October 10, 2006

マンセー

我が家の駐車場はシャッターなどがないため、赤のコーンやポールを境界線に置いたりして対処している。
ある日、その赤いポールが忽然と消え去った。
犯人は、近所に住む細見さん(仮名)というおばさんだった。
我が家は赤のコーンを回収した。

このおばはんは他にも犯罪を犯している。
ボクの地域は、ゴミの日は自宅の前にゴミを出しておけばゴミ収集車が回収してくれる。
ある日、出し忘れていたゴミが残っていたので自宅前に出そうとしたら、さっき自分が捨てたゴミよりはるかにボリュームアップしていた。
犯人は、細見のばばあである。

細見のクソばばあの犯罪は我が家に限ったことではなく、ゴミ放置はお隣近所にも及んでいるし、しかも最近に限ったことではない。
細見のクソばばあの行動は、近所の下世話な話好きのおば様連中に完全にマークされているのだ。


我が地域では近々自民、民主、共産の三つ巴の補欠選挙が行われる。
投票日は10/22である。
今日、仕事終わりで向かった阪急茨木市駅には某党の候補者が自分の苗字をリピートするだけの能無し演説を朝っぱらから無駄にでかいシワガレ声でかましていた。
まだ完全に起きていない我々を洗脳でもする気か?
それは、まあいい。
問題は取り巻きである。
こやつらの高級車が路上駐車しているせいで、大渋滞を巻き起こしている。
まさに「美しくない道路状況」だ。
消防車、救急車が通れまへんで。
到着遅れで命が絶たれたら、どう落とし前つけてくれるんやろか?

今回は与野党とも力の入りようが違うようで、我が家に引っ切り無しにかかってくる半端ではない電話の数が、それを如実に物語っている。
応援に関する声は電話だけではない。
わざわざ我が家を訪れて、「某党を宜しくお願いします。」と頭を下げにくる。

そして今日、「某党に入れてください」と、あからさまなお願いをしにきたあるおばさん。
他でもない細見のクソばばあである。
まったく、人が仕事明けで健やかに寝てるっちゅうのに。
「何人たりともオレの眠りを妨げる奴は許さん」
スラムダンクの流川楓のようなセリフを呟くご機嫌斜めなボク。

「オレ、オウム真理教に入信してん。今から第七サティアンに行かないといかなあかんねん。じゃあな」
「えっ?いや、あの…」
「さっさと消えろ!ポアしたろか!!」

適当な笑えない大嘘ギャグで追っ払った。

実は、細見のクソばばあは某カルト教団の一員である。
このカルト教団特有の、一見人の良さそうなヤツらの出入りが夜な夜な頻繁にあり、教団でも上の地位と思われる。
伊達に長いこと信仰していないのである。

今回は某党に投票してくれと喚いているが、本来ならば某某党に投票してくれと矢の催促を受ける。
絶対に投じません!
ボクの家族は揃いも揃って根に持つファミリーであり、揃いも揃って天の邪鬼なファミリーである。
「入れてくれ」とお願いされればされるほど入れたくなくなるのだ。
じゃあ、「入れないでくれ」と頼まれれば入れるのかと言えば、そんなことは断じてない。
もう、このクソばばあに対する怒りは消えることはない。
どこまでも逆らい続けるし、讒訴し続ける。
もう、このクソばばあには再チャレンジの機会は与えられていないのだ。
いくらその某党が誰もが唸る政策を掲げていても、である。

それにしてもこのクソばばあは一体どういう神経をしているのだ。
我が家に数知れない迷惑をかけておいて、よくそんなしゃあしゃあと頭を下げにこれるね。
我が家は細見のクソばばあから受けた数々の犯罪に関する一切の謝罪の言葉すら頂戴していないのである。

「教団でも上の地位の細見さんがそんなええ加減なことでは、下の地位の方が可哀相やわ。それとも細見さんの教団の方々は、皆さん同じように犯罪を犯しても謝罪すらしはらへんのですかねえ。」

うちのオカンが細見のクソばばあに面と向かって言い放ったセリフである。
それ以降、細見のクソばばあの犯罪は今のところ小康状態を保っているが、全く気が抜けない。

そう考えると、教祖の洗脳の激甚ぶりには舌を巻くぜ。
選挙になればとり憑かれたようにスイッチONとなり、過去の自分の悪事をスコーンと忘れて多大なる迷惑をかけた人間にさえもそ知らぬ顔で懇願するんだから。
もしかしたらこのカルト教団は元来そういう教えなのかもしれない。
やっぱり野蛮なカルト教団だ。
そりゃ、ヨーロッパではマークされるわな。


1つだけ、解決策がある。

謝罪できないなら、お金ちょうだい。

4億で許してやる。

だって羨ましいんだもん。
先週今週とロト6で4億円的中した人が1人ずついるんだぜ。

さあ、ロト6に一票を投じにいくとするか。


あのクソばばあ、まさかボクがオウムに入信したって真に受けてないやろな?
Posted by foe1975818 at 20:53│Comments(4)TrackBack(0) 最近 

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
某教団から、会社側に名簿の提出を命令され、
社員全員適当に電話帳から写したとき。
かなり怒られた事ありますよ(笑)
返答にも答えない名簿なんかもってくるなじゃねぇって。
怖いんです、あの人達…
Posted by チカ at October 11, 2006 13:23
チカさん
ノルマとかがあるんじゃないですかね?
じゃないと、あんなに目の色変えて駆けずり回らないですよ。
教祖が頓死すれば、オウム真理教のように内部でゴタゴタが起こるとの見方もあるようです。
Posted by よしゆきロビンソン at October 11, 2006 14:13
ロベルト・バッジョがそのカルト教団の信者だそうです。
教祖死んで内部でゴタゴタ起こして消えてなくなってもらいたいですね。
Posted by クロフネ at October 11, 2006 22:00
クロフネさん
その話を聞いたときは驚きましたよ。
どこまで侵略しとんねんと。
この前の24時間TVは、そのカルト教団の祭のようでした。
Posted by よしゆきロビンソン at October 12, 2006 10:39