November 06, 2007

晴れのち涙雨

どうでもよいと思っていた日本シリーズにチャンネルを合わせたのは、野村克也監督が解説者として名を連ねていたからこそである。
一番記憶に残ったフレーズが、

「バッティングで最も大切なのは積極性なんですよ。」

ID理論を掲げる野村監督にしては意外な精神論だが、崇高なるID野球も積極性なくしては無用の産物と化してしまうことを伝えたかったのだろう。
ただ、これが当たり前のようで、なかなか実行に移せないもんなのよね。

中学の野球部時代、1番打者のボクは三振を喫することが少なかったために、監督から常々「2ストライクまでは見ていけ。」との指示を受けた。
そのせいか、バットでボールを打つという「攻撃」において、常に慎重に臨んできたし、慎重さが頭に体に染み付いている。
でもバットに当てる絶対的な自信があったからこそ、その慎重さが消極性にならなかった。

それが今、草野球においてその自信が根底から覆されるほど三振で倒れることも少なくない。
ブランクは自分の想像以上に響いている。

そこで野村監督の「積極性」という言葉のご登場である。
出塁を義務付けられた1番打者でもないのに、徒の娯楽の草野球なのに、慎重で、消極的であり続ける必要性は全くない。

金曜日に茨木市のラウンドワンのバッティングセンターで目慣らし。
バッティングセンターは全部打たなければ金が勿体無いから、積極性を養うには打って付け。
さらにボクはバッティングフォーム改造に着手した。
ボクの凡打のパターンはボールの上を擦ってしまってのセカンドゴロで、最近、頻繁に見られた。
自分の気付かぬうちにバットが下から出ているのだ。
下から出ないようにするには、バットを構える位置を最初から上げて、振り下ろせばいい。
ダウンスイングの鬼と化すのだ。

バッティングセンターである程度の手応えを掴んで試合に臨んだ。

1回表のボール回しという初っ端から左足ふくらはぎの肉離れを発症。
先行き不安なスタートを切る。

レギュラーのUさんが怪我で欠場のため、ボクがよもやの1番を打つことに。
だが、それを意識しない。
イチローをお手本とした超積極的な1番打者としてバッターボックスに入り、初球を引っ叩いた。
手応え充分。
しかしボールはライトのグローブに収まった(このチームは試合を通じて外野の守備位置が異常に深かった)。

2打席目。
相手ピッチャーはドロンとしたカーブが特徴で、味方打線は打ちあぐねていた。
さっき良い当たりを放ったボクには、必ず初球はそれで入ってくるだろう。
カーブ狙いで待つと、ストレートだった。
高めに浮いてボール。
ヤマはハズレた。
裏をかいてきたのか?
2球目。
左中間への3塁打でチャンスメイク。
しかし後続が打ち取られて無得点。

3打席目。
2アウト1,2塁のチャンスで迎えた。
今度こそキャッチャーは初球にカーブを要求しているはず。
カーブのタイミングで待っていると、ど真ん中のストレート。
見逃した…。
今年2番目に悔やみましたな。
このキャッチャーはアホなのか?
もういい!
次の球を叩いた。
多少、ボールの上を擦ったが、ボールは1,2塁間を破ってライト前へ転がり、チャンス拡大。

だが、試合には敗れた。
ボクのせいだ。
1イニングにパスボール2つを犯し、試合を打ち壊し。
リードも拙くて、親父の後を継いだ若手のピッチャーには悪いことをした。
アホなキャッチャーはどっちだ!
高校球児を真似て球場の土を持って帰るようなボケは止めておいた。

守備のミスの挽回もしたかったし、折角、積極性を身につけてバッティングの調子が上向いてきたのに、今年の草野球はこれでお仕舞い。
ツイてねえな。
馬券も的中したのに堅すぎて儲けなしやし。


他に積極性を発揮しなきゃいけない場面があるんだが…。

Posted by foe1975818 at 00:08│Comments(3)TrackBack(0) 野球 

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
1回表から肉離れてダイナマイト四国みたいですね。
Posted by ある正社員 at November 06, 2007 01:42
ある正社員さん
ダイナマイト四国がよく分からなかったりします。
実は、左足を庇って、右足も肉離れを起こしたんですけどね。
Posted by よしゆきロビンソン at November 07, 2007 22:33
 ノムさんの野球理論は結構心理的な部分を突いているのが多い気がします。積極的に打ちに行くということは、相手投手が早いカウントからストライクを取りにくくなり、結果バッター有利なカウントがもたらされやすくなるんじゃないでしょうかね。
Posted by ラガル at November 08, 2007 23:18