October 14, 2008

結果発表 展望 罰ゲーム

プロ野球の順位が確定した。
シーズン前のボクの予想は→こちら

パ・リーグはバッファローズの躍進とゴールデンイーグルスの定位置はほぼ予想通りだったが、それ以外はどうしようもない。
特にカブレラと和田の抜けた穴が尾を引いてBクラス確定と見ていたライオンズが優勝とは恐れ入った。
逆にホークスの体たらくぶりには失望さえ覚えた。

優勝を果たした阪神にはおめでとうを述べると共に、広島カープにも拍手を送りたい。
西武と同様、新井、黒田のFA移籍の爪痕が致命傷になると読んだボクの読みは浅すぎた。
栗原はあれぐらいは当然、結果を残すと踏んでいたが、拙い守備が打撃にも影響を及ぼしていた東出が漸く開花。
投手陣にも前田や横山など明るい兆しが見え始めた。
新しい球場で伝統の機動力野球を復活させれば、来シーズンも台風の目となる。

ホームラン王とリーディングヒッターを輩出した横浜は、戦前の予想通り投手陣が崩壊。
酷すぎる。
相当なテコ入れを要する。

因みに巨人順位は順位予想の段階で除外しているので、無視する。

さて、早くも来年に向けて注目の選手を挙げておこう。
まずはマリーンズの小林宏之。
一体どうなってしまったんだ?
この成績には目を疑ってしまう。
原因は、最早、癖になりつつある足の痙攣が尾を引いているのである。
陸上棒高跳びの澤野大地にも言えることだが、あれは精神的なものが起因している。
そこでボクの案。
リリーフ転向を提案する。
環境を変化させることによって、脚への不安を散らすことはできないだろうか?

打者ではスワローズの畠山が和製大砲としての階段を着実に上っている。
来年は爆発すると見た。


では、順位予想を外し捲くった自分に罰を与える。

15日から2泊3日の北海道旅行の刑じゃ。

Posted by foe1975818 at 23:23│ 野球