September 01, 2006

ホワイトデビル

本業のバラエティだけでなく、篠原涼子主演のドラマ「花嫁は厄年」にも出演しているオセロ・松嶋。
彼女は知る人ぞ知る疫病神で、通称「白い悪魔」と呼ばれていることをご存知だろうか?
彼女の悪魔ぶりを世に知らしめた伝道師は北野誠。
氏は自らのラジオでオセロ松嶋に纏わる数々の悪魔エピソードを披露している(ボクは別件で知り得た)。
どんな恐怖映画よりも恐ろしい彼女の疫病神ぶり。

彼女が初めて好きになったジャニーズのアイドルグループが、ジャニーズ始まって以来の低空飛行で行方知れずとなった。
その名は「忍者」。

「○○さんの曲っていいわあ」
彼女が初めて琴線に触れた歌手は、彼女が発言して間もなく、この世を去った。
その名は「尾崎豊」。

彼女が初めて好きになったビジュアル系グループの中の1人。
彼は自ら命を絶った。
その名は元X-JAPANの「hide」。

2002年のW杯が日韓で共催されることとなり、抽選会によりイングランドが日本で試合をすることが決定した。
「ベッカム知ってる?めっちゃかっこええわ。」
ベッカムはW杯直前に骨折。
ギリギリW杯には間に合ったものの、本調子には程遠かった。

星野仙一が阪神タイガースの監督就任2年目で優勝を勝ち取った2003年。
その原動力ともなったのが、この年から日本球界に復帰した伊良部秀輝で、開幕から連戦連勝を重ねていた。
「阪神のイラブって知ってる?凄いんやで」
と彼女が発言したところ、伊良部の連勝がストップ。

同じくこの年、星野監督が阪神の4番に大抜擢した浜中。
プレッシャーに負けていた浜中が漸く軌道に乗り始めたとき、
「阪神の浜中知ってる?凄いんやで」
と彼女が発言したところ、浜中は利き腕である右肩脱臼の大怪我で戦線離脱。
今もその後遺症は残っている。


覚えているだけでこんなにある。
もっとあるだろう。
こんな面白いヤツを放っておくわけはなく、笑福亭鶴瓶は「きらきらアフロ」というTV東京の金曜夜に彼女とトーク番組を持つこととなる。

ここまでは手を叩きながら笑って聞いていたが、松嶋の疫病神ぶりが、我が聖域の競馬にも影響を及ぼしていたので穏やかではなくなった。

「絶対に負けない馬がおるらしいから、今日、その馬の単勝を買ってん。」

翌日のGレースで、彼女が単勝を購入した馬は、4コーナーで故障発生。
還らぬ馬となった。

その馬の名は…




日本競馬史上最高のサラブレッドとの呼び声高い

サイレンススズカ…。

日本の競馬ファンの誰もが、彼の走りに魅了され、その無限に広がる可能性に多くの期待を寄せていた。
アメリカで、イギリスで、フランスで…。
現在、フランスへ遠征中のディープインパクトと同等、いや、それ以上の期待ができた。
さらに彼が愛されてやまないのは、その脚質。
スタート直後からハイペースでぶっ飛ばし、最後の直線でも突き放す。
近年見る稀に見る超個性派最強ホースだったのだ!

ボクが北野氏からこの一連の衝撃の事実を聞いたのは、サイレンススズカが亡くなった数年後である。

これで松嶋に憎悪の念を抱くようになったボクもとことん心が狭い(馬券を外したことも一因だったりする)。

次に彼女が好きになる人は誰なんだろう…。
どうせなら世の中に蔓延るホンモノの悪魔を好きになってくれることを祈るばかりである。


さあ、明日の競馬は札幌9レースの7番スルーレートと心中しようかな?
サイレンススズカとまではいかなくとも、持ち味であるけれんみのない逃げを披露してもらいたいものである。




追記 9/2(土) 9:00

やっぱりスルーレートを止めて、お隣に控える8番タガノボーディングからの心中になりました。
吉と出るか、凶とでるか…。
Posted by foe1975818 at 23:06│Comments(7)TrackBack(0)TV | 競馬

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/foe1975818/50589061
この記事へのコメント
そこまでさげマンだと恐怖さえ感じますね・・・。
まぁ、私も何気にさげマンですが^^;

付き合った人は貧乏人かお金持ちから転落した人ばっかり。
旦那には興味がないので多少出世しているようですw
Posted by panda at September 02, 2006 03:16
初めて知りましたよ、オセロ松島が「白い悪魔」だなんて…。
きらきらアフロは毎週深夜に一人大笑いして見ております。
そのぐらい素敵だと(バカっぷりが)思っていたのに…


白い悪魔だったんですか。
Posted by チカ at September 02, 2006 08:57
pandaさん
オセロ松嶋ほどのさげまん越えを発揮する人なんていないですよ。
ですので、pandaさんも気を落とさずに。
興味がないと言われてしまう旦那さんも、出世できたとはいえ複雑な心境ですね。
因みにオレは競馬さげちんです。



チカさん
あの番組は面白いですよ。
オレも見れるときは見てます。
松嶋はホンモノだから面白いんでしょうね。
自分の身に降りかかりさえしなければ、悪魔ぶりは笑えます。
Posted by よしゆきロビンソン at September 02, 2006 09:04
オセロ松嶋のこの話、聞いたことあります。
まぁ、ミュージシャンの場合はそもそも短命な人も多いですが・・
競馬馬にまで及びましたか。
本日のレース、凶と出ぬことを祈ります。
Posted by のほほん at September 02, 2006 12:17
1
最近見てないけど、きらきらアフロ面白いですね。パペポには及びませんが。松嶋は好きでも嫌いでもなかったけど、俺も憎悪の念を抱くようになりました。
サイレンススズカの故障はショックでした。
たとえディープインパクトが凱旋門賞勝ったとしても、サンデーサイレンスの最高傑作はサイレンススズカで譲れません。
Posted by クロフネ at September 02, 2006 12:25
ゴール前でスルーレートかわされて、タガノボーディングが3着!
買ってる?3連単・・・(わくわく)
Posted by みゅ〜〜 at September 02, 2006 15:35
のほほんさん
調子が悪くなったり、骨折まではいいですが、さすがに死に至らしめてるのはエグイですね。

結果は「凶」と出ました。



クロフネさん
懐かしいですね、パペポ。
パペポのDVDとか出てないんですかね?

あのレースは友人と2人で言葉が出なかったですね。
最高傑作はサイレンススズカに同意です。
それにしても返す返す残念ですよ…。



みゅ〜〜さん
馬連総流しのため、買ってません…。
レースは見てました。
前走が、前が開かず脚を余してのレースだったわけですが、VTRを見ているようでした。
立ち眩みしそうです。
こんなことならスルーレートからで派手に負けたほうがよかったですよ。
次も人気がないようならいきますよ。
3連単で!
Posted by よしゆきロビンソン at September 02, 2006 16:26