October 21, 2007

芦毛馬に乗った横典様

競馬には多種多様な楽しみ方が存在する。

親父の前の会社の同僚は重賞しか購入しないが、その馬券戦略は専ら角田騎手絡みの馬券。
理由は出身地が同じ鳥取県だから。
角田騎手全盛時代、独身貴族の彼は笑えないぐらいに儲けていた。
最近はご無沙汰しているので懐具合は分からないが…。

逃げ馬好きなある人は、逃げ馬が残りそうなレースをピックアップして勝負を賭ける。

パドックで目が合った馬を買うと言い、パドックで歩いている馬にメンチを切っている女性も知っている。

しかしながら長いこと競馬をやってますと、信念が揺らいだり、感覚も鈍ってくる。
最近のボクがその顕著な例だ。
鈍っているどころか、完全に見失い、1日の大半を半笑いで過ごすというイカレようだ。

今日、G亀堂崗泙縫曠トスルタンという芦毛の逃げ馬が出走する。
父親はメジロマックイーン
有力なメジロマックイーン産駒が久し振りにG気梁臧饌罎剖陲鮨覆瓩討た。
今日は親子4世代制覇を目指す「天皇賞」ではないが、京都競馬場3,000mの舞台装置はもってこい。

マックイーンはコンスタントに活躍馬を輩出するタイプではないと推測している。
故に、早世してしまったのは実に惜しい。

混戦と謳われるだけに軸に据える馬は十人十色のはずが、serinsさん、ラガルさんのお2人はホクトスルタンに目をつけている。
ホクトスルタンはまだ特筆すべき実績を積み上げていないのに、オッズ上でも人気を集めている。
皆、「ホクトスルタンがクサイ!」と目を向けている証拠である。
このように、沢山の人間が推奨した穴馬は、まず来ない。
それが競馬というものだ。

しかし、ボクは突っ走る。
競馬を始めた頃に立ち返って、大好きだったメジロマックイーンの子供に夢を託すなどという山田雅人的なロマン馬券でも買うことにする。
たとえ1番人気に押し上げられても、ボクには買う義務があるのだ!

どうせいつもの馬券戦略じゃ当たらないんだし。

それにホクトスルタンは逃げ馬でレース中も発見しやすいし、仮に出遅れても唯一の芦毛馬でポジショニングが判り易いし。

半笑い病が治るかどうか…。

Posted by foe1975818 at 11:17│Comments(6)TrackBack(0) 競馬 

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
菊 5.7.10.13.17.18ってトコで
ワイド勝負(^^; どう思う?
Posted by お母ちゃん at October 20, 2007 22:11
 周りに惑わされること無く自分のスタイルを貫く……アスリートの域ですね。

 ホクトスルタンは皆の夢を背負っていますね。こういうのも趣があってよいですね。
Posted by ラガル at October 20, 2007 23:01
俺は横山で逃げ馬というと、セイウンスカイを思い出します。セイウンスカイ、天皇賞はどうだったんでしたっけ?
Posted by ある正社員 at October 21, 2007 01:19
>山田雅人的なロマン馬券
ずっと昔、山田まさとさんが、「馬は何を考えて走ってるんだろう」とか考える、と馬へのロマンを熱く語っていたのを見たことがあります。
パチンコとかより奥が深いのかもなぁと思ってしまいました。
Posted by 茶野 at October 21, 2007 18:39
お母様
5番の4着入線には魂消ましたよ。
ワイドでも万馬券だったんじゃないですかね。



ラガルさん
横山騎手も言ってましたが、かなり人気過剰でしたね。
それでも人気よりも着順が上回りましたし、ヨシとします。
Posted by よしゆきロビンソン at October 22, 2007 23:55
ある正社員さん
菊花賞は手にしましたが、天皇賞は負けた気がします。
血統も脚質も個性的でした。
ホクトスルタンがそこまでの馬になるかどうか…。



茶野さん
オレも気になります。
馬翻訳機を開発してほしいですよ。
物凄い悪態を吐いてたりして。

競馬はパチンコよりかは健康的なのは間違いないです。
パチンコは存在自体も「黒」ですからね。
Posted by よしゆきロビンソン at October 23, 2007 00:02