March 13, 2006

2つの疑惑1

「アムロ 時が見える…」
仕事のある日の起床時間の6:20になると、機動戦士ガンダムのララァの声が携帯からめっちゃデカい音で流れてくる。
今日もその例に漏れずムックリ起床し、1FリビングのTVをポチっとつけたら、野球のW杯、日本VS米国戦が放映されていた。
1回裏、日本はノーアウト1,2塁の大ピンチ。
日本の投手上原は、この大ピンチでケン・グリフィーJr.を最高の球で三振。
続くA・ロッド。
彼へ投じた上原の1,2球目のインハイのストーレートが、これまた秀逸。
この時点で勝負あった。
3球目に、猿でも分かる外角のフォークを投じ、引っ掛けさせサードゴロ。
5→4→3と渡りゲッツー。チェンジ。

ピンチの後にチャンスあり。
その次の攻撃で川崎のレフト前タイムリーで2点追加。

ここで出勤した。
昨日に引き続き、クロフネさんが、以前、紹介していた、浅草キッドの著書「お笑い 男の星座」を漸く古本屋でゲットしたので、通勤電車の中で熟読した。
でも、これは失敗である。
面白すぎて笑ってしまう。
こんなことでは、先日ご紹介したエアギタリストと変わらんぞ。
まだ、第一章しか読んでないが、故宮路社長の話はヤバかった。
笑いを堪えるの必死。
引っくり返りそうになった。
「じゃあ、読むの止めればいいじゃん。」
それができないんだわ。
絶対に独りで笑ってはいけない状況で、面白い本を読み、笑いを堪える。
このギリギリの攻防に、ボクは異常なまでに興奮するのだ。

超ご機嫌で会社に到着しTVをつけると、野球のW杯が終盤に差し掛かっていた。
8回表で3-3の同点。
日本が1アウト満塁の大チャンス。
バッターの岩村がレフトへ浅いフライを打ち上げた。
ヨシ!
3塁ランナー西岡の足ならいけるぞ。
レフトがキャッチした。
西岡がスタート。
レフトからの送球が逸れ、西岡は悠々ホームイン。
仮にレフトがまともに返球していてもセーフだったろう。
勝ち越しだー!!
こんなに熱くなっている自分に驚いた。
やっぱ国を背負った競技を見ると、熱くなってしまうのだな、ボクは。

なのに、なのに…。
西岡のホームインがあっさり取り消された。
レフトが捕球する前にスタートしたからだと?
何を言う!
一旦、塁審がセーフのジャッジをしたではないか。
それを米国の監督の抗議で覆るなんてことがあってよいのか?
ボクは、先程とは違う意味で熱くなってしまっている。

完全に頭おかしい。
ビデオで見ても、ジャッジがグラつくようなレベルのスタートではない。
疑惑の「?」さえもつかない西岡のスタートは、この上ない素晴らしいものである。
その素晴らしいスタートを切るための日々の練習が無駄なったのだ。
馬鹿馬鹿しい。
もちろん、これを「ホームの利」なんかでは片付けてはいけない。
サッカーと野球は違うのである。

判定が覆るだけでもおかしな話やのに、焦点の西岡のスタートは何ら問題ない。
もう、疑惑だらけ。
疑惑は、ダチョウ倶楽部の肥後ちゃんの前髪だけでお腹一杯である。

したがって、本来なら4-3の展開で試合が進行しているので、その後の日本のサヨナラ負けは仮のものである。

審判よ。
日本語と英語で手をついて謝りなさい。
それで勘弁してあげるから。
それがどうしても出来ないなら再試合を行いなさい。

まあ、両方無理だろうけど…。

あと2つ勝とう!!
そして、準決勝で日本より弱い米国に「もう一度」勝とう!!
そして、通勤途中の車内で「お笑い 男の星座」を読んで、笑いを堪えて、興奮しよう!!

Posted by foe1975818 at 14:25│Comments(16)TrackBack(0) 野球 

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
詳しいルールが分からないので、何事か?理解できませんが、
どうも納得いかない結果だったんですね?
不利な判断が下るとは、よくあるお話ですが、まったく…残念ですね。
Posted by チカ at March 13, 2006 17:25
「お笑い男の星座2」もかなり面白いですよ。こっちも電車内で読むと間違いなく興奮できます。
ジャッジが覆るのもムカつきましたが、アメリカの監督のガッツポーズがより一層ムカつきます。
今、スカパーで野球が録画中継されてます。まだ3−1で勝ってますよ。何も知らずに。
あ、ホームラン打たれた・・・。
Posted by クロフネ at March 13, 2006 19:50
チカさん
今晩のスポーツニュースで嫌っちゅうほど放送されてると思います。
ルールを簡単に言えば、米国の選手がボールをキャッチしたのと、西岡がベースを離れるのと、どっちが早いかが焦点です。
結果、西岡は米国の選手がキャッチしてからスタートを切ったので、正当。
審判が判定を覆したのは言語道断です。



