August 03, 2007

落としました

友人Hが財布を落とした。

会社の付き合いで飲み食いした後、ええ感じに酔っ払った状態で深夜に千日前のサウナ「アムザ」に入店。
サウナ入室直前に自販機で茶を買ってご機嫌で飲んでいたときに、腰掛けていた椅子に財布を置き忘れたのではないか?と友人Hは自ら推測する。

財布には現金¥35,000(嫁には¥25,000と供述している)に、銀行その他諸々のカード類、免許証、保険証と、「絶対に落としてはいけない物ベスト5」にノミネートされるであろう超豪華セットが根こそぎ含まれていた。
実に景気のいい話だ。

痛恨なのが、定期。
7月に転勤で大阪に戻ってきて、6ヶ月定期を2週間前に購入したばかり。
こんなときに限って「6ヶ月」ものロングラン定期を購入してしまっている。

更にウケたのが、ご丁寧にも財布に自宅の鍵も収納していたというのだ。
手にしていたのは携帯のみ。
これはもう拾得したヤツに「オレをどうにでもしてちょうだい」と懇願しているようなものだ。
一応、「財布届いてませんか?」と様々な場所に連絡を入れたみたいだが、大阪のミナミという土地柄、朗報を期待するだけ無駄だ。

友人Hは何かと物をよく落としている。
イギリスへ海外旅行に行った時もデジカムを落としているし、思い出せないが他にも何かを落としている。

翌朝一番で方々に「カードの使用停止、再発行」の連絡を入れる。
入居したばかりの自宅の鍵も取り替えた。
ボクに半べそで連絡を寄越してきたのは、
「定期買ったばっかりなんやけど、何とかならんか?」
とのお願いをするため。
落とした定期の区間の電鉄会社で親父が働いていたことを頼ってのものである。
「何ともならん!」
親父は半ば呆れ気味に突き放した。

悔しいのは、拾得したヤツが5ヶ月以上も残された定期の払い戻し金をふんだくること。
払い戻しは身分を証明するものがあれば可能。
拾得したヤツは写真のない保険証を提示すれば、名前が一致しているので、売り場の人間は何の疑いもなく払い戻す。
電鉄会社に定期を落としたこと伝え、全ての定期券売り場で網を張っておくよう頼んでおけと指示したが、ひっ捕らえるようなことまではできんだろう。

「他人事ちゃうで。オレらも酒飲むし、気ぃつけなアカンな。」
電話で気を引き締めるヒロキジーニョとボク。


その翌日、ヒロキジーニョから電話が。

「銀行のカードを無くしたみたいやねん。」

冗談はよせ!
「気ぃつけなアカンな」と話していた矢先じゃないか。
舌の根も乾かぬうちにこれだ。
ヒロキジーニョとは大学の同級生だがヤツは1つ年上なので、どんなに悪態を吐く時でも「ヒロキさん」と「さん」付けで呼んでいたが、この時ばかりは

「お前アホやろ。」

そう口走ってしまった。
敬称を略すどころか、「お前」呼ばわりである。

心当たりはあるのかどうかを尋ねると、カードがずり落ちるぐらいの隙間が財布に開いており、そこから落ちたのではないか?とヒロキジーニョは自ら分析する。
分かってるなら早めに買い換えておけよ。

ここからヒロキジーニョのお家芸、マイナス思考の妄想が暴走する。
「カード拾ったヤツがヤクザやったとしたら、色んな手段を使って暗証番号を解読して、お金を下ろしまくって、さらに家にまで押し掛けてきて金をせびりにくる。オレは車のローンを払えなくなって相方のインプレッサを手放すことになる。生き甲斐を失い、自棄になってアル中に。そして孤独死。うわあ、よしゆき、どないしよう〜。」

もう一度言おう。

「お前アホやろ。」

どんなけ想像力逞しいねん。
他に頭使うことあるやろ。
「こうなったらいっそのことその通りになってしまえよ」と一瞬浮かんだが、そこまでは口に出さなかった。

まったく、どいつもこいつも落としまくりやがって。
気が弛んどるんとちゃうか?
もう30超えたええ大人やろ!
しっかりせえ!


と、仲間に喝を入れるボクは、右腎臓の石が一向に落ちてこない。
昨日の検査では、少しデカくなったんじゃないか?とのこと。
腎臓に居座っている間は痛くも痒くもないが、やっぱり気持ち悪い。
3mmならば尿道に転がり込んできた場合、痛みが走るみたいやし。
僅か3mmとはいえ、何となく体の右側に体重が掛かっているような気もするし。
いっそのことデカくなって、レーザーで細かく砕き、おしっこで垂れ流したい。


明日は購買意欲をそそるレースが見当たらない。
とはいっても、気付けば函館10レース5番ヒルクライムに再び賭けてしまっているだろう。
1,800mの距離で見直してみたいのである。

さあ、明日もJRAに金を落としてやるとするか。
Posted by foe1975818 at 23:56│Comments(6)TrackBack(0) 最近 | 競馬

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
オチはちゃんと落ちてるように思えましたww(←上から目線ですいません)



ひろきさん年上だったんすね。個人的にはそれだけでお腹いっぱいでした
Posted by ある正社員 at August 04, 2007 12:02
お友達・・・き、気の毒・・・・。
>「何ともならん!」
↑お父様のこの一言に安心しました〜。
これでなんとかなっちゃったら、怖いですもんね☆

社会保険庁なんかは、身内知人が「なんとかして」と
頼んだら、未加入でも加入に不正してきたみたいで、
すっごく腹ただしい・・。
(話題がそれました〜、すみませぬ)

Posted by 茶野 at August 04, 2007 22:38
こんばんは^^
つい先日腰に巻いていたカーディガンを落としました。
実は妹のカーディガンを大阪からこっそり持ってきたというのに。
怒られちゃうなぁ。。。
Posted by 夕@rk. at August 05, 2007 02:08
さすがは僕らのスーパーアイドル・ヒロキジーニョさん!
クオリティが違います(笑)

僕も今、乗り換えが三回あって学割効いても定期代がかなり大変なことになっています。
なぜ乗り換えが多いと高いんでしょうね?
Posted by トミチョー at August 05, 2007 02:14
ある正社員さん
オレよりも年上ですので上から目線でいいんですよ。
というコメントが上から目線の気がしないでもないですが。
ヒロキジーニョは昭和49年生まれの乙女座です。



茶野さん
財布を落とした気持ちは痛いほど分かるんですが、どんな裏技を行使しようと何ともなりませんわ。

噂では聞いてましたが、ホンマにえぐいことやってましたね、社保庁は。
民間企業で使い込んでたりしたら、名前が出て逮捕されたりするのに…。
Posted by よしゆきロビンソン at August 05, 2007 14:39
夕@rk.さん
届け出る人はいませんかね?
道でカーディガンが落ちててもオレは拾わないですわ。
妹さんにバレないことを祈っております。



トミチョーさん
そこまで身を削ってネタを提供してくれんでもええねんけどね。

大阪にはただの地下鉄しかないけど、東京には営団地下鉄と都営地下鉄があることが驚きだった。
そしてそれを跨いで乗った時の運賃の高さにも驚き。
電車、路線が多すぎるわ。
Posted by よしゆきロビンソン at August 05, 2007 14:49