October 22, 2006

プレッシャー

昨晩の日本シリーズを見た。
さすがプロというプレーをまざまざと見せつけたのは、中日ドラゴンズのショートストップを守る井端。
決して体格に恵まれているわけではないし、派手でもない。
同じような体格の子供たちに目指して欲しい選手である。

試合開始直後はガチガチだった両軍選手。
特に北海道日本ハムファイターズのダルビッシュ君。
いつもはふてぶてしいまでの投球、態度を披露しているが、彼もまだ二十歳。
第一戦の先発の大役を任命されて、失点という結果だけで判断すれば大乱調というわけではない。
ただ、ピッチャーゴロの処理やその後の判断などに緊張の一端が垣間見え、少なからずピッチングにも影響を及ぼしていた。
試合前は緊張を紛らわすために、全身の毛穴から煙が出るくらいに大好きなタバコを吹かしてたかもしれないね。


2年連続で三冠馬を目撃できるかもしれない。
競馬好きのボクにとってこの上ない幸せである。
プロ野球で2年連続三冠王になることよりも難しい。
競馬の三冠は馬にとれば一生に一回ポッキリしかチャレンジできないのだ。

三冠に挑戦するメイショウサムソンに騎乗する石橋守騎手。
プレッシャーかかってるだろうなあ。
レース展開を予想すれば、前に武豊、後ろに横山典弘の名手に挟まれる位置での競馬となるだろう。
前門の虎、後門の狼以上の恐ろしさがある。
想像しただけで背筋がゾクゾクするのである。
しかし、これを跳ね除けてこそ三冠馬と呼ぶに相応しい。
是非、三冠を達成して年末の有馬記念で新旧三冠馬+ハーツクライの三つ巴を実現して頂きたい。

その菊花賞は堅そうな決着に終わりそうなので、2番ミストラルクルーズの複勝でお茶を濁しておく。

他に穴決着になりそうなレースがないかと競馬新聞に穴が開くほど見つめていたら、これがまた穴決着になりそうなレースがボロボロ発見できた。

福島8レース12番アグネスヘルメス

同9レース4番フェアリーティアラ

京都9レース9番ジーンハンター

東京9レース13番シゲルダンプウ

同10レース13番サクライナセ

同12レース4番サクラトライアンフ

どの馬も臭うのだ。
しかし、相手が絞れない。
かといって全部は買えない。
予算の問題がある。

てなわけで、博打の原点に戻り上記した馬の単勝を購入に決定。
1つでも的中すれば充分プラス収支である。

普段はそうではないのに、こと馬券になると優柔不断に陥るのはどうしてなんだろう?
Posted by foe1975818 at 12:13│Comments(9)TrackBack(0) 野球 | 競馬

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
>>前に武豊、後ろに横山典弘
後ろの横山は2着までしかないから安心ですよ。
Posted by クロフネ at October 22, 2006 13:39
普通に忘れてましたw
日本シリーズ。見る気がしませんが
今日は暇だったら見ることにします。
ダルビッシュ並みにふてぶてしい
わたしでしたw
Posted by すい at October 22, 2006 14:18
クロフネさん
驚きますわ。
幸四郎にもですが、G気硫山の馬単2着流しでぼろ儲けできますよ。
最後に勇気が出ませんけど。



すいさん
オレも全部は見てない。
めちゃイケを見ながらやったから。
実力は中日が一枚上やけど、日ハムは北海道に帰って3つ獲れるかがキーになるんちゃうかな。
Posted by よしゆきロビンソン at October 22, 2006 16:09
今日も見たよー
今日は八木だったねー
ダルビッシュ、八木って2人とも若いのにすげぇわ。
新庄っていう心強い仲間がやっぱり安心して投げれるのかな。

北海道戻ったら、
新庄何かやらかすかな。
火曜がすげぇ楽しみー
Posted by chamunili at October 22, 2006 22:52
チャムさん
中日もですが、日ハムも外野の守備がしっかりしてるんで、キャッチャーも思い切った配球ができます。
新庄なき来シーズン。
日ハムは人気を持続できるんでしょうかね。
少なくともあと3戦はあるわけですから、宇宙人新庄の最後の奇行を目に焼き付けましょう。
Posted by よしゆきロビンソン at October 23, 2006 01:06
う〜ん、残念です・・。
私は菊花賞しか買いませんでしたが、
他は穴配当出ましたか?
それにしても、幸四郎くんが来るとは・・
不意を突かれましたよ・・・
サムソンの三冠が見れず、残念です。
Posted by のほほん at October 23, 2006 01:55
のほほんさん
はい、2つ入ってましたので1つ削っておきました。
3強のうちどれかが崩れて穴馬が突っ込んでくるとは思っていましたが、メイショウサムソンが崩れて幸四郎が突っ込んでくるとはまさかでした。
メイショウサムソンの後ろにピタリとマークしていたドリームパスポートだったわけですが、直線では幸四郎にピタリとついてこられてましたね。
恐れ入りました。
他のレースは全くダメでした。
箸にも棒にも掛からないとは昨日のオレのことを指すんだと思います。
Posted by よしゆきロビンソン at October 23, 2006 07:45
どうかダルビッシュが普通の常識を持つように願う、
地元民でございます。
彼、永遠に自由な人ですから。
気をつけてほしいんです。徘徊癖とか。
Posted by チカ at October 23, 2006 15:15
チカさん
随分大人になったでしょうから、多少はマシになってるでしょう。
法に触れない程度に徘徊してほしいもんです。
Posted by よしゆきロビンソン at October 23, 2006 22:04