July 13, 2007

平和主義

年功序列と成果主義。
会社としてどちらが効果的なのか?

1ヶ月弱前、NHKで一般人を約100人集めて成果主義に関するカンカンガクガクの討論が行われていた。
年功序列と成果主義のメリット、デメリットに関し意見を交わし、どちらがよりよいシステムなのかを討論していたはずなんだが、結局、どんな答えが導き出されたのかという肝心要なところをさっぱり覚えていない。
飲酒しながらの視聴だったためにそれも無理はないか。

ボクの意見としては、両方組み合わせてみてはいかが?である。
即ち、役職は年齢に順じてエスカレーター式に上がっていく。
しかし、役職が上がっても給料が上がるわけではなく、仕事っぷりのみで上がっていくという案である。

皆さんの会社にもいるでしょう。
「なんであのポンコツ課長がオレより金貰ってんねん!」
「こなしている仕事は同じなのに、正社員と派遣社員とでなんでこんなに格差があるんだ!」
腹立ちますよね。

ボクの掲げたシステムに落とし込むと、仕事のできない部長よりも、新入社員や派遣社員のほうが高給取りなんて現象が起こり得る。
これなら、アホな上司に振り回されたり、能無し上司に無茶な命令をされて歯軋りしている方々の溜飲が多少は下がるのではないだろうか?
所詮、金がモノを言うのだ。

全ての会社で順応できるシステムではないし、何を以って評価対象とするのか、また部下の手柄を横取りする上司がいたり、仕事のできる人間に仕事を回そうとしない上司がいたり、誰が誰を評価するのかなどなど、難しい問題が山積だが、それは各々の会社で煮詰めればよい。
あくまで草案として述べたまでで、そこまで真剣には考えていない。

この制度が普及すると、一生給料が上がりそうにないな、ボクは…。


馬券における成果は判り易い。
ハズレれば金が消えるし。
でも、目茶苦茶惜しかったときは、泣き言を聞いてほしい…。

函館6レースに先週も狙い撃ちしたアルトランが連闘で出走に踏み切ってきた。
ならばこちらも乗らせてもらう。
嵐を呼ぶ配当間違いなし。


でかい台風が来たな。
大丈夫かな?
小倉競馬は。
Posted by foe1975818 at 23:31│Comments(4)TrackBack(0) TV | 競馬

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
成果報酬制の給与形態、大賛成です。
友達の会社でも既にそうなっている所が多いし、
あたしは過去に何回か出来高制のOA入力の仕事してたんですが、
頑張った人だけが成果を得られるって形態がすごく気に入ってました。
あたしの業種での成果報酬制は最近は減って来ちゃったんだけど・・
今後どんどんそういう会社増えて欲しいと思います。

・・お天気が・・大荒れですよ・・・。
競馬は今週大穴が出るかもしれませんね。
・・あたし的には雨止んで欲しいんだけど・・・。
Posted by のほほん at July 15, 2007 00:31
のほほんさん
最近減ってきてるんですか?
最後は人が人を判断しないといけないですし、邪魔する輩がいたりとかして上手い具合に反映されないことも多いんでしょうね。
だからこそ、仕事の出来ない、邪魔するような人間に役職だけは差し上げようというのがオレの案なんです。

こっちは台風一過で晴天でした。
お陰でバテバテ。
軸馬がまたしても4着でした。
いい加減にしてほしいです。
Posted by よしゆきロビンソン at July 15, 2007 19:57
 成果が数字で表せて、他人との差が分かりやすく出るような職種だと導入しやすいんでしょうね、成果主義。

 人事コンサルの人に話を聴いたんですが、鉄道会社の運転手職は絶対に成果主義を導入できないそうです。運転手にとっての仕事の責任は「時間通りに安全に電車を走らせる」ことで、誰が運転したとしても期待以上の成果はないですし、もちろん成果責任が達成できないなんてことはあってはならないですからね。
Posted by ラガル at July 15, 2007 22:53
ラガルさん
職種によりますね。
ぽっぽやはやって当たり前で、要は「ダイヤ」が商品ですからね。
って、前職がそれだったんで、耳にタコができるぐらい言われましたわ。
できなかったときに罰則が設けられる仕組みになるんでしょうかね。
それが行き過ぎると日勤教育となるんでしょう。
Posted by よしゆきロビンソン at July 16, 2007 23:07