May 22, 2007

斡旋

リンクさせてもらっているある正社員さんが当ブログを紹介なさっていた。
非常に喜ばしいことで、嬉しさのあまり嗚咽である。
改めて感謝します。

意外な人が見てたりするんだなと感慨深かったのが、昔、ブログをなさっていたhimekoさんの彼氏さんや、先日の同窓会でTちゃんの彼女が何かの記事を痛く気に入っていることを知らされた時だ(これも記憶が曖昧だ。違うかったら御免)。
知り合いの知り合いというワンクッション置いた感じが興味深い。

紹介文の中で、ボクのブログが「不定期」との記述がなされていた。
その要因の1つとして、「腰痛」がブログ作成に急ブレーキを掛けていることが挙げられる。
椅子に腰を掛けている姿勢が漏れなく鈍痛を引き起こし、ここ最近はブログ作成するにも重い腰がなかなか上がらない。
ぶっちゃけた話、今、椅子に座らず、両膝をついてキーボードを叩いている。
ですが、昨日整骨院にて骨をバキっと鳴らしてもらったところ、あっさり軽減。
こんなことならもっと早くに足を運ぶべきだったと唇を噛んでいるところだ。
余談だが、ボクの腰の筋肉は相当に硬くなっており、激しい運動は却って悪化させるだけだと指摘された。
というわけで、ジムのランニングマシーンからは当分の間、手を引き、ランナーからスイマーへの完全なる転向を図る。

「不定期」のもう1つの理由は、完全にネタ切れである。
そのうち、前のネタを書き直してもう一度アップしてやろうなどという姑息な手段を立案していることは内緒にしておくれ。
自分自身がマメにネタを拾ってくればよい話だが、外出時に車は不可欠。
となると腰痛悪化を引き起こす。
これだけは避けたい。
皆様のブログにお邪魔しているのも、何かネタがないか?思い出すことはないか?とちりめんじゃこのような細い目を皿の様にして物色している側面があることは否定しない。
当然、知識を得、勉強になることも多いですよ。

じゃあ、そんな辛い思いをしてまでブログを続行するなよという話であるが、キーボードを叩くことによって沈んだ気持ちが吹っ切れたり(ボクも落ち込むことあるのよ、うふ)、気合を入れ直したり(特に競馬で)、ストレスが拡散されるという発見もできた。
だが、本気の悩み事を大盤振る舞いできるほど自分は強くないことは、以前に記した。
ここで明らかにされる事案は、ある程度自分の中で踏ん切りがついていたり、整理できたからこそ。

そう考えると、毎日更新してらっしゃるある正社員さんのブログ作成に対する姿勢は、かなり芯が強いと見受ける。
当然、こちらから得られる情報はNO.1。
唸らされる。

当ブログでは、ありがたいことにヒロキジーニョや友人Yが身を削ってネタを提供してくれているが、やはり限界がある。
ここはいっちょ、ヒロキジーニョにもう一肌脱いでもらうない。
おい、何か仕出かせよ。

何はともあれ、とりあえずは今年一杯を目標に踏ん張ろう。


そういえば、先日のヒロキジーニョからの電話で
「おい!よしゆき!お前、ブログでオレを面白おかしいヤツに仕立て上げてんじゃねえよ!」
との苦情が寄せられた、今頃になって。
「何を言う!事実やないか。そら多少の脚色はしてるが、ない話はしてないやんか。おいしいネタばっかりで羨ましいぐらいや。というかヒロキさん、人気沸騰やで。」
「え、マジで?…いやいや、アカンアカン!これからはオレが許可したネタだけ披露しろ。」
「わかった。じゃあヒロキさんが許可したネタを披露して、ヒロキさんが許可しなかったネタはちゃんと脚色してから披露するわ。」
「アカン!」

