December 27, 2008

3練炭2頭軸マルチで変死

大阪に於けるひったくり犯罪が減少したが、それでも全国1位に輝いた。
ボクの移動先が所謂逆差別で名を馳せているタチの悪い、失礼、ガラの悪い、失礼、キチガイの多いとされる大阪市南部方面。
勤務して改めて再認識させられたのは、ボクが生息する北部と南部の人間性の違いである。
うちの会社の契約先でガンとされている会社がその筆頭で君臨しているが、それはまた後日にでも実名でもって記してやる。
もうヤケクソなのだ。


1年前に宣言した、週に一度のブログ更新すら危うい近況。
ネタが無いというのは言い訳にならない。
否、言い訳にもなっていない。
単純にネタ探しを怠っているだけである。

そんなズボラなボクのブログを今でもこっそりチェックしているコアなファンのために、久々の競馬予想を開帳する。
ボクの外しっぷりでもって優越感に浸るがよい。

心配しないでいただきたいのは、大阪のひったくり現象に反比例して、ボクの馬券成績は過去最悪のペースを更新している。
いわばJRAにひったくられている。
いや、自らひったくられにいってるんか?

さあ有馬である。
内田裕也のように、ひったくられた金は競馬で取り返すのが筋だ。
ウォッカとディープスカイが不在。
ボクとしては両馬とも出走してほしかった。
そして馬券から省いてやったのに。

近しい友人はボクから菊花賞で

「フローテーションがクサイ。」

導入部すら省かれたリアクションに困るメールを送りつけられたことと思う。
跳びの大きい走法が京都競馬場の外回りに適しているはずで、長距離血統の血が3,000mで爆発すると踏んだからである。
で、レースでは2着に食い込んだ。

結果は2着だ。
しかし内容は勝ちに等しい。
否、勝っていた。
4コーナーで動くに動けない位置に嵌り、馬群を捌くのに手間取った分の2着であり、実質は勝っていたのだ。

ところが「2着」という数字だけで人気が急落している。
この評価は「幻の菊花賞馬」に相応しくない。
まあ前走ステイヤーズSの2着にケチをつけたくなる気持ちも解らなくはないけど。

とかなんとかいって穴馬を捻出してみたが、やっぱり中山競馬場王朝のギルガメッシュこと、マツリダゴッホには敬意を表すべきだろう。
昨年はドリームパスポートから総流ししていた。
なかでもマツリダゴッホにはピカイチの評価を下していたため、投資額の4割を充てたほどである。
ドリームパスポートが4コーナーで派手に躓かなければ、とんでもない馬券が的中し、歯軋りのない、健やかな年越しを過ごしていたことになる。
などと女々しく感傷に浸ってもしょうがない。

フローテーションとマツリダゴッホの3連単2頭軸マルチで勝負。

と宣言しておきながら、中京10レースのアドマイヤミラクルで姪のお年玉代を捻出するつもりだ。

因みに菊花賞ではフローテーションを買わずに他のレースを購入して変死しているので儲けていません。

ではよいお年を。

Posted by foe1975818 at 22:15│ 競馬