June 24, 2007

気質

サッカーを観に行ったら、90分で決着がつかずに延長戦に突入した。
相撲の千秋楽を観に行ったら、魁皇と白鵬が1敗で並び、優勝決定戦に突入した。
井上陽水のコンサートに行ったら、その日だけゲストで奥田民生が現れ、2人で「ありがとう」を披露してくれた。
立体駐車場で5階まで満車状態だったのに、自分がゲートを潜った時に1階の1台分のスペースが空いて滑り込めた。

いずれも「運がいい」に分類される。
サッカーや相撲なら内容が伴わなければ時間の無駄に終わってしまうが、ライブはできるだけ長い時間体感できるに越したことはない。


「甲子園のチケットが入る。土曜のデーゲームやけど行けるか?」
金曜夜に友人Yからメールが届いた。
阪神VS日本ハム。
日本ハムは交流戦の優勝がかかっているため、絶対に負けられない。
対する阪神も大歓声が後押ししてくれる地元・甲子園で無様な試合は見せることはできない。
手に汗握る熱戦が期待できること請け合いである。
ただの野球好きで阪神ファンでも日本ハムファンでもなんでもないが、チケット入手困難の甲子園ならば行くに決まっている。
二つ返事で返信した。

肝心のチケットは、なんとバックネット裏の前から11段目。
しかも、無料での提供。
本来なら5000円は下らないぞ。
なんでもバックネット裏の年間シートを購入している友人Yの会社の先輩が仕事で観戦できないため、野球好きの我々に声を掛けていただいたワケだ。
なんとラッキーなのだ。
おしっこをちびるぐらいに感謝申し上げます。

試合開始は14時。
12時に到着した。
日本ハムの打撃練習の最中。
写真は、先日2000本安打を達成した田中幸雄選手のトスバッティング風景。トリッキーな髪型

さらに、謎の外国人と談笑する日本ハムのヒルマン監督。脚が長い
因みに日本ハムの4番セギノールは写メに収め切れないぐらいに馬鹿でかい。
ちょっとした化物だ。

程無く双方のチームの先発投手が発表された。
阪神は福原。
対する日本ハムはダルビッシュ。
おお!
なんとラッキーなのだ。
エース対決ではないか!(福原はエースとは認められんが)
これは緊迫した投手戦が期待できる。

試合開始。
日本ハムの切り込み隊長森本が1,2塁間を破るヒットで出塁し、4番の化物セギノールのレフトへのタイムリー2塁打で先制。
5番小谷野を迎えた福原。
そして福原が投じた球が、小谷野の鼻に直撃。
福原は危険球で退場。
信じられな〜い。
甲子園がどよめいた。
まだ20球も投げてないぞ!

小谷野は鼻にティッシュを詰めて試合に復帰。
頭部へのデッドボールなので、後遺症が心配される。
阪神は急遽、江草が登板。
準備もままならない緊急登板だったため、江草がこの後、乱れ打ちに遭い、日本ハムが3点先制。
逆に、阪神はよく3点で凌いだ。

ボクは阪神の負けを予言。
ダルビッシュ相手に初回から3点をプレゼントする阪神の大盤振る舞いぶりに虫唾が走った。
緊迫の試合展開を予想していたボクはガッカリ。

ところが、ダルビッシュが阪神に付き合ってしまった。
元来、立ち上がりが悪いが、この日は特に乱調。
3連打で先制されると、4番アニキこと金本が逆風を突いて右中間スタンドに逆転スリーランホームランを放った(そもそもセギノールの拙い守備が引き金となっている)。
甲子園は総立ちだ(ボクは着席したままやったけど)。

ダルビッシュはこの後も逆球のオンパレードで立ち直ったとは言い難かったが、阪神の湿った打線にも救われ、0を積み重ねた。
それでも球速は150km/hオーバーを連発。
投球数は100球を遥かにオーバーしていたというのに、恐るべきスタミナだ。

7回。
甲子園に風船が舞い上がる。飛ばす前に割るなよ

唾液が落ちてくることを危惧し、ボクは風船を膨らますことなくその瞬間だけさっさと避難した。

日本ハムは阪神を大きく上回るヒットを放ちながら、残塁の山を築く。
特に9回、ライト前ヒットで出塁した稲葉が盗塁死したシーンは不可解すぎる。
バッターは4番の化物セギノール。
仕掛けるにしろ、追い込まれてからでよいだろうに。
まだノーアウトだ。
サインなのか、独断なのか?
三振を喫した化物セギノールは、ベンチに帰る途中で怒りを顕にし、バットを叩き折った。
誰に対する怒りだろうか?
逆に、140km/h前半の球速で調子を掴み損ねていた藤川は完全に息を吹き返して、後続を断った。

4-4で試合は延長戦に突入。
これまたラッキー。
ダルビッシュが悪いなりにも9回を投げ切り、救援投手陣を温存して延長戦を迎えた日本ハム。
同点の場面でJFKをつぎ込み、「必死のパッチ」で延長戦に持ち込んだ阪神。
全く対照的な両チーム。
この構図が試合結果にそのまま反映された。

延長11回。
鼻にデッドボールを食らった日本ハムの小谷野が、JFK降板後の頼りない阪神中継ぎ陣を担う橋本から、レフトポール際へツーランホームランを放ち、勝ち越し。
後遺症もどこ吹く風だ。
日本ハムはこの2点を、満を持して登板した武田久と、守護神のマイケル中村がガッツリ守り、逃げ切り勝ち。
交流戦の優勝を決めた。