ヒロキジーニョからはしばしば電話がかかってくるが、その内容は主に
「最近おもんないわぁ」
という万人が最も煙たがると言われる「愚痴の垂れ流し」である。
まあ、ヒロキジーニョの場合はそこまで鬱陶しいものではなく、ちょっと笑ってしまうものがほとんどだが。
「よしゆきには『競馬』という絶対的な趣味があるけど、オレにはない。」
答えの無い愚痴を耳にタコができるほど聞かされ、一応、親身になったつもりで「これはどうだ?」と提案するも、なんだかんだと難癖をつけて全て難色を示してくる。
そもそもあんなにイレ込んでいたモトクロスバイクやバス釣りをいとも簡単に放棄したのはヒロキジーニョご自身である。
「じゃあ何がしたいねん!?」
と問い返すと、ヒロキジーニョは少し思案した後に口を開いた。

「というか、オレ、ブログの中でそんな人気あるん?」
「そら勿論やで。老若男女問わずな。」
「一回さあ、よしゆきのブログにオレの写真載せてくれへん?」
「どういう意図やねん?」
「そこで結婚相手を探し出そうかなと。」
「なんでオレのブログで斡旋せなアカンねん。」

「結論として、オレ結婚したいねん!結婚したら悩みが吹き飛ぶと思うねん!」

なんちゅう突拍子も無い結論なんだ。
結婚すれば悩みが吹き飛ぶなんて楽観的すぎで、悩みはもっと増量する。
結婚なんてのは度胸の据わった人間のみに許される儀式で、君には無理だ。
ボクは輪をかけて無理だ。

Posted by foe1975818 at 00:11│Comments(7)TrackBack(0) ごあいさつ | 最近

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/foe1975818/50812445
この記事へのコメント
俺も枯渇気味ですよ。さっきそのこと書いたばかりです。
そんな、ドラマの「ホテル」みたいなことが連続して起きるわけがないっすよね。

ヒロキジーニョさん、これ見てるんすか??
URLを教えてやるというのはいかがでしょうか??

その反応が見たいっす。
Posted by ある正社員 at May 22, 2007 06:16
その同窓会の記憶は間違っていません。
彼女は、よしゆきロビンソン気に入っておりますよ。

色々ネタ拾って更新頑張って下さいな。
Posted by たぁちゃん at May 22, 2007 10:26
ある正社員さん
オレよりもキャリアが長いですし、そうなりますよね。
さらに毎日更新となるとその労力に頭が下がる思いです。

ヤツはたまに見ているらしいです。
立ち上げた頃に教えたはずなんですが、もう放置してるんでしょう。
趣味が見つからないなら自分でブログをしてみればいいと思うんですがね。



たあちゃん
おお!合ってたか!
漸く苦しくない記憶を思い出せた。
記憶が断片的で困ったもんだ。
今後も精進じます。
酒は控えます。
Posted by よしゆきロビンソン at May 22, 2007 10:30
そんなに結婚したいヒロキジーニョに、ネタ探しのロビにこういうのは?


ジーニョ登録制お見合い会社に入会させる
ジーニョ、お見合いする
ロビンソン、立ち会う
勿論、草場の陰から観察…いや、応援するという体で、だ。

無論、その模様、事後を余す所無くブログで公開する。

相手の女性に失礼かなぁ…
Posted by ワタロック at May 22, 2007 19:37
おお。
写真が載るのを指折り数えて待っております。
結婚って勇気やな〜。
未婚の私はつくづく思うよ。
むしろ競馬と一緒で博打やと思うよ〜!!
Posted by すい at May 22, 2007 23:29
ヒロキジーニョさんの様な人こそ結婚に向いてると思うんですがw
Posted by panda at May 23, 2007 12:31
ワタロック氏
見合い登録は提案したが、金がかかるとかで却下された。
でも見合いシーンをオレが覗き見るというのはおもろい。
いっそのこと、女性もグルになってもらってヒロキジーニョを嵌める…ではなく、一部始終を皆でこっそり観察するというのは。



すいさん
最終回には載せようかと。
オレ自身は載せないけど。
結婚する勇気はあるが、肝心の相手がいないわ。うへへ



pandaさん
ヤツは一途ですから女を悲しませるようなことにはならないと思いますよ。
誰か斡旋してもらえませんかね?
Posted by よしゆきロビンソン at May 23, 2007 23:03