May 28, 2007

永遠

牝馬のウォッカが、並み居る牡馬を押し退けてダービー制覇。

安倍首相が複勝を、昭恵夫人が単勝をGETしたそうで。
首相は他のレースにも手を出して若干のマイナス。
それにしても首相のくせに複勝のみとは弱腰。
嫁はんが単勝で勝負してるんだから、旦那は3連単でドカンといけよ。
で、息ができなくなるぐらいのギリギリで負けろよ。
で、意地になって馬券に嵌り、会心の予想で万馬券を的中させた時に控除率のバカ高さに気付き、法律の変更をお得意の強行採決でもって、控除率を10%ぐらいにまで引き下げてくれよ。


ところで、ウォッカ陣営がオークス回避、ダービー挑戦を明言した時に、ボクはダービーへ「逃げた」と記した。
それは、圧倒的1番人気が予想されるオークスよりも、人気せずに気楽に調整、騎乗できるダービーを選択したと邪推したからこそ。

結果は圧勝。
その差は3馬身。
恐れ入った。

「並み居る牡馬を」と明記したが、実際は今年の牡馬のレベルが低いのかもしれない。
でも仮にそうだと認めても、この時期に、G気、中距離で牡馬を薙ぎ倒した事実は、やっぱり驚愕だ。

零細牧場にとっても牝馬によるダービー制覇は朗報に違いない。
牝馬というだけで売却値段が何割か低くなってしまうため、生産者は牡馬誕生を願う。
牡馬誕生時には
「ダービー馬が産まれた」
そんな声が漏れるぐらいだ。
ところがウォッカのダービー制覇によって事態は劇的に変わる。
牝馬でもダービー制覇が夢ではなくなったのだから。
これは決してウォッカが特別だったからではない。

そこでだ、ウォッカのダービー制覇を無駄にしないために、ボクは声を大にして訴える。
古馬牝馬限定G汽凜クトリアマイルは不必要であると。

一般的に「牝馬は牡馬よりも競争能力が劣る」というのが定説である。
しかし牡馬をも凌ぐ超一流の牝馬が存在するのも事実で、牝馬が牡馬よりも能力が劣るという説を簡単に鵜呑みにしてはいけない(だからこそボクもウォッカがダービーを制覇するところまでは読んでいなかった)。
「牝馬は牡馬よりも競争能力が劣る」という定説は競馬関係者こそ改めるべきではないのか?
その先入観を盾にして、これまで牝馬に甘っちょろい調教を施してきたのではないか?
実際はエアグルーヴもスイープトウショウも牡馬相手に堂々と中距離G祇覇を成し遂げている。

強い牝馬は牡馬と勝負しなければならない使命を果たすべきで、牝馬限定戦へ逃げてはいけない。
そこに牝馬限定G気存在するから使ってしまうのだ。
しかも開催時期が悪いために、行き掛けの駄賃的な意味合いで使われてしまう。
G気次のG気悗「叩き台」になってはいけない。
なぜならば、G気亙源通り強い馬が最高の状態で集い、競うべき舞台だからだ。

という理由でヴィクトリアマイルは廃止。
勝てば勝つほど、グレードの高いレースを勝つほど、重い斤量を背負うのは自然の流れであり、馬主の声を元に牝馬限定G気魎蔽韻冒論澆靴討呂い韻覆。

百歩譲って創設を認めるせよ、JRAは充分に開催時期を吟味していただきたい。
これは他のG気粒催時期も含めてのことである。
序でにクラス分けのシステムについても改善してもらいたい。
そしてウォッカはダービー馬としてガンガン牡馬を薙ぎ倒し、ヴィクトリアマイルの存在意義を無くす逆宣伝部長として陣頭指揮をとってもらいたい。
お願いばっかりだ。

何といってもG詰靂の最大の弊害は、G気畔垢と参加したくないレースでも買ってしまう馬券中毒患者に対するJRAの厭らしさである。
あれだけ買わないと決めていたダービーも、結局はタスカータソルテとサンツェッペリンの3連複2頭軸流しで大負けを食らって、暫くの間、気を失っとったのだ、ボクは。

日曜の予想記事とは全然違う組み合わせを購入しているのは気のせいということで…。


  続きを読む

Posted by foe1975818 at 14:20Comments(5)TrackBack(0)

December 03, 2006

ど阿呆に付ける薬なし

2着に惜敗したものの、今日行われたG戯綽瀬献絅戰淵ぅ襯侫リーズのアストンマーチャンのパフォーマンスはボクの想像を上回っていた。
ただ、あそこまで踏ん張れたのは開幕週の綺麗な馬場が味方した感も否めず、桜花賞で全幅の信頼を置けるかどうかは疑わしい。
前走ファンタジーSではラインクラフト級かと窺わせたが、距離適性はラインクラフトよりも短い、いや狭そうだ。
1200mなら相当の活躍が期待できる。
今以上の成長が見込めないとしてもだ。
実際、直線に入ってからの走法は完全にスプリンターのそれで、新装阪神競馬場1600mでは最後の最後に適性の差が出た。

勝利したウォッカは父タニノギムレットと馬体も然ることながら、走法もそっくり。
厩舎が厩舎だけに今後も抜かりなくG祇鐇で馬券に絡んでくるだろう。

ボクが本命に抜擢したハギノルチェーレの末脚は爆発することなく、終始後方のままゴールインした。
しかし、この一戦だけで見限るのは早計で、この馬を3月に引き継ぐことになる松永幹夫新調教師が桜花賞に引き連れてくれると信じている。
元はといえばハギノルチェーレに騎乗していたのは、今日、ウォッカを駆って勝利した四位騎手。
その彼がハギノルチェーレとウォッカを天秤に掛け、迷うことなくウォッカに騎乗することを選択している。
「四位よ!その選択が間違いだ!」
鼻で笑いながら馬券を購入したボクの選択が、今日のところは大間違いだったのである。
ウォッカにヒヒ〜ンと鼻で笑われそうだ。


  続きを読む
Posted by foe1975818 at 23:31Comments(7)TrackBack(0)