June 06, 2007

自惚れ

34万円を盗んだある郵便局強盗。
数時間後か、数日後か忘れたが、わざわざその郵便局に舞い戻ってきて、盗んだ金よりも1万円上乗せした35万円をカウンターに置いてったそうだ。
郵便局員の誰かがあの時の強盗だと判別できた時には既に遅し。
犯人の逃亡を許してしまった。

犯人が35万円を返しにきた心理に迫ってみた。
罪の意識に苛まれ、盗んだ金を返すことを決めた。
「自分は反省しているんだ」という気持ちを込め、「慰謝料」として1万円を上乗せした。

または、ギャンブルかなんかで金が急に転がり込んできて不必要となったため返した。
この場合も上乗せ1万円分は「慰謝料」ととるのが妥当。

こんなところだろう。


6月3日AM10:30頃、大阪府堺市で59歳の主婦がカバンをひったくられた。
緊急配備中の署員2人が約1時間後、近くの公園で犯人に似た男を発見し職務質問したところ、男は主婦の財布を持っていた。
署員1人が被害品を照会し、もう1人が男と公園で待機中、突然男が走りだし、公園内の池に飛び込んだ。
男は15m泳いだ地点で沈んだ。

大阪府警泉北署が池を捜索したところ、翌日4日午前、水中から遺体が発見された。
遺体は堺市西区の無職の男25歳。

イギリス人女性のリンゼイさんをぶっ殺して全国に指名手配されている凶悪犯罪者・市橋達也(28)しかり、最近は一旦犯人と接触しているのに逃げられてしまう気の緩んだ警官が後を絶たない。
今回も犯人を取り逃がした警官を大いに糾弾せねばならないのは当然なのだが、不思議なのはこの25歳の無職男。
池を泳いで逃げる時、「背泳ぎ」だったのだ。

誰がどう考えても、普通は最も速い泳法であるクロールで逃走するだろう(逃泳か?)。

なぜ無職ひったくり男は背泳ぎ逃亡を計ったのか?

ヽ慇源代、名うての背泳ぎ選手だった。
…背泳ぎの名手だからといって、背泳ぎしか泳げないワケはなく、必然的にクロールはマスターしている。
そしてある程度のレベルに達している選手ならば、クロールが最も速い泳法であることは百も承知のはず。
即ち、背泳ぎで逃亡する必要性は全くない。
この説は却下だ。

⊃μ骸遡笋鮗けている時点で逃れられない恐怖心により既に呼吸が荒かったため、最も酸素を確保できる背泳ぎを選択せざるを得なかった。
…確かに酸素は確保できるが、署員が池に飛び込んでクロールで追いかけてくれば身柄を確保されてしまう。
酸素を確保している場合ではなく、最も速い泳法であるクロールで逃げることを優先するだろう。
つまりこの説も消滅。

Iを着たまま泳ぐ際、実は背泳ぎが最も溺れ難いとか?
…実際に溺れ死んどるんやから、この説も疑わしい。

だい涼罎悩任眤い泳法が背泳ぎだと思っていた。
…池に飛び込むぐらいなんだから少なくともカナヅチではないはず。
ボクも泳ぎは決して得意な分野ではないが、少なくともクロールが一番速いことぐらいは承知している。
従って背泳ぎが一番速いなどの勘違いは考えにくい。

ここで急浮上したのが、
ヌ疑Δ劼辰燭り男はナルシストだった説。
…逃げたいのは山々だが、早くも包囲されてしまっている。
そこで池ならば緊急配備も手薄と考えた。
しかしクロールだと汚い池に顔を突っ込まなければならず、無職ひったくりナルシストには耐え難い。
それで顔が水に浸かることのない背泳ぎでの逃亡に踏み切ったのではないか?

しかし実際は背泳ぎ時に死に物狂いで腕をぶん回したことにより、自分の命とも言える美しい顔に泥水が降り注いでしまって、一気に意気消沈。
皿を奪われた河童と同様に、精神的ダメージを受けた無職ひったくりナルシストは逃げる力さえも吸い取られために体も消沈した。

死人に口なしで真相は闇の中だが、この説で手を打っておかないと背泳ぎの謎が気掛かりでろくに夜も眠れない。

序でにナルシストの語源を調べてみた。
以下、「はてなダイアリー」からの抜粋。

語源となったナルキッソスは大層な美少年。ある日川辺を歩いていたナルキッソスは、水の中に美しい少年を見かけます。彼は水の中の少年に惹かれ、その場を動かず、来る日も来る日もじっと少年を見つめつづけていました。水の中の自分に恋してしまったナルキッソスは、やがて憐れに思った神により、水仙の花に姿を変えられました。水仙は今でも水の中の自分を覗き込むように咲くのです。

池に身を投じた無職ひったくりナルシスト男は、池の傍で水仙として生まれ変わるのだろう。

いや、さっさと地獄に堕ちろ。

地獄でも溺れてたりして。

Posted by foe1975818 at 23:42│Comments(5)TrackBack(0) TV 

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
っつうか本当にどうして背泳ぎだったのか不思議ですねw鈴木大地かよって感じですな
Posted by ある正社員 at June 07, 2007 00:23
世にも奇妙な物語が現実にあるんですね〜。
朝から変に感心してます。

死因が気になりますね。
心臓発作?それとも足首に何者かに摑まれた痕があったりして・・・
Posted by panda at June 08, 2007 10:30
ある正社員さん
バサロで逃げてれば、完全に背泳ぎの選手ですね。
あれが一番速いらしいですから。



pandaさん
死因は溺死による窒息死です。
捜索してやっと見つかるぐらいの池ですから、深かったのは確かですね。
最後の最期に笑いでも取りたかったんでしょうか。
Posted by よしゆきロビンソン at June 08, 2007 21:53
ナルシスト説興味深いですね〜。
その説は僕では考え付かなかったかもしれません。

でも僕は△1番しっくりときましたね。
かなりテンパって考えた挙句、△鯀択してしまったんじゃないでしょうか?

いや、実際生きていたら本当に聞いてみたいですね(^_^;)
Posted by serins at June 08, 2007 22:36
serinsさん
捕まるなどとは思いだにしなかったんでしょう。
ですから捕まってテンパってしまったんでしょうね。
テンパるぐらいならひったくりすんなよっちゅう話です。
Posted by よしゆきロビンソン at June 08, 2007 23:03