May 04, 2007

無用

やっぱり「芸能人」という生き物は限りなく透き通っている。
ナイナイ岡村風に記すならば、透明感が半端ではない。
見た目の。

5/3。
予定通り園田競馬場に出撃。
5/1のシャンプーハット来場時はGW合間の平日で、しかもどんよりした空模様のため客足も鈍かったが、この日は汗ばむぐらいの陽気で大賑わい。
ボクが園田競馬場を訪れた中で最多ではなかっただろうか。

第1レース終了後に到着。
ステージ前には早くもカメラ小僧が3人陣取っていた。
六車奈々は昭和48年生まれのええ年したネエちゃんであるが、熱心なファンというものは日本全国、雨が降ろうとクソが舞おうとどこにでも駆けつけるものなんだな。
お疲れ様っす!

彼らはどうでもよい。
ここは正真正銘博打打ちの場だ。
午前中はクソみたいな低配当に苛立ちを隠せず、その都度ハズレ馬券をビリビリに引き裂いてたが、徐々に場が荒れ、クソとはかけ離れたいい匂いがたちこめて来た。

そしてこの日最も力を注ぐべき8レース。
9番からの馬連と、美味しさ満点の単勝を仕留めた。
これまでの鬱憤を晴らす会心の一撃。
馬連オッズを確認したところ、650倍!!!
腰を抜かした。
が、レースを見間違えていた。
正解は91倍である。
これでも充分喜ばしいが、何かガッカリしてしまった。

だが一昨日同様、この後きっちり勝ち分を吐き出して終了。
プラス5000円では話にならない。

さて、六車奈々嬢。
年齢を詐称していた事実をぶっちゃけるなどのリップサービス。
「夏川純ちゃんのことは他人事とは思えなかった」と気遣っていた。
そんな嘘吐き奈々ちゃんであるが、自他共に認めるさげまんである。
話によれば、サタうまという自身の予想を開帳する競馬番組では怒涛の50連敗中。
さらに、あるレースでペリエ本命の馬券を購入したところ、彼が他馬の進路を妨害して降着。
騎乗停止を食らった。
この日予想した「かきつばた記念」と「兵庫大賞典」も不発。
本来ならばお尻ペンペンの刑に処するところだが、かわいいので許してやろう。
彼女のさげまんがストップするのはいつになることやら…。


今日も園田競馬場に殴り込みをかけてきた(暇なヤツ)。
芸能人こそ来場しないが、岩田、武豊、小牧、池添騎手がG曲叱縫船礇鵐團ンシップ騎乗のために顔を揃えた。
昨日、奈々ちゃんがトークショを行ったステージでは、仮面ライダー的なショーが催されてたな。
因みにローカルのサンTVの日曜競馬中継で司会を務める講談師「太平洋」がプライベートで馬券を買いにきていたのを目撃した。
あと、客が手にしているスポーツ新聞1面の「ノック死去」がやたらと目についた。
にしても、昨日に負けず劣らずの盛況ぶり。
こんなに客が入ったら、ちっぽけな園田競馬場が地盤沈下しやしないかと内心ヒヤヒヤした。

馬券は昨日とは打って変わって糞の役にも立たないお堅い配当に終始しフラストレーションが溜まってきたが、今日唯一の勝負レースに指定した9レースが遂に訪れた。

パドックで本命に抜擢予定の5番コスモニッキーに注目。
探し当てた瞬間、コスモニッキーが歩行を止め、クソを垂らした。

よし!
これで気分がすっきりしたはずだ。
金額を上乗せして勝負。
気合を入れるために、今までは大勢の客で遮られていたゴール前の絶好のポジションに居座る。

抜群のスタートを切った騎手の安原は、兵庫県競馬最年少の18歳である。
並み居る豪腕が居並ぶ兵庫県競馬の中でリーディングジョッキー争いの中位で踏ん張っているのは大したもんだ。
日本一砂が深く、小回りの競馬場で腕を磨き、何癖もある先輩ジョッキーを押し退けて中央に殴り込みを掛けにこい。
ボクは待っている。

その安原操るコスモニッキーは、道中はソツなく2番手の好ポジションにつけ、3,4コーナーに差し掛かってもいい手応えだ。
ここからはボクの安原コールの連打。
7番人気だけに、彼の名をゴール前で叫ぶのは誇らしい気持ち。
引いている周囲の客なんてクソ食らえ。
世の中、金だ!

ゴールした瞬間は2着に垂れたように見えた。
「クソったれ!」
馬連のみの的中かと地団太を踏んで悔しがったが、長い写真判定の結果、何と1着!
単勝までプレゼントしてくれた(思ったより馬連の配当がショボかったのは痛恨だ)。
これは偏にパドックにおける「クソ」が、ゴール前の「何クソ!」というクソ力を呼び込んだものである。

で、昨日同様、兵庫チャンピオンシップに勝ち分を全てつぎ込む。
どう転がってもJRA勢4頭の牙城は揺るぎなく、実際、人気も偏っているが、3着になら地方馬にもドサクサ紛れに食い込むチャンスが訪れると考えた。
問題はどの地方馬を抽出するか?
そこで、強めの追い切りをかけ、タイムも上々の地元馬ホクセツファミリー(大山騎手)に白羽の矢を立てた。
この馬はツボに嵌った時の破壊力が侮れない。
この馬を三連単の3着付けに固定し、1,2着欄にはJRA勢を据えた。

レースは岩田騎乗の大本命フェラーリピサが大出遅れ。
スタンドから野次が飛ぶ。
ボクも馬券は押さえていたが、どっちかというと飛んでほしいクチなのでほくそ笑んでいた。
早くも波乱の様相を呈したが、2週目の向こう正面で一気に脚を使って先頭集団に取り付き、前で執拗に粘る池添騎乗のヤマカツブライアンを振り切った。
さすがは元地元騎手の岩田。
慌てない。
さあ、ここまでは予定通り。
肝心の3番手集団が後方でごった返している。
その中に我が9番ホクセツファミリーも確りと加わっているではないか!

大山ー!!!

見せ場はほんの一瞬だった。
ホクセツファミリーは全く伸びることなく馬群で足掻き、圏外へ去った。
3着は、愉快なおじさんジョッキー・川原操る、同じ兵庫県競馬所属のエンタノメガミ。
3着に地方所属の穴馬が突っ込んでくるだろうとの読みは冴えていたのに、チョイスした馬を誤ってはどうにもならない。

この日はプラスマイナス0で帰宅。


早速、明日の中央競馬の予想に精を出す。

少し早目ではあるが、京都8レースの3番ローランアントレ。
TV画面を通じて檄を飛ばすぜ。

何種類もの新聞を読みすぎて、頭に数字が渦巻いてこんがらがっている。
ちゃっちゃとクソして寝よ。

Posted by foe1975818 at 23:03│Comments(2)TrackBack(0)競馬 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/foe1975818/50775930
この記事へのコメント
4
コメントありがとうございました!
僕も関西なんで年に1度くらいは園田行くんですけど勝ったことありません・゜・(ノД`)地方競馬は難しいです。
あと確かに六車奈々はさげまんですね。番組とか見てたらそう思いますw
明日のG1頑張りましょう☆
Posted by serins at May 06, 2007 00:33
serinsさん
サイレントは絶好のカモ馬だと思ったんですが…。
力をつけてるようですね。
最近は園田の方が調子いいですよ。
少頭数なんで紛れも少ないですし。
奈々ちゃんのNHKマイルカップはマイネルシーガルだったような気がします。
軽視します。
Posted by よしゆきロビンソン at May 06, 2007 11:59