April 05, 2006

諦めの悪い男1

世間では「二代目」は大抵ボンクラに仕上がってしまうものだが、稀に凄い才能を持つ二代目もいるようだ。
もはや虫の息のライブドアに救いの手を差し伸べようとしている「YUSEN」のイケメン現社長は、「向こう30年は何もしなくても食べていけるくらいの金は残した」と豪語した自分の親が築いた会社、「有線」に入社することを断固拒否し、彼は友人とで会社を興した。
もちろん、親の援助は一切なしだそうだ。
そして、自分の興した会社を一部上場企業にまで押し上げた後、親が亡くなったかなんかで有線の社長に就任。
社名を「YUSEN」とし、さらに会社を拡大。
遂には、よその会社まで救おうとしている。
ホンマの話だとしたらえげつない。
そこで相談なんですが、史上最高級のボンクラのボクに救いの手を差し伸べて頂けませんか?

ボクの大好きなサラブレッド、メジロマックイーンが心不全で亡くなってしまった。
5分ほどもがき続けた後、右目に涙を溜めながら息を引き取ったとのこと。
胸が裂けるような悲しみがボクを襲っている。

競走馬時代、「名優」と呼ばれた彼。
彼がこの世に生を受けたのは、間違いなく「奇跡」である。

彼のおじいちゃんメジロアサマは、G掬傾直泙鮠,、種牡馬となった。
しかし、交配した牝馬たちが妊娠しない。
即ち、種無し。
しかし、この牧場主は諦めきれず、色々な繁殖牝馬に種付けをし、種がつく馬と種がつかない馬がいることが判明。
そこで、種がつくと判定された繁殖牝馬シェリルに種付けを行い、生まれた仔がメジロマックイーンの父になるメジロティターンである。
奇跡的に生まれたメジロティターンは、0歳時代に牧場で病気が流行って同期たちが命を落としていく中、奇跡的に生き残った。
無事、競走馬となったメジロティターンは、父と同じ天皇賞を勝利した。
メジロティターンも種牡馬となったが、父メジロアサマと同じく種無しなのではないかと疑われ、繁殖牝馬は多くは集まらなかった。
でも、その数少ない子供の中からメジロマックイーンが生まれ、マックイーンも祖父、父と同じく天皇賞を制覇。
牧場主、故北野豊吉氏の執念であり、「親子三代で天皇賞制覇を」という遺言が結実した瞬間である。

賞金獲得で初の10億円ホースとなったメジロマックイーン。
トウカイテイオーや、ライスシャワーとの激闘。
そして、あの世紀の失格。
ボクに数々の思い出と、お金を提供してくれたマックイーン。
3年前に北海道を訪れた際、会えなくて、次、訪れたときは必ず会いにいくと誓っていたのに…。

親子四代天皇賞制覇は、今のところ達成されていない。
でも、ボクは諦めません。
今、牧場にいるマックイーンの仔たちの中に、天皇賞を制覇する仔がいるはずなのだ。
是非、天皇賞に出てきてくれ。
ボクは他のどんな馬たちよりも優先的に応援する。
出来れば人気薄で出走してきてね。
Posted by foe1975818 at 13:51│Comments(10)TrackBack(0) TV | 競馬

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/foe1975818/50406073
この記事へのコメント
こにちゅゎ〜〜☆彡☆彡
メジロマックイーン・・・。
競馬ゎ無知でも、名前だけゎ知ってまするょ〜〜。
馬にも歴史があってカンドーでし!!!
Posted by みぅ☆ at April 05, 2006 19:29
みぅさん
競馬が1番盛り上がってたときですから、名前を知ってる人も多いでしょうね。
この三代こそ、血のロマンです。
Posted by よしゆきロビンソン at April 05, 2006 20:31
今のところ、代表産駒はエイダイクインですからね・・・。
天皇賞は厳しいでしょう。
ライアンはまだ生きてるのかな。ブライトが死んだんでしたっけ?
Posted by クロフネ at April 05, 2006 21:49
クロフネさん
桜花賞でエイダイクインを本命にしましたが、菊沢には荷が重かったようです。
マックイーン産駒は天皇賞にさえ、まだ出走してないんじゃないですかね。
でも、死んだ馬の仔は走るジンクスを信じたいです。
ライアンは健在だったと思いますよ。
ブライトはいないはずです。
Posted by よしゆきロビンソン at April 06, 2006 00:20
YUSEN?
USENじゃ?
宇野社長の顔が思いのほか、ゲイリー・オールドマンさんに
似てるので、ビックリしました!

あーそうですか、気のせいですかw
Posted by snow。 at April 06, 2006 00:43
snowさん
USENです。
今日、たまたまUSENの会社の車を見て、「あっ!しまった!!」って思ったんですが、敢えて書き直しませんでした。

まず、ゲイリー・オールドマンが分からないオレです。
向こうの人を全く知らないんですよ。
スポーツ絡みならわかるんですが。
Posted by よしゆきロビンソン at April 06, 2006 00:54
確かに、USEN社長は強気ですよね?
あれぐらいしっかりした方なら、何とかしてくれると期待しております。

競走馬の大変さ、初めて知りました。
Posted by チカ at April 06, 2006 13:47
チカさん
やっぱり才能がある人は違います。
親を超えてしまってますからね。

サラブレッドも競争社会ですから大変です。
Posted by よしゆきロビンソン at April 06, 2006 18:20
マックイーン産駒あまり聞かないですね。
何かいますかね?

ってか、5分も苦しんだって聞くと馬と言えど、かわいそっすね。
Posted by ある契約社員 at April 06, 2006 18:58
ある契約社員さん
最近は目立たないです。
最期の5分は、かなりもがき苦しんだそうです。
壁に頭をぶつけないように、みんな必死で支えてたみたいですから。
Posted by よしゆきロビンソン at April 06, 2006 21:35