June 03, 2007

クラウチ

「ブッサイクなカップルほど、街中で人目を憚らずに抱き合い、キスをする」
これは現代日本の定説と位置づけられているが、基本的に若いからこそ自分たちの世界に入り込める。
若いとこういうことも可能だ→エアギター

先週土曜夜に出会った若者もまずまずのレベルに達しており、ネタ枯れのこのご時世、久方ぶりのスター誕生に大人げもなく目をキラキラさせてしまった。

ボクは阪急の十三駅で電車待ちをしていた。
それにしても近頃はi-podを装着している若者がよく目につく。
流行に遅れてMDウォークマンを装着し、しかも流行の音楽ではなくナイナイのオールナイトニッポンを聴いて笑い声を押し殺しているボクは相当の変わり者だが、黒いシャツを身に纏い、i-podを装着した見た目は普通の「その若者」には到底敵わない。
i-podを聴きながらロボットダンスに励んでいるのである。
何の曲を聴いているかは定かではないが、兎に角、体をクネクネさせてロボットダンス。
周囲の目を気にせずロボットダンスに励むという、自分に厳しい課題を突きつけているのだろう。
かわいそうに…、基、かっこいいぜ!

ロボッティは運良くボクと同じ快速急行宝塚行きに乗車。
乗車の際もロボットダンスだ。
さっさと乗れよ。

時間が19:00頃ということもあり、当然、着席できない。
ロボッティは車両の奥へ奥へクネクネと突き進んだので、ボクは抜かりなくロボッティの隣に密着。
競馬新聞を広げてダービー予想に余念がない風を装っているものの、視線はロボッティに釘付けだ。

ロボッティはあまり大きな動きではないために気付いている人は少なかったとは思うが、目の前に座るおばさんは笑いを堪えきれない御様子。
隣のサラリーマン風のおじさんは感心したような、不思議そうな、バカにしたような何とも形容しがたい視線を注ぐ。
そんな視線も弾き返すロボッティのカクカクとした動き。

吊り革にも掴まらずロボットダンスに励むロボッティだが、電車が大きく揺れるときはしっかりと吊り革に掴まる。
その時は、「素」だ。
掴まる時も徹底してロボットダンスをしろよ。

乗車時間10分強。
吊り革に掴まるとき以外はロボットダンスを全うした。
ボクはここ石橋駅で降りて乗り換えなければならない。
別れるのは無念だ。
ところが、ロボッティもここで降りる体勢を見せた。
すかさずロボッティの真後ろにへばり付く。
電車が若干急停車気味だったためにロボットダンスに解れが見られたが、ロボットダンスを完全には止めることなく下車。

階段を下る。
ここでもロボットダンスだ。
すげえ!
階段を下りながら体が波打ってるぜ!

今度は階段を上る。
ここでもロボットダンスだ。
上ってることを感じさせず、平坦な道を歩いていると錯覚してしまい、見ているこっちが蹴躓きそうになったじゃねえか!
電車内で見せた控えめな動きはどこへやら。
最後の力を振り絞って大胆不敵にロボッティだ。

ボクはここから箕面線に乗車。
一方のロボッティは改札を出た。
ボクが36時間勤務明けじゃなく元気が有り余っていれば、負けずにロボットダンスで付きまとってやったのに…。


安田記念はエアシェイディ。
東京1,600mで走らなければいつ走る。
相手は香港馬4頭。
スズカフェニックス、マイネルスケルツィ、ジョリーダンス、ディアデラノビア。
ダイワメジャーは内枠なので3連複の相手には加えない。
Posted by foe1975818 at 14:13│Comments(8)TrackBack(0) 最近 | 競馬

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
また面白いやつが現れましたね。

去年、ベガルタ仙台のロペスという選手は、相撲の格好のダンスを去年してましたw
何でも踊れば良いってもんじゃないっすよね。

ちなみに俺はここ最近、踊りたい衝動に駆られています。ダンスダンスダンスって感じですね。
Posted by ある正社員 at June 03, 2007 21:07
4
同じくダイワメジャーの内枠を嫌い、やられたserinsです。

G1を4勝。最早名馬の仲間入りですね。
Posted by serins at June 03, 2007 22:15
ロボッティ。
渋いですね〜
時代に逆らってるんでしょうか?
それともまさに流行戻ってきたのでしょうか。
私も家でこっそりしてみましたが
コレを街でするくらいならば、半ケツで歩いたほうがましです。
Posted by すい at June 04, 2007 00:12
36時間勤務ですか?
お疲れのところ、強烈な方に出くわしましたね。
なんかこないだ深夜のTV番組を観ていたら、
小中学生くらいの子供達がダンスを披露してましたが、
中学生くらいの女の子がロボットダンスのようなダンスを踊ってました。
後日テレビのCMを観ていたらその子がそのまんまのダンスで登場してて・・
「いまどきロボットダンス?」と結構びっくりしたんですが、もしかして流行っているのかも・・

安田記念は久々にカタかったですね〜
なんか可も無く不可も無くってな結果になりました・・・。
Posted by のほほん at June 04, 2007 03:24
面白い方にあえて、少し幸せになれましたか?
私は懸命に頑張っておりました。
この蟻地獄からの脱出は、いつになることやら…

ロボットダンスですか?
前働いてた所でも、学生のバイト君が踊ってました。
暇な時はロボと呼んで、躍らせてましたよ。
Posted by 凛 at June 04, 2007 20:35
ははは、ロボッティー。なんか笑えますね〜!
ところで、十三って、「じゅうそう」と読むんですよね。
なんで「じゅうさん」じゃないんだろう、いっそ
「じゅうさん」に変更したらいいのに〜、と密かに
思ってしまいます(笑)
Posted by 茶野 at June 04, 2007 23:57
ある正社員さん
電車には愉快な人が乗り込んできますわ。

相撲ダンスというと、突っ張りでしょうか?
それとも四股を踏んだんですかね?
四股って下半身を鍛えるにはもってこいのようなので、練習で採り入れてるのかもしれないですよ。
オレも四股踏みましょうかね?
四股四股四股



serinsさん
去年の秋頃にアンカツは外枠がいいとしきりに言ってましたからね。
それを覚えていたのが仇になってしまいました。
宝塚記念は好メンバーが揃いそうですね。



すいさん
ロボットダンスって流行ってないのか。
確かに時代には逆らってるのかもしれないが、人の波には逆らうこともなく自然で上手かったよ。
場所が大問題なのを除けばだが。
半ケツは行き過ぎと思ったが、ローライズ普及のお陰で半ケツがそこら中に溢れてるやん。
Posted by よしゆきロビンソン at June 05, 2007 00:00
のほほんさん
誰かが有休を使用すると、36時間勤務を強いられます。
ダービーをハズしたのは、激務によって予想に集中できなかったからという言い訳を展開してます。
ダンスは上手いとめっちゃかっこいいですが、中途半端なのが辛いですね。
その子のダンスは何のCMでしょう?
あんまり集中してCMを見ないんですよね。

安田記念らしからぬ結果でしたね。
仮柵を取るのは止めてほしいですわ。



凛さん
お勤めご苦労様です。
オレは観察と予想に必死だったので笑うことはなかったんですが、おばさんの笑い堪えるを顔を見て笑いそうになりました。
あだ名でロボはいいですね。
しかも踊らすという命令形で、彼のポジションが浮かびます。



茶野さん
伊丹十三はここから取ったとか取ってないとか。
呼ぶときに、伊丹じゅうさんさんとなってややこしいから。
ガセだと思うので、信用しないで下さい。
Posted by よしゆきロビンソン at June 05, 2007 00:10