November 10, 2006

IZAMに3000点

今やテロ予告よりも脅威を与えている「自殺予告」。
それら数通の自殺予告の中で「ホンモノ」が何通あるか知らんが、これだけ「表沙汰になってしまった今」、日本で知らない人はいなくなってしまったわけである。
本意気で死にます予告を送り付けた本人は、果たして誰に自分の苦しみを知ってほしいのだろう?
他人事と決め付けてしまっていいのだろうか?
まずは自分の子供と膝を突き合わせ、腰を据えて確かめることこそ、「一先ず」未然に死を防ぐ一番の近道なのではないか。

まあ、子供に家出されてりゃ確かめようもないが…。

  続きを読む

Posted by foe1975818 at 23:11Comments(8)TrackBack(0)

October 30, 2006

タイムマシーン

同級生からのイジメ、校長からのパワハラ、出会い系による誘拐など、学校を取り巻く問題が再び表面化し、急に採り上げられだした。
さらにここにきて履修不足問題すら全国各地の高校で勃発である。

生徒だって大学受験に不必要な知識を詰め込なくてもいいならそれに越したことはないだろう。
先生や学校が授業を受けなくても大丈夫と太鼓判を押してくれるなら喜んで受け入れる。
勉強が好きな特異な人間など極少数である。

中学を卒業する頃には自分が文系か理数系か、体育会系か、どこにも属さない人間かは大多数の人間が自覚できている(ボクは判断しかねていたけど)。
そもそも高校に入学してまで苦手な科目を学ぶ必要があるだろうか?
長所を伸ばす教育で宜しいのでは?
いや、もっと大事な命に関する授業とかを学ぶとか。
ちゃんとコンドームを付けろ!とか。
ボクなんぞ現代国語の存在で卒業が危うくなったじゃないか!(現代国語で赤点なんてボク1人)

したがって、高校に至るまでの伸び盛りの小学生に対する「ゆとり」など完全に排除し、徹底的に知識を植えつけることを望む(中学、高校もゆとりなどいらんけど)。
植えつけるのは勉強だけではイカンぞ!
「勉強バカ」ほどタチの悪いもんはないからな。
ボクなんぞ、中学卒業後に催眠術にかけられたように全科目の成績がピシャっと頭打ちになり、その後は坂道を転がり落ちるようにして成績が急降下していったのだ!(そりゃ勉強しなかっただけやろ)

生徒も可哀相だが、「世界史」も然りである。
完全に軽く見られている。

行く行くは冥王星みたいな顛末か?


  続きを読む
Posted by foe1975818 at 22:40Comments(11)TrackBack(0)