試合終了は17:30。
5時間半も甲子園に留まった。
ラッキーなことだらけ。
大いに堪能した。


ただ、腕と顔が激しい日焼けでヒリヒリして、まともに風呂に入れなかった。


さてと、今日は草野球の公式戦の幕開けである。

ところが、雨で中止。
おそらく7/1に延期。
その日は仕事だったが、予め休みを収得する手の打ちよう。

草野球が中止になったことで、宝塚記念の予想に集中できる。
いい面子が勢揃いした。
正直、馬券を買わずに観戦のみに集中したいぐらいだ。

アドマイヤメインが大逃げを打ち、実質、アサクサキングスが先頭を切るような競馬になる。
コスモバルクがかかり気味に追随し、これを見るような形でシャドウゲイト。
ダイワメジャーにトウカイトリック、インティライミに…。

ペースは決して遅くはならんだろう。

展開の鍵を握るのが、ローエングリン。

どうするんだ?
前付けか、後方からか。

アサクサキングスに絡むようだと、淀みのないペースになる可能性がある。

でも、ペースなんて蓋を開けてみないとわからん。

トウカイトリックから。
前走は位置取りが後ろ過ぎ。
元々、前々でのレース運びで、消耗戦に持ち込む競馬だったはずが、ステイヤーズSあたりから後方からの競馬に味をしめだした。
元に戻しなさい。
それを前提にボクは本命に抜擢する。
折角、これだけの好メンバーが揃ったのに、水を差すような雨模様。
しかし、トウカイトリックにとっては、願ってもない。
ほくそ笑むボク。
ラッキーだ。

でも、このレースは絶対にハズれるので、函館12レースの7番シルキーフレンドで保険を賭けておく。
Posted by foe1975818 at 12:07│Comments(7)TrackBack(0) 野球 | 競馬

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
 最高の野球観戦でしたね。宝塚記念はローテもキャラもバラバラ、予想の拠り所がないです……結局思い入れですかねえ?
Posted by ラガル at June 24, 2007 15:03
宝塚、惜しかったっすね、アドマイヤのムーンのほうでしたねw

それにしても阪神(野球の)て人気あるんすね。サッカーのチケットで入手困難なんて聞いたことないっすよ。日本のサッカーにとって野球は越えることのできない大きな壁なのかもしれませんね・・・。
Posted by ある正社員 at June 24, 2007 16:52
いいなあ!!
凄いラッキーですね!

日焼けはあとに残りますからちゃんとお手入れして下さいね^^
Posted by Kタソ at June 24, 2007 18:50
甲子園は良いですよね♪
実は大学時代甲子園でバイトしてました。阪神ファン+あのなんとも言えない雰囲気が大好きだったので。
ただ客層が・・・何度か殴られそうになったこともあります(^_^;)

宝塚記念は見ごたえのある良いレースでしたね。僕の友人もトウカイトリックをかなり買ってたみたいで幸騎手の騎乗にかなり激怒してました・・・友人曰く「もっとスムーズに乗ってたら3着はあった!」と。
Posted by serins at June 24, 2007 23:42
オオオオッ♪
あの試合はおもしろかったんですよね!!
友達が行ったらしく、
大興奮でしたよ〜!!
一度でいいから、甲子園行ってみたいですね。
来年こそは行きたいものです。
おつかれでした。
Posted by すい at June 25, 2007 21:52
ラガルさん
守備でのミスが出たりして、レベルが高いとは言えませんでしたが、シーソーゲームだっんで楽しめました。
トウカイトリックには特に思い入れはないんですが、自分なりの法則に合致してしまったんですよね。



ある正社員さん
ムーンはアドマイヤ3騎で最も人気していたので、それほど妙味はないです。
でも獲りたい…。

今年は阪神が弱いので、それほど入手困難でもないようです。
星野阪神の時は凄かったみたいです。
近いうちにサッカーと野球は逆転すると思いますけどね。
ナベツネが死んだときが転換期のような気がします。


Kタソさん
これほど日焼けするとは思いませんでした。
ですが、昨夏の素潜りに比べればマシですわ。
手入れといっても何をしてよいやら…。
Posted by よしゆきロビンソン at June 25, 2007 23:54
serinsさん
甲子園に阪神戦を観戦するのは20年ぶりぐらいです。
あの時の阪神は、超のつく弱小でした。
桑田清原のPLに負けるんじゃないかと言われてたぐらいですからね。
巨人には山倉がいました。
程度の低いファンはどこにでもいますが、関西が圧倒的に多いですね。
競馬もそれに当てはまりますけど…。
トウカイトリックは確かにスムーズならもう少し前の着順だったでしょうね。
まあ、ボクの疫病神ぶりが発揮されたんでしょう。


すいさん
勝利の女神があっちに行ったりこっちに行ったりでね。
あれだけチャンスを潰しても勝ち切った日本ハムのしぶとさを褒めるべきか、阪神の貧打を笑うべきか。
日本ハムファンはレフトスタンド最上段に数えるぐらいしかスペースを与えられてなかった。
あれは一種のイジメなんじゃないか?
Posted by よしゆきロビンソン at June 25, 2007 23:59