July 16, 2007

せんせい

「巨人首位陥落」の大変喜ばしいニュースが流れてきたプロ野球界は、民放での放送が著しく減少している。
そんな状況下で、先日、貴重な東京ドームでの巨人VS阪神戦にありつけた。
ところが、解説が中畑清と川藤幸三の大ハズレ。
消音で観戦しようかとリモコンを握ったが、思わず手が止まった。
巨人の代打・亀井が無気力と捉えられても言い訳できない三振に終わった場面で、川藤が代打の心構えについて彼独特の甲高い声で喋り始めたのである。

「一回もバットを振らんでどないすんねん!思い切り振ったら気持ちが落ち着くんや!」

仰る通りである。
まずは振らなければ何も始まらない。
ましてや打つことのみを期待されて送り出された「代打」である。
それが凡打に終わったとしても、それは結果論。
振らずに棒立ちで三振に終わってベンチに帰るのは最も頂けない。
代打職一本で現役を全うした川藤だけに、その言葉には重みがある。

中学の野球部時代。
ボクたち世代初の練習試合に臨むことになり、ボクは1番打者として打席に入った。
ただの1打席ではなく、自分の打撃が通用するのか、そしてこの新チームの将来を左右する打席と言っても過言ではない。
バットを振ることなくフルカウントとなり、6球目。
思いっきり振った結果は、ファウル。
この時、凄くホッとした記憶がある。
緊張が解れ、思いっきり引っ叩いた次の打球は、ボクの野球人生で最長の飛距離をマークしたが、当時の箕面一中のライトはフェンスまで異常に距離があり、しかも相手チームの箕面四中のライトが異常に深い守備位置をとっていたので、フェンス際で見事に好捕されてしまった(相手の野球部監督は元箕面一中の監督だったため、ボクの打球癖を見抜いてライトに深い守備位置をとるように指示を出していたのだ!)。
アウトになりはしたが、これで自信がついたのは事実である。

川藤の言葉で、昔を少し思い出した。
たまにはいいことを言うじゃないか。


日曜の草野球公式戦で、我がチームに超強力助っ人が参上し、大勝した。

超強力助っ人はうちの4番を務める人の弟で、昨年まで某大学野球部に所属していた、いわばほぼ現役。
加えて、某高校の名門野球部出身で、今年から某ベイスターズにトレードで入団した某選手の高校の1年後輩にあたる(某ばっかり)。

そんな某が4回裏から満を持してマウンドに。
受けるキャッチャーはボク。
投手ではなかったようなのでコントロールが心配だったが、そんなものは投球練習中に修正し杞憂に終わった。
むしろ別の杞憂が浮上。

ボール速すぎ!!!

捕球したキャッチャーミットが持っていかれる。
色んな意味で痺れるわい。
パスボール連発するんちゃうか?
さらに、だ。
もう1つの球種。

スライダーが切れすぎ!!!

鋭く曲がり、鋭く落ちる。
草野球レベルではない。
「スライダー投げます」
と宣言されても捕球できない。
視界から消えるんだから。マジで。
「スライダーは追い込まれてからは投げさせないようにしよう。」
そう心に誓ったのは、振り逃げが怖いから。

先頭打者を迎えた。
はっきり言ってストレートのみで抑えれると高を括っていた。
しかし、2球目をあっさりセンター前に運ばれた。
さすがに1,2の3でタイミングさえ合えば打たれるか…。

仕方なしにスライダーを少しずつ織り交ぜたら、あっという間に三振の山を築く。
5回裏には三者三振。
打者が慣れたということはボクも慣れるワケで、キャッチングに致命的な問題は発生しなかった。

最終回に打線が大爆発し、大量リードで迎えた7回裏。
あまりに相手チームがお手上げ気味だったので、この回はストレートのみの力勝負を挑んだ。
これまたヒットを1本打たれたが、最後もバシっと三振でゲームセット。

超強力助っ人がマウンドに上がる前の1〜3回は親父が投げていた。
ショートにも某名門高校野球部出身の大学生を据えていたため守備陣が安定し、無失点で切り抜けている。

打線は2回表、2アウト3塁の先制の場面でボクに打順が。
3ボールからフルカウントまで持ち込まれ、最後はボクの調子の悪い時に表れやすいボールの上を擦るセカンドゴロで凡退。

3回表に2点を先制し、迎えた4回表。
2回表と全く同じ2アウト3塁の状況でボクに打席が回ってきた。

ここ最近の消極的すぎたバッティングを反省し、少々のボール球でも初球から引っ叩くことを決めて打席に入った。
そして見事にセンター前ヒット。
貴重な追加点をもぎ取った。

10-0のスコアだけを見れば圧勝だが、それは最終回に7点のビッグイニングを作ったからで、6回までは3-0の緊迫した試合だった。
だからこそボクの追加点タイムリーが貴重だったんだが、折角のボクの活躍も超強力助っ人の前では霞んでしまった。
まあ、勝てばそれでいい。
次も試合ができるわけだし。
あれ以外にボクの見せ場はなかったし。

それにしてもいい球だった。
糸を引くように伸びるとはまさにあのストレートを示し、消える魔球とはまさにあのスライダーを指す。
親父も57歳にしてはボールは来てるし、コントロールもいいのでリードのし甲斐はあるが、この超強力助っ人と比較するのは酷というもの。
速い、鋭いだけでなく、構えたところにボールが来る。
キャッチャーをやってきて良かったとさえ思ったし、1球1球を噛み締めてキャッチングした。
大したキャッチャー歴を持ってないが、一番凄い球だったのは間違いない。
今もまだ、あの感触が左手に残り、痺れている。

22日も参加してくれるのか?
またあのボールを受けたい。
でも、ファウルチップを取り損ねた時に突き指した左手親指付け根はそれまでに治るんだろうか…。
Posted by foe1975818 at 23:10│Comments(3)TrackBack(0) 野球 | 最近

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
川藤は口調は悪いんですが、野球に関しては結構良い事言いますよね。
ほかの中途半端な解説より全然良いと思います。
「解説者川藤幸三」僕は好きですよ☆

センター前タイムリーおめでとうございます!
ただ、突き指は意外と治りが遅い場合があるので無理しないで下さいね。
Posted by serins at July 17, 2007 00:09
中畑清の解説はやばいですよね。サッカーで言うと松木安太郎ですね。




消えるスライダー、見てみたいなあと思いました。
Posted by ある正社員 at July 17, 2007 06:58
serinsさん
突き指は中学時代から慢性化してるんですよ。
一生治らないですわ。

川藤は二番煎じなのが気に食わないんですが、オレは阪神ファン代表のおっさんとして見てますね。
松村邦洋とのダブル解説が実現してほしいです。
オレは福本豊好きですよ。



ある正社員さん
松木もワンパターンですね。
「シュートで終わりたいですね。」しか言ってないような気さえします。

スライダーは消えるので見えないと思いますよ。
Posted by よしゆきロビンソン at July 18, 2007 22:32