December 14, 2006

チン毛

「椅子の位置がずれている。」
うちの某お客様からクレームをつけられた。
これが如何に難癖であるかは、仕事内容を明らかにせねば理解し難いとは思う。

そもそもその某お客様の某物件の某部屋に向かう破目になったことが、ケチの付け始めだった。
しかも向かう破目になった理由こそが、その某お客様による単純な失策が起因していたのだ。
そのアンポンタンなミスさえなければ、万事上手くいき、ボクも健やかな夜と爽やかな朝を迎えられたはずなのだ。
朝ダチしなかったのは、100%そのせいである。
どうしてくれるのだ。

お客様は老人で、最近そこに勤めることになった新人である。
新人の分際で自分のミスを棚に上げ、謝罪の1つもない。
挙句の果てには椅子の位置がずれているとぬかす。
今度行ったら、その部屋のもんを根こそぎ引っ繰り返しておいてあげようかしら。
おほほほほ。

年を追うにつれ、稀に偏屈化するどうしようもないおじいがおる。
ボクのオヤジもその顕著な例だ。

「若いもんに負けたくない!」
その意気込みは大いに結構だが、謙虚な気持ちも持ち合わせてほしいものである。


胸糞悪いクレームでいつになくご機嫌斜めなボクに、更なる試練が襲いかかった。
某ショップでダウンジャケットを購入したところ、ファスナーが上がらない。
ごっつ固い。
いくらエルニーニョ現象で暖冬が予想されている今冬でも、胸元ザックリでは心許ない。
即電話。
でもボクは謙虚な気持ちを持ち合わせている大人なのだ。

「さっき買うたダウンのファスナー壊れとんねんけど。」

下手に出て、藤岡弘、風の低音で優しく問い合わせた。
お店側の対応は、
「持ってきてください。交換いたしますので。」
とのこと。
「トーッ!!」
大人なボクは飛んでいって交換してもらった。
店員の対応はそこそこ誠意を感じられたが、これといったサービスはなかった。
そこだけを期待していたのだが…。

その昔、ケンタッキーのドライブスルーで品物を持って帰ったら、バターコーンではなくポテトが入っていた。
オヤジが電話で下手に出て問い合わせたら、
「申し訳ございません。今すぐお持ちします。」
店長が現れ、バターコーンを持ってきただけでなく、
「代金を全部返金します」
と切り出した。
誠意に感動した我々一家はさすがにそれは断った。
懐かしい。
おじいも生きていた20年も前の話である。

さて話を戻すが、まだボクには災難が降り注ぐ。
今、人差し指オンリーで打っ叩いているキーボードが「部分的に」お陀仏となった。
いいですか。
「h」を打つと
「hj」と入力されます。
その度に「j」を消去しています。

次、「変換」ボタンを押すと、
「d」が現れます。
したがって、左横のスペースキーで変換を行っています。
慣れていないだけにもどかしい。

最後に

かぎカッコの閉じる方ですな。
これを打つと
」s
と、漏れなくsが付いてきます。

例えば
「ハードゲイ」と一気に打つと、
「hジャードゲイ」s
と表示されるのです。

うわあー!!!
イライラする!!!
明日、朝一で電話しよう。
もちろん大人な口調で致しますよ。
おほほほほ。

このボクのイライラは、明日の「たかじんのそこまで言って委員会」の番組観覧で解消できるかな?
番組ホームページによれば、かなり濃い〜メンバーが揃っているようだ。
Posted by foe1975818 at 23:54│Comments(9)TrackBack(0) 最近 

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
たかじんの番組、何週間か遅れて、こっちでも放送してますよ。観覧席、目を凝らして見てみますねww


謝らないやつ最近多いですね。ガッペむかつきますね、特にそれが年上だったりすると。
Posted by ある契約社員 at December 15, 2006 05:26
私も前に、某宅配ピザ屋のサイドメニューのプレミアムアイスクリームを一緒に注文したら、
お店で一度使った商品だったらしく、デッシャーでひとすくいした跡が付いていたんで電話して告げたら、
お詫びに同じアイス3個とコーラ3本持って吹っ飛んでらっしゃいましたよ。
すごく嬉しかったんですが・・
冬の時期で、500mlのアイスはなかなか食べ切れず、冷凍庫で霜が降りるまで鎮座してました。
やしきたかじん懐かしいなぁ・・昔「たかじんのバー」はよく見てました。
メンバー以前に、たかじん様もかなり濃ゆいですよね。
Posted by のほほん at December 15, 2006 15:37
大丈夫ですか?困ったお客様、どう考えても多すぎますよねぇ。
お客様は神様だと思い込んでいるんでしょうねぇ。
私には理解出来ません。対応に困ってしまうなら、仕方ないですが。
しかし、キーボードはお早めに修理されたほうがいいですよ。
よったんさん、指打ちですし、大変ですから。
Posted by at December 15, 2006 18:53
ある契約社員さん
あら、そちらでも放送されているとは驚きです。
観客席が映り込むようなシーンはなかったようですよ。

謝罪の仕方にも注目しますけどね。
まあ、自分と照らし合わすと痛いほど分かるんですけどね。



のほほんさん
ピザ屋さんは稀にありますね。
オレもクレープを頼んだら、持ってくるのを忘れられました。
クレープ以前に、ピザを残すぐらいに腹一杯になったから結果オーライで、クレームはつけませんでしたけどね。
のほほんさんのアイス3個にコーラ3個というのは嫌がらせに近いですね。
ノロウイルスも真っ青の下痢ピーに襲われますよ。

たかじんのバーは、ある意味伝説に残ってますからね。
たかじんはTVのイメージと変わらなかったですよ。
Posted by よしゆきロビンソン at December 16, 2006 00:10
凛さん
クレーム処理として上がってないようなので、オレにもお咎めなしということになって助かりました。
お客様は神様なのはいいんですが、たまにとんでもない悪魔の神様がいますからね。
キーボードは決着がつきました。
新しいキーボードを送ってきてくれるようです。
Posted by よしゆきロビンソン at December 16, 2006 00:15
ウチの客にもいますよ〜。結構ムチャなことを言ってくるお方。
上司が対応しているのですが、しまいには上司もブチギレ状態です。
ほかにも「(預り残高を)元に戻してもらわないと息子に殺される」と
泣きついてくるお客様・・・。
そんな法律に触れることはできませんって分かってるでしょうに・・・。
Posted by あさゐ at December 16, 2006 20:54
あさゐさん
客であることをいいことに調子に乗ってくるヤツはいますね。
実は妥協点は自分で分かってるくせに、予め高いハードルを突きつけてくるとかもいますね。
松坂の代理人のボラス氏のような。
息子に殺されるというのは別の機関に相談してもらいたいですね。
言い訳も出尽くしておかしくなってきてるんでしょうね。
Posted by よしゆきロビンソン at December 16, 2006 21:01
老若男女問わず謝らない奴多いですよね。
若ければ仕方ないかとも思えるのですが、さんざん人生経験積んできた人が不遜な態度をとったりしてるのを見ると人間として思い切り見下してしまいますね。
Posted by クロフネ at December 17, 2006 13:03
クロフネさん
謝らないのは何なんでしょうね?
家で嫁さんや子供に散々虐げられてるから、仕事でだけ偉そうにしてるとか?
不憫にさえ思えてきます。
Posted by よしゆきロビンソン at December 17, 2006 13:12