れ出した。
期せずして、おしべもめしべもウェルカム状態に仕上がってしまったボクの鼻のアナル。
鼻のアナルでおしべとめしべが愛を育んで、杉の木がドーンと生えてくるんじゃないかと戦々恐々としたものだ。
鼻をかんでも鼻をかんでも鼻水は垂れてくる。
一生分の鼻水が出たんじゃないか?
それに付随する形で、ティッシュの徒ならぬ消費速度。
独り暮らしの貧乏人フリーターで、ましてや、ただでさえティッシュの年間消費量が日本でも上位に食い込むであろうボクにとって、この事態は死活問題である。
そんなに苦しいのなら耳鼻科に通えばよいじゃないと思われるが、こんなツルツルの鼻のアナルを医者に診てもらう(見てもらうか?)なんて、恥ずかしすぎるのである。
こんな悲惨な目に遭うならば、鼻をもぎ取った方がマシだと思ったものだ。

2週間にわたる悲劇は酸鼻を極めた。

翌年、耳鼻科に行った。
花粉症だった。
鼻毛を千切りすぎての花粉症発症の鼻祖はボクではなかろうか?

みなさん。
鼻毛は千切りすぎるとエライ目に遭いますのでご注意を。
ボクは鼻毛をカッティングはしても、向こう30年鼻毛を「千切らない」ことを誓った。
だから、ボクの鼻のアナルからは越前クラゲのように鼻毛がそよいでるときもあるかもしれないけど、気にしないでね。

Posted by foe1975818 at 17:13│Comments(14)TrackBack(0) 過去ロビ 

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
杉の木に囲まれて、生活している私ですが、まだ花粉症になってません。
天気の良い日、花粉が大量に飛んでいる瞬間を見てます。
怖いけど、まだ何も起こらない自分の鼻に感謝です。
Posted by チカ at March 04, 2006 17:44
http://jump.sagasu.in/goto/bloog-ranking/←のサイトに記事が載っていたので、見にきちゃいましニャ(・ω・)ノ
Posted by ぬこりん at March 04, 2006 18:07
花粉症・・・ご愁傷様です・・・・
あたしは、実家に帰って来てから、すっかり花粉症は治りました。
それでも、鼻毛が原因なら・・・あたしも再発しないように気をつけないと
Posted by nanachan1130 at March 04, 2006 22:24
タバコ吸ってると鼻毛が伸びるのが早いといいますね。
しかし全部抜くってかなり痛そう><
でもかなり鼻通りはよさそうですねwww
高校生のときのバイト先の人も鼻毛抜いてるって言ってたけど、彼女花粉症とか大丈夫だったのかなww
Posted by Kタソ at March 05, 2006 00:19
鼻毛ってそんなにすくすくと成長するものなのですね。
いらった事ないので良く解りません。
鼻が小さいので必然的に鼻の穴も小さい夕は異物が混入しにくいのかな…
(春先に風邪を引くなーと思っていたけどもしかして花粉症かしら…)
Posted by 夕@rk. at March 05, 2006 00:50
鼻毛、すっごいのぶます。間違い、伸びます。
やけに速いんですよね。気がつくとボーボボですわ。
バッサバサ切るのはまずいんですね、いつもスッキリするまで切ってました。
Posted by さわっしゅ at March 05, 2006 03:04
ロビンソンちゃ (。・ω・)ノ゙ コンチャ♪
私は自分にソレが生えてることすら忘れてるほどですので、
切ったことも、抜いたことも、もちろん引き千切ったこともありません。
でもでも 飛び出てるってことはございません!
(と慌てて鏡を見る私w うん。大丈夫♪)
花粉症ケア乙ぅ。お大事に♪

