September 24, 2007

広島東洋カープ

土曜深夜、何気にNHKにチャンネルを合わせると、「ケータイ大喜利」なる番組が放送されていた。

発表されたお題に対して視聴者がメールでおもしろ回答を送信し、集まった作品の中から千原Jr.が選りすぐりのものだけを発表する。
判定者は130R板尾創路。
総合司会は今田耕司。
いかにもNHKっぽいベタな企画だが、送られてくる作品はシュール揃いである。

例えば、
「アホアホ高校が体育祭で仕出かしたミス。それは何?」
というお題に対し、

「開会挨拶が3時間」
とか
「おととい、やった」
とか。

その日、声を出して笑ってしまったのが
「『掛布さん、真面目に解説してくださいよ!』さて、掛布は何と言った?」
のお題に対する

「腹黒ピッチャーとドスケベバッターの対決ですねぇ。」

と、

「赤い方が勝ってますね。」

の2作品。
しかもこのお題は掛布本人によって発表されたから余計に笑えた。

もひとつだなと思える作品に対してでも、板尾、今田、Jrが膨らまして面白くしてくれる味わい深い作品もある。
久々に視聴意欲を掻き立てられる番組だ。
さっき、この番組のHPで過去の作品集を眺めていて、独りで引っくり返って笑っていた。
もしかしたら番組で読み上げるよりも活字で見た方がおもろいかもしれない。

作品を送りつけてきている人の中には、きっと作家などのプロの人間が混じっているだろう。
この手の笑いで力を発揮する「よゐこ有野」なら充分ありうる。

そんな有野がゲーム番組のMCを担当してしていて、意外と人気を博しているとの噂を聞いた。
本職じゃないところで力を発揮しているのがいかにも有野らしい。
「なぜ、人気があるのか?」という問いに対して、「ゲームが下手だから」と自己分析していた。

意外とそんなもんなのよね。
偉そうに御託を並べているゴルフ解説者の戸張捷だって、ゴルフの腕前は口ほどでもない。

偉そうに馬券予想を開帳しているボクだって、馬券下手である。
昨日は的中したけど、買い方が拙くてそんなに儲けてない。
たまにしか的中しない人間は、その時に如何に儲けるかが生命線なのに…。
こんなアホなボクを遠慮なく笑ってくれよ…。  

Posted by foe1975818 at 23:57Comments(4)TrackBack(0)

October 18, 2006

鉄の女

作家吉川良(まこと)さんの作品を読むと心が穏やかになる。
週間Gallopに載せておられるわけだが、今週号でイクノディクタスが話題に上っている。
ボクが高校生のときに現役として活躍していたイクノディクタスは、とにかく丈夫な牝馬で、「無事是名馬」はこの馬の代名詞である。

ボクの高校時代の友人にY野という男がいる。
初めてY野が馬券を購入したのは、ライスシャワーがメジロマックイーンの天皇賞・春の三連覇を阻止したレースで、彼はライスシャワーの単勝を手堅くGETした。
俗に言う「ビギナーズラック」の炸裂。
我々が高校3年の春である(高校生は馬券を買っちゃダメよ)。

Y野は返す刀で3週後のG軌妥諜念に挑む。
ボクに購入を頼んだのは3頭の単勝馬券。
単勝を3つ買うなど邪道極まりない愚な行為だが、初心者Y野は頑として受け入れず、「ええからそれを買え!」と大凡人にモノを頼んでいるとは思えないドデカい態度で迫る。
3頭の名は、ヤマニンゼファー、カミノクレッセ、イクノディクタスで、それぞれに¥500つぎ込むのだ。
ヤマニンゼファー(♂)はこの前の年のこのレースの覇者で、この年も押しも押されぬ有力馬。
カミノクレッセ(♂)はこの年不調に喘いでいたが、前年のこのレースの2着。
ここまでは上位を賑わす可能性が大いにある。
問題はイクノディクタス。
16頭立てのこのレースの14番人気。
G気砲覆襪抜蕕鮟个耕毒呂世、「参加することに意義がある」オリンピック精神としか思えない。
しかも、単勝100倍超の大穴で、当然、競馬歴1年のボクの頭からは最初に手拍子で除外された馬。
ボクはイクノディクタスが馬券に絡むことに異議を唱えたのである。

