January 13, 2007

後付け

京都競馬場の11レースで100円が100万円にも化ける馬券が炸裂した。
その主役を担ったのが、エイシンツルギザン。
故障による長期休養などが理由で16頭中16番人気と大暴落していたが、決して買う材料が皆無な馬ではない。
遡れば4年近く前にNHKマイルカップで2着に入線した実績を残している古豪で、長期休養明けを一叩きされた今回は、押さえておく必要が少なからずある。
このレースの本命をタマモホットプレイと認定していた(結果1着)ボクにとって、エイシンツルギザンの激走は、遣る方ない結果以外の何者でもない。
確かに、100万馬券を記録した3連単を買う資金がなかったことは認めるが、馬連の400倍を引っ掛けることは全然無理なことではない。
なぜならボクは、馬連の総流しが基本だからである。
このレースをチラ見程度の予想でスルーし、京都12レースで大損したボクは、益々奥歯を噛み締めるのである。
もっとよく新聞に目を通さなければいかんと、再認識させられた。

気を取り直して、明日の決意表明と行こう。
明日も候補が2レース。
京都10レースと、中山10レース。
京都10レースの本命に掲げるのはマーブルバルダー。
一方、中山10レースの本命に推すのはトシザボス。

さて、どちらのレースにしましょうかね。
誰か決めてくれませんか?

Posted by foe1975818 at 22:12│Comments(0)TrackBack(0) 競馬 

この記事へのトラックバックURL