October 11, 2006

ふくし

オレ流落合監督が宙を舞った。
そして、泣いた。
一部新聞紙上では

「オレの目にも涙」

な〜んて巧い表現がなされていた。

シーズン前のえげつない練習量を浴びせた落合監督は、まさに鬼だった。
それに歯を食い縛ってついてきた選手たちの必死の形相を、落合監督はきちんと見ている。
そりゃあ涙も頷けるのである。

3年で2回の優勝は名将と呼ぶに相応しい。
昨シーズンの出来事ではあるが、中日が完膚なきまでに負けた試合があった。
投手がメッタ打ちに遭い、打線は沈黙。
試合後の落合監督のコメントが以下だ。

「今日の収穫は井端だけ。これで浮上してくるだろう」

この試合まで不調に喘いでいた井端。
だが、この試合の井端はノーヒットなのである。
何を言うてるんや?と余計な勘繰りを入れたら、まあ、何ということでしょう!
次の試合から魔法をかけられたかのように打つわ打つわ。

シーズン中、落合監督は敢えて素っ気無い態度でマスコミと向かい合っているのではないだろうか?
もちろんしょうもない質問を浴びせるマスコミは問題外だが、憎まれ役を監督が買うことによって選手が野球に集中できる。
途中から森野にレギュラーの座を奪われはしたが、立浪がプレーできているのも、そんなところが影響しているかもしれない。
マスコミのみならず、小言のうるさい中日OB連中にも口出しさせていない可能性もある。


さあ、ボクがシーズン前に行ったセ・リーグ順位予想だが→予想

Bクラスはバッチリである。
しかし、ヤクルトを買いかぶって置き場所を誤った。
ラロッカの故障はもとより、投手陣にまで及んだのは誤算だった。

阪神は今岡。
井川と久保田の不調はある程度計算に入っていたので驚くに値しないが、それをカバーして余りある獅子奮迅の活躍を見せたのが藤川球児である。
ボクは見縊っていた。
去年、記録を破るほどの登板をし、さらには二段モーションの規制の呷りを受けてフォーム変更を余儀なくされた彼が、今年も、いや、打者のバットに掠らせることさえ許さなかった去年以上のボールの伸びを披露するとは思いだにしなかった。
しかし、延長戦の3イニングを放らされた影響などが出て、後半戦の一番大事なところで遂にパンクした。
あれは岡田監督の采配ミスだと断固として糾弾したいところだが、阪神がなまじっか強くなってしまったがためにファンの目が鬱陶しいまでに厳しくなった。
そのため「捨てゲーム」を作れず、選手に無理を強いてしまわなければならないのは痛い。
昔の巨人化である。

その巨人は、案の如く怪我人続出。
野球以前の問題である。
あれだけいい選手がウヨウヨおるのにね。

怪我と言えば、横浜の多村。
ホント怪我が多い。
その陰で吉村という活きの良い若手が頭角を現してきた。
後は、先発ピッチャーだ。

これは広島にも言える。
FA行使が囁かれているエース黒田は何処へ?


一体、ボクは何目線で物を言うとるんやろか?

まだ昨日の酒が残っとるな。

Posted by foe1975818 at 15:45│Comments(4)TrackBack(0) 野球 

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
黒田が出ていく代わりに松坂が広島に来ないでしょうか。そしたら松坂一生応援するんですけどね。
Posted by クロフネ at October 11, 2006 22:02
感情が加われば徳光さんになれますね。あの境地まで行ければそりゃあ芸ですよ芸。
Posted by ある契約社員 at October 12, 2006 00:36
野球のことよく分らないんですが、
中日優勝だから予想ほぼ当たってたじゃないですか?
ふくし君は・・もうかなり大きくなりましたよねぇ。
最近露出してませんね、奥さんの方も。
Posted by のほほん at October 12, 2006 04:07
クロフネさん
ヤンキースかドジャースあたりが松坂を獲りにくるみたいですね。
広島に入ったら、それは応援しますよ。



ある契約社員さん
涙では、西の横綱・西川きよしが黙ってないですよ。
徳さんと互角に渡り合えるのはキーボーしかいないですね。



のほほんさん
ヤクルトさえ3位にスライドさせておけば的中だったんですけどね。
残念です。
信子夫人は、球場には足繁く通ってるみたいですよ。
ふくしは年齢のみならず、がたいがバカでかくなってるようです。
Posted by よしゆきロビンソン at October 12, 2006 10:46