October 14, 2006

世界中の誰よりきっと

KAT-TUNの赤西仁が留学するとの地味な報道が発表された。
赤西といえば、上原多香子との熱愛はどうなったんだろう?
その熱愛報道以降、ジャニーズ事務所と赤西の間に溝ができ、事務所側が赤西に目立つ1人での仕事を与えなくなったとの怪情報まで流出している。
となると、赤西は事務所の冷遇に嫌気が差したのかもしれない。

ボクが注目しているのはグループ名だ。
KAT-TUNの「A」が抜けるのだ。
今年いっぱいの活動休止とのことだが、そんなもんは全然当てにならない。
やはりここはすっきり改名しておくのが筋であろう。
残された文字をシャッフルして改名するのか、それともその色を一掃して全く別の名をつけるのか。

もう1つ、名前をそのままにして新たな「A」を追加召集するパターンも考えられる。

昔、「WANDS」というバンドが存在した。
CDが売れまくっていた良き時代に乗り、ミリオンセラーもいくつか出していたのではないだろうか?
さて、彼らのグループ名を分解すると「W」and「S」。
ヴォーカル上杉昇とギター柴崎浩のイニシャルからとったものである。
柴崎の「S」はよいが、上杉が「W」とは納得がいかない。
本人によれば、「Wesugi」とのことだ。
めっちゃ無理があるぞ!
その無理が祟ったわけではないだろうが、数年後、WANDSは活動休止。
メインとも言えるヴォーカルのWesugiとギターのShibasakiの2人が抜けて、キーボードの木村真也のみが残った。
暫くしてWANDSは不死鳥の如く甦る。
新ヴォーカルに和久二郎とギターに杉元一生を加えて活動再開。
恐ろしいことに和久のW、杉元のSで「WANDS」と巧いことなっとる。

『WANDS』の名前の由来は、タロットカードの『WANDS』の「情熱」「理想に向かって進む」という意味がオフィシャルサイトでの説明だそうだが、和久と杉元の加入は「W」and「S」説を踏襲したとしか思えない。

新生WANDSは元祖WANDSには遠く及ばない活躍で解散に至った。


話をKAT-TUNに戻すが、赤西休業に対し、
「理解に苦しむ」
とのコメントを公式に発表したKAT-TUNのKを担当する亀梨。
このコメントからも改名は必須である。

それはそうと、おい!キョンキョンとはどないなってまんのん?


「ま、どうでもいいんですけどね」
と、三間ジャパン風に締めておく。

締まってないか…。

そもそも三間ジャパンが知られていないし、三間ジャパンのネタもスベリ倒してたし、締まるわけがないのだ。


明日は競馬のG欺華賞が行われる。
口を濁しておくが、牝馬オンリーで行われるレースは馬券が荒れる。
女心と何とやらである。

本命はキストゥヘヴンに決定している。
馬単1着で流すという、常に弱気なボクにしてはかなりの決意である。
そのためにはたっぷりとした軍資金が必要だ。
その軍資金を今日の競馬で稼ごうとするのだから頭が悪い。
でも、もう買っちゃった。
京都8レースのサントニービンを再び。

こちらはビシっと決めますよ。
Posted by foe1975818 at 11:31│Comments(12)TrackBack(1) TV 

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
赤西仁が休業ってずいぶん騒いでいるけど 本人わりと淡白に対応している感じですね{/namida/} 亀梨っていうのと赤西ってどっちがどっちだが もはや少年隊世代にはわからないものです{/face_ase2/} ヒガシかっこいい〜{/hearts_pink/}って話がそれた。 娘が「anego」に出てい...
KAT-TUN 赤西仁ってどっちだ?【のんびりまったりおばばな毎日】at October 14, 2006 11:46
この記事へのコメント
なつかしいバンドがでてきましたね。。。
年代がばれる?
Posted by obaba at October 14, 2006 11:46
obabaさん
オレが高校のときぐらいですかね?
あのへんのグループが鬼のようにいましたね。
年齢は隠しているつもりはないんですよ。
Posted by よしゆきロビンソン at October 14, 2006 12:06
WANDSは知ってるけど、再結成は知りませんでした〜
そういう意味のあるバンド名だといいよね。
(上杉はWUESUGIなのかどうかは別にしてw)

