January 27, 2007

言ってるねぇ

たとえ声色が似ていなくとも、癖や仕草、口調が似ていれば、それは立派な物真似であるというのが、ボクの物真似定義であり、そんな芸人を見るにつけ、ボクのツボは激しく刺激され、昼夜を問わず笑い転げるのである。
ご近所さん、ごめんなさい。

「あどで〜、んとで〜(あのね〜、うんとね〜)…」
子供の頃の貴乃花をチョイスした時点で、バナナマン日村は勝ち。
「花田勝さんは〜、手強いんですよ〜。」
このフレーズを抽出した時点で、松村邦洋の勝ち。
少し前の記事で採り上げた「ほっしゃん。」の物真似をする芸人も然り。
新たな物真似を発掘する芸人が現れる度、彼らの着眼点、観察力に舌を巻く思いである。

ダウンタウンDXでも「人の癖」に着目したコーナーが立ち上がっている。
見ていて実に楽しいコーナーである。
だが、一たび「人の癖」という魔物が気になってしまうと、肝心の話の内容が頭に入ってこないことが往々にしてある。

やしきたかじんの「はっきり言うて」。
スポーツ選手におけるインタビュー冒頭の「そうですね」。
「そうですね」に加えて、ゴジラ松井や宮里藍が語尾につける「はい」などは、思わず回数を数えようとしてしまう。
必死に頭から払い除けようとしているのだが、ダメだ…。
ベッドに潜り込んだときに、秒針の音が気になって眠れなくなるのと同じ原理である。

面白くないハラスメントでTV画面を賑わせているココリコ遠藤。
彼の口癖「正直〜〜」は、注目されてからピタっと聞かなくなってしまった。
ラガルさんによれば、「ほっしゃん。」も、物真似されてから「ビックリしますよ」を言わないよう心掛けたとのこと。

口癖を物真似されるのは、芸人としてあまり良い心地がしないのだろう。
それは、自身の語彙や表現の乏しさを露呈していることに繋がりかねない。
確かに、半分素人時代のコージー冨田が、「笑っていいとも」でタモリの物真似を披露した時、腹を抱えて笑った記憶が鮮明に残っているが、タモリは露骨に本気で嫌がっていた(客も受け入れてなかったけど…)。

物真似される気持ちってのは、物真似されないと汲み取れないのだろうか?
ボクら仲間内でも物真似しあうが、ボクはあんまり物真似されないから嫌な気持ちというのが解らないのかもしれない。
どんどん行ってほしい。
特徴がないとは思えんが…。



期待していたスパニッシュソウルは直線伸びず、0.2秒差の4着。
たった0.2秒差とはいえ、スローペースを先団に付け、抜群の手応えで直線に向いたが、あそこまで伸びないとなると完敗で、敗因は距離と見るのが妥当。
適条件での出走時にドカンと勝負しよう。

さて、明日だが。
いつ以来だろうか?
武豊を軸に据えて馬券を買うのは。

明日の東京競馬の根岸Sに登場するタイキエニグマ。
前走は向こう正面で一気にマクった。
それでいて最後まで見せ場タップリの4着。
連闘で体重が絞れれば、昨年2着の実績がモノを言う。
府中の1600mはスタート地点が芝のために行き脚がつかないが、1400mならそんなことはあるまい。
況してや、武豊。
相変わらずの好スタートを切り、1番人気確定の大本命馬シーキングザベストを射程圏に捉える位置でそつなくレースを運ぶだろう。
武豊の本来騎乗予定だったジョイフルハート回避によって、タイキエニグマの騎乗が叶ったのである。
タイキエニグマには運も向いているのだ。

ここまで条件が揃っているのに、買わない勇気はボクにはない。

しかしその一方で、ここまで条件が整っているにも関わらず馬券をハズしたことは、枚挙に暇がない。

ボクの馬券戦略だけは、絶対に物真似しないほうが賢明であることは、火を見るより明らかである。
Posted by foe1975818 at 23:07│Comments(10)TrackBack(0) TV | 競馬

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
5
はじめまして、いつも楽しく拝見させてもらってます
よしゆきさんの
文章力を見ていると頭のきれる人なんだなあと。
関心させられてしまいます。

