September 13, 2006

致し方ない

兵庫県だったはずだが、ある果樹園が深刻な被害に晒されている。

「サル」

サルめが我が物顔で果物を捥ぎ取るのだ。
その姿は円転滑脱で、全く躊躇がない。
農家にとってはのっぴきならない問題で、サルを追っ払うために数々の刺客を送り込んだが、どれもこれもパッとせず、遂に最終兵器を引き摺り出すに至った。

「ダチョウ」

果樹園に数匹のダチョウを放ったのだ。

サルとしては折角いい餌のテリトリーを嗅ぎ付けたのにいびり出されるのは本意ではないだろう。
動物にとってテリトリーは「家」同然。
放たれたダチョウにとっても思いのほか新たなテリトリーに有り付けたことになる。
今後のサルVSダチョウの行く末を見守りたい。


どうやら鹿にとってもテリトリーは死守しなければならないようで…。
65cd7c64.JPG










奈良公園にて
我がテリトリーを侵しにきたと憂慮した鹿に間もなく溝へ突き落とされる幼き頃のボク


その後、ボクはわんわん泣いたそうな。
Posted by foe1975818 at 22:17│Comments(5)TrackBack(0) TV | 過去ロビ

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/foe1975818/50599749
この記事へのコメント
ダチョウvsお猿さんですか。
ダチョウってなんか高そう。
ほかにもっと安上がりそうな対策はなかったのかしらと
余計な心配をしてしまいます。
鹿のテリトリーは奪っちゃだめですよ、
調子に乗った幼き日の夕なんて、餌を手ごとパクリとやられましたから。
Posted by 夕@rk. at September 14, 2006 00:57
夕@rk.さん
いろいろ動物を試したそうなんですが、効果は一瞬のみでどれもこれもダメだったそうです。
ダチョウもすぐにバレてしまいそうな気がしますね。
鹿のテリトリーを奪うつもりは毛頭なかったですよ。
一緒に遊びたかっただけなんです。
手加減しないから結構痛いですよね。
Posted by よしゆきロビンソン at September 14, 2006 09:25
私の住んでるところから、車で10分ほど走るとサル被害があります。
その昔、中学生の頃は『サルが出たので帰らないこと!』
とのお達しも出ておりました。(友人宅の方面で。)
ちなみに、私は小学生の時に『クマが出たので下校は無理。』
中学の時は『イノシシが出たので、教室から出ない事。』
とのお達しを受けております。
猟友会のおじい様方が、散弾銃を持って歩く姿が懐かしいです。
Posted by チカ at September 14, 2006 18:27
ダチョウはあまり効果なさそうですよね。もっと獰猛な生き物じゃないと厳しいんじゃないでしょうか。
キチンと躾けたドーベルマンとかで2〜3匹見せしめにやっつけてもらった方が効果ありそうですね。
Posted by クロフネ at September 14, 2006 19:41
チカさん
サルならうちの地方も負けてませんが、クマ、イノシシまではさすがにないです。
ましてや学校から出れないなんてことは皆無ですね。
猟友会もないですよ。



クロフネさん
犬はどうだったか忘れましたが、警察犬レベルの犬は試してないはずです。
恐怖を植えつけるしかないでしょうね。
Posted by よしゆきロビンソン at September 14, 2006 20:21