July 21, 2006

洪水

東京暮らしでバイトを共にした、3つ下の友人Kが亡くなったのは、2年前の2月。
その頃ボクは、当に大阪に戻って1年半が経過していたのだが、知らされたのがKが亡くなってから4ヵ月後。
知らせてくれたのは同じバイト仲間の1人である。
普段のボクは穏やかであるが、さすがにこのときは自分を見失うほどにキレた。
でも、キレたところでKはかえってこない。
すぐに冷静さを取り戻したボクは、Kのご両親に連絡を取ってくれと頼み、Kの故郷・青森へと向かうことを誓った。

前の会社を健康上の理由で退職したボクは、通っていた心療内科の先生の勧めもあって、一人旅に出ることとなり、この機会に青森を訪れた(ついでに北海道をグルっと回った)。
Kのご両親はボクを歓迎してくれ、地元青森の料理を腹一杯になるまでご馳走してくれるわ、宿泊する宿まで取っていただくわと、至れり尽くせりの御もてなしを受けた。

Kは東京の某大学を卒業後、地元青森で仕事に就いた。
至って健康だったKが、ある時、不調を訴えて入院。
一旦は退院したもの、再度入院。
この時すでに残り少ない命であることをご両親は告げられたが、Kにはガンであることを告げなかった。
Kはガンと懸命に闘ったが、2月某日に力尽きた。
25歳である。
ボクが訪れた当時、お墓はまだ建てられておらず、近くのお寺でKは眠っていた。
ご両親の悲しみは計り知れず、ボクはまともに顔を見れず、かける言葉も見つからなかった。

Kは白血球の異常が原因のガンで、数千人に1人の難病だそうである(ボクはこの1年後、ほぼ同じ病気で別の知り合いを亡くした)。
前兆として、顔に奇妙な色のデキモノがポツポツとできていたそうである。
ニキビなど一切できなかったKにとっては珍しく、今にして思えばその頃から病気は進行していたのかなと、お父様は唇を噛んだ。






Nは、延期になっていた会社の飲み会に、一昨日、参加した。
メンバーに恵まれたNは、いつになく饒舌で、いつになくいい感じに酔っぱらっていた。
普段は奥手なNだが、酒の勢いに任せてその中にいたMさんをカラオケに誘った(酒の力を借りないと無理なのだ)。
同じくほろ酔いだったMさんは、少し戸惑いながらもOKしてくれた。
一次会が解散になった20:00前。
梅田の某カラオケ店に入店した2人は、こんな場所ではダメだと頭では分かっていながらも、お酒で理性をコントロールできずに、2人は一線を越えて愛しあってしまった。
お互い次の日は仕事なので、Nは一方的に自分の携帯アドレスを教えて帰宅した(Mさんのをなぜ訊かなかったんだ!バカ野郎!!)。

今朝、起きて着替え中に、Nは異変を察知した。
股間一帯に夥しい量の赤いデキモノが吹き出しているのだ。
よーく見ると、股間だけではなく、足や、脇あたりにもデキモノは見られる。
痒くはないが、触れると痒くなる。

Nは不安なので、明日、病院に行こうと思っている。
今のところMさんからの連絡はない。


あくまでこれは、とあるNの話である。

Nの股間周りのデキモノ写メを入手したので、見たい友人たちは連絡をください。
Posted by foe1975818 at 21:47│Comments(7)TrackBack(0) 過去ロビ | 最近

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
うーん。
その写メ、見たくはないですが。。。笑

Mさんって、どんな人なのかな。
親しい人?あまり素性のわからない人?

まだ10代の頃、私の友人も(女性ね)そういう病院に通っていたけど、かわいそうだったなぁ。
しかも原因が彼女の浮気だったのだけど、彼氏さんは許したうえに、病気が治るまで待ったんですよ。
少しの感動はあったけど、呆れてモノも言えなかったなぁ。
Posted by LO at July 21, 2006 23:10
LOさん
大丈夫です。
ブログには掲載しませんから。グロすぎますし。

Mさんとは初対面。
会社の同僚の知り合いで、ぶっちゃけ人数合わせの方でした。

浮気をして自分が病んだ?
罪の意識?
その彼女がそれ以降、浮気をしなくなったんならいいんですけどね。
Posted by よしゆきロビンソン at July 21, 2006 23:25
こんばんにゃ〜♪
(´□`;)!!!
み、みぅもこの前ぉ友達を失ったばっかなので
思ぃ出しちゃぃました・・・・・。
みんなに慕ゎれてた人が早くに逝き、
毎日ダラダラと生活してるアタシゎ生きてる。
人生って不公平だね。
みぅのぉ友だちも25歳でした。
Posted by みぅ☆ at July 22, 2006 00:29
みぅさん
若すぎますよね。
オレの場合、Kが闘病生活を送っていたことさえ知らされてなかったのはショックでした。
でも知ったところで何もしてやれなかったとは思いますが…。
Kの分まで生きようなんて大それたことは言いませんが、ご両親の悲しみに触れたときに丁寧に生きようと思いました。
Posted by よしゆきロビンソン at July 22, 2006 06:54
高校の卒業式前日、亡くなった生徒を思い出します。
彼は、白血病?かな。一人で家で寝てる時に、亡くなったそうです。
帰宅した母親が発見した時は、呼吸停止の状態でした。
命の短さを知った、悲しい日でした。
Posted by チカ at July 22, 2006 15:10
おはよう!!!

Nさんてひょっとして……。
!Σ( ̄□ ̄|||)

そうですね、丁寧に生きたいです。
でもきっと、周り道してるかもです(^_^;)
Posted by himeko at July 23, 2006 08:55
チカさん
訳の分からない病気で亡くなる人ってのは、意外と多いんですよね。
きちんとした治療法のない病気がほとんどですし。
どんな経緯で病気になるかもわからない。
わからないことばっかりですな。



himekoさん
そのひょっとしてです。
赤い斑点がどんどん広がっていってます。
怖いです。
カビの可能性が高いようです。
Posted by よしゆきロビンソン at July 23, 2006 12:40