January 23, 2007

狼なんかこわくない

犬を蹴りました。

まあまあまあまあ、ボクを人でなし扱いする前に、話を聞きなさい。

先月噴出の古びた話で恐縮だが、オカンから犬の散歩を請け負ったボクは、近くの公園へと足を延ばした。
草野球でも利用している球場が一体化しているこの公園は、10年程前に改装され、小奇麗に変貌。
それでもボクのガキの頃の面影は残っている。
まだ何とか思い出せる。

愛犬ラヴ(♀、雑種。何歳か忘れた。多分10歳を超えたくらいか?)を連れて舗装された川沿いを行くと、この辺りでは滅多に見かけないセレブ的な帽子を被った推定20代の女性が、しゃがみこんでデジカメを構えていた。
レンズの先には、座ってるのか立ってるのか判断つかない最近流行の足の短い飼い犬が佇んでいる(全長50cmほど。犬の種類がわからん。茶色と白のヤツ)。
問題は、エセセレブが単足犬の写真を収めるために、「犬の紐を完全に手放している」という卑劣極まりない凶悪犯罪行為に手を染めていることだ。

単足犬は既にボクとラヴのユニットを視界に捉えている。
嫌な予感。
フラッシュバックする。→トラウマ

間もなく単足犬の唸り声が聞こえてきた。
足が竦むボク。
そして、来た!短い足をフル回転させて。
まさに犬走り。
我が飼い犬の変貌ぶりに驚き、慌てたエセセレブは、ずっこけているようだ。
ボクは恐くて声が出ず、地面から生えてきたんか?と錯覚するほどに、足がピクリともその場から動かない。
単足犬はラヴの前で急停止し、ただでさえ低い姿勢をさらに低くして吠え続けているが、跳びかかってくるのは時間の問題。
ボクの声に反応してかかってきそうな気配すら感じる。

気がついたら、ボクは単足犬の無駄に長い胴を蹴飛ばしていた。
噛まれる危険性を秘めているのに、である。
完全に無意識。
防衛本能がそうさせたのかもしれない。

2、3m蹴飛ばされた単足犬は短い足でムクッと立ち上がり、敵意剥き出しで唸りながらかかってきた。

「うわあー!!!」

ここで漸く、ずっこけていたエセセレブが紐を踏んだ。

「はぁ〜。助かった…」

「すみません!」
平謝りに謝るエセセレブに、声にならない声、というか息でしか返事ができず、余裕もないため、罪を問い詰めることができなかった。

以上、僅か10秒程の攻防である。

仮に、単足犬を蹴り上げたことに対してエセセレブが詰め寄ってきていたならば、ボクは平静を取り戻してネチネチと説教を垂れていていたことであろう。
もちろん、エセセレブの連絡先を聴こうなどという下心から来るものではございませんよ。

振り返ると、この一連の騒動で一番落ち着いていたのは、ラヴである。
ずっと黙ってお座りしていた。

それとも飼い主に似て、ビビって動けなかっただけか?


もう決めた、ボクは。
「紐を離す」という犬畜生にも劣る行為をなす豚犬飼い主を発見したら、パニックを装って犬に思いっきり長渕キックを食らわすことを宣言します。

でも恐いんだよね、ホント。
あの時の傷は意外と深いのよ…。

やっぱり犬は可哀想なんで、飼い主に長渕キックを入れようかな?

当然、散歩ルートを変更するなんてできません。
それでは負け犬ではないか。
元々ボクとラヴのテリトリーである。
あんなエセセレブの好き勝手にはさせねえ。
テリトリーを奪いたいなら、ボクとラヴが小便を引っ掛けてきた場所に小便を引っ掛け直すがよい。
小便の引っ掛け合いなら受けて立つのである。

なあ、ラヴよ!













8db61c55.JPG










駄々を捏ねるなよ

Posted by foe1975818 at 12:10│Comments(10)TrackBack(0)ペット 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/foe1975818/50704118
この記事へのコメント
笑わして頂きました続くの後(笑)
駄々をこねるな
どころか
しっこタレてるみたいになってる(笑)
Posted by しっぺい at January 23, 2007 13:49
しっぺいさん
おしっこみたいな黒い染みは、道路に付着していたもんなんです。
転がった瞬間、ここぞとばかりにシャッターを押しました。
保存しておいてよかったです。
Posted by よしゆきロビンソン at January 23, 2007 22:44
ラブ?ラヴ??
ステキなワンコですね♪
エセセレブの電話番号をゲットしないと!
ラブが気を利かせてくれたに違いないですよ。
うまいことをいうと、ラブが生まれる可能性が…。
Posted by すい at January 24, 2007 18:36
あはぁ!ラヴちゃん、おひさです♪
1番、落ち着いていたんですねー。
よしゆきサンが、どうにかしてくれると
思っていたんでしょうか?
可愛いですねー。
Posted by MANA at January 24, 2007 20:00
飼い主に長渕キックは傷害事件ですよw
それにしても2、3mも蹴り飛ばすとは、やりますな〜。
Posted by クロフネ at January 24, 2007 23:25
あ〜これがラブちゃんですか〜
可愛いいな〜このポーズもまた・・ほんとに駄々を捏ねてるように見えますよ〜
私は犬に噛まれた事無いんでどんだけ恐いものなのかがよくわからないんですが、
よしゆきさんのトラウマは相当深く残ってしまったようですね・・・。
Posted by のほほん at January 25, 2007 01:34
お久しぶりです^^
ラブちゃんオカメさん模様で可愛らしいですね^^
うちのにゃんもオカメっこがお一人様おります。
仲間だ…

バトンをお願いに上がったのですが、
お時間のある時でかまいませんので
受け取って下さいな^^
Posted by 夕@rk. at January 25, 2007 01:59
長渕キックww懐かしいっすねとんぼ。今の若い人は仙道敦子とか知ってるんでしょうかね、知らんでしょうな



俺も蹴ってみよかな犬。最近放し飼い大杉ですよね公園とか。非常に腹立たしいです
Posted by ある契約社員 at January 25, 2007 03:49
すいさん
「ラヴ」でございます。
下唇を甘噛みです。
エセセレブとラヴを始めたいところだが、あんな常識知らずとはラヴを始めたくない…こともない。



MANAさん
ラヴも年をとりました。
もう、熟女です。
どんな犬に対してもじゃれようとするんですが、このときは「こいつら何エキサイトしてんの?」と見下しているような感じでした。
やっぱり他人の犬は怖いですわ。



クロフネさん
自分でも驚きです。
恐怖心は狂気を引き出すことを知りました。
長渕キックに磨きをかけますよ。
Posted by よしゆきロビンソン at January 25, 2007 09:30
のほほんさん
急にねっころがったりするんですよ。
よくわからん犬です。
トラウマはかなりのもんですよ。
飼い主は気を抜いてるのが、よくわかりますから。
デカイ犬は凶器にしか見えないです。



夕@rk.さん
お久しぶりです。
バトンの件、了解しました。
後程こっそり覗きにいきます。

猫でこの模様ってのも珍しいんじゃないですかね。
うちのは拾ってきたんですが、近所に親犬っぽい犬を散歩させてる人をよく見ます。



ある契約社員さん
仙道敦子は完全に引退してますし、若い人は知らないでしょうね。
旦那を最近見ないんですが…。

向かってくる犬に対しては蹴りも仕方ないですよ。
狂犬病の注射してない犬だったら大変なことになりますしね。
Posted by よしゆきロビンソン at January 25, 2007 09:40