April 26, 2006

病人3

LENAさんから「もしもバトン」を略奪してきた。

一、起きたら無人島にいた
 ひとまず1人で卑猥なことをする

一、友だちの鼻がピノキオになっていた
 調子乗んなよ!と頭ごなしに忠告する
 
一、「お宅さん、落し物ですよ。」と熊に追いかけられる
 「ボクが落としたのは金の斧です」と見え見えのウソをつく

一、ミッキーがミニーに発情してるのを目撃した
 交ぜてもらう

一、鏡の中から声がする
 もれなくおもらし

一、時計を持ったウサギが走ってる
 バニーガールなら抱きつくけど

一、「ワシの婆さんはどこじゃ。」と爺さんに絡まれる
 「ワタシが婆さんじゃ」と婆さんになりきる

一、サメの歯を磨くことに…
 「なんでそんなことせなアカンねん、アホか!オレ、鮫肌やぞ!」と見当違いのコメントに終始して断る 

一、「明日があるさ」と慰められた
 「甘ったれんじゃねえ!!」と返り討ちにする

一、未確認飛行物体の正体がお母さんだった
 「先輩!ボクに手錠をかけさせてください!!」と懇願する

一、知らないガキに「付き合ってください」と告られる
 ボクは、君の手に負えない男だよ。覚悟はできてるかい?

Posted by foe1975818 at 16:16│Comments(2)TrackBack(0) ごあいさつ 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/foe1975818/50459828
この記事へのコメント
『明日があるさ』
とは、まさに父が母に言った一言です。
母は、本気で怒りましたよ。諦めたそうです。
Posted by チカ at April 26, 2006 23:01
チカさん
楽観的すぎる言葉ですからね。
お母様が怒るのも仕方ないとこでしょう。
Posted by よしゆきロビンソン at April 27, 2006 08:15