August 26, 2007

速い〜、速すぎるよ〜、インチキでしょ〜

茶野さんのブログによれば「ココリコミラクルタイプ」が9月を以って打ち切りらしい。
更には「ザ・ワイド」や「おもいっきりテレビ」の超長寿番組も同じく9月で終了との噂を別の所を通じて耳に入ってきた。

打ち切られたゴールデン番組の枠に押し上げられるのが、人気を博している深夜番組ってな状況が結構多い。
所謂「格上げ」である。
ところがゴールデンに移行してから深夜の頃の勢いが失せ、尻すぼみで打ち切りなんてことはザラ。
深夜で30分だった放送時間が1時間に延びたことによる間延び。
及び、ある程度利いた無茶や融通が、ゴールデンでは大スポンサーが付いてしまって目を光らせいるし、そして暇な視聴者の苦情、抗議、横槍、余計なお世話などによって番組内容が制限されてしまう。
そう考えると「ガキの使いやあらへんで」が頑なにあの時間帯を守り通しているのは、その辺を意識しているのかもしれない。
全然違うかったりして。

頑なに続けているといえば、ナイナイのオールナイトニッポン。
もう10年以上のキャリアになるんじゃないか?
因みに、先週、擦れていた矢部の声は回復していた。

そのオールナイトニッポンで織田裕二ネタが跳ねまくり、木曜日には織田裕二の物真似タレント「山本高広」がゲストで登場。
織田裕二物真似の先駆者で真っ先に思い浮かぶのが、「こけるなよ〜、金沢イボンヌ〜」のナイス発言を抽出した関根勤だが、山本高広も相当に極めている。
先日、放送されていた織田裕二ドキュメント「僕らはサルだ!」は当然、視聴していて、織田裕二が象3頭に向かって怒り心頭で言い放った

「おーい!類人猿なめんなよ!」

の名台詞の物真似を披露したときは、腰痛の痛みを忘れるぐらいに笑いこけた。

その織田裕二がMCを務めて初めて、時差の無い時間帯での世界陸上が、昨日、開幕。
今年から「TBS不視聴宣言」を発令しているが(毎日放送制作番組は除く)、暫くは解除して世界陸上にチャンネルを合わせてやっている。

そのTBSは相変わらずかましてるな。
「男子マラソンは6時」
なんて狂ったように織田裕二と中井美穂に告知し続けさせていた。
でもマラソンは実際は7時スタート。
番組スタートが6時だったのだ。
読売新聞の朝刊にスケジュール表が載せてあったのでその手には引っ掛からなかったが、TBSの相変わらず横暴に反吐が出そうだ。
確かに「マラソンがスタートする」とは断言してなかったようだが、誤解を招く表現は許せない。
嘘はいけません。
ですよね?朝青龍関。

さあさあ果たして織田裕二はゴールデンを意識して守りに入った発言に終始するのか、それとも今までどおりのテンションを貫いてガンガン攻め、我々視聴者に名言・迷言を残してくれるのか。

って、守りに入るわけなどないので、一瞬たりとも見逃せない日々が当分の間、続く。

競技よりも織田裕二に注目だ。

  続きを読む

Posted by foe1975818 at 12:16Comments(11)TrackBack(0)

June 08, 2007

滑降

今井メロが風俗嬢に転身。

昨晩のナイナイのオールナイトニッポンで流れてきた情報を耳にして、口に含んでいた芋焼酎・さつま白波(黒)を吹き出してしまった。

今井メロとは…説明するのが面倒臭いので、Wikipediaから抜粋で手抜きする。

今井メロ(いまいめろ、本名:今井夢露(読みは同じ) 1987年10月26日)は、大阪府出身の女性スノーボードハーフパイプ選手である。血液型はO型。父はスノーボードコーチの成田隆史、兄はスノーボード選手の成田童夢(どうむ)、弟は成田緑夢(ぐりむ)。

幼少時にモーグル選手としても全日本に参戦していた。3兄弟の中でもスノーボードの成績は抜群の安定度を誇り、わずか12歳で史上最年少プロスノーボーダーに認定される。その後も童夢と違い成績にムラはなく、順調に結果を出していく。大阪市立加賀屋中学校卒業後、スノーボードに専念するため高校には進学せず、冬は主に長野県で練習してきた。

2001年の秋田ワールドゲームズでは選手宣誓を勤め、ウェークボードで優勝。スノーボードでは2002年に世界ジュニア選手権を制覇すると、2004−05シーズンで種目別総合優勝を決め、2006年2月開催のトリノオリンピック出場を決める。空中で横に1回転半、縦に2回転するオリジナル技「メロウ720(メロウ・セブン)」を得意とする。

2005年同年9月にスポンサー契約、指導方法の違いなどから成田隆史代表の「夢くらぶ」から離脱。名前も成田夢露から親権を持つ母親の多美江(隆史とは離婚)の苗字である今井を名乗り、本名を「今井夢露」に改名。全日本スキー連盟への登録名をカタカナ表記の「今井メロ」とする。用具スポンサーはkissmarkから、2005年にロシニョールへ。

2006年にはトリノオリンピックにスノーボードハーフパイプに日本代表選手として参加するも、競技2本とも転倒のため1本目7.2点、2本目1.4点(いずれも50点満点中)で予選敗退した。


