May 25, 2008

腐敗神話

今日行われたオークスはトールポピーが桜花賞の雪辱を果たして制したわけだが、レース後におけるJRAの措置が元で自ら墓穴を掘り、実に後味の悪い終幕を迎えた。

勝利したトールポピーに騎乗していた池添騎手が最後の直線走路で右へ左へと斜行し、4頭もの馬の進路を妨害した。
妨害と言えどピンからキリまであり、処分対象となる判断基準が実に微妙なわけだが、競馬歴17年のボクに言わせれば、今回のケースぐらいでは「審議の対象にはなるが、どうせ降着までには至らないだろう」と。
実際、降着もなく着順通りに確定した。

ところが、池添騎手には2日間の騎乗停止処分が下されたのである!
何だ、そのジャッジは!?
降着はないのに、騎乗停止?
「騎乗停止=降着処分」であり、この処分には疑問符がいくら付いても足りない。

JRAによれば、

「内側への斜行による被害は走行妨害には至らないが、継続的かつ修正動作の無い危険な騎乗であると認められたため、騎乗停止の制裁となりました。」

意味不明である。
過去にはミスターシービーがダービーを制した時にも吉永騎手に同じような処分を下したようだが、肝心なのは、馬券購入者であるファンを「蔑ろ」にしていることである(そもそもが、降着になるようなレースならば全額返還するというのが筋だが…)。

4/27(日)京都競馬場で行われた「橘ステークス」というレースに於いても疑惑の判定があった。
このレースでも池添騎手が内側へ斜行したことにより内側の3頭もの馬の走行を邪魔した。
にも拘らずお咎めなし。

この2例における共通項は「馬主が社台」。
社台と言えば日本競馬を突っ走るブリーダーである。
もう何が言いたいかお解りいただけよう。
社台側がどうこうよりも、JRA側が変な気を遣っているというのがボクの推測だが、本当のところはどうなんだろう。

因みに、エリザベス女王杯で降着処分を受けたカワカミプリンセスの馬主は社台ではない。


中京競馬G凝豎ぅ好董璽スで大穴ヤマトマリオンを本命に3連複で勝負したものの、2着のラッキーブレイクを押さえずに撃沈するわ、ヤマトマリオンの単勝も買うてないわと、ムシャクシャすることばかり。

以下の映像でも見てスカっとしよ。


こんなに理不尽な事件だらけの競馬になけなしのお金を毎週のようにつぎ込んでいる馬券購入者って、世界で最も立ち直りが早く、そして穏やかな人種なのかもしれんね。

さあ、来週はダービーだ!

Posted by foe1975818 at 23:03│ 競馬