KAT-TUNも、出た当初は「カッツーン」って物知り顔で言ってました。

昨晩会社の人が競馬新聞について熱く語っていたのを思い出しました。
興味のない私から見たら「はーー?410円」って思うんだけど、
すごい情報量が載ってて410円は安い、と思うみたいですね。

オウカショー、頑張ってくださいw
Posted by snow。 at October 14, 2006 15:20
snow。さん
カッツーンはないでしょう、カッツーンは。
でも、読めますね。
むしろそっちのほうがシックリくる読み方かもしれません。

「410円なんて、馬券で取り返してやるよ」
折角のかっこいいセリフも説得力を持たないほどに負けまくりです。
実は唯一¥400で販売している「一馬」って専門紙があって、オレはそれを愛読しています。

オウカショーは桜が満開の頃に行われるレースで、明日はシュウカショーなんですわ。
惜しい!
Posted by よしゆきロビンソン at October 14, 2006 16:45
みつまジャパン知ってますよ。どんな芸人かて聞かれると答えに困りますが。



それにしてもワンズ懐かしいですね。テーボランてのも居ましたよね
Posted by ある契約社員 at October 14, 2006 20:17
ある契約社員さん
みつまご存知でしたか。
よくナイナイと深夜の番組で競演してましたが、もう引退してるんですよね。

T-BOLANは、あの君が代斉唱で再び脚光を浴びつつあるかもしれません。
Posted by よしゆきロビンソン at October 14, 2006 20:54
おおっ、そうだったんですか。
KAT-TUNというグループ名の語源がイニシャルだったとは知りませんでした。
おおっ、そうか、そうだったのかぁ。
ついでに、WANDSというグループ名も知ってはいましたが、W and Sだったとは・・・。
我々古い洋楽ファンからすれば、さすがにT-BOLANやホフディランは大笑いできたんですが、今日はKAT-TUNとWANDSでトリビア状態です。

ちなみに、私のもう一つの音楽ブログでのハンドルネームは「安藤 魚春」、アンディー・ウォーホールを和名にしてみちゃいました。
Posted by BARLOGマスター at October 14, 2006 23:18
BARLOGマスターさん
KAT-TUNとか、巧いこと名前をつけますよね。
WANDSはタロット説が正しいそうなんですが、WandS説も無視できないと思います。
T-BOLANはすっかりお笑いとしての地位を確立する勢いになってますね。
復活したらファンになってしまいそうです。

「安藤 魚春」から「アンディー・ウォーホール」は空耳アワー的でいいですね。
オレも改名してみましょうかね?
Posted by よしゆきロビンソン at October 15, 2006 00:29
KAT-TUNがイニシャルから取ってるの知りませんでした。
てか、KAT-TUN自体よく知りません。キョンキョンと付き合ってる奴がいるのは知ってるけど顔は全く分かりません。ジャニーズとか吉本のゴリ押しのせいで芸能界での地位と世間の認知度の溝が大きくなってるように感じます。
WESUGIはかなりヤバイですね。なぜか内田裕也を思い出しました。
Posted by クロフネ at October 15, 2006 22:44
クロフネさん
KAT-TUNで知ってるのは亀梨オンリーでしたが、赤西の記者会見で初めて赤西の顔を知りました。
吉本やジャニーズという肩書きだけで売れてるヤツは、さっさと消えてほしいです。
ジャニーズはどういうわけか力がありすぎて、批判するとそのTV局には出さないぞという脅しがあるようですが、それに屈するほうもどうかと思いますがねえ。
上杉は最初、UESUGIだったようなんですが、いつからかWESUGIと変身してしまったようです。
Posted by よしゆきロビンソン at October 16, 2006 00:32
WESUGI…
テレビに全くついていけていないので
Aの話は今朝、妹から聞かされました。
朝のニュースは毎日見てるはずなんだけどな…

更にもう一つ、イニシャライズということは
KAT-TUNは6人編成ということなのですね(それすら…)
Posted by 夕@rk. at October 16, 2006 22:57
夕@rk.さん
WESUGI氏は、どうやら上杉昇としてソロデビューしているようです。

オレだってA氏の所属するグループは1人しか顔と名前が一致しませんよ。
6人編成で正解です。
で、5人に縮小したわけです。
Posted by よしゆきロビンソン at October 17, 2006 09:14