November 16, 2006

平成生まれ

ボジョレー・ヌーヴォーの解禁日である(ボージョレ・ヌーヴォーか?)。
今頃、川島なお美を始めとするワイン愛好家がガブ飲みしていることであろう。
ボクはワインなどの上品なお酒が口に合うような味覚を持ち合わせていないため、滅多に口にすることはない。
唯一口にしたのは、家の近所にあるバーで、である。

何年前かな?
友人H田行きつけのバーへヒロキジーニョとボクとの3人で訪れた。
縦に長い6畳ほどの小さい店内に客はおらず、山本シュウ似で髪の毛が内田裕也的なカラーの推定40前のマスターが、TVで「ガチンコ!・ラーメン道」のビデオを見ていたので、我々もそれに見入った。
大阪弁の変なヤツが
「神輿やないんやから!」
と数人のスタッフに椅子ごと持ち上げられて退場させられているシーンが頭にこびり付いて離れない。

バーに備え付けられていたダーツを発見した我々。
マスターが
「じゃあ君たち3人で勝負して勝った人がボクと勝負。で、ボクに勝ったらボジョレーヌーヴォーをサービスするわ。解禁まであと2時間ぐらいあるけど、まあいいか。」
と懐の大きさをアピールする態度で提案した。
いかすやんけマスター!
初対面でここまでサービスしてくれるマスターを前にして、俄然やる気が起こり袖を捲る我々だった。

「マスターは上手いんですか?」
と探るように尋ねると、
「うん、まあ客がいないときにポイっと投げたりはしてるけどね。」
そんなに練習してません的なコメントのつもりだろうが、絶対にそんなことはなく腕には覚えがあるはずだ。
2学期の中間テスト直前で「オレ、全然勉強してへんで。」と聞かれてもいないのに口にする生徒と同じ法則である。
そうでなきゃ解禁前のボジョレーヌーヴォーを小汚い我々に無料で振る舞うなんて有り得ないのだ。

我々3人はダーツ初体験。
ルールは知らんが、300点以上のスコアが出るとなかなかの高得点らしい。
適当に投じた結果、ボクが300点以上をマークして勝利した。

さあ、ここからが本番である。
先行はボク。
またもや奇跡が起こり、300点以上を叩き出してしまった。
「う、上手いねえ。」
マスターの声が若干上ずり、暗い店内にマスターの引き攣った顔が浮かび上がっていた。

マスターの番である。
さぞかし投てきフォームもかっこいいだろうと、我々3人はその一挙手一投足に注目した。
ところが、である。
左足を浮かせ、体と腕を目一杯伸ばし、的に思いっきり近づいている。
その姿はもはやマスターではなく矢を持ったバレリーナで、その手はほとんど的に触れそうだ。
見かねたH田が
「マスター、それズルいんちゃうん?」
と切り出すと、
「いや、あ、足の位置が出てなかったらいいんや。」
とバレリーナ状態で息苦しそうに答えた。

もひとつ納得いかなかったが、マスターがそう言うなら仕方あるまい。
矢の行方に注目した。
1投目、2投目、3投目…。

え?
マスターの合計点はたったの70点。
ビギナーの我々のスコアよりもズバ抜けて低い。

マスター…「あれ?いつもはもうちょっと点数いいんやけどな」
ボク…「たまにはそんなこともありますよ。オレもビギナーズラックが炸裂しただけですから。」

マスターは渋々カウンターの裏からボジョレーヌーヴォーを持ってきてボクのために解禁した。

完全にプライドを傷つけられ納得いかないマスターは
「じゃあ、もう一度負けた2人で点数の高い方がボクと勝負しようよ。ボジョレーヌーヴォーを賭けて。」
H田とヒロキジーニョの対決はヒロキジーニョに軍配が上がり、マスターとの勝負に移った。

ヒロキジーニョVSマスター
先行のヒロキジーニョがここでも300点以上を叩き出した。
マスター…「絶対ダーツやったことあるでしょう!?」
我々…「ホンマにないですよ!」

マスターはさっきにも増して全身を伸ばして投てきしたが、結果は奮わず

70点台!

