May 21, 2006

0724

ボクはどうしようもないミーハーである。

今から7,8年前、当時、大ファンだったさとう珠緒の握手会に、友人を道連れにして参戦している。
いよいよ握手する段になり、
「それ以上可愛くならないで下さい。」と真顔で口走ってしまった。


それから1年後に上京した。
上京して住み始めた家から目と鼻の先にある東京競馬場へ初めて繰り出したのは、シルクプリマドンナが勝利したオークスの日。
馬券もきっちり獲って機嫌を良くしていたボクが、オークスの表彰式を見物するためにウィナーズサークルへ足を運ぶと、当時、JRAのCMに緒方拳と共に出演していた松嶋菜々子が、プレゼンターとして小雨の降る中、静かに佇んでいた。

彼女とボクの距離は優に20m以上あったが、そのオーラはビシバシ感じた。
なんという透明感。
ノースリーブから伸びた腕の曲線は、まさに芸術そのもの。
速攻、惚れた。
珠緒なんて足元に及ばない。
さよなら珠緒。

小雨舞う中、見惚れすぎたボクは、上京して早々、風邪を引いてしまったのである。


早いなあ、もう6年も経つのか…。
6年前とは違い、どうやら今日の東京地方は晴れのようだ。

オークスというレースは人間で言うならば女子高生たちの晴れ舞台になるのではなかろうか?

ニシノフジムスメ
アサヒライジング
ヤマトマリオン
この3頭の乙女が、ボクの心を惑わせる。

まず、ヤマトマリオン。
彼女には前走でお世話になった。
ありがとうございました。
しかし、2匹目のどじょうはいないとふんでいる。
だってジョッキーが菊沢。
せいぜいG胸澆泙蠅、G気任浪戮重いだろう。

次、アサヒライジング。
桜花賞では先行馬総崩れの中、唯一踏ん張ったのはこの馬のみ。
その桜花賞で大幅に減った体重や、距離が伸びてどうか?と囁かれているが、体重は前走で丁度よく、血統的には距離が伸びた方がいいクチである。
2年前のダイワエルシエーロの再現まであるのではないか?とまで踏み込んだが、これまたジョッキーが心許ない。

となると、ニシノフジムスメ。
前走の忘れな草賞のレース内容は、そこらへんの牝馬ではなかなかできない芸当。
また、このレースでヤマトマリオンや、穴人気しているブルーメンブラッドを破っている。
ジョッキーは仕事人・藤田とG技斗。
やはりこの馬からGOだ。

相手はヤマトマリオン、アサヒライジングに桜花賞1,2着に、ブルーメンブラッドを絡ませる。
なんか、獲れる気がするぜ。

とかなんとかいって、寸前まで迷いますよ。
Posted by foe1975818 at 11:05│Comments(4)TrackBack(0) 過去ロビ | 競馬

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
どないな感じでしょうか。
大阪も快晴です。
心も快晴になることをお祈りしております。
Posted by 夕@rk. at May 21, 2006 15:07
マジカで見る女優さんは、本当に綺麗そうですね。
私も一度でいいから見てみたいです。
Posted by チカ at May 21, 2006 18:48
このタイトルは…
って考えすぎっすかね、おれ…。
Posted by chamunili at May 21, 2006 19:40
夕@rk.さん
いい感じに晴れましたね。
心地よかったです。
心は若干曇りがちでした。



チカさん
結構離れてましたが、美しい人というのは、美しさを隠そうとしても隠せないんでしょう。
衝撃で硬直しました。



チャムさん
松嶋菜々子が「とんねるずのみなさんのおかげです」にコントに出演していたときの戦隊ものの名前が、確か「072」だったんですよ。
Posted by よしゆきロビンソン at May 22, 2006 14:13