October 19, 2007

刀狩じゃ!

先日、墓を新調することになったと記した。→ホタル

ではその墓には誰が入っているのか?
祖父母と、曽祖父。
曽祖父は再婚しているので、2人の曾祖母も墓に入っている。

もっと遡って調べてみる必要が発生したため、市役所や世話になっている近所の寺を訪ねたら、曽祖父とその父に関しての記録は残っていた(長生きだった)が、なぜか曾祖母やそのまた母の「没年」が不明だった。
住職が口を開く。
「悪い言い方をすれば、女性は昔、人間として見做されていない時代でもあったので、没年までの細かな記録が残されていない可能性はあります。それと、実はこの辺りに住まわれている方々は、昔は皆、○○市のお寺から住職を呼んでたんです。ところが、呼ぶのに大金がかかってしまうので、わたくしどもの寺を利用していただくことになったんです。一度、こちらのお寺を訪ねてみてはいかがでしょう?」
住職は兵庫県○○市の寺を紹介してきた。

余談だが、曽祖父は生前、
「わしが死んだら、○○の坊主を呼んで葬式をしてくれ。」
そう言い残して他界したが、祖父が
「金がかかる」
との理由で却下し、上記のお求め安いお寺に世話になったという経緯があるそうな。
薄情だな、じいちゃん…。

両親が車で○○市の寺を訪問した。
門構えはこじんまりしていたが、潜ると尋常ではない奥行きに圧倒されたと振り返っている。
それだけで寺の規模が窺い知れたと。
勿論、あっさりと遠い先祖の名前、没年までを知ることができた。
資料によると、女性に関しては、2人目の曾祖母以外は早世していた。

仕事はもう終わったが、住職の話を聴いた両親。

むか〜し昔、ボクの住んでいる地域には大地主がいて、周辺に住む人は皆、その小作人として働いていた。
勿論、うちも例外ではない。
大地主に肖って、苗字も同じにしたそうな。
この大地主の子孫は今でも家の近所に住んでいるのだが、この寺からわざわざ住職を呼んでいるらしい。
金持ちは違うねえ。

また、この寺は鎌倉時代から存在しているそうな。
でも一度、室町時代に焼き払われた。
焼き払った人物は

「豊臣秀吉」

因みに、豊臣秀吉の亡くなった8月18日が、ボクの誕生日なのは縁起でもない話だ。


大混戦の菊花賞前に小金を稼いでおかないといけないといけない。
なのに、入金するのを忘れてた。
財布に目を転じてみるも、給料前で現金も枯渇。

ここは一家の大黒柱の親父に借りるしかねえ。
先週の秋華賞の馬単、馬連を的中させて金が余ってるみたいやし。

東京7レースの11番ショウナンアルス。
スムーズにレースを運べれば一発あり。
Posted by foe1975818 at 23:59│Comments(2)TrackBack(0) 過去ロビ | 競馬

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
お墓の続きがきになるのぉぉ
Posted by himeko at October 20, 2007 01:47
himekoさん
ええ、まだ続きがあります。
古墳はなしになりました。
Posted by よしゆきロビンソン at October 22, 2007 23:46