February 09, 2017

FUKUOKA

九州は福岡に上陸。
九州上陸は高校の修学旅行以来で、その時は新幹線からバスに乗り換えるだけの経由地でしかなかったので、記憶などない。

念のため、福岡上陸はASKAに直撃取材を試みるためではない。
福岡空港に到着するや否や、iPodでCHAGE&ASKAを流してエスカレーターに乗り込むと、立つ位置が大阪と逆であることに少し戸惑った。
否、大阪がマイナーなんだろうな。
ホテルにチェックインするや否や、久留米に出撃。
何故、久留米か。
念のため、高杢禎彦にチェッカーズの解散理由を訊くためではない。
以前、東京でコソコソしていた時期に、バイト先の若い衆曰く、
「東京の豚骨ラーメンなんて、豚骨じゃないっスヨ。あれはダメっスヨ!味ないっスヨ!」
福岡出身のわりには東京弁に染まっているじゃねーか、それにスヨスヨうっせーよ!と喉元まで込み上げてきていたが、ボクは少し先輩であり、更にボクさえも少し東京に染まりつつあるのに突っ込むのはいかがなものかと、すんでのところで突っ込まないでおいてあげたわけだが、そんなスヨ彼が久留米が豚骨ラーメン発祥で、ホンモノだと熱く語っていたことをボクは忘れていなかったスヨ。
兎に角臭い豚骨をネットで検索したところ、Tというラーメンに行き着いた。
Tは宿泊する博多にも支店を構えていたが、折角ここまで飛んできたのだから、久留米の本店にまで足を延ばしたわけである。
店に近付くにつれ、豚骨臭が鼻腔を刺激する。
ネットでは臭いと煽っていたので構えていたが、大したことはない。
うんこに比べたら無臭だ。
こってり系の昔風豚骨ラーメンのワンタン入りを注文。
まあ、噂ほどクセがあるわけでもなく、そこそこ美味しくいただいた。
たまに鼻から豚骨臭が抜ける感じですな。
結局は好き嫌いだからね。

久留米から西鉄で中洲に向かう時に、目を真っ赤に腫らした女性と、彼氏が一緒に乗り込んできた。
席が全部埋まる程度の乗車率。
電車に乗る前に喧嘩でもしたんでしょう。
彼氏に一切目を合わさず、無言で俯いていた彼女。
必死に、でも小声で宥める彼氏。
かまってほしい感満載の女と、この女を逃しては人生の終わりだと必死の男、とCHAGE&ASKAのLOVE SONGを聴きながら 君が思うよりも〜ボクは〜シャブが〜好き〜と口ずさみながらツイートするボク。
最低 ナウ。
2人は祇園駅で下車していった。
ギザギザハートの子守唄でも歌ってやんな。
御幸せに。

中洲の屋台で軽く摘まもうかと様子を伺うと、行列ができている店と、全く客が入っていない店と両極端で、1人で入る勇気が湧かなかった。
結局、中洲を軽く流してホテルに帰って来た。
アパに宿泊したかったが、旅行プランに含まれておらず断念した。
まあ袴田吉彦みたいにポイントを貯めているわけではないので構わんが。

明日は早いので、ビールもそこそこにして、お茶を飲んでいる。
今、尿検査で突入されてもお茶を提出しようっと。2017-02-06


Posted by foe1975818 at 22:31│Comments(0)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/foe1975818/52486634