November 25, 2006

黄緑

水曜夜にヒロキジーニョと久方ぶりに飲みにいった。

「よしゆきさあ、進行止まってるで。」
「いやいや、ヒロキさんこそ踏み止まってるで。」

広くなったお互いのデコを励ましあうという、何とも情けないスタートを切った飲みである。

例の首絞め事件の詳細を訊いたわけだが、電話で話を聞いたときとは異なり、実際に面と向かって聞くと、脚色も加えられているだろうが、腹を抱えて笑ってしまった。
メシはそんなに食ってないのに、腹が一杯になってしまったほどだ。

しかし、ヒロキジーニョのお土産はそれのみにあらず、何と山本KID徳郁の物真似をマスターしていたのだ!
「さんまのまんま」に出演時のもので、山本キッドとヒロキッドのシルエットがこれまた微妙に似ていることも合い手伝って笑えた。
あの首を動かす感じはなかなか出せないぞ。

何故か、ボクは焦るのである。
こうなったら友人Hに指令を下された阪神タイガース岡田監督の物真似をマスターするしかあるまい。


今日のジャパンカップダートはボクの馬券の見せ場は全くなかったわけだが、レースは見応え充分で、且つ、笑えた。
5連勝で一気に頂点まで上り詰めたアロンダイトは褒め称えるとして、シーキングザダイヤ君がまたしても2着。
レース前の記者会見で武豊騎手が
「何かが足りない」
と零していたことが、物の見事に現実となった。
一度、芝のレースに戻してみるなどの気分転換を提唱する。

明日のジャパンカップは外国馬が僅か2頭。
本来ならば興味を削がれるところだが、日本馬の有力どころが無事に揃ってくれた。
ボクにはドリームパスポートが寒空の東京競馬場を切り裂くシーンが浮かぶ。
だが、ドリームパスポートは東京競馬場向きの脚質ではないかもしれないと危惧もしている。
その部分を一押ししてくれるのは、武豊を脅かす存在の最右翼と目している「岩田康誠」だ。
ドリームパスポートを管轄する松田博資調教師が岩田康誠に授けた作戦が
「最後の直線まで溜めに溜めて一気に爆発させろ」とのこと。
これならば最後に脚色が一緒になって止まることもない。
完全に突き抜ける。
馬券GETである。イェイ!!

地味に京都競馬11レースのアサカディフィートや、東京競馬7レースのヒカルドウキセイに重きを置いてたりする。
Posted by foe1975818 at 20:59│Comments(9)TrackBack(0) 最近 | 競馬

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
ヒロキジーニョ氏は、リアクション芸だけでなくて、物真似までできるんですね。ある意味上島竜兵を越えてますね
Posted by ある契約社員 at November 26, 2006 03:44
ある契約社員さん
雰囲気物真似ですけどね。
さすがにリアクション芸は習得できてませんよ。
Posted by よしゆきロビンソン at November 26, 2006 09:18
お忙しい。物真似を取得しながら、競馬の予想、そしてお仕事までも。
多忙ですよ、よったんさん。
お休みも必要です。
私は旦那の物真似と、以前働いていた時の、マネージャーの物真似だけです。
Posted by チカ at November 26, 2006 12:22
チカさん
仕事しながら物真似の練習ができますので多忙でもないですよ。
競馬の予想だけは集中してしまうので片手間でできませんけど。
身近な人の物真似もよくやりますね。
そこにいる人間全員がそいつと化してしまうことが往々にしてあります。
Posted by よしゆきロビンソン at November 26, 2006 13:23
すいませんでした、とか数々の名珍場面を見るとリアクション芸の才能があると思わずにいられません(笑)
Posted by ある契約社員 at November 26, 2006 16:59
ある契約社員さん
いじられキャラであることは間違いないですよ。
本人は気づいてないようですが。
Posted by よしゆきロビンソン at November 26, 2006 22:33
KIDの物まねとは羨ましいですね。いえ、ウラヤマシスです。どうも、しょこたんです。
雰囲気芸なら桃井かおりが昔は得意だったんですけどね。あと小池…(略)ろMEG…(略)。
物まねは度胸がいるものです。すっかり丸く(?)なった今ではできませんもん。
Posted by ゼンダマさん at November 27, 2006 14:29
シーキングザダイヤは武であっさり勝たれたらノリ面目が丸潰れになるのでちょっと期待してたのですが、残念でした。
エルコン産駒2頭目のG1馬ですね。ラストクロップ頑張りますね。
Posted by クロフネ at November 27, 2006 22:05
ゼンダマさん
悲しいわ。
しょこたんがギリギリわかるようではいかん。
桃井かおりが昔やってたCMは皆飛びついたんちゃう?
「湯上り卵肌の桃井がよ〜」ってやつ。



クロフネさん
武豊は佐藤哲三が内を開けたことに相当不満があるようですね。
あれがなければ勝っていたとさえ言うてますし。
「死んだ馬の仔は走る」ジンクスはまだ生きてますね。
Posted by よしゆきロビンソン at November 27, 2006 22:21