こんな彼女が五輪で必要以上に注目を浴びたのは、五輪目前に控えてマスコミを前にしたパフォーマンスによるところが大きい。

その模様をYOUTUBEで御覧下さい→フルパワー

日本中が震撼した。

そしてラップに倣い、五輪本番も奇麗に滑ってからは消息不明だった。

今回の記事は雑誌BUBUKAがスッパ抜き、週刊文春が乗っかった。
協会は「本人かどうかを調査した上で処分を決定する」とのコメントを残しているそうだ。

記事によれば、大阪でデリヘル嬢としてお勤めをなさっているらしい。

万が一真実ならば、これは格好のネタになる。
どの店だ!
是非、ドラフト1位指名させていただく。
勿論、生でのサービスを強要するぜ。

そう、生ラップの…。

  続きを読む
Posted by foe1975818 at 23:45Comments(8)TrackBack(0)

April 12, 2007

ブラックエンペラー

通勤中はナイナイのオールナイトニッポンの録音したMDを、今時「MDウォークマン」で聴きながら、時にニヤつきながらむさ苦しい満員電車に揺られている。
そんな中、俳優・宇梶剛士のように拳を口に押し当てて込み上げる笑いを必死に堪えている自分に対して少し興奮しているボクは、文句無しの変わり者である。
変わり者世界大会が催されれば、東アジア代表として世界にその名を轟かせる自信はある。

そんなニヤつき乗車中の昼下がり。
勤務を終えて阪急十三駅から宝塚線の急行に乗車。
ざっと車内を見渡すと、座席が全て埋まり、立ってる客が目に付かない程度の混み具合。
ボクは基本的に着席しないので、ドア付近の「邪魔にならないポジション」で壁に凭れ掛かっていた。
ボクが乗車した後ろからカブスカウトかボウイスカウトの軍団も何グループかに分散乗車してきていた。
当然、彼らも立っている。
が、ボクと同じ扉から乗車したグループの立ち位置が議論に値するぐらいに大問題である。
おっさんおばはん1人ずつの引率者も含めた約8人が扉の前で輪になってタムロし、ペチャクチャ駄弁っている。
この時点で既にボクはMDから流れているナイナイの声が耳に達しないぐらいにイライラ。
ボクは、周囲の邪魔になっていることに気付かない鈍感で残念な脳みそを所有する霊長類が大嫌いなのである。

十三を発ってから急行最初の停車駅「豊中」では、彼らがタムロしているのと逆側の扉が開くため邪魔にはならず事なきを得た。
次の停車駅「蛍池」ではこの扉から降りる客が偶さかいなかったため、またしても邪魔にならなかったが、仮に降りる人がいても気付かないぐらいに話は大盛り上がりである。

次はボクが下車する「石橋」駅。
乗換駅でもあり、客が降りることは必至。

停車した。

進行方向向かって左側の扉が開く。
降りるのは2,3人だったが、彼らは退こうともせず、オチもないしょうもない話に花が咲いてしまっている。
そんな花は枯れてしまえ。
彼らの隙間を縫って降りる客。
その時ボクは右側の扉付近で、彼らがボクに気付いて自ら退くのを待ち焦がれていた(なんといやらしい)。

5秒経過。

一向に退く気配が感じられない。
このままでは扉が閉まって発車してしまう。
痺れを切らしたボクは、諸悪の根源ともいえる引率者の女性に対して努めて温厚に口を開いた。

「降りたいねんけど。」

女性はこっちが驚くぐらいに怯えた表情で

「す、すいません!」

と首が取れるんちゃかと心配になるぐらいに頭を下げ、ガキどもにも即座に退くよう指示。
その道の開き加減は「モーゼの十戒」を彷彿とさせた。

突き刺さる視線。
それは彼らの視線だけではなかった。
横目で車内を見渡すと、座っている客たちまでもがボクをマジマジと見つめている。



なんで?
怒ってない風を装ってたんやけど。
原因はなんだと思います?

  続きを読む
Posted by foe1975818 at 00:42Comments(7)TrackBack(0)

February 02, 2007

コマイ

誰が何と言おうと、諸悪の根源は青森県住宅供給公社の14億円もの巨額横領事件で服役中の元公社職員・千田郁司受刑者である。

「日本人男性のあそこはコマイ(小さい)」

世間を騒がせていた頃のアニータの発言である。
発言された当初から怒り心頭だったのは、神の悪戯としか思えないでかいチンコを有するコマイ体格のナイナイ岡村。
昨日のオールナイトニッポンでも、スピーカーからイライラしている声のみならず、姿さえもが伝わってくるようだった。

その発言にはボクも怒る。
確かに外人のチンコは、悔しいがデカイ。
それは認める。
でも、勃起しても芯のないフニャチンである。
そんなのは勃起とは言わない。
硬いチンコこそ、本来の勃起したチンコのあるべき姿だというのがボクの下品な主張である。
ボクのチンコなんて、釘を打てまっせ。

…さすがにこれは大風呂敷を広げすぎたか…。

というか、「アニータ来日」のニュースを誰が知りたかったのだろう?
もっと他に伝えるべきニュースが山のようにあるだろう。

にしても、彼女はジャパンマネーには異常に執着心があるようだが、どうやら日本の風習に疎いようである。
ならば、身をもって教えてさし上げなければならない。

青森県民よ!
アニータに豆を投げつけておしまい!!


  続きを読む
Posted by foe1975818 at 23:12Comments(11)TrackBack(0)

October 07, 2006

寝違え

今年一番笑った。
一昨日のナインティナインのオールナイトニッポンである。

「マグロ 撮影快調」

と、東野幸治の

「うっるさいねん!!!」

腹筋が引き千切れるかと心配した。


そのせいでブログの記事で何を書くか全く浮かばない。

したがって今日の競馬でも。

東京11レースの9番マイネルデュプレから勝負。

芝の状態が心配だ…。
  
Posted by foe1975818 at 11:09Comments(0)TrackBack(0)