PS:ロビンちゃの画像アップ待ってるんだけどな〜〜〜( ̄∀ ̄*)イヒッ
Posted by のん at March 05, 2006 18:28
チカさん
わからないもんですね。
ならない人と、なる人の差は何なんでしょう?
タンクの容量なんですかね。
あと、ニュースで花粉が飛んでる映像が流れますが、あれは全く無駄です。
見なくても飛んでるのは分かりますし、あれを見ただけで鼻がムズムズします。



nanachanさん
急に治るってのは聞いたことありましたが、環境によれば治るもんなんですね。
鼻毛はほどほどの手入れで。



Kタソさん
へ〜、タバコにはそんな影響があるんですか。
煙を外に出すまいと、鼻毛は必死なのかな?
鼻の通りはよいですよ。
鼻毛を抜いたたけでは花粉症にはならないと思いますよ。
そのバイト先の人のタンクの容量次第ですが、ものすごい勢いで溜まってるはずです。
Posted by よしゆきロビンソン at March 05, 2006 21:39
夕@rk.さん
鼻毛は常にチェックしておいて損はないですよ。
最近思ったんですが、今も伸びるスピードは結構早いんですよ。
それは千切ったからスピードが早く、そして太くなっていってるのではないかと。
病は気からです。
どんなに鼻水が垂れても、花粉症じゃないと思えば治りますかね?



さわっしゅさん
切る分には全然構わないと思うよ。
タンクの大きさは人それぞれだと思うけど、確実に溜まっていくから、一気に切るんじゃなくて、小まめにチョットずつカットするのがいいんじゃないかというのが結論です。



のんさん
元から薄いなんて羨ましいとも思いましたが、ある程度は生えて、余計な物を跳ね除けてくれないと困りますね。
今年は、まだ耳鼻科にいってないんで、ヤバイです。

画像UPは引っ張りますよ。
Posted by よしゆきロビンソン at March 05, 2006 21:51
やべ、また出遅れた。

最近鼻毛気になります。
鏡見たらちょぴっとだけ伸びてるやつとか…。
あと飲み会の後とかすげぇ詰まりますね。
タバコの煙なんでしょうけども…。

今は花粉症でしんどいです…。
Posted by chamunili at March 05, 2006 23:26
たしかに、タバコ吸う人は鼻毛伸びるの早いって聞きますよ。
でも、LENAチュンも愛煙家ですが、全身において毛の成長期はないらしい。
カオは濃いけど、毛と肌の色素に関しては、見事にうっすい薄い。笑
でも、鼻毛ではないけど、鼻下のミゾ(モンキーライン?)は深いので、サル顔と言われます。笑

7歳児の女のコの生徒が指毛&手の甲の毛が濃い子がいて、初めて見たときはビックリしました。笑
Posted by LENA at March 06, 2006 00:30
チャムさん
気になりだすと止まらなくなりますね。
飲み会の後に詰まるんですか。
オレはその現象はないですよ。
もしかしたら鼻毛がボウボウだからかもしれません。

オレもそろそろこそばくなってきました。



LENAさん
毛の濃い薄いは遺伝もあるでしょうしね。
鼻の下のミゾをモンキーラインって言うんですか?
面白いんで、それ頂きます。
オレは全て薄いですよ。
モンキーラインはないに等しい。

7歳の女の子で、しかも手の毛が濃いなんて、本人はどう思ってるんでしょうね。
やっぱり嫌なんかな?
Posted by よしゆきロビンソン at March 06, 2006 18:12
私が住んでいる所は工場地帯なので
生息が早いのかな?
でも人体って不思議だよね。
守らないといけない所には毛が
生えてくるんだから。
でも中には「そこに生えなくてもいいんじゃない?」
という毛もある。
Posted by ミホマダム at March 06, 2006 20:02
ミホマダムさん
おそらく早いんじゃないですか。
毛は神秘ですね。
左の肩から細くて白い毛が生えてます。
抜きまくってやります。
生えてきても抜かれるんだから、エエ加減気づいてほしいですよ。

Posted by よしゆきロビンソン at March 07, 2006 01:21