競馬お好きなんですね
私の場合はゲームセンターの競馬育成ゲームならよくするのであるいみ参考にさせてもらってます。
なかなか、穴ってこないですし(笑)


またお邪魔します。
Posted by ねね at January 28, 2007 00:43
スポーツ選手がインタビューの冒頭に「そうですね」と言うのは、インタビューしてる人に問題があると思います。そう答えるしかないような質問ばっかりしてるような気がします。

タモリが昔どこかでやったという伝説の昭和天皇のモノマネ見てみたいです。
Posted by クロフネ at January 28, 2007 01:46
ねねさん
はじめまして。
オレは専ら天然との評価なんで、決して頭が切れるタイプではないと悔しい自己分析してたんですが、そう仰ってもらえると少しは溜飲が下がる思いであります。

オレは競馬を止めると何も残りませんので、必死にしがみ付いてます。
一度だけゲーセンの育成ゲームをやったことありますが、通い詰める直向きさは持ち合わせてないので、即、断念しました。
ゲームでも穴は来ないもんなんですね。
だったら余計にオレの予想は参考にならんでしょう。



クロフネさん
騎手で言えば横山典弘、サッカーで言うならば中田英寿氏のインタビューをいつも楽しみにしてるんですよ。
いい意味で、何とか困らせる質問を浴びせてくれないかと。
が、無理でしょうね。

タモリのそのモノマネは初耳です。
今となってはイグアナ級のレアモノマネかもしれませんよ。
Posted by よしゆきロビンソン at January 28, 2007 06:44
サッカー選手はだいたいキングカズっぽいしゃべり方をするなと昔から思ってます。皆、影響受けてんだなって気がします。



そういや、ほっしゃんて、びっくりしますよ、て言いますね。言われて気づきました。
Posted by ある契約社員 at January 28, 2007 16:36
バナナマン日村のモノマネは、
いつ見てもあの「目」に注目してしまい、
じっくり見たためしがありません。
今度見てみます。
Posted by 凛 at January 28, 2007 17:10
私も人からモノマネされることってないなぁ。
特徴がないんでしょうねー。

一度、他人の目からどうみえるか、
モノマネ得意な人にモノマネされたみたい
気もします〜。
それにしても、ロビンソンさん、お笑いに詳しいですよね〜!
ちなみに、私は、アタック24のモノマネする人が
なんとなくお気に入りです(笑)
Posted by 茶野 at January 28, 2007 20:08
今週は記事には書きませんでしたけど、
根岸Sは武豊×横典の1点買いで敗れました。
横典さんの2着神話はもう崩れてしまったのかな・・・。
Posted by のほほん at January 29, 2007 06:11
人にモノマネされるなんて経験はあまり無いですが、
一コだけありました。
俺のバッティングフォームをパロって真似されました。
人にマネされんのはやっぱ苦手かなと。
Posted by しっぺい at January 29, 2007 08:30
ある契約社員さん
そんなところまで影響を及ぼしてるんですね。
オレは元?ヴェルディの石塚の試合後のインタビューが強烈に残ってます。

物真似芸人は、1日にどんなけTVを見てるのかが気になります。



凛さん
インパクトのある目ですね。
最近は「サイバー貴乃花」などという進化を見せてるようです。
松村の貴乃花同様、モンスター化してます。



茶野さん
物真似されないのも悲しいものがあります。
オレはどちらかと言えば、物真似する側ですわ。
お笑い番組はよく見ますが、どうしても大阪ローカルになってしまいます。
東京でどんな芸人が出てるかは知りませんし。
アタック25は、博多なんちゃらですね。
児玉清はもう飽きてしまいましたが、通販の社長や、王監督の物真似は笑えましたよ。
Posted by よしゆきロビンソン at January 30, 2007 09:30
のほほんさん
武豊でしても出遅れたんですから、しょうがないですね。
横典はG気任2着伝説が残ってますからね。
100円総流しは止めませんよ。



しっぺいさん
オレは真似する方だから、投げ方、打ち方は真似されませんでした。
バッティングフォームを真似されて調子を崩したらムカつきますね。
Posted by よしゆきロビンソン at January 30, 2007 09:36