逆立ちしてもこの馬が1着に来るシーンが思い描けない。
もっと言うなら、3着さえも浮かばない。
ボクは、「Y野の許可なしに」イクノディクタスだけ単勝ではなく「複勝」を購入した。
複勝とは3着以内に突入すれば的中の馬券。
配当は安いが、イクノディクタスのような穴馬とならば話は別。
20倍は見込める。

レースは最後の直線でヤマニンゼファーが抜け出した。
その脚色は衰える気配はなく1着濃厚。
2着争いは混沌としていた。
しかも、その混戦に我が本命馬シスタートウショウが外からグイグイと脚を伸ばしてきた。
「ツノダーー!!」
シスタートウショウは女の子の祭典桜花賞を制した名馬であるが、故障発生後は精彩を欠くレースが続いていた。
漸く前のレースで復活の兆しを見せ、ボクはこのレースで勝負を賭けた。
TVの前でジョッキー角田の名を連呼した。

その混戦の2着争いに、内埒沿いからニュルニュルと赤い帽子のジョッキーが加わってきた。
ヤマニンゼファーは悠々1着でゴールイン。
シスタートウショウは僅かに足りず4着。
2着は、その赤い帽子。
イクノディクタスだった!

「何ーっ!!!」

さあ、Y野の馬券である。
ヤマニンゼファー1着により、まずは単勝5.4倍をGET。
Y野が頼んだ馬券ならこれで終わりだが、ボクが勝手に気を利かせたため、イクノディクタスの複勝が転がり込んできたのである。
その配当17.6倍。
即ち、¥2700の的中が、ボクのお陰で¥11500に化けたのだ。
高校生にとってこの差はデカい(序でに言うと、ヤマニンゼファーとイクノディクタスの馬連は690倍の爆穴馬券である)。

翌日の朝。
よゐこ有野似のY野は、登校したボクにしたり顔でニュルニュルと歩み寄ってきた。
Y野「なあ、言うたやろ。ほれ、¥2700くれ。」
ボク「実はな、お前にとっては嬉しい報告がある。」

ボクはイクノディクタスにおける事情を告げた。

Y野「え?マジで。ほんでナンボもらえんの!?」
ボク「¥11500や」
Y野「あーっはっは。やったぁ〜。」
ボク「オレに感謝せえよ。」
Y野「ホンマやなぁ。で、君は外したのかい?ん?ん?」
ボク「外した。もうちょっとやったのに…。」
Y野「なんや、競馬を1年以上やってんのにあんな簡単なレースを外すとはねぇ。」
ボク「くっそ〜。うるさいわ。さっさと消えろ!」


ここで検証である。
一、ボクは気を利かせてイクノディクタスの複勝を買ったわけだが、これは余りにも危険な行為である。
仮にイクノディクタスが1着に突き抜けていれば、ボクはY野に¥50000もの大金を自腹で支払う破目になっていたのだ。
「何が起こるかわからない」は競馬の代名詞である。

二、Y野はヤマニンゼファーの単勝が当たったと喜んでいる通り、ボクがイクノディクタスの複勝を買っていたとは微塵も知らなかった。
したがって、ボクが黙っていればイクノディクタスの複勝分はボクの手元に舞い込んでいたのである。
でも、それはできなかった。
やはりボクは嘘のつけない正直者なのだ。

この告白を神様は御覧になっていたようで、1ヵ月後の宝塚記念でメジロマックイーンとイクノディクタスの馬連一点勝負をGETできた。

たまにはいいことをしてみるもんである。

人として普通のことやけど。  続きを読む
Posted by foe1975818 at 14:51Comments(6)TrackBack(0)