クロフネさん
1を探すのに手間取ってしまいました。
早速スカパーですか!
オレも加入するのは時間の問題です。
監督のガッツポーズの意味がようわかりませんよ。
Posted by よしゆきロビンソン at March 13, 2006 20:51
…(付け入る隙がない)
テンションも話題もですが…
なんか全くわかんない会話で皆が盛り上がってる時って、
「風邪で休み明けに登校して自分が留守の間に超楽しい事があった時の皆の楽しそうな顔とついていけない自分の寂しそうな顔」くらいのさみしさがありますな…
Posted by 夕@rk. at March 13, 2006 22:37
夕@rk.さん
あら、そうですか?
野球とか、サッカーとか、もちろん競馬で熱くなるオレです。

なんか全くわかんない会話で皆が盛り上がってる時って、
「コンパでWCで用を足してる間に、他の5人が勝手に席替えしてて、自分の横に1番残念な人が着席してるとき」くらいの淋しさがありますな…。
Posted by よしゆきロビンソン at March 13, 2006 22:46
確かに納得いきませんね。
ホームだからってなんでもありなんですかねー!!!
ジャッジが覆るなんて・・・。
誰がどう見ても、不審点なんてなかったし。
勝ちましょう!今度はタッチアップで逆転しましょー★(^−^)★
イチローならやってくれそうな気がする!
Posted by ぱん at March 13, 2006 22:55
ぱんさん
ジャッジの覆り…。
何か、寂しくもあります。
タッチアップでの逆転はいいですねえ。
さらにタッチアップを試みたアメリカ選手をタッチアウトしてやりましょう。
Posted by よしゆきロビンソン at March 13, 2006 23:00
えー、日本負けたんだー。
ちょっと残念。
しかも上原とA・ロッドの対決めっちゃ見たかったーっ!!
すぽるとでやらんかなー。
Posted by chamunili at March 13, 2006 23:43
チャムさん
米国の、マイナーリーグの審判に負けました。
A・ロッドに対する上原の投球はミモノでした。
Posted by よしゆきロビンソン at March 13, 2006 23:54
バレンタイン監督によれば、デービッドソン球審の評判は同監督が米国にいるころから芳しくなかったという。「彼には『ボーク・ボブ・デービッドソン』とのあだ名があった。自分が目立つために、他の審判よりも多くボークを取ったからだよ」と説明した。

笑いましたwボーク・ボブ・デービットソンだってw
しかし、あの判定があっても、いい野球してましたわ、アメリカ。
小技がすごかったです。インコースの低めの球も
きちんと打ち返した選球眼。さすがです。
しか〜し、今度こそ
正々堂々と勝ちますよ、日本は。
まずは、メキシコ。
Posted by すい at March 14, 2006 00:12
すいさん
その審判のニュース見ました。
どうやら審判は二流ばっかみたいやね。
ジャッジのW杯もやってほしい。

インコース低めに投げたら打たれる。
清水はインローでポカーンとやられとるね。
あそこはアカン。
インハイね、インハイ。
そこに投げれるぐらいの調整はしてるだろうし、プロなら調整不足を言い訳にしてほしくないねえ(別にしてないけど)。
まあ、1,2回と8回からしか見てないんやけど。
Posted by よしゆきロビンソン at March 14, 2006 00:28
5
ロビンちゃ こばわー^^
西岡の神業が大味な米国人にはありえないことで
タッチアップ フライングとられちゃったんだよねー
上体はダッシュ!((( 三( -_-) 準備で揺れてたけど
脚は離れてなかったよっ
意地でもあと2つ勝って 米に勝って欲しいねー


Posted by のん at March 14, 2006 01:09
誤審むかつきますね。

野球の仮はサッカーW杯で返しましょう。
日韓の時のアンジョンファンのように、高原あたりにパフォーマンスしてもらいましょうよ。

あ、アメリカとはあたらないかw。
Posted by ある契約社員 at March 14, 2006 05:24
のんさん
米国では足が離れたかどうかよりも、状態が揺れたかどうかみたいですな。
ルールが違うようです。
とりあえず、あと2つ勝たなきゃいけませんからね。
やってくれると思ってます。



ある契約社員さん
そういえば、アン・ジョンファンは元気でやってるんですかね。
最近はパク・チソンばっか目立ってますから忘れてましたよ。

何にせよ、ムカつきますので、オーストラリアに八つ当たりですな。

返り討ちに遭ったりして。
Posted by よしゆきロビンソン at March 14, 2006 07:49
おじゃまします。
<日本語と英語で手をついて謝りなさい。
<それで勘弁してあげるから。
心の広さに感服しましたw
Posted by panda at March 14, 2006 11:27
pandaさん
確か、snowさんのブログで拝見しましたね。
そいで、ドサクサ紛れにpandaさんとこにも飛んでいきましたな。
広いのは心だけじゃないんですよ。
フッフッフッ
Posted by よしゆきロビンソン at March 14, 2006 12:34