April 01, 2008

続いての方どうぞ

先週木曜日に放送された「とんねるずのみなさんのかげですスペシャル」のワンコーナー「細かすぎて伝わらないものまね」を御覧になった方も沢山いらっしゃったことであろう。

本来ならば、あの場でボクもものまねを披露していたかもしれないのだ。

実はボク。
関西地区予選に参加してました。

4/1だからといって、嘘じゃないですよ。


数ヶ月前、茨木市で開催された「なるトモ!」ラーメン販売会に粉雪が舞い散る中、態々箕面から駆けつけ、その週の金曜日の放送で行列をなしている姿が一瞬だけ映り込んだよしゆきロビンソン。
「たかじんのそこまで言って委員会」の番組観覧以来の映り込み成功に、一定の満足感に包まれてはいる。

しかし次はもう少し高いハードルに挑戦しようということで、「とんねるずのみなさんのおかげでした」のワンコーナー「細かすぎて伝わらないものまね」にHPから応募した。
完全に悪フザケである。

で、オファーが届いた。
全国各地で予選が行われ、通過者が3月14日にフジテレビで収録される本番への参加を許されるとのこと(ON AIRは3/27)。
2月3日に某所で行われる大阪地区のオーディションにどれだけの人数が参加するのか知らないが、腕が鳴るのである。

モノマネオーディションへ弾みをつけるために、前夜にヒロキジーニョと景気付けの飲み会を行った。

飲みすぎたため正午起床。
勝負レースと睨んでいた東京競馬9レースに予想に取り掛かるも、積雪により東京競馬は翌、月曜に延期。
仕方ないので、当初の予定になかった小倉競馬9レースを熟考。
14:15発走なので、梅田の場外馬券売り場で購入、観戦し、その足でオーディション会場へ向かうプランを立てた。

顔に冷水を浴びせ、気を身を引き締める。
ウンコ付着歴皆無の勝負パンツを装着し、いざ出陣。

小倉9レースはジョッキー青木の不細工な騎乗によって、馬券は藻屑と化す。
怒り心頭でオーディション会場へ。

スタジオに入る。
受付の男性に名前を告げると、自己紹介用紙を手渡された。
30席ほど用意された椅子に着席し、名前やレパートリーやらを記入する。
どうでもよいが、スタジオ自体が不気味なまでに薄暗い。
しかも参加者が5人ぐらいしか着席しておらず、水を打ったように静まり返っている。
記入していると大きな声が耳に届いてきた。
どうやらスタジオの隅の小部屋でオーディションが行われているようだが、それがまたドア全開なので丸聞こえ。

用紙を手渡すと、すぐに呼ばれた。
小部屋にはカメラマンを含めて3人の男性。
昨年のNHK大河ドラマ「風林火山」より、父の教えを息子に伝える北条氏康役の松井誠、秋葉原で自民党総裁選演説を行う麻生太郎のツカミ、投げ終わった後の岩隈投手の右足、そして「クイズミリオネア」で司会のみのもんたに「狂言風に言ってみてよ」と懇願された和泉元彌のモノマネを粛々と行った。
麻生、元彌はそこそこウケたが、後の2人はスベリ気味。
所詮は宴会芸ノリだしな。

2分足らずで終了。
因みにボクの後が吉本の若手「ストリーク」の山田だった。
コートを脱ぐとユニフォーム姿で、出番が終わったらさっさとジョグで立ち去った。
梅田花月にでも戻っていったんだろう。

合否発表は後日連絡があるとのこと。
まあ、スベってますわな。

予想以上に早く終わったので、再び梅田の場外馬券売り場にGO。
小倉11レースに手を出して、4コーナー前で脱落する有様の惨敗。
都合1万円スッて帰宅。

オーディションは意外と緊張しなかったですよ。
その証拠に、帰宅して確認したら、パンツにウンコは付いてなかったし。


数日後、不合格通知が届いた、やっぱり。
よしゆきロビンソンの全国デビューは一先ずおあずけである。

オンエアーを見たが、そりゃボクなんぞ受かりませんわ。
ストリークの山田も落ちていたようだが。
浅野温子はウケたなあ。
Posted by foe1975818 at 12:08│ 最近 | TV