July 08, 2006

給料泥棒

W杯もいよいよのところまで来た。
大会前、イタリアVSフランスの決勝戦になるとは予想だにしていなかった。
この決勝戦はどちらも守備に長けているチームだけに、中盤での攻防が激しさを増すだろう。
よく「長所を消しあう」という言葉が試合中に聞かれる。
この表現、あんまり好きではない。
長所を消しあうには、DF陣の辛抱強い活躍抜きには語れない。
「DF陣の活躍が顕著ですね。」などに切り替えていただきたい。
この決勝戦も0-0での延長突入は充分あり得るだろうが、PK戦突入だけは避けてほしい。
ボクはPK戦が大嫌いである。
元イングランド代表ストライカーのリネカー氏は、
「PK戦はコイントスのようなものだ」
と発言していた。
そうだ、運が左右する。
そのわりに結末は残酷である。
120分以内で決着してくれれば、どちらが優勝しようがボクは満足である。
別に彼らはボクを満足させるためにプレーしているわけではないけど…。

決勝戦の前日である日本時間の明日のド早朝に行われる3位決定戦。
ボクは3位決定戦が意外と好きである。
ドイツとポルトガルのどちらが3位になるかなど、別段興味はない。
決勝トーナメントで死闘を繰り広げてきた2チームが、ある意味で気楽に戦える試合(開催国ドイツは必死だろうけど)。
即ち、クリーンで美しい試合を拝見できるのが3位決定戦である。
目に余るシミュレーション、大袈裟なアクションで怪我を装うなどの愚行は、この試合では全く意味を成さない。
この試合でもまだ、今までと同じ戦い方であれば、ボクはポルトガルに失望する。
別に彼らはボクに失望されても痛くも痒くもないだろうけど…。

Posted by foe1975818 at 16:28│Comments(7)TrackBack(0) サッカー 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/foe1975818/50536813
この記事へのコメント
5
じだんがじだんだふんだ!

以上です。
Posted by BOSS at July 09, 2006 03:32
素人が見ると、守りあう試合はつまらないですよね。
フランスとポルトガルの試合は、俺、前半で寝ちゃいました。後半見てません。

実は、俺、PK好きだったりしてますw
コイントスのように思えない時もあるので・・。

Posted by ある契約社員 at July 09, 2006 07:53
BOSSさん
クローゼのアイアンクロー、ゼッタイ効かねえ。
無理がありすぎた!



ある契約社員さん
マケレレやビエリがす〜っと近づいていつの間にか囲んでしまうシーンは、この大会でよく目にしました。
献身的で頭が下がります。
精神力を試すにはPK戦は格好のステージです。
あと、試合の流れもPK戦には関係してるような気もします。
嫌いなんですが、PKに代わる決着の方法はないですけどね。
Posted by よしゆきロビンソン at July 09, 2006 09:07
>マケレレやビエリがす〜っと近づいていつの間にか囲んでしまうシーンは、この大会でよく目にしました。
献身的で頭が下がります。

あ、そうでしたね。
この2人、よく効いてましたね。それはわかりました。

近代サッカーの要はやっぱボランチなんですね
Posted by ある契約社員 at July 09, 2006 12:27
ある契約社員さん
ボランチが好きなんですよ。
攻めも守りもせにゃなりませんもんね。
あと、ポルトガルのコスティージャがナイスです。
Posted by よしゆきロビンソン at July 09, 2006 12:33
>>PK戦はコイントスのようなものだ
ドイツやポルトガルはPKもかなり研究してたんでしょうね。
キーパーしっかりコース読んでましたし。
コイントスのようなものを運任せにせずに研究して勝つ確率を少しでも上げる努力をしたんでしょうね。
レーマンが人差し指立てて「チッチッチッ」やってるの印象的でした。
Posted by クロフネ at July 11, 2006 07:44
クロフネさん
チッチッチッは外国人がやると様になりますね。
ポルトガルのリカルドはエグかったですね。
研究の成果がモロに出たんでしょう。
キッカーももうちょっと自分のクセを直さないといけませんね。
キッカーの自分自身の研究不足ですなあ。
Posted by よしゆきロビンソン at July 11, 2006 14:10