June 05, 2006

大どんでんがえし

ボクは去年からブログやジム通いを始めて、TVゲームと向き合う時間がめっきり減少した。
ボクのガキんちょの頃と比較すれば格段に発展したTVゲーム機器。
画質は格段に進化したが、アイデアならば昔も劣ってはいないぞ。
ボクと同じ年代の方なら覚えていらっしゃるでしょう。
ファミコンの下に置いてたあの機器、ディスクシステムを!
誰よりも早くエロスに目覚めていた小学生のとき、アイスホッケーやプロレス、バレーボールは指紋が消えるほどにプレイした。
マリオオープンゴルフは青いディスクだったなあ。
あの頃のように、もう一度血を吐くぐらいまでがむしゃらにプレイしたいものである。

ボクのディスクシステムでのお気に入りは、「うしろに立つ少女」と「消えた後継者」。
アドベンチャーゲームに分類される、こわ〜いゲームなのだ。
「うしろに立つ少女」をご紹介しよう。
以下はサイトからの抜粋


あなた(プレーヤー)は今から3年前、フトしたきっかけから私立探偵空木俊介と出会い、彼の助手となった。ある日、警察からの電話で呼び出されたあなたと空木は河原に横たわる少女の死体と対面する。
 
その少女は丑美津(うしみつ)高校に通う小島洋子だった。死体を調べた結果、彼女は何者かに殺されたらしい事が解る。
洋子の親友で、「探偵クラブ」と言うサークルを作っていたと言う橘あゆみの証言で、洋子が死の直前に何かを調べていた事が解った。
果たしてその内容が今回の事件に関係が有ったのだろうか?
 
丑美津高校には「うしろの少女」と言う血染めの少女が校内に出没すると言う怪談話が古くから伝えられている。どうやら洋子が調べていたのは、この「うしろの少女」の事だったらしい。
 
あなたはその怪談話に何かヒントが有ると考え、その噂の元となった15年前に発生し時効が近い「金田源治郎殺害事件」を突き止める。その事件発生時に現場に居合わせたとされる「浅川しのぶ」が「うしろの少女」のモデルではないかと言う事も。
 
洋子は「うしろの少女」の事を調べるうちに「金田事件」の秘密に近づいてしまったのではないだろうか?
不審な態度の用務員田崎、そして度々学校に姿を現す怪しい男。
謎が交錯するいくつかの事件は本当に関連が有るのか?
そしてその真犯人は果たして誰なのだろうか?



てな具合。
恐そうでしょう。
中学生のときに友人Sとプレイした記憶があるが、最後のシーンは鳥肌もの。
まさかあんなとこからあんなことが起こるなんて…。


このゲームの続編の「消えた後継者」
こちらも恐い。
以下は抜粋。

あなた(プレーヤー)は自殺の名所「うなかみの崖」で事故に遭い、記憶を失っていた。そしてその後、自分が空木(うつぎ)探偵事務所の探偵助手である事を思い出す。その後、あなたは明神村の綾城家の当主綾城キクの不審な死について執事から調査の依頼を受けた事まで思い出した。
 
綾城家は綾城商事の実権を握る一族でキクはその会長であった。
そのキクの死によって遺産相続問題が発生する。
遺産相続権利者は分家筋の「完治」「次郎」「あずさ」。
彼らにはキクの死が自分達にとって都合の良い事だったのである。
 
一方、本来の遺産相続権利者のキクの一人娘であるユリと、その腹違いの弟の和人は行方不明。彼らは一体どこに?
その後次々と明らかになっていく綾城家の謎。後継者となるのは果たして誰か?そしてキクの死の真相は?お手伝いのあかねが何かを知っている様子だが・・・?
 
土葬の風習の残る明神村には恐ろしい伝説が有る。
それは「綾城家の財産を狙う者が現れると、その者を殺す為に墓から甦る」と言う物である。事件が発生する度に村人達はキクが甦ったと信じて疑わない。
未だ主人公の記憶は完全には戻っていないが、果たして事件解決する事が出来るのだろうか?



てな具合。
恐そうでしょう。
中学生のときに友人Sとプレイした記憶があるが、最後のシーンは鳥肌もの。
まさかあんなとこからあんなことが起こるなんて…。


秋田の事件の犯人を知って、ふと思い出したのである。
マルタ戦に全く集中できなかった…。

Posted by foe1975818 at 19:06│Comments(6)TrackBack(0) TV 

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
マジ怖い。
特に、うしろの少女のほう。
私の得意なゲームは
パワプロとダビスタです。
ファミコンは
忍者ハットリ君が好きでした。
Posted by すい at June 05, 2006 21:57
すいさん
うしろに立つ少女の経験者か!
あれはアカン。恐い。
でも久しぶりにやりたい。

パワプロにダビスタってエライおっさん臭いとこいくねえ。
忍者ハットリ君は覚えてるよ。
アホみたいにちくわをゲットするシーンは笑えるね。
Posted by よしゆきロビンソン at June 05, 2006 22:10
いやぁ、怖いですねぇ。
それがゲームだったとは…
私はPS2にて、『デコトラ』を走破しておりました。20歳の事。
夜な夜な、姉と発狂しながらしておりましたが、演歌のBGMに気付かれ、
父が背後から覗いておりました。
懐かしいなぁ。
Posted by チカ at June 05, 2006 23:17
あれ急にびっくりしたよねー、いきなりテロップやもん。
しかも犯人はやっぱりヤツかよ…、みたいな。
インタビュー受けた人が犯人って確率が最近高いよね笑

それにしてもマルタ戦、ふがいなーーーい!!


ってかディスクシステム懐かしいっす。
Posted by chamunili at June 06, 2006 00:09
5
怖いゲームはしませんね。
生きてる現状のほうが怖かったりするから(笑)
でもこうしてコメントさせてもらうのが
いい気分転換になります。
ありがとう
Posted by BOSS at June 06, 2006 03:13
チカさん
デコトラは知らないです。
お父様が背後から覗いてるのは恐いですね。
本来はこわ〜いゲームというより推理ゲームが好きなんですよ。



チャムさん
なぜ、近所の子を殺めてしまったのか非常に興味があります。
謎だらけですね。
自分の子は事故なのか事件なのか…。



BOSSさん
幸い現状では心臓が止まってしまうような恐怖を味わっていないので助かってます。
こちらこそ興味深い文章を読ませてもらって感謝してます。
Posted by よしゆきロビンソン at June 06, 2006 10:49