ヒロキジーニョにもボジョレーヌーヴォーが振る舞われ、我々2人はグラスを鳴らし、勝利の美酒に酔った。

ヤケになったマスターは「どうせなら」ということでH田にもボジョレーヌーヴォーをサービスした。
「まだオレは一滴も飲んでないのに…。」
敗者・マスターは俯き加減でこぼした。

口数が極端に減り、カウンターに座る我々の後ろで小首を傾げながらダーツの練習を始めたマスター。
居た堪れなくなった我々は店を後にした。
その日以降、我々がこの店を訪れることはない。

生まれて初めて口にしたボジョレーヌーヴォーの味に想像以上の苦味を覚えたのは、バー内の微妙な空気がそう感じさせたのは間違いない。

これがボクのボジョレーヌーヴォーに関する苦い思い出である。

Posted by foe1975818 at 23:30│Comments(11)TrackBack(0) 過去ロビ 

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
すごい気まずかったんですねwww
ダーツっぽいのを昔1回だけやった事ありますがやはりビギナーズラックでしたよ。
Posted by Kタソ at November 17, 2006 00:00
Kタソさん
かける言葉は言い尽くしましたよ。
ダーツなんて大体の感じでいけますよね。
オレは左上のほうを狙うと真ん中に行ってくれます。
Posted by よしゆきロビンソン at November 17, 2006 00:08
ダーツねぇ。足の位置、私も言われた事ありますぅ。
自由にしたいのに(笑
何かを、かけたら、勝負では、負けたくないですぅ。
変なパワーが出ます。
マスターは、勝つつもりだったんでしょうね。(笑
Posted by MANA at November 17, 2006 12:16
MANAさん
正しいフォームがあるらしいですが、たまにやる分にはそこまで拘りたくないですし、ゴチャゴチャ言うな!って話ですね。
質問があったらこっちからするっちゅうねんと吠えます。
マスターは結構練習してたはずで、まさか70点などという低いスコアは自己最低だったんでしょうね。
Posted by よしゆきロビンソン at November 17, 2006 20:46
ウチの班長はボジョレー(本当はボージョレで合ってますよ)のことを
「ボンジョレ」と言っています・・・。
BEAUJOLAISのどこの「ン」が入っているのか聞いてみたい。
でも誰もそれを指摘しない・・・完全にスルーです。
Posted by あさゐ at November 17, 2006 23:00
ヒロキジーニョ氏にはそんな才能もあったんですね。


それにしてもマスターかわいそww
Posted by ある契約社員 at November 18, 2006 06:59
あさゐさん
そのスカシはいいですね。
ささやかな抵抗でも気持ちいいもんです。
「ボンジョレ」はどっからきてるんでしょうね?
ボンジョビと掛けてるとか?



ある契約社員さん
あのときは3人とも調子よくて、高得点を連発してました。
ヒロキジーニョの勝負強さはなかなかのもんですよ。
ちょっとお店を覗きにいってみようかと思ってます。
Posted by よしゆきロビンソン at November 18, 2006 08:56
ボジョレー・ヌーヴォーの解禁なんて誰が見張ってるわけでもないんだからそんなにきっちり守る必要ないと思うのに、なんであんなに時間までしっかり決めてるのか不思議です。
マスターはプレッシャーにやたら弱いんでしょうね。
Posted by クロフネ at November 19, 2006 14:19
クロフネさん
なんだかんだいって守ってないとこも多いでしょうね。
解禁を破ったからって密告する人もいないでしょうし。
マスターの勝負弱さに笑いたかったんですが、気まずかったので笑えませんでした。
Posted by よしゆきロビンソン at November 19, 2006 23:28
私は次の日にちゃんとボンジョレのみましたよ〜
毎年解禁されるとテンションがあがるので飲むんですが、
すっぱいと感じてしまいます。
私の口にはワインは合わないようで。
サカナがギョーザだったからかもしれませんが。

そういや、ミクシーの情報流出ネタ。
我々にもありえることですからね。
ただヤフーで名前を検索しても私と結びつくようなヒットはありません。
当然といえば当然ですが。
他人の悪意は計り知れないことがありますので。

ところで、インリンの本名?はオブ ジョイントだと思っていたことは
おそらくあさゐさんにはスルーされることでしょう。
Posted by snow。 at November 25, 2006 22:40
snow。さん
オレも美味いとは思わなかったです。
ギョーザでは合わないでしょう。
ギョーザにはビールと決まっています。
ギョーザは3人前食わないと気が済みません。

個人情報流出なんてのはミクシ〜だけに留まりませんからね。
オレは名前を検索したら同姓同名がいらっしゃって、結構、出世してはりました。
こういうヒットの仕方も凹みますわ。

インリン・オブ・ジョイントって下世話なビデオでありがちですね。
あさゐさんもナイスな覚え方してはりますな。
Posted by よしゆきロビンソン at November 26, 2006 09:17